2017年03月12日

甘草フラボノイド(グラブリジン)配合「トゥヴェール フェイスクリーム パワーアクティブ」

3月の中旬になりました。

紫外線量の多い季節に入りました。

肌老化の約80%は、紫外線による光老化です。

シミ、色ムラ、シワ、毛穴の開き、皮膚たるみの要因になります。

1年を通してUVケアすることが大切です。

また、シミ、そばかす、色ムラを予防するには、美白成分を配合したコスメによるお手入れも大切です。

美白成分としてハイドロキノンが有名ですが、デイリーでは、肌刺激のほとんどない美白成分を利用したいものです。

トラネキサム酸、カミツレエキス、甘草フラボノイド(グラブリジン)は、肌にやさしい美白成分です。

太陽.jpg

今回のブログでは、美白成分として甘草フラボノイド(グラブリジン)を配合した保湿クリームを紹介します。

製品名は、トゥヴェール フェイスクリーム パワーアクティブです。

甘草
かんぞう

中医(漢方)の甘草(かんぞう)は、一般でも広く知られている生薬です。

抗炎症作用があり、各種漢方薬に配合されています。

ヨーロッパでは、リコリスティー(ハーブティー)として知られています。

有効成分は、甘草の成分であるグリチルリチン 、グリチルリチン酸です。

西洋医学では、グリチルリチン製剤としてグリチロンが利用されています。


一般名 グリチロン
商品名 グリチロン配合錠(ミノファーゲン)

ジェネリック医薬品には、ニチファーゲン配合錠(日新)、ネオファーゲンC配合錠(大鵬)があります。

炎症を抑制する作用があり慢性肝炎によく処方されます。

また、免疫調節作用があることから、難治性の円形脱毛症に応用されています。

甘草エキス(カンゾウエキス)は甘味料、また、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)は、医薬部外品の化粧品に利用されています。

なお、これら成分は水溶性成分です。

甘草フラボノイド
かんぞうふらぼのいど

甘草フラボノイドの特徴は油溶性(脂溶性)成分であることが特色です。

甘草中の油溶性フラボノイドであるグラブリジンを豊富に含みます。

グラブリジンは、TV番組、女性誌で活躍する皮膚科医の吉木伸子先生の著書で紹介され、広く一般でも知られるようになりました。

メラニン生成に関係するチロシナーゼを抑制する作用、メラニン産生を抑制する作用があります。

油溶性(脂溶性)成分であることから、肌奥へ浸透するのが特色です。

肌奥へ浸透して、美白効果が持続します。

また、抗炎症作用により、肌荒れを予防します。

美女.jpg

トゥヴェール フェイスクリーム パワーアクティブ

全成分表示

水、BG、グリセリン、水添レシチン、スクワラン、ホホバ種子油、オリーブ油、 水添ナタネ油アルコール、ベタイン、オレイン酸フィトステリル、トコフェリルリン酸Na、トコフェロール、 PCA-Na、アルギニン、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、トレオニン、プロリン、アセチルヒアルロン酸Na、アスタキサンチン、セラミド3、 セラミド6-2、セラミド2、リゾレシチン、レシチン、グリコシルトレハロース、 スーパーオキシドジスムターゼ、ユズ果実エキス、スフィンゴ脂質、 ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド(シンエイク)、加水分解コメタンパク、ビルベリー葉エキス、甘草フラボノイド、センチフォリアバラ花エキス、リン脂質、マルチトール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ダイズ油、酢酸トコフェロール、 ソルビトール、加水分解水添デンプン、グリチルリチン酸2K、ユビキノン、 ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1(EGF)、チオクト酸(αリポ酸)、コレステロール、エタノール(原料由来)、1,2-ヘキサンジオール、ジメチコン、メチルパラベン、プロピルパラベン.

保湿成分

水.jpg

保湿成分として、BG、グリセリンを中心に、アミノ酸(アルギニン、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、トレオニン、プロリン)、アセチルヒアルロン酸Na、ヒト型セラミド(セラミド3、 セラミド6-2、セラミド2) 、ユズ果実エキス、スフィンゴ脂質を配合しています。

保湿効果の高いフェイスクリームです。

抗酸化物質

肌老化の要因には、紫外線による光老化、活性化酸素による酸化などがあります。

活性酸素を消去する成分として、トコフェリルリン酸Na、トコフェロール、アスタキサンチン、スーパーオキシドジスムターゼ、ビルベリー葉エキス、甘草フラボノイド、センチフォリアバラ花エキス、酢酸トコフェロール、ユビキノン、チオクト酸(αリポ酸)を配合しています。

スーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4つの活性酸素すべてを消去します。

毒性の強いヒドロキシルラジカルを消去する成分として、トコフェリルリン酸Na(ビタミンE誘導体)、トコフェロール(ビタミンE)を配合しています。

紫外線によって肌内で発生する一重項酸素を強力に消去する美容成分としてアスタキサンチンを配合しています。

成長因子

上皮成長因子(Epidermal Growth Factor,略称EGF)としてヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1を配合しています。

表皮ターンオーバーを促して、健やかな肌を保ちます。

植物エキス

「トゥヴェール フェイスクリーム パワーアクティブ」は、特色ある植物エキスとしてビルベリー葉エキス、甘草フラボノイドを配合しています。

ビルベリー葉エキス

ハーブ.jpg

コラーゲン生成を促す美容成分として注目される美容成分です。

INCIは、Vaccinium Myrtillus Leaf Extractです。

代表的な化粧品原料はキュアベリー(一丸ファルコス)があります。

ビルベリー葉エキスは、ポーラ、ロート製薬、常盤薬品工業などエイジングコスメに利用されています。

抗シワ成分

抗シワ成分として、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド(シンエイク)を配合しています。

美白作用のある甘草フラボノイド(グラブリジン)を配合している保湿クリームです。

シミ、そばかす、色ムラを予防する保湿クリームとして、デイリーで利用したい製品です。

>EGFとαリポ酸をプラス多重カプセルをスーパーヒアルロン酸のゲルで包みさらにパワーアップした贅沢保湿クリーム乾燥対策にトゥヴェール 楽天★フェイスクリーム パワーアクティブ

価格:3,672円
(2017/3/10 19:09時点)
感想(363件)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。