2017年04月23日

エステ用「乳酸・グリコール酸・サリチル酸ピーリング剤」 通販

来週はゴールデンウィークです。

海外旅行へ行く方は日焼けに注意して下さい。

肌老化の要因になります。

女性5.jpg

さて、今回のブログでは、ケミカルピーリングをテーマにします。

α、β、γの3種類のヒドロキシ酸が20%濃度で配合されたピーリング剤です。

乳酸、グリコール酸、サリチル酸、γ-アミノ酪酸を配合しています。

エステと同様なピーリング効果が期待できます。

製品名は、米国ピーター・トーマス・ロス社のアンリンクルピールパッドです。

リンクルケア(小ジワの予防)、メラニンぐすみ、角質ぐすみに有効です。

また、ニキビ痕、毛穴ケアに利用します。

エステ級のピーリングが期待できます。

表皮ターンオーバー

美女.jpg

加齢とともに、表皮ターンオーバーが低下します。

加齢自体が原因ですが、女性ホルモンのエストロゲン低下も関係しています。

皮膚は、上部から表皮、基底膜、真皮層、皮下組織から構成されています。

表皮は、定期的に新しい表皮に入れ替わっています。表皮のターンオーバーと呼んでいます。

表皮ターンオーバーは、表皮の入れ替わりのことです。

20歳では、表皮ターンオーバーは約28日で、表皮が入れ替わります。

30歳では約40日、40歳では 約60日になります。

30代になると、シミが濃くなり、色ムラ、くすみ、角質肥厚が気になるようになります。

シミ

表皮ターンオーバーの低下で、表皮細胞に蓄積された黒色メラニン色素が排出しにくくなります。

肌の色ムラ、黒化が気になります。メラニンぐすみと呼んでいます。

また、シミが濃くなります。

角質肥厚
かくしつひこう

古くなった角質(垢,あか)で、肌のざらつき、ごわつき、乾燥感が気になります。

古くなった角質は灰色で、角質ぐすみがみられます。

また、化粧水など水溶性成分の浸透性が低下します。

冬は肌の乾燥で、年齢に関係なく角質肥厚を起しやすいです。

冬から春は、角質肥厚に悩みます。

美容皮膚科のケミカルピーリング

白衣.jpg

美容皮膚科のケミカルピーリングには、乳酸ピーリング、グリコール酸ピーリング、サリチル酸ピーリング、サリチル酸マクロゴールピーリングがあります。

また、最近では、乳酸・グリコール酸・サリチル酸を配合したピーリング剤によるミルクピーリングも人気です。

美容皮膚科によっては、レーザー、プラズマなど医療用美容機器によるピーリングが行われています。

ピーリングは2〜4週間に1回行いたい施術です。

ピーター・トーマス・ロス アンリンクルピールパッド 60枚
Peter Thomas Roth Un-Wrinkle Peel Pads 60pads

女性8.jpg

ピーター・トーマス・ロスは、米国エステサロン、スパ向けの化粧品ブランドです。

また、ヒルトンホテルのアメニティとして利用されています。

米国では、オバジメディカル、エクスビアンスとともに、人気ドクターズコスメになります。

全成分表示

Water (Aqua), Glycolic Acid, Ethoxydiglycol, Sodium Hydroxide, Sodium Lactate (Lactic Acid), Rosa Centifolia Flower Water, Hamamelis Virginiana (Witch Hazel) Water, PPG-5-Ceteth-20, Butylene Glycol, Arginine, Linolenic Acid (Vitamin F), Gamma-Aminobutyric Acid, Tocopherol (Vitamin E), Retinol (Vitamin A), Cholecalciferol (Vitamin D), Alanine, Sodium Ascorbyl Phosphate (Vitamin C), Zingiber Officinale (Ginger) Root Extract, Citrus Medica Limonum (Lemon) Peel Extract, Chamomilla Recutita (Matricaria) Flower Extract, Symphytum Officinale Leaf Extract, Camellia Sinensis Leaf Extract, Aloe Barbadensis Leaf Juice, Salicylic Acid, Caprylic/ Capric Triglyceride, Propylene Glycol, Methylparaben, Propylparaben, Diazolidinyl Urea.

ピーリング成分

ピーリング成分として、α、β、γ、の3種類のヒドロキシ酸が20%濃度で配合しています。

Glycolic Acid
グリコール酸

Sodium Lactate (Lactic Acid)
乳酸

Salicylic Acid
サリチル酸

Gamma-Aminobutyric Acid
γ-アミノ酪酸

使用方法

1〜2週間に1回のピーリングで充分です。

パッドタイプ(シートタイプ)で、利便性に優れています。

スキンケアステップ



1.洗顔.

2.化粧水.

3.美容液.

4.日焼け止め(化粧下地) .

5.メイク.



1.クレンジング.

2.洗顔.

3.「ピーター・トーマス・ロス アンリンクルピールパッド」でやさしくスージング(拭き取り).

4.1〜3分放置.

5.水で洗い流す.

6.化粧水

7.美容液

−ポイント−

・1〜2週間に1回のピーリングで充分です。

・60枚のパッドが入っています。60回ピーリングが可能です。

ピーター・トーマス・ロス アンリンクルピールパッド
Peter Thomas Roth Un-Wrinkle Peel Pads 60pads

詳しい使用方法はコチラ




アマゾンでも購入できます。

ピーター・トーマス・ロス アンリンクルピールパッド 60枚

新品価格
¥4,570から
(2017/4/22 19:20時点)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

毛細血管を強化成分トウニンエキス配合「アリュー ローション」

肌老化の約80%は紫外線による光老化です。

一般にも広く浸透して、普段のスキンケアで、日焼け止め、日焼け止め効果のある化粧下地が利用されるようになりました。

太陽.jpg

毛細血管減少による血行不良も肌老化の要因です。

毛細血管は、肌に酸素、栄養素などを運ぶ重要なパイプラインです。

毛細血管の強化が大切です。

今回のブログでは、ポーラの新ブランド「ALLU アリュー」の製品を紹介します。

製品名は、アリュー ローションです。

美容成分としてトウニンエキスを配合したローションで、毛細血管強化が期待できます。

皮膚と毛細血管

皮膚に栄養を与えている血管が毛細血管です。

皮膚は、上部から表皮、基底膜、真皮層、皮下組織から構成されています。

表皮基底層に毛細血管がつながり、酸素、成長ホルモン、女性ホルモン、成長因子(グロースファクター)、栄養素を運んでいます。

加齢とともに、毛細血管が減少します。

肌、頭皮の老化の要因になります。

特に2型糖尿病を発症すると、毛細血管が損傷します。

毛細血管とシナモン

シナモンは、毛細血管を強化するスパイス(香辛料)です。

NHKでシナモンが毛細血管を強化するスパイスとして紹介され、1日小さじ1杯のシナモンを摂取する人が増えました。

なお、シナモンには、中国産のカシアシナモンとセイロンシナモンがあります。

一般に流通するシナモンは中国産のカシアシナモンです。

カシアシナモンはクマリンを多く含み、過剰摂取で肝障害を起すので注意したいものです。

毛細血管とマイオカイン

ウォーキング.jpg

毛細血管を強化することで、肌老化の予防が期待できます。

最も有効な方法は、1日40分以上の有酸素運動・筋力トレーニングです。

筋肉は内分泌器官と考えられるようになりました。

筋肉から、マイオカインと呼ぶ健康・美容に関係する成長因子・サイトカインなど生理活性物質を分泌しています。

マイオカインのIGF-1(インスリン様成長因子1)、FGF-2(線維芽細胞増殖因子2)は毛細血管を強化する成長因子です。

また、FGF-2は真皮層の線維芽細胞に作用して、コラーゲン生成を促します。

アリュー ローション

全成分表示

水、グリセリン、プロパンジオール、エタノール、ポリメタクリロイルリシン、アサガオカラクサエキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、アルニカエキス、シナノキエキス、イザヨイバラエキス、オタネニンジンエキス、ゴボウエキス、ルイボスエキス、トウニンエキス、オトギリソウエキス、PEG−150、PEG−32、PEG−6、BG、ジグリセリン、PEG−50水添ヒマシ油、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

