2016年12月31日

NouriCel-MD 成長因子配合ドクターズコスメ(クリーム)

私たちは3次元の世界で生活していると思いがちです。

時間座標があり、4次元空間で生活しています。

ヒトは時間とともに、老化現象があります。

20代の美しさを維持したいものです

美女.jpg

さて、今回のブログでは、成長因子(グロスファクター)配合の米国ドクターズコスメを紹介します。

成長因子の中でも、FGF、IGF、VEGFは、肌の若返りが期待できます。

基底膜下の毛細血管を強化することで、肌を健やかに保ちます。

成長因子配合の米国ドクターズコスメブランドには、スキンメディカ、ライフライン、サイトプロがあります。

米国皮膚科での使用経験から、スキンメディカの安全性は確立しています。

今回のブログでは、NouriCel-MD(ヒト成長因子)を豊富に含むヒト線維芽細胞順化培養液(Human Fibroblast Conditioned Media)配合スキンメディカ TNSリカバリーコンプレックスを紹介します

成長因子
せいちょういんし

注射.jpg

ヒト由来の成長因子を、ヒト成長因子(人間成長因子)と呼んでいます。

遺伝子組換えヒト成長因子も製造されています。

皮膚の火傷、潰瘍の治療薬トラフェルミン(商品名:フィブラストスプレー)は、遺伝子組換えヒト線維芽細胞成長因子(FGF)を含む医薬品です。

細胞の分化、増殖を促す生理活性物質を成長因子(Growth factor,グロスファクター)と呼んでいます。

肌の場合、若返りが期待できるので、一般向けに「若返りホルモン」と呼ぶ場合があります。

肌の若返りと関係する成長因子には、上皮成長因子(EGF:Epidermal growth factor)、線維芽細胞増殖因子(FGF: Fibroblast growth factor)、インスリン様成長因子(IGF: Insulin-like growth factor)、血管内皮細胞増殖因子(VEGF :Vesicular endothelial growth factor)などがあります。

FGF、IGF、VEGFにより、毛細血管の増殖、血管新生が期待できます。皮膚への栄養・酸素の供給を増やして、肌の若返りが期待できます。

皮膚の構造

皮膚は、表皮、基底膜、真皮層、皮下組織から構成されています。

表皮
ひょうひ

水.jpg

表皮は、肌のバリア機構、肌の透明感と関係します。

健康的な肌は、肌のキメが細かく、皮溝が深く皮丘が規則正しく配列しています。

また表皮細胞の水分量が多い肌です。

可視光線を皮膚内に取り込んで、輝く肌になります。発光肌と呼んでいて20代前半の美しい肌です。

ファンデーションではつくれない美しい肌です。

基底膜
きていまく

基底膜には毛細血管がつながっていて、基底細胞経由で表皮に栄養、酸素を与えています。

加齢とともに、毛細血管の量が減少します。

毛細血管の量が減少すると、健康的な表皮をつくることができません。

毛細血管の増加、強化が大切です。

ヒト成長ホルモン(hGF)、成長因子、エストロゲンホルモンを増加させることで、毛細血管の増加・強化が期待できます。

1日40分以上の有酸素運動が有効です。

また、筋力トレーニングも有効です。運動することで、筋肉からのマイオカイン分泌を促がします。サイトカイン、成長因子などの生理活性物質の増加が期待できます。

また、女性の場合、DHEA経路でエストロゲンの増加も期待できます。

ウォーキング.jpg

真皮層
しんぴそう

真皮層は、コラーゲン線維、エラスチン線維、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどの細胞外マトリックスで構成されています。

細胞外マトリックスを製造している細胞は、線維芽細胞です。

細胞.jpg

肌のハリ・弾力をつくっている重要な働きをしているのが、コラーゲン線維とエラスチン線維です。

真皮層の約70%を占める成分はコラーゲン線維ですが、約5%のエラスチン線維も重要な働きをしています。

コラーゲン線維、エラスチン線維は、紫外線A波(UVA)などの太陽光、活性酸素種、肌荒れ(炎症)時に生成される好中球エラスターゼにより分解されやすいです。

1年を通して日焼け止めを利用して、肌荒れを予防したいものです。

肌が乾燥すると、バリア機能が低下して、肌荒れの原因になります。ヒト型セラミドを高濃度配合する美容液で強力保湿を心がけたいものです。

成長因子配合のドクターズコスメ

白衣.jpg

米国皮膚科では、シワ予防に有効なドクターズコスメとしてスキンメディカ TNSリカバリーコンプレックスを推奨しています。

ヒト線維芽細胞順化培養液を高濃度で配合した美容液です。

ヒト線維芽細胞順化培養液とは、ヒト線維芽細胞を培養して培地を除去したエキス成分です。成長因子を高濃度で含みます。

米国皮膚科では、目尻のシワ治療に処方するドクターズコスメです。

スキンメディカ TNSリカバリーコンプレックス
SKIN MEDICA TNS Recovery Complex

全成分表示

Human Fibroblast Conditioned Media, Ethoxydiglycol, Isoceteth-20, Triethanolamine, Carbomer, Phenoxyethanol, Methylparaben, Propylparaben, Butylparaben, Ethylparaben, Isobutylparaben, Fragrance.

Human Fibroblast Conditioned Media
ヒト線維芽細胞順化培養液

別名は、NouriCel-MDです。人間成長因子(ヒト成長因子)と呼ぶ場合もあります。

主成分が、Human Fibroblast Conditioned Media(ヒト線維芽細胞順化培養液)であることが特色です。

高価なドクターズコスメであり、目元の若返りにピンポイントで利用されます。

上瞼のたるみ、目尻のシワ、目袋、目の下のシワにアプローチします。

スキンメディカ TNSリカバリーコンプレックス
使用方法(使い方)


1.洗顔

2.化粧水

3.目元にスキンメディカ TNSリカバリーコンプレックスを塗る

4.保湿美容液

5.日焼け止め

6.メイク



1.クレンジング

2.洗顔

3.化粧水

4.目元にスキンメディカ TNSリカバリーコンプレックスを塗る

5.保湿美容液

−ポイント−

・肌老化要因の約80%は光老化と考えられています。日焼け止めは1年を通して利用したいものです。

・保湿美容液は、ヒト型セラミド配合の製品がお薦めです。

スキンメディカ TNSリカバリーコンプレックス
SKIN MEDICA TNS Recovery Complex

価格 16,810円(税込)
送料無料



マルホ2e日焼け止め(ノンケミカル)

