2016年10月29日

美しい横顔SnV Line(ライン)

鏡で見る顔は実は平面(2D)です。

顔は、立体的(3D)な美しさも大切です。

顎変形症の場合は、大学病院、歯科大学病院で行われている外科矯正で美しくフェイスライン(横顔)を整えることができます。保険適応で外科手術を受けることができます。

特に、下顎前突症、反対咬合(受け口)の場合、美しいフェイスライン、横顔をつくりたい場合は、外科矯正が必要です。

顎変形症(がくへんけいしょう)ではなく、美容目的でフェイスライン、横顔を整えたい場合は、軽微であれば、矯正歯科の歯列矯正、審美歯科のセラミック矯正で補正が可能です。

下顎後退の場合は、プチ整形のヒアルロン酸注入で補正することができます。「クレヴィエル コントア」「ダナエ コントア」でシャープな顎先の形成が可能です。

審美歯科のセラミック矯正は短期間に補正が可能で、料金が意外と安いのがメリットです。

かつては、フェイスラインの指標はEラインでしたが、最近では、日本人のフェイスラインの美しさはSnV Line(SnVライン)を指標としています。

美女.jpg

今回のブログでは、横顔をテーマにします。

視覚情報の錯覚

目を通して見る視覚は、網膜から視神経を通して脳へ情報伝達されます。

視覚情報は脳で処理されますが、錯覚を起こしやすいものです。

この錯覚を利用したメークを錯覚メーク(さっかくめーく)と呼んでいます。

錯覚メーク
さっかくめーく

もともとメーク自体、錯覚を応用したものです。

たとえば、目を大きく魅せたい場合は、睫毛にマスカラして、アイライナーを引きます。

ミュラー・リヤー錯視、デルブーフ錯視という錯覚を応用したメークです。

顔の輪郭についても、ハイライト、シェードで補正できます。

メーク技術を身に付けることで、より美しくなることができます。

目.jpg

顔のパーツ

顔の重要なパーツは、目、鼻、唇、歯です。

特に重要なのは、目と鼻です。

顔の形には、いろいろありますが、目を強調し、鼻根を高く魅せることで、ある程度、顔の形を補正することができます。

顔の中央である目と鼻に視線を集中させることで、顔の形が目立たなくなります。

ただし、上顎前突症、下顎前突症、下顎後退症などの顎変形症では補正することが難しくなります。

歯科大学病院、大学病院口腔外科の外科矯正が有効です。

名古屋の場合、名古屋大学医学部付属病院口腔外科、愛知学院大学歯学部附属病院顎変形診療科が専門です。

なお、美容を目的とした軽微な補正は矯正歯科、審美歯科が専門です。

E‐line
Eライン

Esthetic line (エステティックライン)の略称がEラインです。

米国の歯科医ロバート氏により提唱された横顔の美しさの指標(基準)です。

鼻先の高さがある欧米人では、Eラインを形成しやすいです。

女性8.jpg

SnV Line
SnVライン

SnV Lineとは、Sub Nasale Vertival Lineの略称です。

米国の歯科医パウエル氏がアジア系米国人向けに提唱した横顔の美しさの指標(基準)です。

日本人と欧米人では顔骨格に違いがあります。

日本人の指標に利用されるのは、SnV Line(SnVライン)です。

欧米人のように鼻先が高い場合はEラインで評価します。鼻先からの垂線がEラインです。

アジア、日本人の場合は、鼻下からの垂線であるSnV Lineで評価します。

歯列矯正、外科矯正する場合には、セファロ分析(セファロメトリックス)を行います。

審美歯科
しんびしか

歯科大学病院、大学病院口腔外科で行われる顎変形症の治療は比較的大掛かりな施術になります。

外科矯正では、外科手術前に歯列矯正が必要です。

歯列矯正後、全身麻酔下で外科手術を行います。ダウンタイムが長いため、できれば、夏休みを利用したいものです。術後1年程度、後遺症が残る場合があります。

なお、手術時の神経損傷は、いずれ修復されます。将来に渡って後遺症が残ることは、まずありません。

審美歯科では、負担を極力少なくし、ダウンタイムが短い施術を行っています。

セラミック矯正、セットバック法などの施術があります。

湘南美容外科クリニックの新宿院、大阪心斎橋院、横浜院、名古屋院で施術を受けることができます。

詳しくはコチラ




湘南美容外科クリニック
医師との無料メール相談・無料カウンセリング予約 方法

@「無料カウンセリング予約」をクリック。

A「希望するクリニック」をクリック(新宿院、大阪心斎橋院、横浜院、名古屋院)。

B自分のプロフィールの記入することでインターネット会員になります。

C希望日時入力フォームに進みますが、入力しなくても医師との無料メール相談ができます。

もちろん、無料カウンセリング予約をしたい人は希望日時を入力して下さい。

医師による無料メール相談、無料カウンセリング予約
↓↓↓


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。