肌荒れを起こしやすい女性のためのローションです。

肌細胞を修復するポリメタクリロイルリシン、成長ホルモン・女性ホルモン受容体を増やすアサガオカラクサエキスを配合しているのが特色です。

成長ホルモン・女性ホルモンは、肌細胞を修復するホルモンです。

また、女性ホルモンは、肌細胞を活性化する作用、コラーゲン生成を促す作用があります。

健やかな肌をつくります。

トウニンエキス

毛細血管は、酸素、成長ホルモン、女性ホルモン、成長因子(グロースファクター)、栄養素を輸送するパイプラインです。

加齢とともに、毛細血管が減少します。

肌老化の要因になります。

トウニンエキスは、トウニン(桃仁)から抽出した植物エキスです。

タンパク質ZO−1 を誘導することにより、毛細血管を強化します。

毛細血管を強化することで、健やかな肌をつくります。

ポーラ公式サイト

ポーラで管理された品質のよい製品が購入できます。

「ブランドで選ぶ」「ALLU アリュー」の順でクリックして下さい。

アリュー ローション

価格 7,560円(税込)

ポーラ公式ホームページ



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

肌荒れの修復!アサガオカラクサエキス配合「アリュー ミルク」

春は肌荒れを起こしやすい季節です。

新年度による環境変化で、心理的ストレスを受けやすいからです。

心理的ストレスによって分泌される神経伝達物質サブスタンスPは、炎症性サイトカインを誘導します。

肌荒れの要因になります。

オフィス.jpg

さて、今回のブログでは、肌荒れを修復するコスメとして、アリュー ミルクを紹介します。

ALLUアリューは、ポーラの新ブランドです。

アリューは、肌細胞の成長ホルモン受容体、女性ホルモン受容体を増やす成分としてアサガオカラクサエキスを配合しています。

自然治癒力で肌の修復を期待できます。

肌荒れ

肌細胞が炎症を起した状態が肌荒れです。

乾燥による肌荒れ

画像7.jpg

冬の湿度低下で、肌角層の水分が奪われます。

肌バリア機能が低下して、容易にアレルギー物質・病原体(細菌・マラセチア)が侵入します。

炎症性サイトカインが誘導され、負のスパイラルに陥りやすいです。

冬の肌荒れが春まで持続することがあります。

紫外線による肌荒れ

太陽.jpg

紫外線は、直接、肌細胞を傷害する光です。

肌が赤くなり、炎症を起します。

紫外線から肌を防御するため、メラノサイトはメラニン色素を産生します。

メラノサイトがDNA損傷を起すと、局所的に過剰にメラニン色素を産生します。日光性黒子の原因です。

1年を通して、ノンケミカルの日焼け止めを利用したいものです。

肌の修復

モイスト療法

肌細胞を修復する方法には、モイスト療法があります。

湿潤療法とも呼ばれています。

ワセリンで密閉することで、自らが産生するグロースファクター(成長因子)で肌の修復をめざします。

洗顔後、ワセリンを肌に塗るだけの簡単な方法です。

私の場合、1〜2週間に1回の割合で、モイスト療法を行っています。

なお、ニキビのある人は逆効果ですので注意して下さい。

私が使用している純度の高い白色ワセリン「サンホワイトP-1(日興リカ)」

>サンホワイトP-1 チューブ 50g[サンホワイト ワセリン]【6_k】

価格:1,296円
(2017/4/8 12:45時点)




睡眠

肌細胞は睡眠時に修復されます。

睡眠時間は大切です。

肌修復に必要な睡眠時間は6時間と考えられています。

肌細胞の修復には、成長ホルモン、女性ホルモン、栄養素が必要です。

成長ホルモンは、肌細胞の成長ホルモン受容体に結合することで肌細胞が活性化します。

なお、加齢とともに成長ホルモン受容体が減少します。

また、紫外線は成長ホルモン受容体を損傷させます。UVケアも大切です。

植物エキスのアサガオカラクサエキスは、成長ホルモン受容体を増やす作用が期待できます。

ALLU
アリュー ミルク

価格 7,560円(税込)
送料無料(2017年4月現在)

全成分表示

水、グリセリン、プロパンジオール、水添ポリオレフィン(C6−14)、メドウフォーム油、ジグリセリン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、マルチトール、エチルヘキサン酸セチル、PEG−32、PEG−6、水添ナタネ種子油、ジステアリン酸ポリグリセリル−3メチルグルコース、エタノール、ジメチコン、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ポリメタクリロイルリシンアサガオカラクサエキス、オタネニンジンエキス、トウニンエキス、アルニカエキス、シナノキエキス、イザヨイバラエキス、ゴボウエキス、ルイボスエキス、オトギリソウエキス、BG、キサンタンガム、ベヘニルアルコール、セタノール、カルボマー、ステアリン酸スクロース、トコフェロール、パルミチン酸スクロース、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

アサガオカラクサエキス

ハーブ.jpg

アサガオカラクサから抽出した植物エキスです。

表皮細胞、真皮層の線維芽細胞の成長ホルモン受容体、女性ホルモン受容体(エストラジオール受容体)を増やす作用が期待できます。

ポーラの研究により明らかになりました。

表皮細胞を健やかに保ちます。

また、線維芽細胞が活性化することで、コラーゲン生成が促されます。

なお、睡眠時間が最も大切です。

睡眠時に成長ホルモンの分泌が盛んになります。

また、成長ホルモン、女性ホルモン、栄養素を運ぶ毛細血管の強化も大切です。

ポリメタクリロイルリシン

ポリメタクリロイルリシンは、損傷した表皮角層のアニオンサイトに吸着する性質があります。

損傷した皮膚を保護します。

肌の修復が期待できます。

トウニンエキス

血管内皮細胞の接着能を強化する美容成分です。

毛細血管の強化が期待できます。

ポーラ公式サイト

ポーラで管理された品質のよい製品が購入できます。

「ブランドで選ぶ」「ALLU アリュー」の順でクリックして下さい。

ポーラ公式ホームページ



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

DAMPs活性阻害イザヨイバラエキス配合「アリュー ローション」

春になりました

桜が満開です。

私は、名古屋に住んでいるので、今日は東山動植物園の桜を見に行く予定です。

桜2.jpg

春は肌荒れを起こしやすい季節です。

冬の乾燥でダメージを受けた肌に、春の紫外線量増加により肌荒れを起こします。

肌荒れは、肌細胞が炎症を起した状態で、炎症性サイトカインにより負のスパイラルに陥りやすいので注意が必要です。

肌荒れが慢性化する可能性があります。

傷ついた細胞からはDAMPs(damage-associated molecular patterns,傷害関連分子パターン)が放出され、免疫細胞のDAMPs受容体に結合すると、炎症性サイトカインが惹起され、負のスパイラルに陥ります。

今回のブログでは、DAMPs活性を阻害する植物エキスとして、イザヨイバラエキスを配合した化粧品を紹介します。製品名は、POLAのアリュー ローションです。

アリュー(ALLU)は、2016年に、POLAから誕生した新ブランドです。

シグニチャー成分としてアサガオカラクサエキスを配合、女性ホルモン(エストロゲン)と成長ホルモン(hGH)の作用を引き出して、肌細胞の修復が期待できます。

肌荒れによる肌老化の予防が期待できます。

肌老化

そばかす.jpg

肌老化要因の約80%は、紫外線による光老化です。

肌荒れも影響力のある要因です。

敏感肌では、肌老化が早いことが知られています。

微弱炎症により産生される好中球エラスターゼは、肌のハリ・弾力をつくるコラーゲン、エラスチン、プロテオグリカン等を分解します。

シワをつくりやすいです。

肌荒れの原因

乾燥肌

画像7.jpg

冬に多い肌荒れの原因です。

自らが産生する細胞間脂質、天然保湿因子(NMF)が少ない肌で起こしやすい乾燥による肌荒れです。

冬の湿度低下によって角層水分量が低下します。

肌のうるおいを失い、肌が乾燥します。

肌が乾燥すると、肌バリア機能が低下して、アレルギー物質、細菌・真菌(マラセチア)など病原体が侵入しやすくなります。

アレルギー反応、感染によって、肌荒れを起こします。

保湿ケアをしっかり行いたいものです。

化粧品アレルギー

化粧品のある特定の物質で、アレルギー反応を起します。

化粧品グレードの低い製品、ある特定の植物エキスなどがアレルゲンになります。

発赤、かゆみ、落屑などの急性反応が現れると化粧品アレルギーであることがわかりやすいですが、慢性反応の場合はわかりにくいです。

慢性炎症では、肌の黒化、毛穴の開き、小ジワの増加などの肌変化が現れます。

自分の肌に合った化粧品を利用したいものです。

遊離脂肪酸

皮脂は、肌を弱酸性(pH4〜6)に保ち、肌の常在菌分布を正常化する働きがあります。

ただし、過剰な皮脂は肌荒れの要因になります。

皮脂は化学的に不安定であり、紫外線、マラセチアなどの常在菌によって遊離脂肪酸に分解されます。

遊離脂肪酸は刺激物質であり、肌荒れの原因になります。

病的な場合が、脂漏性湿疹(皮膚炎)です。

1日2回、洗顔石鹸で皮脂をしっかり落としたいものです。

機械的刺激

肌を強く擦ってクレンジング、洗顔すると肌荒れを起こします。

シートタイプのクレンジングで、肌荒れを起こしやすいです。

メイクオフは簡単ですが、肌負担が大きいです。

クレンジング・洗顔のポイントは「やさしく」です。

紫外線

太陽.jpg

地上に降り注ぐ紫外線には、紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)があります。

肌の炎症と密接な紫外線がUVBです。

長時間、UVBを浴びると、表皮が発赤します。これを紅斑反応と呼んでいます。非感染性の炎症です。

肌は熱を持ち、炎症を起します。

ひどい場合は水ぶくれを起こします。

炎症後のシミ、色ムラの原因にもなります。

UVケアは大切です。

肌荒れの要因

心理的ストレス

女性6.jpg

心理的ストレスを受けると自律神経バランスが崩れやすいです。

ホルモンバランスも崩れやすいです。

肌を修復するホルモンであるヒト成長ホルモン(hGH)、エストロゲンが低下すると肌荒れを起こしやすいです。

また、心理的ストレスで分泌される神経伝達物質サブスタンスPも肌荒れの要因になります。

睡眠時間

入眠後3時間で、ヒト成長ホルモン(hGH)分泌が最大になります。

思春期の骨端が閉じていない年齢までは身長を伸ばす作用もあります。

ヒト成長ホルモンの主な役割は、体の修復です。

もちろん、皮膚の修復も関係していて、睡眠時間が短いと肌荒れの要因になります。

1日7時間の睡眠をとりたいものです。

筋肉痩せ

筋肉からは、マイオカインと呼ぶ生理活性物質が産生されています。

最近では、筋肉は内分泌する臓器と考えられるようになりました。

マイオカインのうち成長因子(グロースファクター)は、肌の修復と密接な関係です。

成長因子のIL‐1ra、IL‐10は、肌の炎症を抑制します。

女性の場合、筋力トレーニングをするとDHEA(デヒドロエピアンドロステロン,Dehydroepiandrosterone)のホルモンレベルが高まります。

DHEAはアンドロゲン作用がありますが、エストロゲン産生を促す作用があります。

週5日、1日40分以上の筋力トレーニングを続けたいものです。

ウォーキング.jpg

肌荒れを修復するホルモン

ヒト成長ホルモン

別名、修復ホルモンと呼ばれています。

体を修復します。

肌荒れを修復する作用があります。

睡眠時にホルモンレベルが高くなります。

睡眠は大切です。

エストロゲン

女性ホルモンのひとつです。

肌細胞を活性化します。

肌荒れを修復する作用があります。

また、線維芽細胞を活性化する作用があります。

線維芽細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を製造する細胞です。

肌のハリ・弾力をアップして、小ジワ、シワを予防します。

30歳頃から次第にエストロゲン分泌が低下して、40代になると急激に低下します。

イザヨイバラエキス

INCIはRosa Roxburghii Fruit Extractです。

イザヨイバラ(別名:トゲナシ,十六夜薔薇)の果実から抽出した植物エキスです。

エストロゲン作用、抗炎症作用、抗酸化作用が期待されています。

肌荒れを起した細胞から放出されるDAMPs活性を阻害する作用があります。

DAMPsとはdamage−associated molecular patternsの略称で、日本語では傷害関連分子パターンと訳されています。

肌荒れが慢性化する要因です。

イザヨイバラエキスはDAMPs活性を阻害する作用が期待できます。

また、イザヨイバラエキスはコラゲナーゼ(コラーゲン分解酵素)を抑制する作用があります。肌のハリ・弾力アップも期待できます。

POLA ALLU
アリュー ローション

水、グリセリン、プロパンジオール、エタノール、ポリメタクリロイルリシンアサガオカラクサエキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、アルニカエキス、シナノキエキス、イザヨイバラエキス、オタネニンジンエキス、ゴボウエキス、ルイボスエキス、トウニンエキス、オトギリソウエキス、PEG−150、PEG−32、PEG−6、BG、ジグリセリン、PEG−50水添ヒマシ油、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料.

ポーラの新ブランド「アリュー(ALLU)」のローションです。

ポーラ製品は化粧品グレードの高い美容成分で設計されています。

また、オリジナル美容成分(植物エキス)に強みがあります。

アリューの特色的な美容成分は、ポリメタクリロイルリシン(PML)とアサガオカラクサエキス、イザヨイバラエキスなどの植物エキスです。

肌荒れ、肌老化を予防します。

ポリメタクリロイルリシン

INCIはPolymethacryloyl Lysineです。

肌細胞を修復する美容成分です。

メタクリル酸とアミノ酸のリシン(リジン)を結合した成分です。

ダメージを受けた肌に吸着して、肌を修復します。

アサガオカラクサエキス

INCIはEvolvulus Alsinoides Flower/Leaf/Stem Extractです。

ヒルガオ科の植物でアサガオカラクサから抽出した植物エキスです。

ヒト成長ホルモン受容体、女性ホルモン受容体を増やす作用が期待されています。肌細胞の修復が期待できます。

ポーラの複合成分フィトセロンは、アサガオカラクサエキス、トウニンエキス、オタネニンジンエキスから構成されます。

紫外線のうち、紫外線A波(UVA)は、これら受容体を減少させます。

UVケアも大切です。

アリュー ローション

パッチテスト、アレルギーテスト済みです。

容量 120mL
価格 7,560円(税込)
送料無料(2017年4月現在)

購入は、ポーラ公式オンラインストアがお薦めです。ポーラで管理された品質のよい化粧品が購入できます。
ポーラ公式ホームページ



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

リピジュア・甘藻エキス配合「FANCLアクティブコンディショニングベーシック」

昨日に続き、FANCLの製品を紹介します。

ファンケル マイルドクレンジングオイルは、@COSME(アットコスメ)、美的でも常に上位にランクされるクレンジングです。

皆さん気になるクレンジングのひとつです。

合成界面活性剤を添加していない無添加クレンジングですが、肌にやさしくメイクオフできるのが人気の秘密です。



さて、今回のブログでは、ファンケルの主力化粧液・乳液を紹介します。

製品名は、ファンケル アクティブコンディショニングベーシックです。

特色ある美容成分として、アクティブセラミド(スフィンゴ脂質)、リピジュア(ポリクオタニウム‐51)などの保湿成分、甘藻エキス(アマモエキス)などの植物エキスを配合しています。

美女.jpg

保湿

肌は、細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂の自らがつくる成分で保湿しています。

保湿の中心的役割をしているのが、細胞間脂質のセラミド、スフィンゴ脂質、天然保湿因子(NMF)のアミノ酸、尿素などです。

細胞間脂質は、表皮角層の細胞と細胞を密着させ、アレルギー物質、病原体の侵入を防ぐバリア機能があります。

また、細胞間脂質はラメラ構造(液晶構造)を形成して、肌の乾燥から守っています。

細胞間脂質の役割をする美容成分、天然保湿因子の役割をする美容成分をコスメに配合することで、保湿ケアができます。

健やかな肌をつくります。

肌荒れ

女性6.jpg

皮膚は、表皮、基底膜、真皮層、皮下組織から構成されています。

表皮は角層、顆粒層、有棘層、基底層から構成されています。

角層は約20層からなる細胞から構成され、肌バリア機能として重要な働きをしています。

紫外線B波(UVB)、過剰な皮脂中の遊離脂肪酸(刺激物質)、機械的刺激、心理的ストレスを受けた時に分泌される神経伝達物質サブスタンスPなどを受けると炎症を起し、肌バリア機能が崩れることがあります。

アレルギー物質、病原体が侵入すると、さらに悪化します。

特に、細菌、マラセチアなどの真菌の侵入は肌荒れを慢性化します。

保湿ケアが最も大切ですが、UV対策、ストレス対策も大切です。

FANCL
ファンケル アクティブコンディショニング ベーシック 化粧液 I さっぱり

全成分表示

水、BG、グリセリン、ベタイン、DPG、メチルグルセス‐10、ペンチレングリコール、スイートピー花エキスゼニアオイ花エキスサクシニルアテロコラーゲン、ヒアルロン酸Na、ラフィノース、アマモエキス(甘藻エキス)、スフィンゴ脂質(アクティブセラミド)、マンニトール、ローヤルゼリーエキス加水分解コメエキスフィトステロールズ、ソルビトール、グルコース、ポリクオタニウム‐51(リピジュア)、レシチン、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、トコフェロール、リン酸K、リン酸2Na、クエン酸、クエン酸Na.

ファンケルの無添加サイエンス理論に基づき、防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、殺菌剤不使用です。

また、アルコール(エタノール)も不使用です。

そのため、製品には製造年月日、品質保持期間として「フレッシュ期間」が記載されています。

保湿成分

水.jpg

BG、グリセリンを中心に、保湿効果の高いサクシニルアテロコラーゲン、ヒアルロン酸Na、スフィンゴ脂質(アクティブセラミド)、ローヤルゼリーエキス、加水分解コメエキス、フィトステロールズ、ポリクオタニウム‐51を配合しています。

サクシニルアテロコラーゲン

海洋由来のコラーゲンからテロペプチドを除去した成分がアテロコラーゲンです。

アテロコラーゲンとコハク酸から生成した美容成分がサクシニルアテロコラーゲンです。

名称が改正され、現在はサクシノイルアテロコラーゲンと呼んでいます。

INCIは、Succinoyl Atelocollagenです。

3型コラーゲンを豊富に含み、肌の1型コラーゲンの増加が期待されています。

湿度低下でも保湿効果を発揮します。

スフィンゴ脂質
アクティブセラミド

細胞間脂質の成分です。

ファンケルではスフィンゴ脂質をアクティブセラミドと呼んでいます。

ラメラ構造(液晶構造)を形成して、保湿、肌バリア機能の向上が期待できます。

ローヤルゼリーエキス

女王蜂のためにつくられるローヤルゼリーからなるエキスです。

各種アミノ酸を豊富に含み、天然保湿因子としての役割があります。

線維芽細胞を活性化する作用が期待でき、コラーゲン生成を促す作用が期待できます。

加水分解コメエキス

米抽出物を酵素処理した植物エキスです。

米由来のアミノ酸を豊富に含み、天然保湿因子としての役割があります。

保水作用の高い保湿成分です。

フィトステロールズ

植物由来のステロールです。

細胞間脂質のコレステロールの代替作用があります。

ポリクオタニウム‐51
リピジュア

注射.jpg

化粧品原料の商品名は、リピジュアPMBです。

通称、リピジュアとして呼ばれることが多い保湿成分です。

日油(株)の生体膜研究から生まれた保湿成分であり、生体適合性が高く、保湿効果も高い美容成分です。

当初は、敏感肌用の保湿成分として利用されました。

現在は、多くの国産コスメ・海外コスメで採用されています。

植物エキス

スイートピー花エキス

スイートピー の花から抽出した植物エキスです。

INCIは、Lathyrus Odoratus Flower Extractです。

エキス中に豊富に含むフラボノイドによる抗酸化作用が期待できます。

また、肌荒れを予防する美容成分です。

ゼニアオイ花エキス

ウスベニアイの花または葉から抽出した植物エキスです。

INCIは、Malva Sylvestris (Mallow) Flower Extractです。

エキス中に豊富に含むフラボノイドによる抗酸化作用が期待できます。

肌にうるおいをつくる、保湿効果の高い植物エキスです。

アマモエキス
甘藻エキス

海だけ.jpg

化粧品への表示名称はアマモエキスです。

INCIは、Zostera Marina Extractです。

漢字では甘藻と表記しますが、植物学的には、海藻の藻類ではなく、海草に分類されます。

海草の甘藻(アマモ)から抽出した美容成分が甘藻エキスです。

海洋由来成分でありミネラル成分を豊富に含みます。表皮角層の水分調整に有効です。

美白作用があることがわかってきました。メラニン生成に関係するチロシナーゼを抑制します。

また、コラーゲン生成を促す作用が期待されています。

現在、通常価格3,024円の製品が、1,510円(税込)で購入できます。

ファンケル アクティブコンディショニング化粧液 1本(30ml)
定価 1,512円(税込)
ファンケル アクティブコンディショニング乳液 1本(30ml)
定価 1,512円(税込)

プレゼント
ファンケル マイルドクレンジングオイル1本(20ml)
洗顔パウダー10包
花柄フラットポーチ


現在、1,510円(送料無料)で購入できます。

今がチャンスです。


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

モデル用カスチール石鹸「ドクターブロナーズ マジックソープ」

春になり日差しが強くなってきました。

紫外線量だけでなく、赤外線量も多くなりました。

赤外線によって肌が温まり、皮脂腺、汗腺が活発になりやすい季節になりました。

太陽.jpg

さて、今回のブログでは、洗顔用の液体石鹸を紹介します。

皮脂をしっかり落とすカスチール石鹸からなるリキッドソープを紹介します。

スーパーモデル用カスチール石鹸として、過去にブレイクした製品です。

製品名は、ドクターブロナーズ マジックソープ リキッドソープです。

女性8.jpg

洗顔フォームと界面活性剤

利便性の高い洗顔フォームで洗顔するのが一般的になっています。

ただし、洗顔フォームは界面活性剤を多く含み肌刺激の原因になっています。

美意識の高い人は、洗顔石鹸をよく泡立てて、やさしく洗顔しています。

皮脂

毛穴の皮脂腺から分泌されます。

皮脂は、肌を弱酸性に保つ重要な役割をしていますが、酸化すると皮膚刺激になります。

ニキビ、毛穴の開き、脂漏性皮膚炎など肌トラブルの原因になります。

本来、皮脂は、脂肪酸による弱酸性で、細菌・真菌の常在菌分布を正常化する役割があります。

ただし、過剰な皮脂は、肌トラブルの要因になります。春〜夏に多い肌トラブルです。

細菌のアクネ菌はニキビ、真菌のマラセチアは脂漏性皮膚炎の要因になります。

なお、病気ではありませんが、皮脂は角栓(かくせん)の原因になります。

角栓の黒色は酸化皮脂の色です。

ニキビ
尋常性ざ瘡

女性6.jpg

皮脂中の不飽和脂肪酸が毛穴の角質異常の原因になります。

皮脂詰まりを起すと、毛穴の中でアクネ菌が増殖して化膿します。

アクネ菌を死滅させるため、免疫が働いて、ニキビまわりに好中球が集合します。

好中球は、好中球エラスターゼを産生してアクネ菌を死滅させます。

ただし、好中球エラスターゼはアクネ菌だけでなく、タンパク質を分解します。ニキビ痕の原因になります。

ニキビ予防には、皮脂をしっかり落すことが大切です。

脂漏性皮膚炎
しろうせいひふえん

はっきりした原因はわかっていませんが、マラセチアと呼ぶ真菌が要因と考えられています。

皮膚の常在菌分布が乱れて、マラセチアが増殖すると、皮脂中のトリグリセリド(中性脂肪)を分解して、肌中の遊離脂肪酸が増加します。

遊離脂肪酸が肌刺激になり肌荒れを起こします。

最近では、皮脂の少ない女性で増加の傾向です。ストレス要因と考えられています。

ニキビ・脂漏性皮膚炎は慢性化することが多いです。皮膚科で治療を受けることが大切です。

白衣.jpg

洗顔
せんがん

過剰な皮脂はしっかり落としたいものです。

洗顔石鹸がお薦めです。

液体タイプのカスチール石鹸
ドクターブロナーズ マジックソープ リキッドソープ

全成分表示

水、ヤシ油、水酸化K、パーム核油、オリーブ果実油、香料(植物由来)、アサ種子油、ホホバ種子油、クエン酸、ビタミンE.

ドクターブロナーズ マジックソープ リキッドソープは、水酸化カリウムと天然オーガニック油脂(ヤシ油・パーム核油・オリーブ果実油・アサ種子油・ホホバ種子油)を鹸化(けんか)した液体石鹸です。

界面活性剤、防腐剤、合成着色料を含みません。

香り

香り(フレーバー)は、11種類です。

植物由来の天然香料を配合しています。

アーモンド

シトラスオレンジ

ティーツリー

ペパーミント

ラベンダー

ローズ

ベビーマイルド(無香料)

ユーカリ

チェリーブロッサム

サンダルウッド&ジャスミン

グリーンティ

容量 944mlの大容量です。

2017年3月現在
価格 4,104円 →2,469円(40%オフ,税込)
送料無料




アマゾンで購入
posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

ロングUVAカット 日焼け止めパウダー「トゥヴェール ミネラルサンスクリーン」

3月中旬になり、暖かくなって来ました。

3〜9月は紫外線量、赤外線量が多くなり、肌負担になるので注意が必要です。

日本人の場合、紫外線によるシミ、色ムラが気になる方が多いのですが、シワ、たるみ、たるみ毛穴、毛穴の開きの要因になるので注意が必要です。

太陽.jpg

紫外線割合は、約75%がロングUVA、約25%がショートUVA、約5%がUVBです。

ロングUVAは肌奥まで到達する紫外線で、肌のハリ・弾力をつくっているコラーゲン線維、エラスチン線維を傷害します。

線維の質が低下して、シワ、たるみ、たるみ毛穴の要因になります。

これら肌老化を予防するには、ロングUVAをカットする日焼け止めを利用したいものです。

今回のブログでは、紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル)で、紫外線散乱剤で設計されたパウダータイプの日焼け止めを紹介します。

製品名は、トゥヴェール ミネラルサンスクリーンです。

ミネラルパウダーの日焼け止め(サンスクリーン剤)で、SPF50,PA++++(フォープラス)、ロングUVAカットです。

皮膚の構造

皮膚は、表皮、基底膜、真皮層、皮下組織から構成されています。

顔の場合、さらに下層は、SMAS筋膜(すますきんまく)、筋肉です。


肌のハリ・弾力をつくっているのは、表皮角層の水分量と真皮層です。

特に真皮層は、肌のハリ・弾力をつくる重要な役割をしています。

真皮層は、コラーゲン線維、エラスチン線維、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどの細胞外マトリックスで構成されています。

なお、これら細胞外マトリックスを製造する細胞は、真皮層の線維芽細胞(せんいがさいぼう)です。

細胞.jpg

コラーゲン線維
こらーげんせんい

真皮層の約70%を占める成分がコラーゲン線維(膠原線維:こうげんせんい)です。

成人の皮膚コラーゲンは1型コラーゲン(コラーゲンタイプ1)です。

皮膚を支える強靭なタンパク質であり、網目状に張りめぐらされていています。

エラスチン線維
えらすちんせんい

真皮層の約5%を占める成分がエラスチン線維(弾性線維:だんせいせんい)です。

エラスチン線維は、コラーゲン線維を留める役割をしていて、肌のハリ・弾力をつくる最も重要な役割をしています。

シワ、たるみ、たるみ毛穴を改善するには、コラーゲン線維とエラスチン線維の量と質を向上させることが大切です。

また、コラーゲン線維とエラスチン線維が分解されないように、紫外線対策が必要です。

特に真皮層まで到達するロングUVA対策が重要です。

ロングUVA

直接傷害

皮膚の真皮層まで到達する紫外線A波(UVA)です。

ロングUVA量は、曇りの日でもほとんど変わりません。曇りの日でも日傘は必要です。

ロングUVAは、直接、コラーゲン線維とエラスチン線維を傷害します。

MMP

また、マトリックスメタロプロテアーゼ (Matrix metalloproteinase,MMP)を発現させます。

MMP1はコラゲナーゼ(コラーゲンを分解する酵素)、MMP2とMMP9はゼラチナーゼ(タンパク質を分解する酵素)です。

特に悪質なMMPはゼラチナーゼです。コラーゲン線維とエラスチン線維を分解します。

一重項酸素
いちじゅうこうさんそ

さらに、ロングUVAは、肌内で活性酸素の一重項酸素を発生させます。

一重項酸素は、肌老化の要因になります。

ヒトには一重項酸素を消去する機構がありますが、加齢とともに機能が低下します。

肌老化の予防

肌老化を予防する最も大切なことは紫外線対策です。

肌老化の約80%は紫外線による光老化と考えられています。

1年を通して、紫外線対策することが大切です。

美女.jpg

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

トゥヴェール ミネラルサンスクリーンは、ミネラルコスメのパウダータイプ日焼け止めです。

特色は、紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル,紫外線吸収剤不使用)で、紫外線散乱剤で設計されています。

また、酸化チタンと酸化亜鉛はコーティング処方です。敏感肌でも安心です。

パウダータイプの日焼け止めであり塗り直しが簡単です。

PLパウダーによる光拡散作用で、毛穴、シワをマスキングできます。マットな肌をつくります。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(油溶性ビタミンC誘導体VC-IP)を配合しているのも特色です。

セミマットタイプ
全成分表示
酸化亜鉛、シリカ、合成金雲母、マイカ、酸化チタン、ポリ乳酸、ラウロイルリシン、3−O−エチルアスコルビン酸、アスコルビルリン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ヒアルロン酸Na、グリシン、プロリン、アラニン、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6−2、フィトスフィンゴシン、タマネギ根エキス、アセチルヒアルロン酸Na、ヒドロキシプロリン、シロキクラゲ多糖体、フェルラ酸、酸化鉄

ツヤタイプ
全成分表示
酸化亜鉛、シリカ、マイカ、酸化チタン、ポリ乳酸、窒化ホウ素、ラウロイルリシン、含水シリカ、スクワラン、ヒメコウジ葉エキス、タマネギ根エキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、セラミド1、セラミド6−2、セラミドNG、セラミドNP、ヒドロキシプロリン、プロリン、グリシン、アラニン、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、アスコルビルリン酸Na、フィトスフィンゴシン、水、グリセリン、ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸、フェルラ酸、酸化鉄

不使用

紫外線吸収剤、石油系界面活性剤、パラベン、鉱物油、合成香料、シリコンは不使用です。

>送料無料!ノンケミカル/SPF50/PA 天然ミネラル100%!日焼け止めパウダー(パウダーUV)トゥヴェール楽天★ミネラルサンスクリーン

価格:2,448円
(2017/3/12 10:25時点)
感想(1295件)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

油溶性ビタミンC誘導体(VC-IP)配合オールインワン

若い女性会社員の場合、洗顔後、BBクリームだけで済ませる人が多くなりました。

その代わり、ポイントメイクに力を入れています。

BBクリームの美容液成分は少ないものです。

忙しい朝でも、少なくともオールインワンも利用したいものです。

オフィス.jpg

今回のブログでは、油溶性ビタミンC誘導体(VC-IP)、ビタミンE誘導体、アスタキサンチ、5種類のグロースファクターを配合したオールインワンを紹介します。

保湿成分はヒト型セラミド、リピジュア、各種アミノ酸を配合しています。強力保湿がめざせます。

製品名はトゥヴェール エッセンスセレクトゲルです。

忙しい朝のお手入れに利用したいオールインワンです。

紫外線

太陽.jpg

肌老化の約80%は、紫外線による光老化です。

紫外線のうち、UVAは肌奥の真皮層まで浸透して、コラーゲン線維、エラスチン線維を傷害します。

また、MMPを発現させます。

MMPのうちMMP2とMMP9はゼラチナーゼです。コラーゲン線維、エラスチン線維を分解します。

また、紫外線を浴びると活性酸素のうち一重項酸素が大量に発生します。肌老化の要因です。

一重項酸素を消去する代表的な美容成分は、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンです。

1年を通して日焼け止めを利用したいものです。

肌老化

肌老化の最も影響力のある要因は紫外線による光老化です。

また、活性酸素による酸化、AGEsによる糖化、毛細血管減少による栄養不足などがあります。

活性酸素による酸化

代表的な活性酸素には、スーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素があります。

紫外線と関係する活性酸素は一重項酸素です。

これら活性酸素は肌老化の要因です。

ヒトには、活性酸素を消去する機能がありますが、加齢とともに機能が低下します。

ビタミンCとビタミンEを組み合わせることで、スーパーオキシド・ヒドロキシルラジカル・過酸化水素・一重項酸素の4種類の活性酸素すべてを消去することができます。

悪性度の高いヒドロキシルラジカルを消去する有効な美容成分はビタミンCになります。

ビタミンC誘導体

ビタミンC(アスコルビン酸)は水溶性の性質があるビタミンです。

ビタミンC誘導体によることで、油溶性(脂溶性)、両親媒性(水と油の両方溶解)を持たせることが可能です。

油溶性と両親媒性のビタミンC誘導体は肌奥へ浸透するので、より効果的です。

ビタミンCの期待できる効果

線維芽細胞の活性化

線維芽細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を製造する細胞です。

肌のハリ・弾力のアップが期待できます。

活性酸素の消去

活性酸素のうち、ヒドロキシラジカルを消去することができます。

ビタミンEと組み合わせることで、スーパーオキシド・ヒドロキシルラジカル・過酸化水素・一重項酸素の4種類の活性酸素すべてを消去できます。

過剰な皮脂分泌の抑制

皮脂腺に作用して、過剰な皮脂分泌を抑制します。毛穴ケアに有効です。

美白作用

ビタミンC誘導体は、厚生労働省が許可する美白成分として許可されています。

シミ、そばかすを予防します。

油溶性ビタミンC誘導体
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
VC-IP

日本の昭和電工(株)が開発した油溶性ビタミンC誘導体です。

24〜48時間かけて肌奥へ浸透します。

1日1回で効果を発揮します。

水溶性ビタミンC誘導体は肌刺激がありますが、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルはほとんど肌刺激がありません。

30〜100%(原液)濃度で肌に塗ることができます。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)原液
トゥヴェール VCH-100

>ビタミンC誘導体100%オイル 美容オイルでスキンケア透明感アップ集中ケアオイル乾燥肌の方にもお勧めですトゥヴェール楽天★VCH-100

価格:4,510円
(2017/3/5 10:44時点)
感想(559件)




油溶性ビタミンC誘導体(VC-IP)配合オールインワン
トゥヴェール エッセンスセレクトゲル

全成分表示

水、BG、グリセリン、メチルグルセス-10、スクワラン、ダマスクバラ花水、マカデミア種子油、ジグリセリン、ラウロイルラクチレートNa、トコフェリルリン酸Na(ビタミンE誘導体)、ラウロイルグルタミン酸ジ、水添レシチン、リゾレシチン、ペンチレングリコール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、サッカロミセス溶解質エキス、異性化糖、PCA-Na、乳酸Na、ヒスチジン、フェニルアラニン、アラニン、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア、PCA、フィトスフィンゴシン、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、ローズマリー葉エキス、フランスカイガンショウ樹皮エキス、グレープフルーツ種子エキス、デキストリン、ポリクオタニウム-51(リピジュア)、加水分解オクラ種子エキス、ダイズ種子エキス、水酸化K(pH調整)、エンドウ種子エキス、トコフェロール、クズ根エキス、キサンタンガム、ヘマトコッカスプルビアリス油(アスタキサンチン)、ヒポファエラムノイデス果実油、PEG-60水添ヒマシ油、シクロデキストリン、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、ホホバ種子油、レシチン、グリチルリチン酸2K、コレステロール、ヒアルロン酸Na、カルボマー、PVP、アスコルビン酸Na、カプリリルグリコール、トリペプチド-10シトルリン、オリゴペプチド-6、オリゴペプチド-20、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-34、ユビキノン、フラーレン.

保湿成分

BG、グリセリンを中心に、フィトスフィンゴシン、セラミド、ポリクオタニウム-51(リピジュア)、豊富なアミノ酸を配合しています。

高い保湿効果が期待できます。

抗酸化物質

トコフェリルリン酸Na(ビタミンE誘導体)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(油溶性ビタミンC誘導体)、アスタキサンチン、ユビキノン、フラーレンを配合しています。

成長因子

グロースファクター(成長因子)として、トリペプチド-10シトルリン、オリゴペプチド-6、オリゴペプチド-20、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-34を配合しています。

その他

肌ハリ成分として、シンハイカン(トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア)を配合しています。

シンハイカン原液
ピュアリスS-ハイカン100

>ハリ、弾力は自分で創る。マトリクス強化ペプチド一滴と頬車(きょうしゃ)のツボ押しで キュキュッと小顔に ☆マトリクス活成シンハイカン100%原液 ☆ ピュアリスS-ハイカン100

価格:3,070円
(2017/3/5 10:46時点)
感想(65件)




オールインワン
トゥヴェール エッセンスセレクトゲル

>肌荒れ対策に、敏感肌、乾燥肌にお勧めの高保湿オールインワンゲル。イオン導入にもお使い頂けます。トゥヴェール 楽天★エッセンスセレクトゲル

価格:3,065円
(2017/3/5 10:48時点)
感想(1013件)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

小ジワの改善 メバロノラクトン配合「DHC ビューティリフト エッセンス」

加齢とともにシワが増えます。

美しい顔がシワで台無しです。

皮膚は、表皮、基底膜、真皮層、皮下組織で構成されています。

表皮〜真皮層の乳頭層までの陥凹を小ジワと呼んでいます。

肌のお手入れで予防が可能です。

今回のブログでは、特色ある美容成分として、メバロノラクトン、カラスムギ穀粒エキス、ペンタペプチド−18を紹介します。

製品名は、DHC ビューティリフト エッセンスです。

40代向けに開発された美容液ですが、カラスムギ穀粒エキス(オシリフト)を配合しています。

肌表面につくられるストレッチ膜で、肌を持ち上げます。30代以降のたるみケアに有効です。

女性10.jpg

シワ

加齢とともに、表情ジワの戻りが遅くなり、シワが定着します。

肌真皮層のコラーゲン線維・エラスチン線維の量と質の低下が関係しています。

加齢が原因ですが、紫外線による光老化は最も影響力のある要因です。

1年を通して、デイリーで日焼け止めを利用したいものです。

また、長時間、屋外で活動する時は要注意です。肌に負担がかかります。

角層水分低下と「ちりめんじわ」

肌に潤いをつくっているのは、角層の水分です。

水分量が少ない肌を乾燥肌と呼んでいます。

乾燥肌では、細胞間脂質のラメラ構造(液晶構造)が崩れ、表皮角層の細胞が乱れた状態です。

バリア機能が低下しているため、発赤などの肌荒れを起こしやすく、また、「ちりめんじわ」をつくりやすいです。

ちりめんじわは、次第に、小ジワ、シワ、深いシワへ進展します。

一旦、シワをつくると、元の状態に戻すことが難しいです。

デイリーの保湿ケアが大切です。

たるみ

美女.jpg

頬奥にあるバッカルファットの下降が、顔のたるみの原因です。

また、頬骨を守る脂肪であるマーラーファットパッドの(Malar fat pad)のゆるみは、中顔面のたるみとして現われます。

加齢による脂肪細胞と脂肪細胞の接着能が低下するためです。

中顔面のたるみは、スレッドリフトが効果的です。

N-COGスパイラルなどのスレッドで引き上げます。

また、ヒアルロン酸リフトも有効です。

顔の腱・SMAS筋膜の量と質の低下、骨吸収も、たるみの要因です。

ウォーキングなどの有酸素運動することで、筋肉からのマイオカイン分泌が促進されます。顔の腱・SMAS筋膜の質を向上させます。

ウォーキングは骨芽細胞を活性化します。骨粗鬆症、骨吸収を予防します。

また、質のよい睡眠、睡眠時間も大切です。睡眠時に成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは、腱・SMAS筋膜の補修しだけでなく、肌の補修も行います。

ウォーキング.jpg

メバロノラクトン

酵母由来の天然成分です。

よって、R型メバロノラクトンです。

細胞間脂質を増やす作用があり、肌バリア機能を高めます。

小ジワの予防に有効です。

また、薬学研究で、美白効果、男性型脱毛症に有効であることが知られています。

DHC ビューティリフト エッセンス

全成分表示

水、グリセリン、BG、1,2−ヘキサンジオール、メバロノラクトン、セラミド3、カラスムギ穀粒エキスペンタペプチド−18、オリーブ果実油、カルボマー、PEG−60水添ヒマシ油、水酸化K、メタリン酸Na、フェノキシエタノール、カプリリルグリコール、エチルヘキシルグリセリン.

保湿成分

保湿成分は、グリセリン、BGを中心に保湿効果の高いヒト型セラミド3、カラスムギ穀粒エキスを配合しています。

また、細胞間脂質を増やす成分としてメバロノラクトンを配合しています。

カラスムギ穀粒エキス

多糖類を豊富に含むエキスです。

肌表面にストレッチ膜をつくり、肌を持ち上げます。別名、オシリフトと呼ばれています。

また、肌刺激がほとんどないので、敏感肌用のバリア膜成分としても利用されています。

なお、天然成分由来であり、リフト力は弱いです。

ちなみに、リフト力の強い美容成分には、クイックリフト、セラキュート-Fがあります。

クイックリフトは、キサンタンガムクロスポリマーを主成分とした化粧品原料です。

セラキュート-Fは日油(株)が開発した美容成分です。化粧品への表示名称は(メタクリル酸グリセリルアミドエチル / メタクリル酸ステアリル)コポリマーです。

セラキュート-Fはポーラなど、エイジングコスメに利用されます。シワ、たるみの補正に配合されます。

ペンタペプチド‐18

抗シワ成分です。

別名はロイファシルです。

表情ジワを軽減します。

DHC ビューティリフト エッセンスはシンプル設計で、低刺激性成分で設計されています。

シワ、たるみケアに利用したい美容液です。

DHC ビューティリフト エッセンス
DHC楽天市場店
DHCが管理した品質のよい製品を購入することができます。

>【DHC直販化粧品】【送料無料】年齢肌に負けないうるおいと、押し返すような弾力に満ちた、若々しい素肌へ!シワ・小ジワ対策、ハリのある肌に!DHCビューティリフト エッセンス

価格:4,835円
(2017/3/4 15:35時点)



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

毛穴ケアと透明感 アーチチョークエキス配合「エクセルーラ ブライトニングローション」

肌に潤いあり、キメの細かい肌は透明感があります。

肌の潤いとは、表皮角層の水分量が多い肌です。正しい保湿ケアを行うことで、角層水分量の増加が期待できます。

日本人の肌はキメが細かいことで知られています。

美女.jpg

なお、加齢とともに、表皮ターンオーバーが低下します。

加齢とともに、肌のキメが粗くなりがちです。表皮ターンオーバーを促すお手入れを行いたいものです。

さて、今回のブログでは、肌の透明感をもたらす美容成分として、アセチルヒアルロン酸Na、アーチチョーク葉エキス、メリアアザジラクタ葉エキスを配合したブライトニングローションを紹介します。

製品名は佐藤製薬エクセルーラ ブライトニングローションです。

アーチチョーク葉エキスは、西洋野菜のアーティチョークの葉から抽出した植物エキスです。

肌老化の要因であるNF‐κB(エヌエフカッパビー)を抑制し、また、色素沈着を抑制します。

アーチチョーク葉エキス毛穴ケアに有効であることから、最近、注目されている美容成分です。

肌の肌理(キメ)

肌の皮溝が深く、皮丘が小さく規則正しく配列している肌をキメの細かい肌と呼んでいます。

肌のキメが細かく、角層水分量(かくそうすいぶんりょう)が多いと、肌内に可視光線を取り込んで光拡散します。

肌が輝きます。

若い女性の肌が美しいのは、肌のキメと水分量が関係しています。

肌のくすみ

「肌のくすみ」の原因には、メラニン色素と角質肥厚(かくしつひこう)があります。

メラニンぐすみ

メラニン色素は紫外線を吸収作用があり、肌を保護する作用があります。

ただし、強い紫外線を受けると、メラノサイト(メラニン産生細胞)の遺伝子異常を起す場合がありメラニン色素を異常に産生する場合があります。

シミ、色ムラの原因になります。

「メラニンぐすみ」とは、肌全体にメラニン色素が多い肌をそのように呼んでいます。

加齢とともに、表皮ターンオーバーが停滞します。

表皮中のメラニン色素の排出も停滞するため、加齢とともに、シミが濃くなり、色ムラ、「メラニンぐすみ」が現れやすくなります。

定期的に美容皮膚科でケミカルピーリングを受けたいものです。

角質肥厚
かくしつひこう

踵(かかと)の角質肥厚はよく知られていますが、顔の皮膚も角質肥厚を起します。

肌が乾燥すると、肌の水分が蒸発しないように代償性に皮膚が厚くなります。

角質細胞(古くなった垢)による肌保護です。

角質細胞は灰色であり、肌が灰色に「くすみ」ます。

メラニンぐすみ同様に、ケミカルピーリングが有効です。

肌が弱い人では、ネオジェンスパを使用したプラズマピーリングも有効です。

私の場合、1週間に1回の割合でホームピーリングしています。

佐藤製薬
エクセルーラ ブライトニングローション

全成分表示

水、DPG、BG、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、尿素、PEG-75、EDTA-2Na、ヒアルロン酸Na、クエン酸Na、クエン酸、PEG-6、PEG-32、ビルベリーエキス、サトウキビエキス、センブリエキス、オリゴペプチド-56アミドPEG-75メチルエーテル、マクロプチリウムアトロプルプレウム花/葉/茎エキス、オレンジ果実エキス、レモン果実エキス、加水分解ハトムギ種子、オタネニンジン根エキス、ヨクイニンエキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アカヤジオウ根エキス、サトウカエデエキス、メリアアザジラクタ葉エキス、ローヤルゼリーエキス、アセチルヒアルロン酸Na、メマツヨイグサ種子エキス、加水分解コラーゲン、オウゴンエキス、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、ダイズエキス、カッコンエキス、パルミチン酸レチノール、セイヨウオオバコ種子エキス、アルニカ花エキス、セイヨウニワトコ花エキス、アロエベラ葉エキス、パリエタリアエキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、クロレラエキス、フユボダイジュ花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ゼニアオイエキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、キュウリ果実エキス、アーチチョーク葉エキス.

保湿成分

保湿成分は、BGを中心に、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Naを配合しています。

パワーコンプレックス

エクセルーラのシグニチャー成分は、複合成分パワーコンプレックスです。

マクロプチリウムアトロプルプレウム花/葉/茎エキス、オタネニンジン根エキス、加水分解ハトムギ種子、ローヤルゼリーエキス、パルミチン酸レチノール、トリスへキシルデカン酸ピリドキシンです。

パワーコンプレックス両親媒性の性質があり、ナノ化加工しています。肌奥へ浸透します。抗老化作用(アンチエイジング)が期待できます。

オートファジー
自浄サイクルの促進

細胞.jpg

自浄サイクルを促進する美容成分として、ヨクイニンエキス(加水分解ハトムギ種子)、セイヨウシロヤナギ樹皮エキスを配合しているのも特色です。

細胞内の小器官リソソーム内に蓄積した古くなったコラーゲン・ヒアルロン酸を分解促進します。

肌のコラーゲン、ヒアルロン酸が増加して、肌のハリがアップして、肌に潤いをもたらします。

ヨクイニンエキス(加水分解ハトムギ種子)、セイヨウシロヤナギ樹皮エキスは注目の美容成分です。

ピーリング

古くなった角質細胞をやさしくピールオフする美容成分として、クエン酸Na、クエン酸、ビルベリーエキス、サトウキビエキス、サトウカエデエキスを配合しています。

表皮ターンオーバーを正常化することで、肌のキメを整え、肌のくすみを改善します。

また、毛穴ケアにも有効です。

毛穴ケア

過剰な皮脂分泌を抑制する美容成分としてダイズエキスを配合しています。

また、毛穴縮小成分と呼ばれるアーチチョーク葉エキスを配合しています。

楽天市場 セイムス
大型ドラッグストア「セイムス」のネットショップです。

>エクセルーラ ブライトニングローション [化粧水] (150mL)【Excellula】[セイムス]

価格:3,024円
(2017/3/4 10:43時点)




アマゾン

エクセルーラ ブライトニングローション 150ml

新品価格
¥3,024から
(2017/3/4 10:47時点)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。