紫外線吸収剤フリーで、SPF45、PA++++(フォープラス)です。

敏感肌、疾患肌用に設計した国産ドクターズコスメです。皮膚科、隣接した調剤薬局で購入できます。インターネット通販でも購入できます。

楽天・健康エクスプレスで格安購入できます。

【ゆうメール便!送料80円】2eドゥーエ 日焼け止め(ノンケミカル)40g (日やけ止め サンスクリーン 2e ドゥーエ 敏感肌 子供用 紫外線対策 グッズ UVカット)

価格:2,046円
(2016/12/30 23:25時点)
感想(288件)




ディセンシア アヤナス

ポーラ・オルビスホールディンクスの敏感肌用エイジングコスメです。

ヒト型セラミドをナノ化して配合しています。高保湿ケアが期待できます。



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

冬の角質肥厚 ホームピーリング「エクスビアンス スージング ローション」

冬は気温が低下します。

1月下旬が最も寒い時期です。

気温が低下して湿度が低下すると、肌の水分が奪われます。

肌を露出している顔、首は、乾燥しやすい部位です。

乾燥によって肌トラブルを起こしやすいです。保湿ケアに心がけたいものです。

画像7.jpg

さて、今回のブログでは、冬に多くみられる、肌の乾燥によって現れる角質肥厚を改善するホームピーリングコスメを紹介します。

ポリヒドロキシ酸を配合するエクスビアンス スージング ローションです。

ポリヒドロキシ酸として、肌にやさしいピーリング成分「グルコノラクトン」を配合しています。

冬のホームピーリングに有効です。

肌の角質肥厚

女性6.jpg

体の中で最も角質肥厚を起こしやすい部位は足の裏です。

足の裏は皮脂分泌がほとんどなく乾燥しやすい部分です。また、機械的刺激を受けやすい部分です。

手も同様に、乾燥しやすく、水仕事などの負担で角質肥厚を起こしやすいです。

顔も角質肥厚を起こし、肌のざらつき、ごわつき、かさつき(乾燥感)として感じます。

皮膚の構造

皮膚は表皮、基底膜、真皮層、皮下組織から構成されています。

さらに、表皮は、角質層(角層)、顆粒層、有棘層、基底層から構成されています。

表皮ターンオーバー

表皮にはターンオーバーがあり新しい細胞へ入れ替わります。

20歳の表皮ターンオーバーは約28日ですが、加齢とともに遅くなります。

40歳の表皮ターンオーバーは約40日、60歳の表皮ターンオーバーは約100日とされます。

角質層をやさしくピールオフすることで、表皮ターンオーバーが促進します。

ピーリング

美容皮膚科では、ケミカルピーリング、レーザートーニング、プラズマトーニングなどの施術があり、表皮ターンオーバーの促進が期待できます。

表皮に蓄積したメラニン色素を排出させることで肌のトーンアップが期待できます。

また、表皮ターンオーバーが促進すると、真皮層の育みが向上します。肌のハリ・弾力がアップして、小ジワの予防が期待できます。

4週間に1回の頻度で受けたい施術です。

冬の角質肥厚

肌が乾燥すると、生体防御反応が働いて、表皮の角質層が厚くなります。

肌のざらつき、ごわつき、かさつき、角質くすみが気になります。

美容皮膚科で行われているサリチル酸マクロゴールピーリング、プラズマトーニングが有効です。

肌に負担がかかりません。

冬の角質肥厚 ホームピーリング
エクスビアンス スージング ローション

女性8.jpg

米国、日本で人気の米国ドクターズコスメです。

女優の小雪さんがエクスビアンスを紹介して、日本でも知られるようになったドクターズコスメです。

最も人気のある製品が、エクスビアンス スージング ローションです。

肌にやさしいホームピーリング用の拭き取りローションです。

エクスビアンス スージング ローション
EXUVIANCE Exuviance Soothing Toning Lotion

全成分表示

Aqua (Water), Butylene Glycol, Gluconolactone, Glycerin, Polysorbate 20, PEG-40 Hydrogenated Castor Oil, Aloe Barbadensis Leaf Juice, Algae Extract, Cucumis Sativus (Cucumber) Fruit Extract, Rosmarinus Officinalis (Rosemary) Leaf Extract, Chamomilla Recutita (Matricaria) Flower Extract, Althaea Officinalis Root Extract, Sodium Hyaluronate, Octoxynol-11, Propylene Glycol, Arginine, Ammonium Hydroxide, Phenoxyethanol, Chlorphenesin, Methylparaben, Parfum (Fragrance), CI 19140 (Yellow 5), CI 17200 (Red 33).

保湿成分はブチレングリコール、ヒアルロン酸ナトリウム、アルギニン(アルギニン)などです。

ピーリング成分は、ポリヒドロキシ酸(PHA)のグルコノラクトンです。やさしく古くなった角質(垢)をピールオフします。

豊富な植物エキスが肌を鎮静化します。
ハーブ.jpg

Gluconolactone
グルコノラクトン
代表的なポリヒドロキシ酸です。

Aloe Barbadensis Leaf Juice
アロエベラ液汁
抗炎症作用のある植物エキスです。

Algae Extract
アルゲエキス
海藻から抽出したエキスです。多糖類を豊富に含み、肌バリア機能として働きます。

Cucumis Sativus (Cucumber) Fruit Extract
キュウリ果実エキス
肌の水分調節する植物エキスです。うるおいある肌をつくります。

Rosmarinus Officinalis (Rosemary) Leaf Extract
ローズマリー葉エキス
抗炎症作用のある植物エキスです。

Chamomilla Recutita (Matricaria) Flower Extract
カミツレ花エキス
抗炎症作用のある植物エキスです。エンドセリンを抑制する美白作用があります。

Althaea Officinalis Root Extract
アルテア根エキス
抗炎症作用と保湿作用のある植物エキスです。

エクスビアンス スージング ローション
使用方法(使い方)

夜のお手入れで使用します。



1.クレンジング

2.洗顔

3.「エクスビアンス スージング ローション」をコットンにとり、やさしくスージング(拭き取り)。

4.保湿クリーム

‐注意点‐

・1週間に1〜3回のスージングがお薦めです。

価格(2016年12月30日現在)
4,048円(税込)

送料無料

posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

ヒト幹細胞エキス配合アイクリーム「ライフライン」

2016年は、美容皮膚科では、ヒト幹細胞エキス(ヒトステムセルエキス)を導入する施術が登場しました。

白衣.jpg

ヒト骨髄幹細胞培養液(CytoProサイトプロ)、臍帯血幹細胞培養上清液(臍帯血再生因子HSCM100,ベビースキン)の導入です。

オスモインジェクター、水光注射で導入します。

ヒト幹細胞エキス由来のサイトカイン・成長因子などの生理活性物質を導入することで、肌の若返りが期待できます。

米国ドクターズコスメでは、スキンメディカ、ライフラインがヒト幹細胞エキス配合のコスメを製造・販売しています。

日本ではあまり知られていませんが、米国では、スキンメディカ TNSリカバリーコンプレックスが人気の製品です。

ヒト線維芽細胞順化培養液を高濃度配合したコスメで、目元のエイジングケアに有効です。

米国皮膚科では、目尻のシワ治療に推奨する製品です。

関連記事
シワ治療 ヒト由来幹細胞エキス配合TNS Recovery Complex
http://doctorsbeauty.seesaa.net/article/438122583.html

さて、今回のブログでは、多能性非胚性幹細胞エキスを配合したアイクリームを紹介します。

製品名は、ライフライン アイクリーム(LIFELINE Eye Firming Complex)です。

ヒト幹細胞エキス

注射.jpg

ヒト幹細胞を培養して培地を除去したエキスが、ヒト幹細胞エキスです。

幹細胞が産生するサイトカイン・成長因子(グロースファクター)など生理活性物質を含みます。

美容皮膚科では、骨髄幹細胞、脂肪幹細胞、臍帯血幹細胞由来のエキスをオスモインジェクター、水光注射、ダーマペンまたはフラクショナルレーザー後のマスクパックで導入しています。

EGF、FGF、IGF、KGFなどの生理活性物質を導入することで、肌の若返りが期待できます。

多能性非胚性幹細胞エキス

細胞.jpg

ライフラインでは、多能性非胚性幹細胞エキスを採用しています。

多能性非胚性幹細胞とは、未受精卵から製造したES細胞です。

未受精卵ES細胞を培養して培地を除去した美容成分が、多能性非胚性幹細胞エキスです。

豊富にサイトカイン・成長因子(グロースファクター)など生理活性物質を含みます。

ライフラインアイファーミングコンプレックス
LIFELINE Eye Firming Complex

全成分表示

Deionized Water, Glycerin, Ethylhexyl Palmitate, Cetearyl Alcohol, Cocos Nucifera (Coconut) Oil, Caprylic/Capric Triglyceride, Caffeine, Peptides from Human Stem Cells,Butyrospermum Parkii (Shea Butter) Fruit, Cetearyl Olivate, Sodium Starch Octenylsuccinate, Myristyl Alcohol, Glycosaminoglycans, Palmitoyl Oligopeptide, Palmitoyl Tetrapeptide‐7, Hydrolyzed JojobaEsters, Chamomilla Recutita (Matricaria) Flower Extract, Sodium Hyaluronate, Olea Europaea (Olive) Fruit Oil, Aloe Barbadensis Leaf Extract, Tocopheryl Acetate, Tetrahexyldecyl Ascorbate, Sodium Polystyrene Sulfonate, Sorghum Bicolor Stalk Juice, Anthemis Nobilis Flower Oil, Sorbitan Olivate, Zea Mays (Corn) Starch, Hydrolyzed Corn Starch, Beeswax, Hydrolyzed Corn Starch Octenylsuccinate, Myristyl Glucoside, Polyquarternium‐67, Cetearyl Glucoside, Silica, Butylene Glycol, Carbomer, Polysorbate 20, Hydroxyethyl Behenamidopropyl Dimonium Chloride, Polysorbate 60, Acrylates/C10‐30 Alkyl Acrylate Crosspolymer, Hexylene Glycol, Ammonium Acryloyldimethyltaurate/VP Copolymer, Phenoxyethanol, Sodium Hydroxide, Caprylyl Glycol, Ethylhexyl Glycerin.

保湿成分は、グリセリンを中心にココナッツオイル、シア脂、オリブ油、ヒアルロン酸ナトリウム、ポリクオタニウム67などを配合しています。

Peptides from Human Stem Cells
ヒト幹細胞由来ペプチド
豊富なサイトカイン・成長因子が、肌老化にアプローチします、

マトリキシル3000
Palmitoyl Oligopeptide
パルミトイルオリゴペプチド
Palmitoyl Tetrapeptide‐7
パルミトイルテトラペプチド‐7
線維芽細胞に作用してコラーゲン生成を促します。

Chamomilla Recutita (Matricaria) Flower Extract
カミツレ花エキス
抗炎症作用のある植物エキスです。肌荒れを予防します。

Aloe Barbadensis Leaf Extract
アロエベラエキス
抗炎症作用のある植物エキスです。肌荒れを予防します。

カナダ発送

価格(2016年12月29日現在)
7,850円(税込)

送料無料


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 目の下のたるみ・シワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

目元の小じわ用ピーリング剤「エクスビアンス アイクリーム」

明日から冬の休暇に入る会社が多いです。

今日、1日頑張りましょう

私も明日から休暇を取ります。まず、日頃の疲れを取りたいです。

女性5.jpg

さて、今回のブログでは、目元用のピーリング剤を紹介します。

塗るタイプのピーリング剤で、アイクリームとして利用します。

目元の毛穴スジ、ちりめんじわ、小ジワの予防に有効です。

製品名は、エクスビアンス ブライトニング・バイオニック・アイクリームです。

ポリヒドロキシ酸として、グルコノラクトンとラクトビオン酸を配合しています。

また、フィトナジオン(Vitamin K)、パルミチン酸レチノール(Vitamin A) 、酢酸トコフェリル(Vitamin E)、パンテノールのビタミンと植物エキスから設計されています。

目元の小ジワ

目.jpg

目の周りは皮膚が薄く、皮脂腺が発達していません。

また、表情筋の影響を受けやすく、毛穴スジ、ちりめんじわ、小ジワをつくりゆすいです。

アイメイクのクレンジングが肌負担になりやすいです。自分の肌に合ったポイントメイクリムーバーでメイクオフしたいものです。

なお、シートタイプのクレンジングを利用する人がいますが、肌に傷をつけやすいです。デイリーで利用しないようにします。

目元のピーリング

白衣.jpg

ちりめんじわ、小じわの予防にケミカルピーリングが有効です。

目元は皮膚が薄く敏感な部分です。

ケミカルピーリングする場合は、信頼できる美容皮膚科を利用したいものです。

ピーリング成分

ピーリング成分には、アルファヒドロキシ酸、ベータヒドロキシ酸、ポリヒドロキシ酸、リポヒドロキシ酸があります。

美容皮膚科では、ベータヒドロキシ酸のサリチル酸マクロピーリングが主流です。

肌刺激がほとんどなく、深いピーリングが可能です。

ホームピーリング用のコスメでは、アルファヒドロキシ酸、ポリヒドロキシ酸、リポヒドロキシ酸が利用されています。

ポリヒドロキシ酸は大分子の成分であり肌にマイルドな成分です。

目元のピーリングコスメ
エクスビアンス ブライトニング・バイオニック・アイクリーム
EXUVIANCE Exuviance Brightening Bionic Eye Crème

女性8.jpg

全成分表示

Aqua (Water), Octyldodecyl Neopentanoate, Butylene Glycol, Gluconolactone, Cetyl Alcohol, Glyceryl Stearate, Propylene Glycol, PEG-75 Stearate, Glycerin, Lactobionic Acid, Phytonadione (Vitamin K), Dimethicone, Triethanolamine, Retinyl Palmitate(Vitamin A), Tocopheryl Acetate(Vitamin E), Panthenol, Camellia Oleifera (Green Tea) Leaf Extract, Cucumis Sativus (Cucumber) Fruit Extract, Sodium Hyaluronate, Ethylene/Acrylic Acid Copolymer, Ceteth-20, Steareth-20, Arginine, BHT, Disodium EDTA, Methylparaben, Chlorphenesin, Phenoxyethanol, Ethylparaben, Propylparaben, Butylparaben, Isobutylparaben.

Gluconolactone
グルコノラクトン
マイルドなピーリング作用があるポリヒドロキシ酸です。

Lactobionic Acid
ラクトビオン酸
マイルドなピーリング作用があるポリヒドロキシ酸です。

Phytonadione(Vitamin K)
フィトナジオン(ビタミンK)
血行を促して、青クマを予防します。

Retinyl Palmitate(Vitamin A)
パルミチン酸レチノール(ビタミンA)
線維芽細胞に作用してコラーゲン生成を促します。

Tocopheryl Acetate(Vitamin E)
酢酸トコフェリル(ビタミンE)
活性酸素を消去します。

Camellia Oleifera (Green Tea) Leaf Extract
チャ葉エキス
抗酸化作用のある植物エキスです。

Cucumis Sativus (Cucumber) Fruit Extract
キュウリ果実エキス
水分調整して肌にうるおいを与えます。

価格(2016年12月28日現在)
5,333円(税込)

送料無料


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 目の下のたるみ・シワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

オバジ ゼオスキン大量療法(パルス療法)の方法と安全性

今年の冬は意外と暖かいですね。

ただ、インフルエンザ、ノロウイルスの患者が増加しているのが心配です。

手洗い、うがいをしっかり行って予防したいもてのです。

女性8.jpg

さて、今回のブログでは、オバジゼオスキンのミラミックストレチノインを大量に肌に塗る、ゼオスキン大量療法を紹介します。

大量療法はパルス療法とも呼ばれ、ゼオスキン パルス療法とも呼ばれています。

トレチノインによるA反応(副反応)によるピーリング作用で、シミ、毛穴、ニキビ跡の補正、小ジワの予防に有効です。

美容皮膚科医の指導・観察のもと、ホームケアします。

白衣.jpg

シミ

黒色メラニン色素が皮膚に蓄積した状態を色素斑(しきそはん)と呼び、一般的にはシミと呼んでいます。

忙しい女性には、ホームケアでシミの改善をしたいものです。ホームケアのシミの治療には、CDトレチノイン・ハイドロキノン療法、美白美肌プログラムのオバジ ゼオスキンなどのプログラムなどがあります。

美容皮膚科・美容外科クリニックでは、医療用美容機器を使用したIPL、レーザートーニング、プラズマトーニング、Qスイッチルビーレーザー、QスイッチYAGレーザーなどの治療があります。

濃いシミは、真皮層に黒色メラニン色素が蓄積しているので、その場合、有効な治療はQスイッチルビーレーザー、QスイッチYAGレーザーになります。ダウンタイムが長いですが、確実な改善がめざせます。

アグネス.jpg

毛穴
けあな

思春期に皮脂腺が発達して毛穴が目立つようになります。

皮脂中の不飽和脂肪酸による角質異常によって漏斗状毛穴(すり鉢状毛穴)をつくりやすいです。

また、クレンジング、洗顔時の機械的刺激による微弱炎症も毛穴の原因になります。

加齢とともに、肌のハリ・弾力が低下します。30歳頃から毛穴が目立つようになります。

治療法には、サリチル酸マクロゴールピーリング、炭酸ガスフラクショナルレーザーが有効です。

最近では、ピコフラクショナルレーザーによる治療が行われるようになりました。現在のところ、横浜、東京、名古屋、大阪、神戸、福岡などの都市部の美容皮膚科・美容外科クリニックで導入されています。

2017年には全国的に普及するものと思われます。

ニキビ跡
にきびあと

女性6.jpg

ニキビ跡の赤みは自然に消えます。早く治したい場合は、水溶性ビタミンC誘導体が有効です。

炎症性色素沈着はシミであり、シミ治療で改善します。

クレータ跡、凸凹跡、アイスピック跡になった場合は、治療が難しくなります。ニューダーマローラー療法などの治療法があります。

ゼオスキン パルス療法

用意するもの

オバジ ゼオスキン ミラミックス
(または、オバジ ニューダーム ブレンダー)

0.1%トレチノイン
・レチンAマイクロ
・自家調整したトレチノイン
 (シグマ社トレチノイン、常盤薬品工業NOV事業部CDトレチノインなど)

方法

美容皮膚科の指導のもと、ホームケアします。



夜のお手入れで使用します。

1.クレンジング

2.洗顔

3.美容液

4.ミラミックスとトレチノインを手のひらで混ぜ合わせ、皮膚の薄い目元、口元を避けて肌に塗ります。
パルス療法(大量療法)であり、通常の3〜4倍量を塗ります。

―注意点―

・素人療法は危険です。必ず皮膚科医の指導のもとホームケアします。

ゼオスキン パルス療法 安全性

妊娠前、妊娠中は、ゼオスキン パルス療法は行いません。トレチノインの影響を受けます。

発赤、皮剥け、落屑(らくせつ)が強く現れる場合があります。必ず皮膚科医の指導・観察が必要です。

冬は肌が乾燥して肌トラブルを起こしやすいです。マイルドなピーリングがお薦めです。

エクスビアンス スージング ローションは、日本で最も人気のある米国ドクターズコスメです。

関連記事・・・乾燥肌に潤いを与える「エクスビアンス スージング ローション」
http://doctorsbeauty.seesaa.net/article/435299130.html

エクスビアンス スージング ローション

価格(2016年12月27日現在)
4,048円(税込)

送料無料

posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

ニキビ跡治療ピコフラクショナルレーザーVSダーマローラー

毛穴、ニキビ跡の凸凹は気になる悩みです。

肌表面をフラットにしたいものです。

ニキビ跡の凸凹は、皮膚深層の基底膜を損傷しているため、完全に元の状態に戻すことができません。

ただし、目立たなくすることは可能です。

今回のブログでは、ニキビ跡のピコフラクショナルレーザー治療をテーマにします。

都市部の横浜、東京、名古屋、大阪、神戸、福岡などの美容皮膚科・美容外科クリニックで導入されています。

ピコ秒のパルス幅のフラクショナルレーザーで治療できます。従来の炭酸ガスレーザーよりもダウンタイムが短くなるメリットがあります。

尋常性ざ瘡
ニキビ

中学生.jpg

思春期に毛穴の皮脂腺が発達します。

毛穴からの皮脂分泌が過剰になります。

皮脂中の不飽和脂肪酸によって毛穴の角質肥厚を起こすと皮脂詰まりを起こします。

内部でプロピオニバクテリウム・アクネス(Propionibacterium acnes,略称P.acnes)が増殖すると、産生されるプロピオン酸の刺激によって炎症を起こします。

P.acnesアクネ菌)は常在菌とされますが、体質によって悪性度の高い細菌になります。難病サルコイドーシスを引き起こす細菌として知られています。

ニキビ治療に抵抗する難治性ニキビの場合、ニキビ跡を残す場合があります。

ニキビ跡
にきびあと

毛穴に一致した赤み、炎症性色素沈着(シミ)が残ります。

上記症状は、表皮ターンオーバーで、いずれ消えます。早く治したい場合は、美容皮膚科のサリチル酸マクロゴールピーリングが有効です。

また、ホームピーリングも有効です。

ひどい場合、ニキビ瘢痕として凸凹跡、アイスピック跡、クレーターを残します。

皮膚は、表皮、基底膜、真皮層、皮下組織から構成されています。

基底膜が損傷して、真皮層の細胞外マトリックスが変性した状態がニキビ瘢痕です。

現在の医学では元の状態に戻すことはできませんが、いずれ再生医療の進歩によって元の状態の戻すことが可能と考えられます。

細胞.jpg

ニキビ瘢痕の治療

凸凹跡、アイスピック跡、クレーターなどのニキビ瘢痕の治療には、フラクショナルレーザー、炭酸ガスフラクショナルレーザー、ピコフラクショナルレーザーなどのレーザー治療があります。

最も有効な治療は、ダーマローラー、ダーマペンによる治療です。

針を真皮層まで到達させ、成長因子を浸透させることで、真皮層の再構築が期待できます。

ピコフラクショナルレーザーVSダーマローラー

白衣.jpg

ピコフラクショナルレーザー

すでに導入している美容皮膚科・美容外科がありますが、2017年には普及するレーザー機器です。

サイノシュア社のピコシュア、ルートロニック社のスペクトラピコが導入されています。

従来機器はパルス幅がナノ秒でしたが、ピコレーザーではピコ秒になります。

フラクショナルレーザーよりも肌負担が少なく、ダウンタイムが短くなります。

なお、出血斑が消えるのが早いのですが、赤みは残ります。医療用ファンデーションを利用します。

なお、ピコフラクショナルレーザーでも、施術時には麻酔クリームは必要です。

新しい機器のため、口コミ情報が少ないです。施術を受ける場合は、医師とのカウンセリングをしっかり受け、納得してから契約して下さい。

毛穴治療には有効と思われますが、皮膚深層が変性したニキビ瘢痕の改善は難しいです。

施術回数は、約6回です。

ダーマローラー

ダーマローラーによる治療が最も効果的です。

確実に真皮層にアプローチできるからです。

ニキビ瘢痕の場合、ダーマローラーの針の長さは1.0mmに設定します。

麻酔クリーム後、微細な針付きローラーを肌上で転がし、また、成長因子を含む薬剤を浸透させます。

真皮層の細胞外マトリックスを再構築させて、凸凹跡、アイスピック跡、クレーターなどのニキビ瘢痕を目立たなくします。

施術回数は、約6回です。

全国展開している美容皮膚科・美容外科クリニックでは城本クリニック、聖心美容クリニックでダーマローラー治療を行っています。

なお、聖心美容クリニックの場合、ニューダーマローラー療法と呼んでいます。

24時間無料メール相談・無料カウンセリング予約
城本クリニック

料金は店舗により異なります。24時間無料メール相談で問い合わせて下さい。



無料メール相談・無料カウンセリング予約
聖心美容クリニック

顔全体
6回コース 248,400円(税込)

posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | ニキビ跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

抗老化ポリアミンを多量に含むある種のチーズ

今日はクリスマスです。

多くの会社は、今週12月29日(木)から冬の休暇に入ります。

お正月が楽しみです。

女性10.jpg

さて、今回のブログでは、ポリアミンをテーマにします。

美女.jpg

ポリアミンは糸引き納豆、味噌、ヨーグルト、チーズなど発酵食品に含まれる成分です。

腸内の炎症を抑制することで、アンチエイジング(抗老化)が期待できます。

マウスを実験動物とした研究において、ポリアミンを経口投与することで、寿命の伸長が確認されています。

糸引き納豆がポリアミンの供給源として有効ですが、苦手な人は、味噌、ヨーグルト、チーズなど発酵食品からバランスよく摂取します。

ある種のチーズに大量にポリアミンを含んでいるとされますが、発酵期間の長いチーズに多く含まれています。

発酵期間の長いチーズには、ウォッシュタイプ、白カビタイプ、青カビタイプ、ハードタイプのチーズがあります。

ウォッシュタイプは枯草菌のリネンス菌を植え付けたチーズです。

製造工程でリネンス菌由来の粘り成分を水(またはアルコール)で洗い流すため、ウォッシュタイプと呼ばれています。リネンス菌由来の発酵臭がするチーズです。

白カビタイプ、ハードタイプが食べやすいチーズです。

ポリアミン

アミノ酸のアルギニンオルニチンから合成される成分です。

タンパク質はアミノ酸から構成されています。

食肉、卵、乳製品、大豆、ナッツなどタンパク質を含む食品からアルギニンを摂取することができます。

オルニチンは「しじみ」に含まれるアミノ酸になります。食品からの摂取が難しいアミノ酸です。

ただし、最近では、オルニチンを配合した味噌汁が販売されています。

アルギニン・オルニチンは成長ホルモン(hGH)を増やすリリーザーとして知られていますが、抗炎症作用としての働きが期待されるポリアミンの材料になるアミノ酸です。

京都大学と協同乳業株式会社の共同研究で、マウスへのポリアミン(スペルミン)投与により、寿命伸長効果が確認されています。

大腸内でポリアミンを産生するビフィズス菌LKM512の投与でも、寿命伸長効果が確認されています。

ビフィズス菌LKM512とアルギニンを摂取すると、より効果的に寿命伸長効果が見られました。

ちなみに、管理人のKotohaの場合、メイトーのLKM512と米国NOW社のアルギニン&シトルリンを摂取しています。

NOW社アルギニン&シトルリンは、信頼できる個人輸入代行会社のサプリンクスを利用しています。

【人気商品SALE特価】Lアルギニン 500mg & Lシトルリン 250mg 120粒[サプリメント/健康サプリ/サプリ/アミノ酸/シトルリン/now/ナウ/栄養補助/栄養補助食品/アメリカ/国外/カプセル/サプリンクス/通販/楽天]

価格:1,760円
(2016/12/25 08:46時点)
感想(15件)




腸内フローラ

女性5.jpg

小腸、大腸には、腸内細菌が生息しています。

腸内には、お花畑のように腸内細菌が住んでいるので、腸内フローラ、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と呼んでいます。

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)に分類されています。

代表的な善玉菌は、乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌です。悪玉菌の増殖を抑制します。

代表的な悪玉菌は、ウェルシュ菌、セレウス菌です。生体内毒素型の細菌であり、腸管内で毒素を産生します。

毒素は腸管粘膜を刺激して炎症の原因になるだけでなく、血行性で運ばれて体全体の慢性炎症と関係します。

また、免疫細胞に作用するため、免疫異常の要因になります。免疫低下、免疫の異常な亢進の要因になります。

免疫の異常な亢進は、リウマチ、膠原病などの自己免疫疾患と関係しています。

制御性T細胞TregTレグ)の分化には、腸内フローラから分泌される酪酸が有効とされます。

酪酸を分泌する善玉菌は酪酸菌です。

これら善玉菌の摂取によって免疫の正常化が期待できます。

なお、日和見菌は、善玉と悪玉にも分類されない細菌です。

現在、糞便移植療法が医療で応用されています。今後、日和見菌研究が重要と考えられています。

日本では、難治性の潰瘍性大腸炎の治療に腸内細菌叢移植(FMT:Fecal Microbiota Transplantation)が行われています。別名は糞便移植療法です。

海外では「うつ病」など海馬の炎症性疾患治療に応用されています。

ポリアミン 寿命伸長メカニズム
慢性炎症の抑制

ポリアミンは、腸粘膜細胞の分化を誘導します。健康的な腸粘膜をつくります。

腸粘膜のバリア機能を高めることで、炎症を抑制し、また、炎症物質・炎症性サイトカインの体内への流出を防ぎます。

腸管だけでなく、脳、体全身の炎症を抑制します。

炎症を起こすと、炎症性サイトカインによる負のスパイラルに陥りやすいです。慢性に経過します。

寿命と慢性炎症

慢性炎症は、ガン、動脈硬化などの要因になります。ガン、心疾患、脳血管疾患など生活習慣病の要因になります。

また、美容面においても、慢性炎症は関係しています。肌老化の要因です。

寿命と慢性炎症は密接な関係です。慢性炎症を抑制することで、寿命の伸長、抗老化が期待できます。

ポリアミンを多量に含むある種のチーズ

ある種のチーズに大量にポリアミンを含んでいるとされますが、発酵期間の長いチーズに多く含まれています。

ウォッシュタイプは枯草菌のリネンス菌が産生する臭気で食べにくいチーズです。

6〜10ヵ月熟成したハードタイプチーズがお薦めです。数年熟成したチーズもあります。

米国漫画「トムとジェリー」で有名なエメンタールチーズ、アルプスの少女ハイジで有名なラクレット、その他、スブリンツ、パルメジャーノ・レッジャーノ、チェダーなどのチーズがあります。

フレンチパラドックスは、赤ワインよりも、デザートとして食べるチーズによる効果とも考えられています。

なお、フランスなどのヨーロッパではチーズをデザートとして食べる習慣があります。



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

若返りホルモンFGF21を増加させる方法

本日、12月24日はクリスマスイブです。

今年のイブは土曜日であり、夜のディナーが楽しみです。

さて、今回のブログでは、抗老化(アンチエイジング)、若返りをテーマにします。

ヒトには寿命がありますが、近い将来、不老長寿、不老不死が可能になる可能性があります。

DNA.jpg

米国Unity Biotechnology社を代表に、抗老化(アンチエイジング)が研究されています。

現在、寿命伸長効果が確認された医薬品がありますが、齧歯類(げっしるい)のマウス(実験用ハッカネズミ)で確認されているデータです。

ヒトに近い霊長類のアカゲザルで確認されている抗老化効果はカロリーリストリクション(カロリー制限)のみです。

なお、糖尿病治療薬のメトホルミンが寿命を伸長させる薬の候補に挙がっており、米国で臨床試験が行われています。結果が楽しみです。

今回、若返りホルモンと呼ばれるFGF21(線維芽細胞増殖因子21)を紹介します。

マウスにFGF21の注射剤を投与することで、約30%の寿命伸長が確認されています。

FGF21は、運動することで、肝臓からのFGF21分泌が増加することがわかっています。

運動習慣を身につけたいものです。

外観のアンチエイジング

女性の場合、体内だけでなく外観のアンチエイジングも大切と考えています。

顔の場合、シミ、シワ、たるみ、たるみ毛穴、肌のハリなどが老化現象として現れます。

美容皮膚科、美容外科、形成外科などの医学の進歩で、実年齢よりも若く魅せることができるようになりました。

予防として重要なのは、バランスの良い食事、運動、スキンケアです。

バランスの良い食事

五大栄養素には、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、無機質があります。バランス良く摂取します。

最近では、腸内環境の悪化が老化の原因であることがわかってきました。

胃、小腸、大腸など腸管で慢性炎症を起こすと、血行性で炎症性サイトカインが運ばれ全身の慢性炎症の要因になることがわかってきました。

肌荒れ、大人ニキビ、シワの要因になります。

五大栄養素だけでなく、食物繊維、発酵食品の摂取も大切です。腸内環境を整えます。

運動

筋肉から若返りホルモンと呼ばれるマイオカインが分泌されています。

一般向けにはホルモンと呼んでいますが、正しくはサイトカイン、成長因子(グロースファクター)などの生理活性物質です。

特に大腿筋(だいたいきん)からマイオカインが分泌されています。

スキンケア

太陽.jpg

肌老化原因の約80%は、「紫外線による光老化」であることが、一般にも浸透しました。

化粧品ショップ、ドラッグストアでは、数多くの日焼け止め(サンスクリーン剤)が販売されています。

管理人のkotohaの場合、マルホ2e日焼け止め(ノンケミカル)を愛用しています。

皮膚科、または、隣接した調剤薬局で取り扱う、疾患肌・敏感肌用の日焼け止めです。

紫外線吸収剤フリー(不使用)で、紫外線散乱剤で設計されています。SPF45、PA++++です。

保湿ケアについても、正しい知識を持つ女性が増加してきました。

オイルによる保湿が流行しましたが、最近では一般にもセラミド保湿の重要性が知られるようになりました。

なお、オイルの保湿効果は弱いものです。

ヒト型セラミド2、ヒト型セラミド3など保湿効果の高いセラミドを高配合した美容液で保湿したいものです。

POLAの敏感肌ブランドがディセンシアです。

ベーシックな「ディセンシア つつむ」、アンチエイジングの「ディセンシア アヤナス」、美白の「ディセンシア サエル」のラインがあります。

いずれもヒト型セラミドをナノ化して配合しています。高保湿ケアが期待できます。

ディセンシア アヤナスでは、パルマリン、CVアルギネートを配合しています。肌のハリ・弾力アップがめざせます。





若返りホルモンホルモン
FGF21

そばかす.jpg

Fibroblast growth factor 21の略称がFGF21です。

日本語では、線維芽細胞増殖因子21と訳されています。

厳密にはホルモンではなく、成長因子(グロースファクター)です。

FGF1&FGF2

現在、FGFは22種類が発見されています。

皮膚科・美容皮膚科学領域では、FGF1、FGF2が注目されています。

ヒト幹細胞エキスに含まれる成長因子であり、肌のアンチエイジング効果が期待されています。

医療にも応用され、遺伝子組換えにより製造されたトラフェルミン(商品名フィブラストスプレー,科研)が火傷(やけど)、潰瘍の再生治療に利用されています。

米国ドクターズコスメのスキンメディカでは、線維芽細胞順化培養液を配合した美容液を製造販売しています。

製品名は、スキンメディカTNSリカバリーコンプレックスです。

日本ではあまり知られていませんが、米国では人気ドクターズコスメです。

シワの軽減が期待できます。

FGF21

飢餓状態になると肝臓から分泌される成長因子です。

マウスを実験動物とした研究でわかっている知見には、アディポネクチン分泌促進が知られています。

また、FGF21を注射剤として投与することで、マウスの寿命が約30%伸長することがわかっています。

抗老化ホルモン、若返りホルモンと一般では呼ばれる由縁です。

アディポネクチン分泌促進

FGF21は腹部脂肪に作用して、アディポネクチン分泌を促します。

アディポネクチンには、インスリン抵抗性の改善、抗炎症作用、動脈硬化の抑制効果が期待できます。

2型糖尿病、自己免疫疾患、心疾患の予防が期待できます。

有酸素運動

ウォーキング.jpg

運動をすることで、FGF21分泌が促されます。

1日、40分以上の有酸素運動、レジスタンストレーニングが有効と考えられています。

これから、1月下旬まで気温が低下しますが、抗老化を目的として運動を続けたいものです。
posted by Kotoha at 12:02| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

顔の肌荒れを治す「小林製薬 Saiki(さいき)」の副作用

明日はクリスマスイブです。

パーティ料理を楽しみたいものです。

12月下旬ですが、ここ最近は暖かい日が続いています。

気温が最も低下するのは、1月下旬です。保湿ケアをしっかり行って肌荒れを起こさないようにしたいものです。

肌老化の約80%は紫外線による光老化とされますが、肌の炎症(肌荒れ)も影響力のある要因です。

さて、今回のブログでは、小林製薬の医薬品Saiki(さいき)をテーマにします。

肌荒れに利用できる医薬品です。

「さいき」の有効成分は、ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸二カリウム、アラントインです。

肌荒れを起こした場合は皮膚科受診することが大切です。受診できない場合はドラッグストアの薬剤師に相談して下さい。

抗ガン剤などの化学療法剤で、骨髄抑制を起こしている場合は、血液中の血小板数が低下します。その場合、ヘパリン類似物質を配合した外用剤は適しません。

出血斑などの副作用が現れる場合があります。

肌荒れと肌老化

そばかす.jpg

加齢とともに、肌老化します。

シワ、シミ、たるみ、くすみ、キメが粗くなる、たるみ毛穴などの肌老化です。

原因は遺伝子にプログラミングされた情報です。加齢による成長ホルモン(hGG)、女性ホルモンの低下が、影響力があります。

肌老化の影響力のある要因には、太陽光(紫外線・近赤外線・高エネルギー可視光線)による光老化、炎症性サイトカインによる炎症、活性酸素による酸化、AGEによる糖化などがあります。

たるみ、たるみ毛穴は、筋肉痩せによるマイオカインの低下、骨吸収などが影響力がある要因です。

太陽光による光老化

太陽.jpg

太陽光は地球に降り注ぐ電磁波です。

紫外線、赤外線、可視光線から構成されています。

紫外線による肌老化は一般にもよく知られていますが、赤外線、可視光線も光老化の要因になります。

1年を通して日焼け止めを利用したいものです。また、長時間の屋外活動は避けたいものです。

炎症性サイトカインによる炎症

細胞.jpg

肌荒れを起こすと、シミ、シワの原因になります。

アトピー、敏感肌では、シミ、シワをつくりやすいことが知られています。

シミは炎症時に産生されるエンドセリンシワは炎症時に産生される好中球エステラーゼが関係しています。

炎症部位に集まる好中球は、コラーゲン線維、エラスチン線維を分解する好中球エステラーゼを分泌します。

肌のハリ・弾力をつくるコラーゲン線維・エラスチン線維が分解されるので要注意です。

また、炎症を起こすと炎症性サイトカインによって負のスパイラル(連鎖)を起こしやすく、慢性に経過しやすいので注意したいものです。

冬の肌荒れが春まで持続することがあります。

肌バリア機構の低下

冬は湿度低下で、肌バリア機能が低下しやすいです。

肌バリア機能が低下すると、アレルギー物質、病原体が肌に侵入します。

粉ふき、かさつき・乾燥感、かゆみ、発赤、湿疹、毛穴の開きなどの症状が現れます。

「粉ふき」は炎症による異常な表皮ターンオーバー促進が原因です。

「毛穴の開き」も炎症で現れる症状です。

保湿ケアをしっかり行い、肌荒れ予防を心がけたいものです。

皮膚科受診


白衣.jpg

肌荒れを起こした場合は皮膚科受診をお薦めします。

保険適用で、診察、薬(外用剤、内服薬)が処方されます。

女性医師が院長の皮膚科がお薦めです。

小林製薬 Saiki(さいき)

小林製薬株式会社が販売する第2類医薬品の市販薬です。

ドラッグストア、インターネット通販(薬局)で購入できます。

有効成分は、ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸二カリウム、アラントインです。

ローションタイプの「さいきa 保水治療ローション」、乳液タイプの「さいきn 保水治療乳液」があります。

0.3%ヘパリン類似物質

肌の保湿成分には、細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂があります。

保湿効果が最も高いのがセラミドなどの細胞間脂質です。

ヒトが産生する天然保湿因子にはアミノ酸、ヘパリン、尿素などがあります。

天然保湿因子は、水分を吸湿する性質があり、保湿効果があります。なお、湿度が低下すると保湿力が低下します。

ヘパリン類似物質は、ヘパリンと同様の作用がある物質です。

インターネット上では、ヘパリン類似物質の保湿効果を過大評価されています。

保湿効果は、細胞間脂質 > 天然保湿因子セラミド > ヘパリン類似物質です。

ただし、ヘパリン類似物質は血行を促す作用があり、肌の修復には有効です。肌角質層のラメラ構造の再構築を促します。

よって、皮膚科では、肌の保湿剤として0.3%ヘパリン類似物質がよく処方されています。

先発のマルホのヒルドイドソフト軟膏、ヒルドイドクリーム、ヒルドイドローションがよく知られています。

ジェネリック医薬品の場合、薬価が低く、格安購入できるメリットがあります。

ニプロ、ラクール、日医工、ポーラファルマなどの医薬品会社のジェネリック医薬品として、ヘパリン類似物質油性クリーム、ヘパリン類似物質クリーム、ヘパリン類似物質ローションなどの製品があります。

調剤薬局の薬剤師さんに相談して下さい。

Saiki(さいき) 副作用

ヘパリン類似物質には、血液凝固を阻害する作用があります。

血小板数が減少する病気、凝固因子が減少する病気を持っている方の利用は適しません。

化学療法剤(抗ガン剤)による治療を行うと骨髄抑制を起こす場合があります。

化学療法剤による治療を行うと肌荒れを起こしやすいのですが、骨髄抑制で血小板数が低下している場合は、「さいき」の利用は適しません。注意したいものです。

また、使用により、かゆみ、発赤、発疹などの症状が現れた場合は、使用を中止して、医師、薬剤師に相談して下さい。

セラミド保湿

保湿に有効な美容成分はヒト型セラミドです。

乾燥による肌荒れ予防には、ヒト型セラミド、アミノ酸から構成されたコスメがお薦めです。

ディセンシア つつむ

ポーラ・オルビスホールディンクスの敏感肌ブランドがディセンシアです。

細胞間脂質のヒト型セラミド2、天然保湿因子としての役割をする5種類のアミノ酸を配合した高保湿ケアブランドです。

ヒト型セラミド2はナノ化加工しています。角質層の深層へ浸透します。肌バリア機能を高めます。

14日間トライアルセット+サンプル6点セット

1,470円(税込)
送料無料




posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 乾燥肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

美容成分オリーブ葉エキス配合の美白化粧品

明日、12月23日は、天皇誕生日で祝日です。

今日、1日頑張りましょう

クリスマス、お正月など楽しい行事が待っています。

女性10.jpg

さて、今回のブログでは、美容成分としてオリーブ葉エキスを配合している美白化粧品を紹介します。

ジュリーク グレイスフルビューティーセーラムです。ビタミンC誘導体、オリーブ葉エキス、カミツレ花エキスを配合した美白コスメです。

日本人の場合、加齢とともにシミが濃くなりやすいです。濃いシミが多いと実年齢よりも老けて見えます。

欧米人の場合、シワ、たるみを気にする人が多いのですが、日本人の場合はシミ、肌の「メラニンくすみ」です。

色素斑
しきそはん

女性6.jpg

一般的には、シミ、アザと呼んでいます。

皮膚は、表皮、基底膜、真皮層、皮下組織から構成されています。

表皮〜真皮層の黒色メラニン色素の沈着を色素斑と呼んでいます。

表皮に蓄積したメラニン色素は、表皮ターンオーバーで排出されます。

ただし、加齢とともに表皮ターンオーバーが低下します。

シミが濃くなり、肌色もトーンダウンしやすいです。

表皮の色素沈着

表皮に蓄積した黒色メラニン色素にアプローチする方法には、CDトレチノイン・ハイドロキノン療法(RA/HQ)などの外用剤、オバジゼオスキンの美肌美白プログラム、ケミカルピーリング・レーザーピーリングなどのピーリング、IPL(intense pulsed light)、プラズマ(ネオジェンスパ)などがあります。

忙しい女性会社員にはオバジゼオスキンによるホームケアが人気です。

最近では、アトピー性皮膚炎後の色素沈着に、プラズマ治療が注目されています。

真皮層の色素沈着

基底膜より下層に沈着した色素斑には、レーザー治療が有効です。

ダウンタイムがありますが、Qスイッチルビーレーザー、QスイッチYAGレーザーによる治療がお薦めです。

美白成分

美女.jpg

厚生労働省の医薬部外品として許可された美白剤を配合した化粧品が人気です。

ビタミンC誘導体、α‐アルブチン、ルシノール、トラネキサム酸、トラネキサム酸セチルエステル、ナイアシンアミドが人気の美白剤です。

これら美白剤に、オリーブ葉エキス、クララエキス(クジンエキス)、カミツレエキスなどボタニカルエキスを配合すると、より効果的とされます。

オリーブ葉エキス

ハーブ.jpg

INCI名は、Olea Europaea (Olive) Leaf Extractです。

オリーブの葉から抽出した植物エキスです。

化粧品へ配合する美容成分だけでなく、オリーブ葉エキスはサプリメントとしても利用されています。豊富なポリフェノールが人気です。

オーレユーロペンを含み、抗炎症作用があり、肌荒れを予防します。また、抗酸化作用が期待できます。

オリーブ葉エキス 美白

オリーブ葉エキス中の成分であるヒドロキシチロソールグルタチオンを増加させる作用があります。

グルタチオン増加による美白作用が期待できます。

オリーブ葉エキス配合の美白化粧品
ジュリーク グレイスフルビューティーセーラム
JURLIQUE Purely Age-Defying Facial Serum

全成分表示
水、グリセリン、ソルビトール、ヒナギク花エキス、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、オリーブ油、ヤシ油アルキルグルコシド、ヤシアルコール、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン、エクトイン、加水分解オクラ種子エキス、デキストリン、アスコルビルグルコシド、酵母エキス、尿素、グルコサミンHCL、ヨーロッパブナ樹皮エキス、アルゲエキス、オリーブ葉エキス、変性アルコール、カンゾウ根エキス、アルテア根エキス、フェノキシエタノール、カミツレエキス、ガリカバラ花エキス、トタロール、ニオイスミレエキス、サンシキスミレエキス、セイヨウニワトコ花エキス、香料.

美白成分として、ビタミンC誘導体のアスコルビルグルコシド、オリーブ葉エキス、カミツレエキスを配合しています。

価格 7,727円(税込)
送料無料

ジュリーク(JURLIQUE)は、平子理沙さんが愛用するコスメブランドとして日本で知られるようになったブランドです。


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする