2017年04月06日

リノール酸レチノール配合「ラロッシュポゼ レダミック Rエッセンス」

4月になり、春らしい季節になりました。

春は出会いの季節です。

スキンケア、メイクに力を入れたいものです。

美女.jpg

エイジングケアの切札的なビタミンが、ビタミンA(レチノイド)、ビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンE(トコフェリル)です。

ビタミンAは魅力的な美容成分ですが、使いはじめに、肌のかさつきを感じる場合があります。

ビタミンAはエイジングケア上級者向けの美容成分です。

さて、今回のブログでは、ピュアレチノール、リノール酸レチノール、アデノシンを配合したコスメを紹介します。

敏感肌用ブランド「ラロッシュポゼ」の製品で、製品名はラロッシュポゼ レダミック Rエッセンスです。

シワ、たるみ、くすみにアプローチするエイジングケア美容液ですが、大人ニキビ予防、毛穴ケア、美白ケアも期待できます。

ラロッシュポゼではリノール酸レチノールプログレッシブ リリース レチノールと呼んでいます。

肌奥へ安定浸透が期待できます。

また、表皮、毛穴での滞在時間が長く、作用の持続性が期待できます。

ビタミンA
レチノイド

白衣.jpg

ビタミンAは油溶性(脂溶性)の性質があるビタミンです。

期待できる作用

表皮ターンオーバーの促進

表皮ターンオーバーを促進します。表皮中のメラニン色素を排出させることで、肌のトーンアップが期待できます。

また、ニキビ、脱水毛穴による毛穴の角質肥厚(大人ニキビの原因のひとつ)の予防も期待できます。

コラーゲン生成の促進

線維芽細胞に作用して、コラーゲン生成を促します。

シワ予防が期待できます。

米国皮膚科では、目尻のシワ治療にレチノイドのトレチノインが処方されています。

過剰な皮脂分泌の抑制

皮脂は、肌を弱酸性に保ち、皮膚常在菌の細菌・酵母(マラセチアなど)の分布を正常化する役割があります。

ただし、過剰な皮脂は、脂漏性湿疹、すり鉢状毛穴(漏斗状毛穴)、シミ・色ムラ(過脂化メラニンキャップ)の要因になります。

ビタミンA(レチノイド)の種類

ビタミンAには、トレチノイン、レチナールデヒド、レチノールに分類できます。

ビタミンA活性は、トレチノイン > レチナールデヒド > レチノールです。

トレチノイン

別名はレチノイン酸です。

ビタミンA活性が高いレチノイドです。

トレチノインのビタミンA活性は、レチノールの約50〜100倍です。

米国FDA許可の医薬品であり、米国では、ニキビ、シワ治療に処方されています。

代表的なドクターズコスメは、Johnson&Johnson Ortho社のRetin-A Micro Gel(レチンAマイクロジェル)です。

米国では、購入する場合に医師の処方箋が必要です。

日本の美容皮膚科では、シミ治療にトレチノインが処方されます。

トレチノイン・ハイドロキノン療法に利用されます。

日本では、美容皮膚科で自家調整したトレチノインを処方しています。

シグマ社のトレチノイン、常盤薬品工業のCDトレチノインを原料としてジェル(クリーム)がつくられています。

トレチノインの誘導体であるレチノイン酸トコフェリル(トレチノイントコフェリル)は美容成分として許可されています。

エイジング用リンクルセラム(美容液)によく配合されています。

常盤薬品工業セルニュー、佐藤製薬エクセルーラ、ポーラファルマ(POLAの医薬品会社)エフシー、ロート製薬D‐na(ディーナ)に採用されています。

常盤薬品工業
セルニュー リンクルクリーム

レチノイン酸トコフェリル、レチノール、水添レチノール、ユビキノール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS,アプレシエ)、トコフェリルリン酸Na(TPNa)を配合!

最強のリンクルクリームです。

>セルニュー リンクルクリーム 【乾燥肌/たるみ】 [ ビタミン誘導体・クリームタイプ ]

価格:5,400円
(2017/3/31 21:50時点)
感想(78件)




レチナールデヒド

別名はレチナール、ビタミンAアルデヒドです。

アベンヌで採用されています。

AVENE Retrinal + 0.1 Cream(アベンヌ レトリナール + 0.1 クリーム )では、0.1%濃度でレチナールデヒド。

レチノール

エイジング化粧品に、よく配合される美容成分です。

ピュアレチノール(純粋レチノール)は不安定なため、化粧品に配合する場合はカプセル化して配合しています。

カプセル化レチノールを配合しているコスメとして、オバジ360、資生堂レチノバイタルが人気のブランドです。

安定配合する目的で、レチノール誘導体として配合することが多いです。

レチノール誘導体には、パルミチン酸レチノール、水添レチノール、リノール酸レチノール、酢酸レチノール、プロピオン酸レチノールがあります。

リノール酸レチノール

美白成分のリノール酸とレチノールを結合した成分です。

美白、抗シワのWの効果が期待できます。

リノール酸は肌浸透性の高い美容成分で、メラニン生成に関係するチロシナーゼを分解促進する作用があります。

ラロッシュポゼ レダミック Rエッセンス

全成分表示

水、ネオペンタン酸イソステアリル、グリセリン、オクチルドデカノール、PG、ペンチレングリコール、(アクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、セテアリルアルコール、ダイズ油、TEA、イソヘキサデカン、ヒアルロン酸Na、レチノールリノール酸レチノールアデノシンカプリロイルサリチル酸、カプリリルグリコール、ポリソルベート80、フェノキシエタノール、香料.

レチノール、リノール酸レチノール、アデノシン、カプリロイルサリチル酸が特色ある美容成分です。

アデノシン

肌のエネルギーを与え、肌を活性化する美容成分です。

健やかな肌をつくります。

カプリロイルサリチル酸

リポヒドロキシ酸(LHA)に分類される脂溶性のヒドロキシ酸です。

ピーリング作用があります。美容成分の浸透性を高めます。

敏感肌用エイジングケア美容液
ラロッシュポゼ レダミック Rエッセンス

価格 4,644円(税込)

詳しくはコチラ


口コミ情報はコチラ

>【コンビニ受取可】ラロッシュポゼ レダミックRエッセンス(美容液) 【ビタミンA/レチノール】[ 年齢肌 ]

価格:4,644円
(2017/3/31 21:47時点)
感想(51件)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする