2017年02月19日

自浄サイクルを促進!ハトムギ種子エキス配合「B.A セラム レブアップ」

加齢とともに肌が老化します。

肌のハリ・弾力低下、シミ、色ムラが気になります。

美しい肌を維持したいものです。

美女.jpg

今回のブログでは、抗老化ブランドPOLAの製品を紹介します。

製品名は、ポーラ B.A セラム レブアップです。

肌を補修する美容成分としてポリメタクリロイルリシン、肌の自浄サイクル(オートファジー)を促進する複合成分としてSBフレッシュ−Rを配合しています。

自浄サイクルの促進する理論を、ポーラではスピーディーバイオアクティブ理論と呼んでいます。

SBフレッシュ−Rとは、ハトムギ種子エキスシラカバ樹皮エキスからなる複合成分で、自浄サイクルを促進します。

ハトムギ(はと麦)は、食品ですが、美容成分、また、生薬(医薬品)として医療に応用されています。

美容成分としての化粧品表示名称はハトムギ種子エキスで、INCIはCoix Lacryma-Jobi Ma-yuen Seed Extractです。

医療では、ハトムギから抽出したエキスをヨクイニンエキスと呼んでいます。青年性扁平疣贅、尋常性疣贅、つまり、イボの治療薬に利用されています。

肌細胞を新生させることで、治療効果があるとされます。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい,イボ)は、通常、液体窒素凍結療法が有効ですが、痛みを伴うため小児の治療に使用しにくいです。

その場合、ヨクイニンエキスで治療します。

皮膚科の処方薬には、ヨクイニンエキス散「コタロー」(小太郎)、ヨクイニンエキス錠「コタロー」(小太郎)があります。

複合成分BAコアリキッドは魅力的な美容成分で、肌に必要な栄養素を与えます。

老化
ろうか

そばかす.jpg

私たちは、立体(3次元)と時間の4次元空間の中で生活しています。

時間とともに、私たちは老化しています。

老化の原因は、遺伝子DNAに刻まれたプログラム情報(ゲノム)に従って老化すると考えられています。

これをプログラム仮説と呼んで、有力な老化の仮説になっています。

近い将来、DNA情報(ゲノム)の書き換え、つまりDNA改変、また、RNA干渉によるRNAi療法(治療)によって、寿命のコントロールが可能になるものと思われます。

RNAi療法

DNA.jpg

RNAi療法は、現在、加齢性黄斑症、糖尿病性黄斑部浮腫、RSV感染症、進行期腫瘍、発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)、慢性B型肝炎、心血管疾患などの臨床試験を行っています。

今後、核酸医薬の進歩によって、難病、癌が治療できる時代が来るものと思われます。

いずれ、老化の抑制に、RNAi療法が行われるものと思われます。

肌老化の要因

紫外線、活性酸素、高血糖は、肌細胞のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を劣化させます。

最も影響力のあるのは紫外線であり、直接、傷害して劣化させるだけでなく、肌内で大量の活性酸素を発生させます。

太陽.jpg

肌老化を予防するには、1年を通して敏感肌用の日焼け止めを利用することです。

5年後、10年後に大きな差としてあらわれます。

肌のハリ・弾力

皮膚は、表皮、基底膜、真皮層、脂肪組織から構成されています。

真皮層は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など細胞外マトリックスで構成され、肌のハリ・弾力をつくっています。

細胞外マトリックスを製造する細胞は、線維芽細胞です。

線維芽細胞を活性化させることで、肌のハリ・弾力が期待できます。

また、細胞の自浄サイクルを促進することで、肌のハリ・弾力が期待できます。

自浄サイクル
じじょうさいくる

ヒトには、劣化した細胞外マトリックスを再生する能力があります。

劣化した細胞外マトリックスを、真皮層のリソソーム内に取り込んで分解・新生して、細胞外へ排出するサイクルです。

自浄サイクル、または、自浄作用と呼んでいます。

なお、リソソーム内に取り込んで分解・新生することをオートファジーと呼んでいます。

加齢とともに、自浄サイクルが停滞します。

ポーラの研究で、ハトムギ種子エキスとシラカバ樹皮エキスに自浄サイクルを促進する作用があることがわかりました。

ポーラでは、ハトムギ種子エキスとシラカバ樹皮エキスからなる複合成分をSBフレッシュ−Rと呼んでいます。

ポーラ B.Aセラムレブアップに採用された美容成分です。

B.Aセラムレブアップは、2016年のマキア・VoCE・美的でベストコスメ1位に選ばれた美容液です。

ポーラ
B.Aセラムレブアップ

全成分表示

水、グリセリン、BG、エタノール、ジメチコン、ジグリセリン、トリイソステアリン酸PEG−20グリセリル、ポリメタクリロイルリシンハトムギ種子エキスシラカバ樹皮エキス、イガイグリコーゲン、レンゲソウエキス、チョウジエキス、ヨモギエキス、アルニカエキス、ヘチマエキス、イザヨイバラエキス、スギナエキス、加水分解コンキオリン、PCAジメチコン、PEG−32、PEG−6、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、PEG−75、PPG−8セテス−20、水添ポリデセン、水酸化K、ワセリン、エチルヘキサン酸セチル、水添レシチン、セタノール、ベヘニルアルコール、カルボマー、トコフェロール、キサンタンガム、(アクリレーツ/メタクリル酸ベヘネス−25)コポリマー、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料.

特色ある美容成分

ポリメタクリロイルリシン

ポリメタクリロイルリシンは、傷ついた角質層のアニオンサイトに吸着する性質があります。

肌の修復が期待できます。

SBフレッシュ−R

自浄サイクルを促進して、肌のハリ・弾力のアップが期待できます。

BAコアリキッド

加水分解コンキオリン液、イガイグリコーゲン、ヘチマエキス、チョウジエキス、イザヨイバラエキスからなる複合成分です。

イガイグリコーゲンは肌のエネルギー源となります。加水分解コンキオリン液は肌細胞を活性化します。

健やかな肌へ導きます。

抗糖化成分

AGEsによる糖化を予防する美容成分として、レンゲソウエキス、ヨモギエキスを配合しています。

ポーラの新テクノロジーで、肌浸透性を高めています。肌奥へ美容成分を浸透させます。

詳しくはコチラ↓↓↓


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。