2015年03月13日

ヘアメディックスカルプエッセンス 通販

男性の場合、男性ホルモンの関係で、男性型脱毛症(AGA)を発症する場合があります。比較的若い年齢から発症する場合があり、男性の悩みです。

女性の場合、加齢とともに薄毛になる場合があります。50歳以上になると、髪が薄くなる場合があります。女性のAGAが原因の場合がありますが、頭皮の老化が関係している場合があります。

医学的には詳しくわかっていませんが、毛髪の製造に関係する細胞、器官の老化が要因と考えられています。

今回のブログでは、美容皮膚科・エステサロンで行われているヘアメディックプログラムで利用されるスカルプエッセンスを紹介します。ヘアメディックスカルプエッセンスです。業務用の製品ですが、通販で購入することができます。

薄毛

男性の薄毛

男女に関係なく髪が薄くなる場合があります。

特に男性の場合は、20代、30代の若い年齢で、男性型脱毛症を発症する場合があります。治療薬として、内服薬のフィナステリド(プロペシア錠)、外用剤ミノキシジルがあり有効性が確認されていますが、効果に差があります。

男性型脱毛症では、男性ホルモンが、頭皮に分布する5αリダクターゼの作用で、ジヒドロテストステロン(DHT)へ変換され、脱毛症を引き起こすと考えられています。

フィナステリド(プロペシア錠)は、ジヒドロテストステロンを抑制するDHT阻害薬です。理論上は効果を発揮するのですが、効果に差があります。薄毛の要因は、他にあると考えられています。頭皮の老化です。

女性の薄毛

女性も加齢とともに薄毛になります。

頭皮の老化が要因として考えられています。

なお、女性の場合、病気が関係する場合があり、皮膚科受診をお薦めします。女性の男性型脱毛症(FAGA)などの病気があります。女性の場合、内服薬のフィナステリドは処方されませんが、1%ミノキシジルでお手入れします。

美容皮膚科では、女性の薄毛のメニューがあります。サプリメントでパントガールの処方も行っています。

頭皮の老化

頭皮には、毛穴があり、毛髪の製造と皮脂を分泌しています。

毛髪に関係する既存の細胞は、細胞分裂して増加しています。また、幹細胞が分化して新しい細胞をつくっています。

既存の細胞が分裂して新しい細胞をつくる時に、遺伝子エラーを起こす場合があります。活性酸素、紫外線、ストレスによるサブスタンスPが関係としていると考えられています。

遺伝子エラーを起こすと、細胞として機能しなくなります。遺伝子エラーを起こした細胞の蓄積が、頭皮老化と考えられています。

育毛剤

老化とした頭皮を活性化する成分を配合したコスメが育毛剤です。

細胞を活性化する成分、エネルギー産生を促す成分で設計されています。

ヘアメディックスカルプエッセンス 通販

スカンジナビアが販売する頭皮ケア用のエッセンスです。

楽天市場、アマゾンなどの通販サイトでヘアメディック製品を購入することができます。

ヘアメディックスカルプエッセンスは業務用の製品で、美容皮膚科、エステサロンで採用しています。通販で購入することができます。

成分として、タモギ茸エキス、L-アルギニン、メンソール、カラギーナン、バラエキス、セラルボを配合しています。

タモギ茸エキス(タモギタケエキス)が魅力的な成分です。

薄毛の要因としてFGF−5が関係していると考えられています。

FGF−5は、発毛と関係するバルジ領域に悪影響を及ぼします。

FGF−5にアプローチする成分が、タモギ茸エキスです。

バルジ領域の活性化がめざせます。

ヘアメディックスカルプエッセンス

ヘアメディックのスカルプシャンプー、スカルプトリートメント、スカルプエッセンスの3点セットです。

10P01Mar15スカンジナビア・ヘアケア商品【HAIR MEDIC】“ヘアメディック・スカルプ3点セット”

価格:18,792円
(2015/3/13 12:22時点)





posted by Kotoha at 12:32| Comment(0) | 女性の薄毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

NAD+を増加「NMNサプリメント」通販

アンチエイジング(抗老化)は興味のある分野です。

現在、アンチエイジングを目的とした治療として、プラセンタ注射が行われています。

ヨーロッパでは、FILORGA BRM細胞再生注射)が行われています。

いずれも、若返りを目的として、成長因子(グロースファクター)などの生理活性物質を注射剤で補給する方法です。

今回のブログでは、若返りサプリメントを紹介します。

NMNサプリメントとも呼ばれていますが、NR(ニコチンアミドリボシド)を主成分としたサプリメントです。

エネルギー産生と関係するNAD+を増加させる作用があります。

NMN
ニコチンアミドモノヌクレオチド

Nicotinamide mononucleotideの略称がNMNです。

ニコチンアミドモノヌクレオチド、ニコチンアミドリボチドと呼ばれています。

マウス(実験用ハツカネズミ)を利用した若返り研究で、NMNが注目されるようになりました。

NMNは、NAD+を増やす作用があります。

現在、日本ではオリエンタル酵母で、医学研究用にNMNを製造しています。

現在のところ、NMNを主成分とした販売されていません。

なお、すでに、NMNを製造する技術があることから、近い将来、NMNサプリメントが発売される可能性はあります。

まずは、糖尿病の治療薬としてNMN薬が開発されるものと思われます。

現在、NMNと同様に、NAD+を増加させる成分は開発されています。ニコチンアミドリボシド (NR)です。

ニコチンアミドリボシド (NR)を主成分としたサプリメントは開発され、米国Life Extension社(ライフエクステンション)から、NAD+ セルリジェネレーターが発売されています。

インターネット通販で、NAD+ セルリジェネレーターが購入できます。

老化

ヒトにはエイジングという生理現象があります。

細胞の遺伝子に刻まれた情報により、時間とともに老化します。

成長因子(グロースファクター)、ホルモンなどの生理活性物質は、遺伝子によって制御されています。

加齢とともに、生理活性物質の分泌が低下します。

ヒトは細胞から構成されていて、生理活性物質の低下は老化の原因になっています。

細胞を活性化するにはエネルギー産生が必要になります。

エネルギー産生に関係する補酵素としての役割があるのがNAD+(還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)です。

NAD+を増加させる成分が、NMNとNRになります。

美容皮膚科のエイジング治療

美容皮膚科では、プラセンタ注射フィロルガBRM注射を行っています。

フィロルガBRM注射は、細胞再生注射とも呼ばれています。

いずれも生理活性物質を補給することで若返りをめざします。

また、美容皮膚科では若返りサプリメントとして、プラセンタ、H.G.H X1ブラックレーベルを処方しています。

プラセンタについてはブタ由来の胎盤をしようしています。美容皮膚科で処方するプラセンタは、メルスモン製薬のメルスモンカプセル、日本生物製剤のMDポーサイン100です。楽天市場、アマゾンなどインターネット通販で購入できます。

H.G.H X1ブラックレーベルは、ヒト成長ホルモンを増加させるリリーザーとしてのサプリメントです。医療機関専売品になっています。

細胞の若返りと有酸素運動

有酸素運動をすることで、生理活性物質の分泌が増加します。

若返りで大切なことは、有酸素運動です。

1日40分以上のウォーキングがお薦めです。

NAD+ セルリジェネレーター

米国サプリメントメーカーのライフエクステンション社のサプリメントです。

NIAGEN ニコチンアミドリボシド(NR)を100mg配合したサプリメントです。

日本では、サプリメントの効能・効果を表示することができませんが、米国では機能表示ができます。

米国のNAD+ セルリジェネレーターの機能表示は、「細胞老化に対する先進的生体防御」です。

私の場合、現在、抗老化を目的として、NAD+ セルリジェネレーター、還元型コエンザイムQ10をサプリメントとして摂取しています。

NAD+ セルリジェネレーター

NAD セルリジェネレーター(ニコチンアミドリボシド) 100mg 30粒【201503shin】【201503wadai】

価格:3,680円
(2015/3/12 12:58時点)




還元型コエンザイムQ10

ベスト ユビキノール 50mg 90粒 (カネカQH/還元型コエンザイムQ10) [サプリメント/美容サプリ/サプリ/コエンザイムQ10/栄養補助/栄養補助食品/アメリカ/国外/ソフトジェル/通販/楽天]【201503shin】【201503wadai】

価格:2,780円
(2015/3/12 12:59時点)
感想(77件)




終わりに

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は、すでに、製造する技術が、日本のオリエンタル酵母が持っています。

現在のところ、医学研究用です。

近い将来、NMNサプリメントが販売されます。
posted by Kotoha at 13:07| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心臓リモデリングのGRK2阻害「パロキセチン(パキシル)」

食の欧米化で、心筋梗塞などの心疾患は増加の傾向です。

現在、日本人の死因の1位はガン(悪性新生物)、2位心疾患、3位肺炎です。

血圧がコントロールできるようになり、脳血管疾患は4位になっています。

今回のブログでは、心筋梗塞をテーマにします。

心筋梗塞の予後を左右する要因として心臓リモデリングがあります。心臓の適応現象ではありますが、心不全を引き起こす要因になります。

心臓リモデリングによる心臓の機能低下を予防する薬としてGRK2阻害薬を開発する必要があります。なお、既存の薬であるパロキセチンに、GRK2を阻害する作用があることがわかってきました。

近い将来、心筋梗塞後の心機能低下を改善する薬として、抗うつ薬のパロキセチンが応用される可能性があります。

心筋梗塞

脳へ栄養を与えている冠状動脈が梗塞して、心筋が壊死する病気です。

原因

心臓は、1分間に60〜80回拍動しています。

そのため、大量の酸素と栄養素(グルコースなど)が必要です。

心臓に栄養を与える血管が冠状動脈(かんじょうどうみゃく)です。

冠状動脈の血管老化が、心筋梗塞の原因になります。

血管老化の要因には、糖尿病、高脂血症、高血圧、喫煙による活性酸素があります。また、内臓脂肪の増加、筋肉痩せも要因として考えられています。

腹部内臓脂肪からは、血管を修復する生理活性物質としてアディポネクチンが分泌されています。脂肪細胞に油滴(中性脂肪など)が蓄積すると、アディポネクチンの分泌が低下します。血管老化の要因になります。

また、筋肉からはマイオカインと呼ぶ生理活性物質が分泌されています。筋肉痩せは、血管老化の要因になります。

発症メカニズム

心筋梗塞では、血管老化で動脈硬化の状態です。

冠状動脈の内径が狭くなった部位があり、そこの部位に血栓(血の塊)が詰まると、心筋細胞に酸素と栄養素を供給できなくなります。これが、心筋梗塞の正体です。

心筋細胞の酸素・栄養不足で、壊死を起こします。

症状

激しい胸の痛みが現れます。締め付けられるような痛みです。

左肩から背中まで痛みが広がったりします。

緊急搬送で治療が必要です。

治療

MONAがFirst Aidです。

心筋が壊死しないように、PTCA、PTCRなどのカテーテルによる治療を行い、血栓を除去します。

予後

心筋梗塞の予後で問題になるのは、心臓リモデリングです。

心不全の原因になります。

心臓リモデリング

心臓の適応現象です。

心筋梗塞は心筋が壊死した状態になります。

代償性に心筋が肥大して、心機能を高めます。心臓の適応現象です。

ただし、過剰に心筋肥大、線維化が進むと逆効果になります。

心臓リモデリングの要因に、GRK2が関係していることがわかってきました。

GRKとは、G protein-coupled receptor kinaseの略称です。

日本語では、Gタンパク質共役受容体キナーゼと訳されています。

GRKファミリーには7 種類あり、心不全と関係するのは、GRK2GRK5と関係していると考えられています。

心筋梗塞後の予後に影響を与えるのがGRK2とGRK5です。発現を阻害する薬の開発が必要です。

つまりGRK2阻害薬とGRK5阻害薬です。

現在、GRK2阻害薬として注目されているのが、パロキセチン(パキシル)です。

パロキセチン

パロキセチンは、グラクソ・スミスクライン(GSK)の販売するパキシルで広く知られている薬です。

パニック障害の特効薬として知られています。

パニック障害以外にも、うつ病、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害(PTSD)の治療薬として利用されています。

脳由来神経栄養因子(BDNF)を増加させる作用があり、損傷した脳神経細胞を再生・修復する作用があります。

パニック障害の特効薬であるのは、神経の緊張を抑える作用があると考えられています。

インターネット上で、パロキセチン(パキシル)の評判は悪いのですが、医学的には有用な抗うつ薬SSRIです。

GRK2阻害とパロキセチン

心筋梗塞後の心臓リモデリングは、交感神経の緊張が関係しています。

交感神経の緊張と関係するのが、GRK2です。

つまり、GRK2を阻害することで、心不全の予防がめざせます。

現在、GRK2阻害薬は開発されていませんが、既存薬のパロキセチンが有効と考えられるようになりました。

今後、心筋梗塞後の治療薬として、パロキセチンが応用される可能性があります。








posted by Kotoha at 11:49| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最新手術法 鼻尖軟骨形成「maeda法」

顔で重要なパーツは、目と鼻です。

目については、プチ整形で二重術、目頭形成が可能になりました。メスで切る必要がなく美容整形が可能です。二重瞼にする方法は埋没法がスタンダートになりました。また、目頭切開についても、3Dリフト糸で目頭形成が可能になりました。

鼻については、I字型プロテーゼを挿入する隆鼻術が主流です。鼻の内側を小切開してプロテーゼを挿入する比較的簡単な手術だからです。

ただし、小切開することに抵抗感を感じる場合は、ヒアルロン酸注入、カルシウムハイドロキシアパタイト注入で、鼻根を高くすることができます。最近では、長期持続する高濃度のヒアルロン酸としてクレヴィエルが登場しました。修正できないレディエッセ・フェイステムに代わって、プチ隆鼻術はクレヴィエル注入が主流になるものと思われます。

また、鼻筋、鼻尖(鼻先)についてもプチ整形が可能になりました。HANAKOハナコ形成術、ROMANロマンノーズリフト、DUAL HANAKOデュアルハナコ形成術、ベストリノプラスティー、フレックスノーズなどのプチ整形があります。

仕上がり良く鼻先を整えたい場合は、美容外科手術が必要です。鼻尖形成術です。

鼻尖形成術+耳介軟骨移植を行うと効果的に鼻先を高く美しく整えることが可能です。

また、鼻尖軟骨形成maeda法」でも同等の効果があります。

今回のブログでは、鼻尖軟骨形成maeda法を紹介します。

隆鼻術

隆鼻術は、鼻を高くする美容外科手術です。

プロテーゼを挿入することで、鼻根、鼻筋、鼻先を高くすることができます。

プロテーゼの種類には、I字型プロテーゼ、L字型プロテーゼ、T字型プロテーゼがあります。

一般的に使用されるのはI字型プロテーゼです。鼻根と鼻筋を高くすることができます。

L字型プロテーゼは鼻先まで高くすることが可能ですが、プロテーゼが変形して、鼻先が上向きになる場合があります。また、鼻先の血行不良を起こしやすく、鼻先が赤くなったり、最悪、鼻先の皮膚が壊死します。

美容外科のメニューには、L字型プロテーゼの隆鼻術がありますが、安全面から一般的には行われない傾向です。

I字型プロテーゼの素材は、軟質シリコン製のソフトプロテーゼが主流です。密着するので、トラブルはほとんどありません。また、安全性が高いプロテーゼになります。メリットの多い隆鼻術になります。

ただし、I字型プロテーゼにはデメリットがあります。鼻先を高くすることができないことです。

よって、鼻先が低い人、鼻先が上向き(ブタ鼻)、鼻先が丸い(団子鼻)では、鼻尖形成術が必要です。効果的に鼻先を整えたい場合は、軟骨移植が必要になります。

整鼻術

隆鼻術以外の鼻を整える手術を整鼻術と呼んでいます。

鼻尖形成術、鼻中隔延長術、小鼻縮小術、切らない小鼻縮小術、法令線プロテーゼ、鼻孔縁下降術、鼻柱下降術などの手術があります。

隆鼻術のI字型プロテーゼと同時に受けることが多い手術は、鼻尖形成術と鼻中隔延長術です。仕上がり良く整えるには、耳介軟骨移植、鼻尖軟骨移植(PRC法)、ヒト肋軟骨移植、軟骨移植maeda法が必要です。

耳介軟骨移植
自分の耳の軟骨を採取して、鼻先へ移植する方法です。

鼻尖軟骨移植(PRC法)
移植用に開発されたブタ肋軟骨を移植する方法です。

ヒト肋軟骨移植
自分の胸部から肋軟骨(ろくなんこつ)を採取して、鼻先へ移植する方法です。

鼻尖軟骨形成maeda法
自分の鼻の大鼻翼軟骨から軟骨を採取して、鼻先へ移植する方法です。

耳介軟骨移植では耳、ヒト肋軟骨移植では胸部に傷痕が残るというデメリットがあります。また、料金が高いのもデメリットです。

鼻尖軟骨移植(PRC法)は、医療用に開発された移植用ブタ肋軟骨を利用しますが、ごく稀にアレルギー反応を起こす場合があります。

現在、注目されている方法は、軟骨移植maeda法です。自分の鼻の大鼻翼軟骨から採取した軟骨を利用するので、負担が少ないです。また、料金が安いのもメリットです。

鼻尖軟骨形成(maeda法)

現在、注目されているのが、鼻尖軟骨形成maeda法です。

自分の大鼻翼軟骨から軟骨を採取して移植する方法です。

鼻尖形成術鼻中隔延長術に採用されています。

韓国ではすでに行われている方法で、最近、日本でも行われるようになりました。

新しい手術法なので、全国の美容皮膚科・美容外科では採用されていません。

東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡など都市部の美容クリニックで行われています。

maeda法
メリット

耳介の軟骨、胸部の肋軟骨を採取する必要がありません。負担の少ない手術です。料金が安いのもメリットです。

maeda法
デメリット

大鼻翼軟骨が発達していない場合、充分な大きさの軟骨を採取できない場合があります。まずは、無料カウンセリングで診察してもらうことが大切です。

聖心美容クリニック

maeda法を開発したのは、聖心美容クリニックの前多(maeda)一彦院長先生です。

現在は、前多先生から技術を習得した医師によって施術が行われています。

興味がある人は、「無料メール相談を」利用して相談して下さい。

聖心美容外科





posted by Kotoha at 10:04| Comment(0) | 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美容皮膚科 DMAE+幹細胞導入

日本の美容医療は日進月歩です。

美容医療の進歩ともに、実年齢よりも若く見える女性が増えて来ました。診療側の医師も若々しいです。美女医も増えています。

元祖美女医は、テレビ番組で活躍している西川史子先生です。

テレビ番組で紹介されていない美女医は多いです。一流の医科大学を卒業して、院長として活躍されています。麗ビューティー皮フ科クリニック院長の居原田麗先生、千春皮フ科クリニック院長の渡辺千春先生、ジュエルクリニック恵比寿院院長の蘆田英珠先生、Rサイエンスクリニック広尾院長の日比野佐和子先生、北村理子クリニック皮ふ形成外科院長の北村理子先生など美女医中の美女です。院長先生自身の美しさが、看板、コマーシャルになっています。

院長先生の美しさに感動しながら診察・カウンセリングを受けたいものです。

肌のエイジング予防に、定期的に受けたい施術には、ケミカルピーリングとレーザーフェイシャルがあります。4週間に1回の割合で施術を受けることで、10年後、20年後に大きな差として現れます。20代後半から続けたい定期的なスキンケアです。

さて、今回のブログでは、ケミカルピーリング後にプラスアルファで受けたい施術を紹介します。DMAE+幹細胞導入です。

DMAEはリフトケアに有効な美容成分です。切らないフェイスリフト成分とも呼ばれています。DMAE導入でたるみケアがめざせます。

幹細胞はグロースファクターを産生する細胞で、ヒト幹細胞エキスには約150種の生理活性物質を含みます。幹細胞エキスの導入を、略称で幹細胞導入と呼んでいます。

なお、美容皮膚科によっては、植物幹細胞エキスを導入する場合もあります。

肌のアンチエイジング

皮膚には、表皮幹細胞、真皮幹細胞があり、分化して表皮基底細胞、線維芽細胞に変化しています。

幹細胞があることから、理論上は肌の若返りが可能です。美容医学が進歩することで、50歳代、60歳代の肌から、20歳の肌へ逆戻りすることが可能です。

なお、現在の医学では逆戻りさせることが難しいので、肌のエイジング(老化)を予防したいものです。

肌老化の原因は、時間的老化です。細胞の遺伝子に刻まれた時計によって、成長因子(グロースファクター)、ホルモンなどの生理活性物質が低下して行きます。

時間的老化の予防には、プラセンタ注射、フィロルガBRM注射があります。

全身のアンチエイジング

プラセンタ注射とは、ヒト胎盤から抽出したエキスを皮下注射する方法です。成長因子など生理活性物質を補充することができます。

フィロルガBRM注射とは、別名、再生細胞療法と呼ばれる若返り治療です。フランスのフィロルガ社が開発したFILORGA BRM 4 in 1を皮下注射で投与します。羊由来の幹細胞エキスを含み、成長因子など生理活性物質を補充することができます。

肌のアンチエイジング

肌の若返りをめざす場合は、ヒトプラセンタ、ヒト脂肪細胞順化エキス、ポリデオキシヌクレオチド(PDRN)を肌へ導入します。

大分子のため、エレクトロポレーションで導入します。

ヒト脂肪細胞順化エキスのエレクトロポレーションを、略称で、幹細胞導入と呼んでいます。ヒト脂肪細胞順化エキス配合の医療用マスク、韓国ハンスバイオメド社のRegen Skin SRS Mask Pack(リジェンスキンケアSRSマスク)を使用して導入します。

PDRN製剤には、プラセンテックス(Placentex)、リジュラン(REJURAN)などがあります。注射剤として開発された製剤です。PDRN製剤をエレクトロポレーションで導入します。

なお、PDRN製剤を注射で投与する方法を、韓国ではサーモン注射と呼んでいます。注射、メソセラピーで投与することができます。

日本の美容皮膚科では、リジュラン(REJURAN)による治療をリジュランヒーラーとんいます。リジュランのPDRN濃度は2%で高濃度です。肌再生に効果的な療法です。

幹細胞導入
かんさいぼうどうにゅう

ヒト脂肪幹細胞を培養して、培地を除去した成分がヒト脂肪幹細胞エキスです。

日本の厚生労働省では、美容成分としてヒト脂肪幹細胞エキスを許可しました。

医療用マスクのRegen Skin SRS Mask Pack(リジェンスキンケアSRSマスク)も、ヒト脂肪幹細胞エキスを採用しています。

ケミカルピーリング、フラクショナルCO2レーザー、ダーマペンの施術後のマスクパックとして利用されています。

Regen Skin SRSマスクでは、肌の再生・修復する成分としてコッパーペプチド(銅ペプチド)を配合しています。W効果で、肌の若返りがめざせます。

医療機関専売品であり、ドラッグストア、インターネット通販で購入はできませんが、Regen Skin SRS マスク取り扱いの美容皮膚科・美容外科で購入できます。家庭用のエレクトロポレーション機器で導入される人もいます。

幹細胞エキス配合コスメ
ライフライン リカバリーナイトモイスチャーセラム
LIFELINE Lifeline Recovery Night Moisture Serum

未受精のES細胞由来の幹細胞エキス配合のコスメです。

まだ、日本ではあまり知られていません。

肌の若返りがめざせます。利用したい美容液のひとつです。

価格 17,410円(2016/2/10現在)
送料無料

円ドル相場で価格変動する場合があります。価格は、下記の画像をクリックしてチェックして下さい。



DMAE導入

ジメチルアミノエタノール ( dimethylaminoethanol )の略称が、DMAEです。

肌を引き締める作用が期待できます。

首のたるみケア注射のイデバエの成分は、イデベノン(idebenone)とDMAEです。注射剤として利用される成分であり副作用の心配がありません。

また、DMAEはサプリメントとしても利用されています。

コスメでは、ドクターペリコン、ジェンソンバケット、スキンバイオロジー、MTメタトロンで採用して成分です。

DMAEは、ニューロペプチドのアセチルコリンの前駆体です。肌に導入することで、瞬時に引き締め効果が現れます。

DMAE導入は、たるみケアに有効です。

DMAE配合コスメ
ドクターペリコン ハイポテンシーフェイスリフト
N.V. Perricone M.D. High Potency Amine Complex Face Lift

油溶性ビタミンC誘導体として、ビタミンCエスター配合のコスメです。線維芽細胞を活性化して、肌の弾力アップがめざせます。

フェイスリフト成分として、DMAE配合です。切らないフェイスリフトコスメとも呼ばれています。

価格 10,000円(2016/2/10現在)
送料無料

円ドル相場で価格変動する場合があります。価格は、下記の画像をクリックしてチェックして下さい。



アマゾンでも購入できます





終わりに

エレクトロポレーションはエステサロンのメニューにもなっています。

なお、成分を肌奥へ浸透させるため、稀にアレルギー反応などの副作用が現れる場合もあります。

エレクトロポレーションは、美容皮膚科、医師が管理するメディカルエステで受けたい施術です。
posted by Kotoha at 00:00| Comment(0) | 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

還元型CoQ10(ユビキノール)アイクリーム「ピュアリスSAL-48」

ヒトには時間的老化があり、線維芽細胞のコラーゲン生成が低下します。

皮膚の弾力が低下して、シワを形成しやすくなります。

シワの原因は、乾燥が原因と考えている人が多いのですが、皮膚の弾力低下が最も影響力のある要因です。

皮膚の基底膜、真皮層のコラーゲン線維の量と質の低下が関係しています。

米国皮膚科で、目尻のシワ、目の下のシワなど目元のシワ治療として、トレチノイン療法、TNSリカバリーコンプレックス療法が行われています。

日本の美容皮膚科では、CDトレチノインエッセンス(クリーム)、還元型CoQ10クリーム(ユビキノールクリーム)を処方しています。

今回のブログでは、還元型CoQ10(ユビキノール)を配合する目元用アイクリームと原液コスメを紹介します。

還元型CoQ10配合の目元用アイクリームは、常盤薬品工業のセルニュー リンクルクリームです。原液コスメはピュアリスSAL-48です。

アイクリーム

目元は皮膚が薄く、また、乾燥しやすい部分です。

30歳前後から、アイクリームを利用したいものです。

シワの軽減用のクリームは、リンクルクリームと呼んでいます。

目元のハリ・弾力をアップして、シワが定着しないようにケアしたいものです。

なお、一旦、シワとして定着した場合は治療が難しくなります。低分子のヒアルロン酸注射、水光注射などの施術が有効ですが、定期的なメンテナンスが必要になります。

アイクリームで、シワ予防が大切です。

還元型CoQ10

還元型のコエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10には、酸化型コエンザイムQ10、還元型コエンザイムQ10があります。

酸化型コエンザイムQ10の別名はユビキノン、還元型コエンザイムQ10はユビキノールと呼んでいます。

生体で効果を発揮するには、還元型CoQ10が有効です。エネルギー産生に関係するビタミン様物質です。

また、TGF−β経路で線維芽細胞を活性化する作用があります。

線維芽細胞は、皮膚の弾力をつくるコラーゲンを生成する細胞です。還元型CoQ10クリームを皮膚に塗ることで、皮膚の弾力がアップして、シワの軽減がめざせます。

美容皮膚科では、目元のシワを軽減する治療薬として、0.6〜1%濃度の還元型CoQ10アイクリームを処方しています。

還元型CoQ10配合アイクリーム
セルニュー リンクルクリーム

皮膚の弾力をアップする成分として、レチノイン酸トコフェリル、レチノール、レチノール誘導体、還元型CoQ10(ユビキノール)を配合したアイクリームです。

還元型CoQ10(ユビキノール)は、国産の株式会社カネカの原料を利用しています。

セルニュー リンクルクリーム 28g【エイジングケアクリーム】【宅配便】

価格:5,400円
(2015/3/11 12:06時点)
感想(57件)




ボトックス

目尻のシワ、目の下のシワは、表情ジワです。

美容皮膚科・美容外科で行われているボツリヌストキシン注射が有効です。

ボツリヌス毒素製剤には、韓国製のリジェノックス、ニューロノックス、米国ボトックスコスメティーク、国産のアラガン・ジャパンのボトックスビスタ、英国製のディスポート、ドイツ製のゼオミンなどがあります。

米国アラガン社のボトックスが広く知られているので、商品名が施術名になっています。通称名は、ボトックス注射です。

そのため、製剤がリジェノックス・、ニューロノックスの場合、韓国製のボトックス注射と呼ぶ場合があります。

ボツリヌス毒素は神経末端のシナプスから分泌される神経伝達物質アセチルコリンの放出を抑制する成分です。

アセチルコリンは運動神経に関係するニューロペプチドであり、ボツリヌス毒素で放出を抑制することで表情筋の動きを抑制します。

つまり、ボツリヌス毒素によって、表情ジワを形成するのを抑制します。シワの軽減がめざせます。

ボトックス
安全性と副作用

国産のアラガン・ジャパンのボトックスビスタの場合、日本の厚生労働省が承認した医薬品です。正しい使用方法であれば、安全性の高い医薬品になります。

ただし、施術を受けるものは、使用上の注意点を確認、理解する必要があります。たとえば、施術を受けた場合は、男女ともに約2ヶ月の避妊が必要です。また、臨床試験の結果から副作用も確認されています。

注意事項を確認、理解すれば、ボトックス注射は安全性の施術と考えられます。

塗るボトックス

コスメへ配合できる塗るボトックス成分が開発されています。

表皮角層の2〜3層までしか浸透しないので、安全性は高い成分です。

3ヶ月以上使用することで、皮膚上部の細かいシワを軽減がめざせます。

ただし、ボトックス注射のような劇的な効果はありません。

厚生労働省が許可した塗るボトックス成分には、アルジルリン、シン・エイク、ロイファシル、スナップ8(SNAP-8)などがあります。

アルジルリン(アセチルヘキサペプチド−3)
スペインの医薬品会社リポティック社が開発した塗るボトックス成分です。

シン・エイク(ジ酢酸ジペプチドジアミノプチロイルベンジルアミド)
スイスのペンタファーム社が開発した塗るボトックス成分です。SYNシリーズの製品です。

ロイファシル(ペンタペプチド-18)
スペインの医薬品会社リポティック社が開発した塗るボトックス成分です。アルジルリンとロイファシルを複合成分とすることで相乗効果が現れます。

塗るボトックス+還元型CoQ10配合のコスメ
ピュアリスSAL-48

20%アルジルリン、20%シン・エイク、8%ロイファシル、還元型CoQ10配合のコスメです。

目元のシワの軽減がめざせます。

ピュアリスでは、還元型CoQ10を「白いQ10」と呼んでいます。

☆シワに特濃 ☆ボトックス様3成分<特濃48%> ☆アルジルリン+蛇毒シンエイク+ロイファシル トリプル高配合48%+生体型Q10 ☆ ピュアリスSAL-48(しわ)

価格:3,580円
(2015/3/11 12:07時点)
感想(94件)




posted by Kotoha at 12:30| Comment(0) | 目の下のたるみ・シワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幹細胞エキスのエレクトロポレーション 安全性と危険性

ヒトには時間的老化があり、加齢とともに成長因子(グロースファクター)、ホルモンなどの生理活性物質が低下します。

避けられない肌老化です。

なお、日本の厚生労働省は、美容成分としてヒト脂肪細胞順化培養液エキスを許可しました。

ヒト脂肪細胞順化培養液エキスには、約150〜200種類の成長因子など生理活性物質を含んでいます。

日本では、ヒト脂肪細胞順化培養液エキスは馴染みのない成分で、広く一般には知られていません。

中国、韓国では、人気の成分であり、日本の免税店では、ヒト脂肪細胞順化培養液エキスを配合した国産コスメが人気化しています。

幹細胞エキスには、植物由来とヒト由来があります。現在、海外で人気のある幹細胞エキスはヒト由来の成分です。

日本では、女性雑誌で積極的に紹介していないので、あまり知られていません。現在、ヒト脂肪細胞順化培養液エキスを配合したコスメには、エックスリュークス(XLUXES)、セルミエール(Cellmiere)、WABIO ステム アクティブ エッセンスなどがあります。

厚生労働省が許可した成分ですが、ヒト由来成分であり、安全性危険性が気になるところです。

日本の大手化粧品業界では、現在、ヒト脂肪細胞順化培養液エキスを採用しない様子です。

さて、今回のブログでは、幹細胞エキスのエレクトロポレーションを紹介します。

美容皮膚科では、ヒト由来の幹細胞エキスとして韓国ハンスバイオメド社のRegenSkin SRS Mask(リジェンスキンケア SRS マスク)を採用しています。

ケミカルピーリング、レーザーフェイシャル、フラクショナルレーザー、フラクショナルCO2レーザー、ダーマペン後のマスクパックとして利用しています。

また、RegenSkin SRS Mask Packのエレクトロポレーション(電気穿孔法)で導入しています。各種成長因子を補給することができ、肌の若返り(アンチエイジング)がめざせます。

ヒト脂肪細胞順化培養液エキス

ヒト由来の脂肪幹細胞を培養して抽出したエキスです。

幹細胞は、細胞の成長に必要な生理活性物質を産生しています。

主な成長因子には、EGF、aFGF、bFGF、IGF-1、HGFなどです。

これ以外にも、肌の抗老化に必要な生理活性物質を約150種類含んでいます。

ヒト脂肪細胞順化培養液エキスを配合した医療用マスクは、リジェンスキンケア SRS マスクパックです。

ヒト脂肪細胞順化培養液エキスは一般に知られていませんが、リジェンスキンケア SRS マスクパックはよく知られています。

大手美容外科の湘南美容外科クリニックで、RegenSkin SRS マスクは人気です。

また、韓国旅行で購入される韓国コスメでもヒト脂肪細胞順化培養液エキスが採用されていて、日本人観光客が購入しています。

国産のヒト脂肪細胞順化培養液エキスを配合したコスメには、エックスリュークス(XLUXES)、セルミエール(Cellmiere)、WABIO ステム アクティブ エッセンスなどがあります。

外国人向けの免税店では、エックスリュークス(XLUXES)が人気です。いずれも、インターネット通販で購入できます。現在のところ、楽天市場、アマゾンでは取り扱っていません。

なお、ヒト線維芽細胞順化培養液タイプのヒト幹細胞エキス配合「スキンメディカ TNS リカバリーコンプレックス」「オバジ リジェニカ フェイシャルリジェベネーションコンプレックス」については、アマゾンのショップで取り扱っています。

幹細胞エキスのエレクトロポレーション

美容皮膚科では、RegenSkin SRS Mask Packをエレクトロポレーションで導入する治療が行われています。

エステサロンでもエレクトロポレーションが行われています。

美容皮膚科では、エステサロンと差別化する目的で、安全性の高い医療製剤をエレクトロポレーションで導入します。

保湿・抗老化目的で導入されるのはヒトプラセンタ製剤です。毛穴には医療用グリシルグリシン。シワには医療用アルジルリン、その他、トラネキサム酸、ヒト幹細胞エキスなどがエレクトロポレーションで導入されています。

エレクトロポレーション

エレクトロポレーションとは、電気穿孔法のことです。

従来、美容成分を導入する場合、イオン化して導入する方法でした。

ビタミンCはイオン化できる小分子の成分であり、美容皮膚科では、ビタミンCイオン導入が行われていました。

イオン化できない成分、大分子の成分は、イオン導入できません。

そして開発された導入方法が、超音波導入、エレクトロポレーション(電気穿孔法)です。

特に有効な方法が、エレクトロポレーションです。エレクトロポレーションでは、電気で細胞に隙間を広げて、成分を肌奥へ浸透させる方法です。

エレクトロポレーション 
安全性と危険性

肌奥へ浸透するので、導入する成分は、医薬品レベルで管理された製剤が望ましいです。

現在、家庭用の美顔器でエレクトロポレーション機能のある製品があります。

管理人のkotohaが使用しているドクター アリーヴォゴーストも、エレクトロポレーション機能があります。実際、導入しているのは医薬品レベルで管理されているビタミンC誘導体だけです。

ARTISTIC&CO FIRST CLASS Dr.Arrivo ghost ドクターアリーヴォゴースト

新品価格
¥75,000から
(2016/6/4 20:22時点)




アマゾンでも購入できます


RegenSkin SRS Mask Packは医療機関専売品です。取り扱いの美容皮膚科・美容外科で購入します。

全国展開している美容外科クリニックには、湘南美容外科クリニックで販売しています。必ず、無料カウンセリング予約してから来院して下さい。

クリニックでは、安全性の高い医療用製剤を使用しています。安全性は高いです。

もし、副作用があった場合(まず、ありませんが)、施術を行ったクリニックで対応します。

無料メール相談、無料カウンセリング予約はコチラ
↓↓↓




ヒト脂肪細胞順化培養液エキスとヒト線維芽細胞順化培養液

米国のドクターズコスメでは、ヒト線維芽細胞順化培養液を採用しています。

ヒト由来の線維芽細胞を培養して抽出したエキスです。ヒト脂肪細胞順化培養液エキス同様に成長因子などの生理活性物質を含んでいます。

コスメには、スキンメディカ TNS リカバリーコンプレックス、オバジ リジェニカ フェイシャルリジェベネーションコンプレックスがあります。

美容液として使用します。コスメなので、エレクトロポレーションとして利用できませんので注意して下さい。

スキンメディカ TNS リカバリーコンプレックス

スキンメディカ TNSリカバリーコンプレックス 18g/0.63oz

新品価格
¥16,660から
(2016/6/4 20:33時点)



posted by Kotoha at 00:00| Comment(0) | 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

新治療 ほうれい線のHEBAfil(ヘバフィル)+ボトックス注射

加齢ともに、顔のたるみが現れます。

加齢とともに、顕著になります。

30歳前後からフェイスラインがたるみ、40代には顕著になります。

女性の場合、皮膚が薄く、SMAS筋膜がゆるみ易いからです。

顔のたるみで、現れる溝、窪み、シワには、ほうれい線、ゴルゴ線、マリオネットラインがあります。

今回のブログでは、韓国で行われている新治療を紹介します。ほうれい線へHEBAfil(ヘバフィル)ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)をする方法です。

ボトックス注射に、ナノ化したポリカプロラクトン(PCL)を添加する方法です。

ポリカプロラクトン糸は、医療の縫合糸に利用される吸収糸です。吸収糸ですが、吸収されるまでに約1〜2年かかります。体内では水と二酸化炭素に分解されるので安全性の高い糸です。

フィラーとしても利用され、エランセは、ポリカプロラクトンを主成分としています。

また、最近では、韓国製フィラーとして、HEBA社のHEBAfil(ヘバフィル)が登場しました。

HEBAfilには、hard typeとsoft typeがあります。

HEBAfil hard type(ヘバフィルハードタイプ)は、エランセと同じような使用方法です。つまり韓国版のエランセです。

HEBAfil soft type(ヘバフィルソフトタイプ)は、ヒアルロン酸、ボツリヌス毒素製剤(ボトックス)、PRP(多血小板血漿)に混ぜて使用することができます。

つまり、HEBAfil+ヒアルロン酸、HEBAfil+ボトックス、HEBAfil+PRPです。

韓国 ほうれい線 新治療
HEBAfil+Botulax

韓国のボツリヌス毒素製剤のBotulaxは、日本ではリジェノックスと呼んでいます。

施術名は、韓国製ボトックス注射(Regenox)とも呼んでいます。

リジェノックスは、韓国 HANS biomed(ハンスバイオメド)社製のボツリヌス毒素製剤です。

韓国だけでなく、広く日本でも利用されています。

通常、ボトックス注射は、額、眉間、目尻、目の下の表情ジワの治療に利用されています。

韓国では、ほうれい線の治療にボトックス注射が利用されています。

刻まれた法令線のシワを解消する目的で注射しています。緊張を緩和することで、深く刻まれたほうれい線のシワを軽減します。

韓国の最新の治療は、HEBAfil+Botulaxです。つまり、ヘバフィル+リジェノックスを注射する治療です。

また、ヒアルロン酸としてリジェンフィールF10を添加する場合もあります。

HEBAfil
ヘバフィル

韓国のHEBA社が開発したフィラーです。

ナノ化したポリカプロラクトン(PCL)を主成分とした注射剤です。

ナノ化しているので、血管を塞栓する心配がありません。

ポリカプロラクトンは、欧州CEマークの認証、米国FDAが許可した成分です。

ポリカプロラクトンをナノ化したフィラーがヘバフィルになります。

ナノ化ポリカプロラクトンを主成分としたフィラーであり、ヘバフィルは安全性の高い成分と考えられています。

現在、韓国の美容皮膚科・美容外科でヘバフィルを採用しています。

症例数が増えることで、安全性、副作用について確認できると思われます。

ヘバフィル ソフトタイプは、ヒアルロン酸注射、ボトックス注射、PRP皮膚再生療法の注射剤に混ぜて使用することができます。

添加することで、効果の持続がめざせます。

ほうれい線に対しては、韓国美容業界では、ヘバフィル+リジェンフィールF10+リジェノックスで使用されています。

韓国で症例数が増え、安全性が確認されれば、日本の美容皮膚科・美容外科で採用されるものと思われます。

最新治療は、韓国より日本が1年遅れの場合が多いです。

たとえば、BNLS注射がそうでした。韓国で安全性の確認、日本の美容皮膚科で使用、大手美容外科で採用の順番です。

実際、日本でヘバフィルを採用するのは、2016年、2017年頃になるものと思われます。

治療方法の幅が増え、安い料金で施術を受けることができます。

塗るボトックス
ピュアリスSAL-48

ピュアリスシリーズの新製品です。

塗るボトックスとして、アルジルリン、シンエイク、ロイファシルを配合したコスメです。

☆シワに特濃 ☆ボトックス様3成分<特濃48%> ☆アルジルリン(ポツリヌス菌毒素模倣成分)20% シンエイク(蛇毒模倣成分)20% ロイファシル8% トリプル配合48%+生体型Q10 ☆ ピュアリスSAL-48(しわ)

価格:3,580円
(2015/3/10 12:27時点)
感想(94件)




ほうれい線用のコスメ
エクスビアンス ターゲットフィラーT5
EXUVIANCE Exuviance Targeted Filler T5

女優の小雪さんが愛用していたことで、日本で人気の米国コスメです。

価格 6,810円(2016/2/10)
送料無料

円ドル相場で価格変動する場合があります。価格は、下記の画像をクリックしてチェックして下さい。



アマゾンでも購入できます



posted by Kotoha at 12:41| Comment(0) | ほうれい線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不飽和脂肪酸による毛穴の角質異常「すり鉢状毛穴」

思春期以降、毛穴の悩みを持つようになります。

思春期で毛穴の皮脂腺が発達します。

皮脂分泌が促進して、肌バリア機構が向上します。

思春期では過剰な皮脂によって、肌トラブルを起こしやすくなります。毛穴の開きです。

毛穴をマイクロスコープで拡大して観察すると、すり鉢状毛穴になっています。漏斗状毛穴とも呼んでいます。

皮脂中の不飽和脂肪酸による影響です。変性皮脂、過酸化脂質、ハイドロパーオキサイドによる影響とも呼んでいます。毛穴の開きの原因物質です。

今回のブログでは、不飽和脂肪酸による毛穴の角質異常「すり鉢状毛穴」をテーマにします。

毛穴の構造

思春期になると、ニキビ、毛穴の開き、角栓、脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)などの毛穴の悩みを持つようになります。

遺伝的な毛穴の構造が関係していると考えられています。皮脂が溜まりやすい毛穴の構造です。

皮脂を取り去るように、洗顔石鹸で洗顔したいものです。

マラセチア菌

皮膚には、常在菌が分布しています。

常在菌には、細菌、マラセチア菌などの真菌が、ある一定の割合で分布しています。

細菌のアクネ菌、真菌のマラセチア菌は、皮脂を分解して、脂肪酸を産生します。

脂肪酸が刺激物質になって、ニキビ、毛穴の開き、角栓、脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)などの要因になります。

皮脂の酸化

酸化した皮脂を、変性皮脂と呼んでいます。毛穴の開きの原因です。

皮脂は、皮脂の組成成分は、中性脂肪(トリグリセリド)、ワックスエステル、スクアレン、脂肪酸などで構成されています。

中性脂肪は、肌バリア膜として重要な働きがあります。脂肪酸の酸性で、肌を弱酸性に保ち細菌感染から肌を守っています。

不安定な皮脂は、スクアレンです。空気中の酸素、紫外線によって脂肪酸に分解されます。脂肪酸は弱酸性に保つ作用がありますが、量が多いと刺激物質になります。

また、脂肪酸の中でも不飽和脂肪酸は、毛穴の角質異常の原因になります。

毛穴の開き

毛穴は凹部になっているので、毛穴が目立つ場合があります。

ただし、大きく毛穴が開いている場合があります。

原因は、不飽和脂肪酸によって、毛穴の角質異常が起きている状態です。

不飽和脂肪酸の悪影響による毛穴の開きを、すり鉢状毛穴と呼んでいます。

毛穴の開きがあると、肌のキメが細かくても、キメが粗く見えます。

不潔ではないのに、不潔なイメージとして捉えられてしまいます。

すり鉢状毛穴

別名は、漏斗状毛穴(ろうとじょうけあな)です。

肉眼的には毛穴の開きです。マイクロスコープでは毛穴の辺縁が角質異常で盛り上がっています。

炎症、不飽和脂肪酸の悪影響で現れる症状です。

頬(ほほ)のすり鉢状毛穴が目立ちやすいです。

頬は、顔の中央に位置しているので目立ちやすい部分です。

頬の毛穴は、洗顔時の機械的刺激が関係しています。

鼻と頬は、洗顔で擦りやすい部分です。

頬を擦る洗顔を続けると慢性炎症を起こし、すり鉢状毛穴の要因になります。

思春期ですり鉢状毛穴をつくりやすいのですが、加齢とともに大きくなります。洗顔時の炎症が関係しています。

また、化粧品アレルギーで、毛穴が大きく開く場合があります。肌の合わない化粧品を利用することで、慢性炎症を起こし毛穴が開く場合もあります。

30代、40代で、突然、毛穴の開きが目立つようになった場合は、化粧品アレルギーを疑う必要があります。

すり鉢状毛穴 治療

毛穴の診断は保険適応(3割負担)です。医療保険証が利用できます。

ただし、治療は、美容皮膚科の治療になります。

美容皮膚科では、医療用グリシルグリシンによるエレクトロポレーション、3%グリシルグリシンローション(化粧水)によるホームケアで治療します。

エレクトロポレーションとは、電気穿孔法(でんきせんこうほう)による美容成分の導入です。

導入には、一般的にイオン導入が行われていますが、イオン化できない成分、大分子の成分は肌奥へ浸透させることができません。

肌奥へ浸透させる方法が、電気穿孔法、つまり、エレクトロポレーションです。

エレクトロポレーション機器として、性能のよい製品は国産の医療用美容機器のサンソリットelectroporation-013です。

最新の美容マシンです。超音波洗浄機能があり、より効果的に成分を、肌奥へ導入することができます。

サンソリットelectroporation-013で、医療用グリシルグリシンを導入するとより効果的です。

また、皮脂を抑制する成分として、ビタミンC誘導体を同時に導入するとより効果的です。また、ケミカルピーリングの施術も有効です。

ケミカルピーリングの基剤には、乳酸、グリコール酸、サリチル酸マクロゴールがあります。

油溶性成分で構成されたサリチル酸マクロゴールが毛穴ケアに最も有効です。

油溶性の性質があるので、毛穴の汚れを落とし、深くピーリングすることができます。

すり鉢状毛穴 ホームケア

洗顔石鹸

皮脂の不飽和脂肪酸の悪影響で毛穴が開きます。1日2回、やさしく洗顔します。

洗顔フォームよりも、洗顔石鹸が有効です。石鹸成分で毛穴の皮脂を落とします。

お薦めの洗顔石鹸




ビタミンC誘導体

ビタミンCは、皮脂を抑制する成分です。また、美白成分です。シミのケアとともに毛穴ケアができます。

お薦めのビタミンC誘導体

本物を求める方に 高濃度ビタミンC誘導体配合薬用化粧水シミ、ニキビ、毛穴ケアにトゥヴェール楽天★薬用ホワイトニングローションα

価格:3,497円
(2015/3/10 10:42時点)
感想(277件)




グリシルグリシン

美容皮膚科では、すり鉢状毛穴用のホームケアコスメとして3%グリシルグリシンローションを処方しています。

市販品には、ナビジョン GGエッセンスがあります。

お薦めのグリシルグリシン配合コスメ

資生堂 ナビジョン NAVISION GGエッセンス【美容液(びようえき)】【宅配便】

価格:3,240円
(2015/3/10 10:45時点)
感想(125件)




posted by Kotoha at 11:03| Comment(0) | 毛穴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性の毛穴ケア化粧水 ビタミンC誘導体とグリシルグリシン

小学生の頃まで、男性も女性も毛穴が目立ちません。

毛穴には、皮脂腺という小器官があり、皮脂を分泌しています。

皮脂腺が発達するのは、男女ともに思春期です。

男性の場合、男性ホルモンの分泌によって、皮脂腺が発達して皮脂が旺盛に分泌されます。

皮脂分泌は思春期から50代まで旺盛であり、男性の悩みです。

顔のテカリ、べとつき、鼻の角栓(かくせん)、毛穴の開き、ニキビ、脂漏性皮膚炎(湿疹)などのトラブルが現れます。

皮脂分泌を抑制する代表的な美容成分はビタミンC誘導体です。また、毛穴縮小物質とも呼ばれるグリシルグリシン(GG)も有効です。

今回のブログでは、男性用化粧品を紹介します。毛穴ケア用の化粧水(ローション)と美容液(エッセンス)です。

男性の皮膚

男性の肌質は、オイリースキン(脂性肌)が多く、鼻の角栓、毛穴の開きが目立ちます。

正しい男性のスキンケアを行えば、角栓と毛穴の悩みはなくなります。

悩みを持つ男性は多いのですが、インターネット上に誤った情報が多く、誤ったスキンケアを行っている場合が多いです。

誤ったスキンケアで多いのが、オイル、乳液、クリームなど油性成分を多く含むコスメでお手入れしている場合です。オイルなどの油性成分を補給することで、皮脂分泌を抑制すると信じている男性が非常に多いです。

オイリースキンで、肌のべとつき、テカリがあるのに、さらに、油性成分を塗っている状況です。

毛穴

男性の悩みで多いのが毛穴の開きです。

毛穴から分泌されている皮脂は、空気と紫外線によって酸化します。

酸化した皮脂は、過酸化脂質から構成されています。

過酸化脂質は毛穴の角質異常の原因です。

毛穴が「すり鉢状」になり、毛穴の開きの原因になっています。

男性用洗顔料

皮脂を落とすには、洗顔石鹸、男性用洗顔フォームが有効です。

男女兼用の洗顔フォームは、オイルと界面活性剤から構成されていて、界面活性剤の力で皮脂を落とすように設計されています。適度なオイルを配合しているので、洗い上がりがしっとりして使用感の良いアイテムです。ただし、皮脂を充分落とすことができません。

皮脂をしっかり落とすには、洗顔石鹸、男性用洗顔フォームが有効です。皮脂をしっかり取り去るので、洗い上がりで、肌のつっぱりが現れます。

美容皮膚科学では、ある程度、肌のつっぱりが現れる洗顔が良いとされます。

洗顔料は洗い流すので、価格の高い製品でなくてかまいません。

ビタミンC誘導体

皮脂分泌を抑制する美容成分はビタミンC、ビタミンC誘導体です。

また、ビタミンCの還元作用で、皮脂の酸化を予防します。

毛穴の開きを予防します。

美容意識の高い男性が少ないので、国産の男性コスメは値段が安いです。また、男性コスメは売れないので、長期間保存できるように防腐剤の量が多いです。化粧品グレードの低い美容成分が使用され、防腐剤の量が多いため、肌荒れを起こす場合があります。品質の良い化粧水を利用したいものです。

管理人のkotohaがお薦めする化粧水は、トゥヴェールの製品です。ビタミンC誘導体コスメに強みがある化粧品会社です。

ビタミンC誘導体化粧水
トゥヴェール 薬用ホワイトニングローション
(さっぱりタイプ)

毛穴、ニキビ跡の赤み、ニキビ跡の色素沈着に有効な成分としてビタミンC誘導体を配合しています。

ビタミンC誘導体のL-アスコルビン酸リン酸エステルナトリウムを6%濃度で配合する化粧水です。皮脂分泌を抑制します。

さっぱりタイプは、水溶性保湿成分で設計された化粧水であり、男性も利用できます。

さっぱりしていて、肌のべとつき、テカリの原因にならない化粧水です。

本物を求める方に 高濃度ビタミンC誘導体配合薬用化粧水シミ、ニキビ、毛穴ケアにトゥヴェール楽天★薬用ホワイトニングローションα

価格:3,497円
(2015/3/9 11:51時点)
感想(277件)




グリシルグリシン

毛穴縮小物質と呼ばれる成分です。

美容皮膚科では、毛穴ケアとして、医療用グリシルグリシンのエレクトロポレーションが行われています。

毛穴の開き、ニキビ跡にピンポイントで塗ります。

過酸化脂質からの悪影響から肌を守ります。

グリシルグリシン配合エッセンス
ナビジョン GGエッセンス

資生堂 ナビジョン NAVISION GGエッセンス【美容液(びようえき)】【宅配便】

価格:3,240円
(2015/3/9 12:01時点)
感想(125件)




男性の毛穴ケア
スキンケアステップ



1.洗顔

2.トゥヴェール 薬用ホワイトニングローション



1.洗顔

2.トゥヴェール 薬用ホワイトニングローション

3.気になる毛穴、ニキビ跡にピンポイントでナビジョン GGエッセンスを薄く塗る

−ポイント−

・洗顔でしっかり皮脂を落とします。なお、ごしごし洗うと肌荒れを起こします。やさしく洗顔します。

・「トゥヴェール 薬用ホワイトニングローション」は水溶性の保湿成分を配合しています。男性のオイリースキンでは、乳液、クリームによる保湿は必要ありません。
posted by Kotoha at 00:00| Comment(0) | 毛穴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする