2017年05月08日

肝斑の美白 サンスター「エクイタンス ホワイトロジーエッセンスW」通販

30〜40代になると、頬の色ムラが気になります。

夏になると濃くなります。

頬の色ムラは、肝斑(かんぱん)であることが多いです。

今回のブログでは、肝斑をテーマにします。

長年の慢性炎症(微弱炎症)が関係していると考えられ、ストレス時に分泌される神経伝達物質のサブスタンスP、ホルモンのアンバランス、日光(紫外線)などが要因です。

美白成分として、リノレックS(リノール酸リポソーム)を配合したサンスターのエクイタンス ホワイトロジーエッセンスWを紹介します。

通販で購入できる薬用美白化粧品です。

白衣.jpg

肝斑
かんぱん

原因

肝斑の原因はわかっていません。

肝斑などのシミをつくりやすい肌質があるかもしれません。その場合、遺伝的素因が関係すると考えられます。

なお、女性ホルモンのアンバランスが影響力のある要因です。ただし、原因ではありません。

要因

太陽光

太陽.jpg
 
太陽光は、紫外線、赤外線、可視光線からなる電磁波です。

紫外線が最も影響力のある要因です。

夏に肝斑は濃くなります。

女性ホルモンのアンバランス

女性ホルモンのアンバランスは影響力のある要因です。

妊娠、更年期で、肝斑をつくりやすいです。

機械的刺激

女性は頬が突出しています。

洗顔時に頬を擦りやすいです。

機械的刺激による慢性炎症(微弱炎症)は肝斑の要因です。

サプスタンスP

女性6.jpg

ストレス時に分泌される神経伝達物質のサブスタンスPが慢性炎症を起こします。

ストレスが関係しています。

肌に合わない化粧品

発赤、かゆみ、湿疹、落屑(らくせつ)、毛穴の開きなど急性症状が出ると、化粧品アレルギーとわかります。

ただし、慢性炎症として肌の黒化などの症状がゆっくり現れる場合があります。その場合、化粧品アレルギーとわからない場合があります。

症状

典型的な肝斑は、両頬に左右対称で現れる灰色〜褐色のシミをつくります。

額(ひたい)、口まわりにできることがあります。

左右対称でない場合もあります。

30〜40代の女性に多いシミですが、男性でもみられます。

治療

診断、内服薬による治療は保険適用です。

灰色の薄い肝斑は、内服薬で効果が現れやすいです。

外用薬、肝斑レーザーによる治療は、残念ながら自由診療になります。

内服薬
処方例)

薬.jpg

製剤名 アスコルビン酸・パントテン酸
商品名 シナール(塩野義)

後発のアスコルビン酸・パントテン酸には、シーピー配合顆粒(東和)、デラキシー配合顆粒(丸石)がありますが、シナール配合錠(塩野義)が処方されるのが一般的です。

製剤名 トラネキサム酸
商品名 トランサミン(第一三共)

後発のトラネキサム酸には、トラネキサム酸「YD」(陽進堂)、トラネキサム酸「三恵」(三恵)、ヘキサトロン(日本新薬)、トラネキサム酸「トーワ」(東和)、リカバリン(旭化成)などがあります。

トランサミンカプセル250mg(第一三共)が処方されるのが一般的です。

約30%の人に奏効します。

皮膚科医の観察のもと、約1年内服することが可能です。

体質に合わせて、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などの漢方薬が処方されることがあります。

自由診療

トレチノイン・ハイドロキノン療法、オバジ ゼオスキン、ケミカルピーリング、肝斑レーザー(レーザートーニング)などの治療があります。

メラニン色素の蓄積は、表皮(+〜++)、真皮(−〜+++)です。表皮だけのメラニン色素蓄積の場合、上記の自由診療が有効です。

肝斑レーザー

肝斑のレーザー治療は禁忌とされていましたが、低出力のQスイッチNd:YAGレーザー(1064nm)が有効な場合があります。

なお、肝斑レーザーで悪化する場合があるので注意が必要です。

QスイッチNd:YAGレーザー(ナノ秒レーザー)には、メドライトC6(ジェイメック社)、スペクトラ(ルートロニック社)、マイキューデュアル(キュテラ社)、トライビーム・プレミアム(ジェイシス社)などがあります。

最近では、ピコ秒レーザーが開発されています。

肝斑向けのピコレーザーには、エンライトン(キュテラ社)などがあります。

薬用美白化粧品
SUNSTAR(サンスター)
エクイタンス ホワイトロジーエッセンスW

トレチノイン・ハイドロキノン療法、オバジ ゼオスキンサークルの美肌美白ブログラムが肝斑に有効な場合があります。

なお、美白成分のハイドロキノンは4〜5%濃度で使用します。

濃度が高いとアレルギーを起す場合があります。

0.5%(200人に1人)の割合で、アレルギー反応が現れます。

その場合、低刺激性の薬用美白化粧品を利用します。エクイタンス ホワイトロジーエッセンスWがお薦めです。

薬用美白成分はリノール酸リポソーム(リノレックS)とビタミンC誘導体のW配合です。

リノレックSは、メラニン生成に関係するチロシナーゼを分解促進する作用があります。

美白剤の多くは、チロシナーゼ抑制ですが、リノレックSはチロシナーゼ分解促進です。

また、ナノリポソーム化することで、肌奥へ浸透して、肌での滞在時間が長いです。美白作用が持続します。

SUNSTAR公式サイト




アマゾン

サンスター ホワイトロジー エッセンス W 〈薬用美白美容液〉

新品価格
¥10,800から
(2017/5/8 21:57時点)


posted by Kotoha at 21:58| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

インドキノキ・メロングリソディン配合サプリ「ポーラ インナーロックIX」

飲むUVケアには、ヘリオケア、ソルプロプリュスホワイト(SOLPRO WHITE)、クリスタルトマト、ユーブロック(UVLOK)、ドクターメロンR(Dr.Melon R)、ポーラ インナーロック4などがあります。

さまざまな作用機序で肌の美白をめざします。

今回のブログでは、ポーラ インナーロックIXを紹介します。

米国で注目される成分インドキノキ由来のプテロスチルベン(メチル化レスベラトロール)、SOD様作用が期待できるメロングリソディンを配合したサプリメントです。

シミ

太陽.jpg

シミには日光性黒子(老人性色素斑)、炎症性色素沈着、雀卵斑(そばかす)、肝斑(かんぱん)などがあります。

いずれも紫外線の影響で濃くなります。

シミがこれ以上濃くならないように、1年を通して日焼け止めと美白化粧品を利用したいものです。

スポーツ、観光など、長時間、屋外で活動する時は、飲む日焼け止めも利用したいものです。

代表的な飲む日焼け止めはヘリオケアで、海外、日本で利用されています。

なお、海外から個人輸入する場合、ニセモノの場合があるので注意が必要です。

ヘリオケア取扱い美容皮膚科で購入したいものです。

美白化粧品

美女.jpg

シミ、ソバカスを予防する美白成分には、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、コウジ酸、ルシノール、カミツレエキスなどがあります。

美白化粧品では、これら美白成分を中心に、クララエキス(クジンエキス)、甘草フラボノイド(グラブリジン)など美白作用のある植物エキスを配合しています。

なお、浸透性は表皮までで、肌奥のメラニン色素には浸透しません。

ポーラ インナーロックIX

ポーラの美容サプリで、飲むホワイトショットと呼んでいます。

全成分表示

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、粉飴、桃の花エキス、ビタミンE含有植物油、デキストリン、メロン抽出物、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、微粒二酸化ケイ素、加工デンプン、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、ヘスペリジン、グリセリン脂肪酸エステル、ヒアルロン酸、カルナウバロウ、(原材料の一部に小麦、オレンジ由来原料を含む).

美白作用が期待できる成分はインドキノキ抽出物、メロン抽出物、ビタミンCです。

インドキノキ抽出物

ポーラでは、インドキノキ抽出物をブランノールと呼んでいます。

インドキノキは、古代インド医学のアーユルヴェータで老化防止に利用されました。

インドでは、インドキノキでつくったコップに水を溜めて飲む療法があります。

インドキノキとは、インド南部からスリランカに分布するマメ科シタン属の常緑樹です。

別名はプテロカルプスマルスピウム(Pterocarpus Marsupium)です。

プテロカルプスマルスピウム由来のプテロスチルベン(メチル化レスベラトロール)は米国で注目され、サプリメントとして販売されています。

ワイン由来のレスベラトロールよりも抗酸化力があることで、注目されました。

サプリメントだけでなく、米国では、プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス(INCI:Pterocarpus Marsupium Bark Extract)、プテロスチルベンは、化粧品に利用されています。

メラニン生成を抑制する作用

インドキノキ抽出物はメラニン生成を抑制する作用があります。

ポーラの研究で、インドキノキ抽出物は、L-システイン、トラネキサム酸の約 70 倍のメラニン産生抑制作用があることがわかりました。

抗酸化作用

活性酸素を消去する作用が高く、動脈硬化の予防も期待されています。抗血栓作用があることもわかっています。

メロン抽出物

メロン抽出物は、株式会社ニュートリション・アクトが取扱うメロングリソディン(GliSDOin )のことです。

メロングリソディンは、南フランス・アヴィニョン地方で栽培されているヴォークルシアン種のメロンから抽出したスーパーオキシドディスムターゼ (Superoxide dismutase, SOD)を豊富に含みます。

なお、SODは酵素のため、吸収率が悪いです。

小麦グリアディンを結合させることで吸収率をアップさせました。

SODには抗酸化作用があり、体内で発生した活性酸素を消去します。

ポーラ インナーロックIXは、美容サプリとして利用したい製品です。

詳しくはコチラ


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

ルミキシル トリフェクティングナイトクリーム1.0の使用方法

3〜9月は紫外線量が多い季節です。

通勤、外出時は日傘が必要です。

紫外線だけでなく、近赤外線もシワの要因になります。紫外線カット・赤外線カットの遮光傘を利用したいものです。

春.jpg

さて、今回のブログでは、レチノールを配合した美白クリームを紹介します。

米国ドクターズコスメのルミキシル トリフェクティングナイトクリーム1.0です。

1%レチノール配合で、表皮ターンオーバーを促します。表皮に蓄積したメラニン色素を排出させます。

より効果的に美白が期待できます。

ルミキシル トリフェクティングナイトクリーム1.0の使用方法を紹介します。

紫外線

太陽.jpg

地上に到達する紫外線には、紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)があります。

紫外線は、シワ、たるみ、開大毛穴、シミ、色ムラなど肌老化の要因になります。

一般女性にも知られるようになり、日焼け止め、日焼け止め効果のある化粧下地、日焼け止めパウダーは必須アイテムになっています。

UVケアをしっかり行うことで、10年後、20年後に大きな差としてあらわれます。

美白

美女.jpg

シミ、色ムラ、メラニンぐすみの予防に、日焼け止めとともに美白化粧品を利用します。

美白化粧品は意外と価格の高い製品が多いです。経済的負担にならない価格の製品を利用したいものです。

加齢とともに、表皮ターンオーバーが低下します。

20歳の表皮ターンオーバーは約28日ですが、30代で約40日、40代で約60日です。

表皮中に黒色メラニン色素が沈着するため、シミが濃くなり、色ムラ・メラニンぐすみが気になります。

定期的にピーリングを受けたいものです。

美容皮膚科では、ケミカルピーリング、プラズマピーリング、レーザーピーリングなどのメニューがあります。

ピーリング

白衣.jpg

お薦めのケミカルピーリングは、サリチル酸マクロゴールピーリングです。

刺激がほとんどなく、ディープなピーリングが可能です。

レチノール

レチノイド(ビタミンA)は、肌のビタミンです。

レチノイドには、トレチノイン、レチナールデヒド、レチノールがあります。

通常、コスメには、ピュアレチナールデヒド、ピュアレチノールとして配合します。

また、安定化した誘導体として配合する場合も多いです。

レチノイン酸トコフェリル(トレチノイントコフェリル)、パルミチン酸レチノール、リノール酸レチノール、水添レチノール、 プロピオン酸レチノールなどがあります。

レチノールの作用

活性酸素の消去

肌内で発生した活性酸素を消去します。

線維芽細胞の活性化

線維芽細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を製造する細胞です。

線維芽細胞を活性化することで、肌のハリ・弾力のアップが期待できます。

小ジワ予防も期待できます。

表皮ターンオーバーの促進

表皮ターンオーバーを促します。角質肥厚による角質ぐすみ、メラニンぐすみの改善が期待できます。

オバジ ゼオスキン

美容皮膚科では、オバジ ゼオスキンを使用したホームケアを指導しています。

美肌美白プログラムであり、シミ、シワ、くすみ、色ムラに有効です。

オバジ ゼオスキンでは、表皮ターンオーバーを促進する成分として0.05〜0.1%トレチノイン、美白剤として4%ハイドロキノンを使用します。

ルミキシル トリフェクティングナイトクリーム1.0

表皮ターンオーバーを促進する成分として1%レチノール、美白剤としてルミキシルペプチド(デカペプチド-12)を配合したクリームです。

全成分表示

Water (Aqua/Eau), Caprylic/Capric Triglyceride, Glycerin, Butyrospermum Parkii (Shea) Butter, Cetearyl Alcohol, Decapeptide-12, Retinol, Bambusa Vulgaris Leaf/Stem Extract, Hydrolyzed Psoralea Corylifolia Extract, Pisum Sativum (Pea) Extract, Dipotassium Glycyrrhizate, Bisabolol, Sodium Hyaluronate, Ceramide 3, Cetyl Palmitate, Dimethicone, Ceteareth-20, Glucosamine HCI, PPG-12/SMDI Copolymer, Glyceryl Stearate, Citric Acid, Disodium EDTA, PEG-100 Stearate, Pentylene Glycol, Sodium Hydroxide, Aminomethyl Propanol, Polysorbate 20, Carbomer, Chlorphenesin, Caprylyl Glycol, Phenoxyethanol.

Decapeptide-12
デカペプチド-12

米国ENVY社では、ルミキシルペプチドと呼んでいます。

美白効果のある機能性ペプチドです。メラニン生成に関係するチロシナーゼを抑制します。

Retinol
レチノール

1%濃度でピュアレチノールを配合しています。

ルミキシル トリフェクティングナイトクリーム1.0 使用方法

特にラインで揃える必要はありません。



1.洗顔

2.化粧水

3.ルミキシル ブライトニング クリーム

4.日焼け止め

5.メイク



1.クレンジング

2.洗顔

3.化粧水

4.ルミキシル トリフェクティングナイトクリーム1.0

−ポイント

・ルミキシル トリフェクティングナイトクリーム1.0はレチノール配合です。肌細胞が新生して日焼けしやすくなります。日中は日焼け止めが必須です。

・1%レチノール配合であり、使い始めに肌のかさつき感などA反応(副反応)が現れます。

ルミキシル トリフェクティングナイトクリーム1.0は週1〜3日から始めます。

ルミキシル トリフェクティングナイトクリーム1.0の替わりに、ルミキシル ブライトニング クリームを利用します。

ルミキシル製品一覧

posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

美白成分配合「ダーマメディコ UVプロテクトコンシーラープラスC」

4月になり紫外線量が増加する季節になりました。

シミ、ソバカスは、コンシーラーで補正できます。

少々、技術が必要ですが、慣れることで美しく整えることができます。

太陽.jpg

今回のブログでは、美白成分として油溶性ビタミンC誘導体、紫外線吸収剤フリーの日焼け止め成分を配合したコンシーラーを紹介します。

敏感肌、アトピー肌用の製品です。

製品名は、ダーマメディコ UVプロテクトコンシーラープラスCです。

ダーマメディコは、美容皮膚科向けの敏感肌、アトピー肌向けの医家向け化粧品ブランドです。

低刺激性の成分で設計されています。

ダーマメディコ UVプロテクトコンシーラープラスCは、美白成分としてテトライソパルチミン酸アスコルビル(VC−IP)、日焼け止め表示はSPF50、 PA+++です。

コンシーラーでシミを補正しながら、シミにアプローチします。

美女.jpg

テトライソパルチミン酸アスコルビル
VC−IP

ビタミンC(アスコルビン酸)は、水溶性の性質です。

肌奥へ浸透させるには、イオン導入、エレクトロポレーションが必要です。

家庭用のエレクトロポレーション機器が発売されていますが、三日坊主になりがちです。

私自身、エレクトロポレーション機器を購入しましたが、現在、ほとんど使用していません。

美容皮膚科で購入したドクターアリーヴォゴースト(Dr.Arrivo Ghost)です。

ウルトラパルスポレーションと呼ぶエレクトロポレーション機能、EMS機能、赤色・緑色・青色LEDの機能がありますが、日々の忙しさでほとんど使用していません。

★新発売!最新型!【メーカー正規品!!シリアルNo付き!!】ボディにスワロフスキー付き!Dr.Arrivo Ghost(ドクターアリーヴォゴースト)【メーカー保証1年間有】株式会社ARTISTIC&Co【あす楽対応】【HLS_DU】

価格:70,000円
(2017/4/16 00:32時点)




肌奥へ浸透する油溶性ビタミンC誘導体、両親媒性誘導体がお勧めです。

テトライソパルチミン酸アスコルビルの医薬部外品の表示名称はヘキシルデカン酸アスコルビルです。

化粧品表示名称は、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルです。

VC−IPと呼ぶことが多い油溶性ビタミンC誘導体です。

テトライソパルチミン酸アスコルビル(VC−IP)は、24〜48時間かけて、肌奥へ浸透するビタミンC誘導体です。

安定性が高く、ビタミンC効果が持続します。

また、肌刺激がほとんどないことから、30〜100%濃度で化粧品へ配合することができます。

100%濃度のコスメには、トゥヴェール VCH-100があり、人気の製品です。

ビタミンC誘導体100%オイル 美容オイルでスキンケア透明感アップ集中ケアオイル乾燥肌の方にもお勧めですトゥヴェール楽天★VCH-100

価格:4,510円
(2017/4/16 00:13時点)
感想(560件)




テトライソパルチミン酸アスコルビル
VC−IP 作用

・美白作用。

・活性酸素の消去。

・毛穴から浸透して、開大毛穴を予防します。

・線維芽細胞を活性化します。コラーゲン生成を促します。

レチノールとともに、代表的なエイジング用の美容成分です。シワの予防に有効です。

ダーマメディコ UVプロテクトコンシーラープラスC

全成分表示

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(テトライソパルチミン酸アスコルビル,VC−IP)、酸化チタン、パラフィン、セレシン、マイクロクリスタリンワックス、パルミチン酸オクチル、キャンデリラロウ、酢酸ステアリン酸スクロース、ジメチコン、トコフェロール、酸化鉄.

紫外線散乱剤フリー(ノンケミカル、紫外線散乱剤不使用)、紫外線散乱剤で設計された敏感肌、アトピー肌用のコンシーラーです。

美白成分としてテトラヘキシルデカン酸アスコルビルを45%濃度で配合しています。

日焼け止め表示はSPF50、 PA+++です。

シミ、ソバカスの補正に利用したいコンシーラーです。

【メール便】ダーマメディコ UVプロテクト コンシーラープラスC(SPF50 PA ) 【 敏感肌/derma medico/コンシーラー/スティック/UV】

価格:5,400円
(2017/4/16 00:15時点)
感想(9件)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

ハイドロキノン配合「セルニュー HQコンシーラー」通販

3〜9月は紫外線量の多い季節です。

紫外線はシミ、シワ、開大毛穴など肌老化の要因です。

紫外線量の多い季節だけでなく、1年を通して日焼け止めを利用したいものです。

太陽.jpg

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)は代表的なシミですが、紫外線の影響でつくられます。

若い年齢でも、老人性色素斑を形成する場合があります。

美白成分としてハイドロキノンを配合したコンシーラーで補正したいものです。

今回のブログでは、ハイドロキノン配合コンシーラーとして、セルニュー HQコンシーラーを紹介します。

セルニュー HQコンシーラーは美容皮膚科で取扱う医家向け化粧品ですが、インターネット通販で購入可能です。

白衣.jpg

シミ

シミには、老人性色素斑(別名は、日光黒子)、雀卵斑(そばかす)、肝斑(かんぱん)、炎症性色素斑、脂漏性角化症などがあります。

いずれも、表皮に蓄積した黒色メラニン色素によって、シミを形成します。

老人性色素斑、雀卵斑、肝斑、炎症性色素斑でメラノーシス(−)の場合は、トレチノイン・ハイドロキノン療法、オバジ ゼオスキンのプログラムが有効です。

美白剤として4〜5%ハイドロキノンを利用します。

オバジ ゼオスキンの美肌美白プログラムは魅力的ですが、コスメを揃えると経済的に負担です。

ピンポイントのシミの場合、トレチノイン・ハイドロキノン療法がお薦めです。

自由診療の療法ですが、シミに有効です。

なお、真皮層に黒色メラニン色素が沈着しているメラノーシス(+)〜(+++)の場合、レーザー治療が有効です。

QスイッチルビーレーザーまたはQスイッチYAGレーザーで治療します(肝斑は禁忌)。

シミの内服治療

薬.jpg

皮膚科のシミの診断、内服薬は、保険適用です。

残念ながら外用剤は自由診療になります。

シミが気になる場合は、皮膚科受診をお薦めします。

必要に応じて、内服薬が処方されます。

内服薬が奏効するシミは、薄い肝斑です。

トラネキサム酸のトランサミン(第一三共)、アスコルビン酸・パントテン酸のシナール(塩野義)がよく処方されます。

市販薬にはトランシーノ(第一三共)がありますが、医師の処方薬がお薦めです。

保険適用で、3割負担で購入できるからです。

コンシーラー

シミはコンシーラーで補正できます。

美白成分を配合したコンシーラーがお薦めです。

ビタミンC誘導体、ハイドロキノンを配合したコンシーラーがあります。

常盤薬品工業
セルニュー HQコンシーラー

常盤薬品工業の化粧品ブランドには、NOV(ノブ)、セルニュー、セルファーマ、エクセルなどがあります。

ノブ、セルニューは医療機関向けのコスメブランドです。

ノブは大型ドラッグストア、皮膚科隣接の処方薬局で購入できます。

セルニューは、取扱い美容皮膚科、インターネット通販で購入できます。

なお、セルニュー HQコンシーラーについては、エクセレントメディカルなどドクターズコスメ取扱の薬局で購入できます。

2%ハイドロキノン配合コンシーラー
セルニュー HQコンシーラー

posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

敏感肌用ノンケミカルCCクリーム SPF50+PA++++「サエル」

春になり紫外線量が増加しています。

レジャー、スポーツでは、大量の紫外線を浴びます。

紫外線は肌老化の最も影響力のある要因です。

女性5.jpg

シミ、シワ、たるみ、毛穴の開きの原因になります。

今回のブログでは、敏感肌用のCCクリームを紹介します。ノンケミカルでありながら、SPF50+、PA++++です。

製品名はディセンシア サエル ホワイト CCクリーム クリアリストです。

1品7役のCCクリームです。

老化
ろうか

そばかす.jpg

老化の原因は、遺伝子DNAのゲノムに書き込まれた老化プログラムと考えられています(仮説)。

現在の医学では老化を止めることができません。

近い将来、不老不死は無理でも、老化を遅らせることは可能と考えられています。

メトホルミン

薬.jpg

現在、米国では、寿命を伸長させる医薬品としてメトホルミンの臨床試験が行われています。

メトホルミンは2型糖尿病の薬です。

製品にはグリコラン錠(日本新薬)、メトグルコ錠(大日本住友)、メトホルミン塩酸塩錠(第一三共etc)などがあります。

薬価は同じであり、先発のメトグルコ錠がよく処方されます。

臨床試験中であり、実際の効果はわかりませんが、寿命を伸長させるとされます。

寿命を伸長させるサプリメント

寿命を伸長させると話題になったサプリメントには、アストラガルス(黄耆,オウギ)から抽出した成分を含むTA-65(T.A.SCIENCES社)があります。

また、レスベラトロール、ニコチン酸アミドリボシド(NR)、ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)などが話題になりました。

あくまでもサプリメントであり、少数の動物実験のデータてあり、ヒトへの効果はわかりません。

なお、レスベラトロールについては、懐疑的な文献が多いです。

ちなみに、私の場合、メイトーのビフィズス菌LKM512を飲んでいます。





肌老化
はだろうか

肌老化の原因は、同様に遺伝子DNAのゲノムに書き込まれた老化プログラムによるものです。

要因には、紫外線による光老化、炎症性サイトカインによる炎症、活性酸素による酸化、AGEsによる糖化、毛細血管減少による血行不良などがあります。

肌老化の約80%は紫外線による光老化と考えられています。

太陽.jpg

1年を通してUVケアが大切です。

最近では、紫外線だけでなく、近赤外線も肌老化の要因になると考えられるようになりました。

外出時は、紫外線カット・赤外線カットの遮光傘を利用したいものです。

美意識の高い女性の必須アイテムです。

ディセンシア
サエル ホワイト CCクリーム クリアリスト

ポーラ・オルビスホールディンクスグループのブランドです。

ポーラの皮膚科学研究が応用されています。

ディセンシア サエル ホワイト CCクリーム クリアリスト 25g

新品価格
¥4,580から
(2017/4/8 19:23時点)




1品7役

サエル CCクリームは、1品7役です。

保湿効果、化粧下地、薄化粧、紫外線カット、くすみの3原色ケア、環境ストレスカット、外部刺激ブロックの7役です。

紫外線カット効果は、紫外線吸収剤フリー(紫外線吸収剤不使用、ノンケミカル)でありながら、SPF50+、PA++++です。

全成分表示

シクロペンタシロキサン、水、酸化チタン、BG、イソノナン酸イソノニル、グリセリン、PEG−10ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、酸化亜鉛、ジメチコン、カプリリルメチコン、セスキオレイン酸ソルビタン、ポリグリセリル−3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、水酸化Al、ローズ水、ワセリン、セイヨウノコギリソウエキスグリチルリチン酸2Kコウキエキスムラサキシキブ果実エキス、マロニエエキス、セラミド2サッカロミセス/ハトムギ種子発酵液オウゴン根エキス、ローズマリーエキス、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ハイドロゲンジメチコン、PEG−32、PEG−6、含水シリカ、トリメトキシシリルジメチコン、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル−10、PPG−23ステアレス−34、ステアロイルグルタミン酸2Na、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル−2、セタノール、メタクリル酸メチルクロスポリマー、酸化鉄、硫酸Mg、ホウケイ酸(Ca/Al)、シリカ、マイカ、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

成分表示の通り、紫外線吸収剤は使用していません。

ポーラが開発した紫外線散乱剤スラリーを採用しています。

紫外線散乱剤のみで、SPF50+、PA++++を達成しています。敏感肌で利用したいCCクリームです。

保湿成分
セラミド2

保湿効果の高い美容成分としてヒト型セラミド2を採用しています。

さらに、ナノ化したヒト型セラミド2です。

抗保湿ケアが期待できます。

美容成分

セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウ(西洋鋸草)から抽出した植物エキスです。

別名は、ヤロウエキス、アキレアエキスです。

SOD様の抗酸化作用、抗炎症作用、美白作用が期待できます。

肌荒れを予防します。

グリチルリチン酸2K

抗炎症作用があり、肌荒れを予防します。

肌荒れを予防する医薬部外品の薬用コスメにも利用されます。

コウキエキス

黄杞葉(こうきよう)から抽出した植物エキスです。

抗炎症作用があり、肌荒れを予防します。

ムラサキシキブ果実エキス

ムラサキシキブの果実から抽出した植物エキスです。

活性酸素を消去する抗酸化作用、美白作用が期待できます。

サッカロミセス/ハトムギ種子発酵液

ハトムギ を酵母で醗酵、濾過した成分です。

酵母由来の天然ビタミンを含みます。

また、ハトムギは肌細胞を活性化します。

健やかな肌をつくります。

オウゴン根エキス

オウゴン根から抽出した植物エキスです。

抗炎症作用があり、肌荒れを予防します。

また、オウゴン根エキスは、マトリックスメタロプロテアーゼ1(MMP1,コラゲナーゼ)を抑制します。

排気ガスなどの環境ストレスから肌を守ります。

敏感肌では、自分の肌に合うかどうか試す必要があります。

トライアルセットがお薦めです。



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

甘草フラボノイド(グラブリジン)配合「ホワイティシモ 薬用ローション」

1年を通して、日焼け止め、美白コスメを利用したいものです。

美白コスメは意外と価格が高く経済的に負担になります。

適正価格で販売される美白コスメを利用したいものです。

今回のブログでは、ビタミンC誘導体、甘草フラボノイド(グラブリジン)、クララエキス(クジンエキス)を配合した薬用コスメを紹介します。

ポーラの美白ブランド「ホワイティシモ」の製品です。

製品名はホワイティシモ 薬用ローション ホワイトです。

150mLで本体価格4,860円(税込)、リフィル 4,428円(税込)で適正価格の薬用美白コスメです。

美女.jpg

シミ

20代の頃は美しい肌ですが、加齢とともに、シミ、ソバカスが濃くなり、メラニンぐすみ、色ムラが気になります。

また、肌の透明感を失います。

20代の頃は、自分の肌に過信して、海で日光浴したり、長時間、屋外でスポーツをしたりします。

紫外線による負担により、後々、シミ、メラニンぐすみ、色ムラに悩むようになります。

太陽.jpg

情報社会になり、肌老化の約80%は紫外線による光老化であることが浸透してきています。若い年齢からUVケアを行うようになりました。

また、若い年齢から美白コスメを利用するようになりました。

私が利用している日焼け止めは、敏感肌用のマルホ2eドゥーエ(ノンケミカル)です。
(旧称:資生堂2e)

紫外線散乱剤で設計された日焼け止めで、疾患肌、敏感肌用の日焼け止めです。

ノンケミカル(紫外線吸収剤フリー、紫外線吸収剤不使用)でありながら、SPF45、PA++++です。

>【ゆうメール便!送料80円】2eドゥーエ 日焼け止め(ノンケミカル)40g (日やけ止め サンスクリーン 2e ドゥーエ 敏感肌 子供用 紫外線対策 グッズ UVカット)

価格:2,046円
(2017/4/8 14:24時点)
感想(290件)




美白成分

美白成分には、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、ルシノール、トラネキサム酸、ニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)、リノール酸などがあります。

これら美白成分に、作用機序の異なる美白作用のある植物エキスを配合したコスメが増えてきました。

今回、紹介するホワイティシモ 薬用ミルクでは、ビタミンC誘導体、甘草フラボノイド(グラブリジン)、クララエキス(クジンエキス)を配合した薬用コスメです。

紫外線量の多い春夏に利用したい製品です。

POLA
ホワイティシモ 薬用ローション ホワイト

容量 150mL
本体価格 4,860円(税込)
リフィル 4,428円(税込)

水、グリセリン、BG、アスコルビン酸2−グルコシド、ペンチレングリコール、PEG(30)、PEG−8、カンゾウフラボノイド(2)クララエキス−1、マヨラナエキス、アスパラサスリネアリスエキス、濃グリセリン、水酸化大豆リン脂質、ゴボウエキス、桑エキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、POE・ジメチコン共重合体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、グリチルリチン酸2K、ローズ水、オレンジフラワー水、ジグリセリン、水酸化K、POE水添ヒマシ油、キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン

アスコルビン酸2−グルコシド

部外品表示名称はアスコルビン酸2−グルコシド、化粧品表示名称はアスコルビルグルコシドです。

安定性が高いビタミンC誘導体であり、薬用美白コスメによく配合されます。

メラニン生成に関係するチロシナーゼを抑制する作用が期待できます。

また、黒色メラニン色素を肌色メラニン色素に還元する作用があります。

その他、コラーゲン生成を促す作用、過剰な皮脂を抑制する作用が期待できます。

カンゾウフラボノイド(2)

部外品表示名称はカンゾウフラボノイド(2)、化粧品表示名称は甘草フラボノイドです。

甘草の根から油性抽出した植物エキスです。

フラボノイドのグラブリジンを豊富に含みます。

油性植物エキスであり、肌奥へ浸透するのが特色です。

肌での滞在時間が長く、作用時間が長いです。

抗炎症作用がある美白成分です。

ちなみに、米国では、サプリメントとしてグラブリジン含有甘草抽出物が人気です。腹部脂肪の減少効果が期待できます。

国産サプリでは、ディアナチュラゴールド 甘草グラボノイドなどがあります。

クララエキス−1

部外品表示名称はクララエキス−1、化粧品表示名称はクララ根エキスです。

別名はクジンエキスです。

クララ根から抽出した植物エキスです。

抗炎症作用がある美白成分です。

ポーラ公式サイト

ポーラで管理された品質のよい製品が購入できます。

「ブランドで選ぶ」「ホワイティシモ」の順でクリックして下さい。

ポーラ公式ホームページ



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

ルシノール配合 薬用美白「ポーラ ホワイトショットSX」

春になり日焼けが心配な季節に入ります。

紫外線によりメラニン色素がつくられます。

シミ、ソバカスが増え、また、色が濃くなります。

また、色ムラ、メラニンぐすみの原因になります。

女性5.jpg

さて、今回のブログでは、医薬部外品の美白コスメを紹介します。

医薬部外品の有効成分としてルシノール(4‐n‐ブチルレゾルシン)、安定型ビタミンC誘導体(アスコルビン酸2‐グルコシド)を配合しています。

製品名は、薬用美白「ポーラ ホワイトショットSX」です。

また、最近の美白コスメでは、医薬部外品の有効成分に加えて、作用機序の異なる美白植物エキスを配合しています。

ハーブ.jpg

ホワイトショットSXも美白作用が期待できる植物エキスを配合しています。

表皮ターンオーバーを促進する複合植物エキスとしてm-シューター(クロレラエキス、カッコンエキス、アロエエキス−2)を配合。

NF‐κB(エヌエフカッパビー)を抑制、またメラノサイトの増殖を抑制する複合植物エキスとしてクリアノール(アーティチョークエキス、ユズセラミド) を配合。

メラノサイト刺激ホルモンを抑制する複合植物エキスとしてC‐RNAエキス(モモ葉エキス、スターフルーツ葉エキス) を配合。

また、最も魅力的な美白成分は、ルシノール、アスコルビン酸2‐グルコシド、ショウキョウチンキ、マヨラナエキス(マジョラムエキス)、クジンエキス(クララエキス−1)からなる複合成分ルシノールEXです。

ルシノールEXはエマルション化して浸透性を高めています。肌での持続時間が長く、効果を発揮します。ポーラでは、ショットデリバリー処方と呼んでいます。

紫外線とシミ

太陽.jpg

紫外線のうち、紫外線B波(UVB)は、肌の炎症、シミ、メラニンぐすみ、色ムラの最も影響力のある原因です。

また、夏の皮脂分泌量は冬の約2倍です。

皮脂は、肌を弱酸性に保つ役割がありますが、化学的に不安定であり、紫外線によって酸化分解します。過酸化脂質、遊離脂肪酸へ変化します。

過酸化脂質・遊離脂肪酸は刺激物質であり、過脂化メラニン、肌荒れ(病的な場合は脂漏性湿疹)、毛穴の開きの原因になります。

皮脂分泌量が増加する春から夏は、特に紫外線に気をつける必要があります。

加齢と表皮ターンオーバー

そばかす.jpg

加齢とともに、表皮ターンオーバーが停滞します。

20歳の表皮ターンオーバーは約28日ですが、30歳で約40日、50歳で約60日、60歳で約100日です。

加齢とともに、表皮に蓄積した黒色メラニン色素が排出しにくくなります。

加齢とともに、シミが濃くなります。

シミ、ソバカスなど美白ケアでは、表皮ターンオーバーを促進することも大切です。

表皮ターンオーバーを促進する美容成分には、4‐MSK(4‐メトキシサリチル酸カリウム塩)、エナジーシグナルAMP(アデノシン一リン酸二ナトリウムOT)、乳酸、グリコール酸、グルコノラクトン、カプリロイルサリチル酸などがあります。

4‐MSKは資生堂、エナジーシグナルAMPは大塚製薬が開発した、厚生労働省が許可の美白成分です。

乳酸とグリコール酸はAHA(アルファヒドロキシ酸)、グルコノラクトンはPHA(ポリヒドロキシ酸)、カプリロイルサリチル酸はLHA(リポヒドロキシ酸)に分類されるピーリング成分です。

ポーラ ホワイトショットSXでは、複合成分m-シューターを配合しています。

クロレラエキスカッコンエキスアロエエキス−2から構成される複合成分で、ポーラではm-シューターと呼んでいます。

表皮細胞を活性賦活化する成分としてクロレラエキス・カッコンエキス、抗炎症作用のあるアロエエキス−2を配合しています。

おだやかに表皮ターンオーバーを促します。

同成分の化粧品原料には、バイオアンテージB(一丸ファルコス)があり、美白コスメに利用されています。

なお、美容皮膚科のホームケアであるトレチノイン・ハイドロキノン療法、オバジ ゼオスキンでは、表皮ターンオーバー促進する成分としてトレチノインが使用されます。

効果が強いため医師による観察が必要です。

皮脂とメラニンキャップ

皮脂は保湿成分と思われがちですが、保湿効果は非常に弱いです。

肌保湿の重要な成分はセラミドなどの細胞間脂質、アミノ酸などの天然保湿因子(NMF)です。

皮脂の役割は、肌を弱酸性に保つことです。病原性のある細菌・真菌(マラセチアなど)の感染から守っています。

皮脂は不安定であり、酸化しやすい油脂です。

酸化して過酸化脂質、分解して遊離脂肪酸へ変化します。

過酸化脂質は、過脂化メラニンキャップを形成する原因です。

メラニンキャップを分解する美容成分にはビワ葉エキスがあります。

ビワ葉エキスは抗炎症作用のある美容成分ですが、美白作用があります。

ポーラでは、ビワ葉エキスをSCリキッドと呼んでいます。

ポーラ ホワイトショットSX

全成分表示

有効成分
4−n−ブチルレゾルシン(ルシノール)、アスコルビン酸2−グルコシド

その他の成分
水、シクロペンタシロキサン、BG、グリセリン、POE・ジメチコン共重合体、無水ケイ酸、高重合ジメチコン−1、クロレラエキス、カッコンエキス、アロエエキス−2、グリチルリチン酸2K、ビワ葉エキス、アーティチョークエキス(アーチチョークエキス)、ユズセラミド、ショウキョウチンキマヨラナエキス、桃葉エキス(モモ葉エキス)、スターフルーツ葉エキス(ゴレンシ葉エキス)、クララエキス−1、ショ糖脂肪酸エステル、水酸化K、無水エタノール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、ワセリン、イソステアリン酸ソルビタン、クエン酸Na、エタノール、オレイン酸PEG、クエン酸、ジステアリルジメチルアンモニウムヘクトライト、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール、メチルパラベン.

魅力的な美容成分

複合成分
ルシノールEX

ルシノール、アスコルビン酸2‐グルコシド、ショウキョウチンキ、マヨラナエキス(マジョラムエキス)、クララエキス−1(クジンエキス)から構成されます。

ルシノール

ポーラが開発した美白成分です。

ルシノールは通称で、正しくは4‐n‐ブチルレゾルシンです。

厚生労働省が許可した医薬部外品の美白作用のある有効成分です。

メラニン生成に関係するチロシナーゼを抑制します。

チロシナーゼ抑制効果が高く、チロシナーゼをロックするとも言われています。

美容皮膚科のシミ治療では、外用剤として5%ハイドロキノンクリームが処方されますが、アレルギー反応を起した場合、ルシノールクリームが処方されます。

ちなみに、5%ハイドロキノンにアレルギー反応を起す方は0.5%(200人に1人)です。


ポーラファルマ
ルビパール ホワイトニングクリーム
ポーラの医薬品会社ポーラファルマの製品です。医家向けコスメであり、皮膚科または皮膚科隣接の調剤薬局で販売しています。インターネット通販でも購入できます。

>ルビパール ホワイトニングクリーム 8g

価格:3,978円
(2017/4/1 23:03時点)




アスコルビン酸2‐グルコシド

安定型ビタミンC誘導体とも呼ばれています。

メラニン生成に関係するチロシナーゼを抑制します。

また、還元力は弱いのですが、黒色メラニン色素を還元(漂白)します。

ショウキョウチンキ

ショウガの根茎から抽出した植物エキスです。

ショウキョウ(生姜)は、中医(漢方)の生薬としても利用されています。

抗炎症作用があります。

マヨラナエキス

化粧品表示名称はマヨラナエキスです。

マジョラムリーフから抽出した植物エキスです。マジョラムエキスとも呼ばれます。

メラノサイト活性化因子の アドレノメジュリン(ADM)を抑制します。

美白コスメによく利用される植物エキスです。

クララエキス‐1

化粧品表示名称はクララエキス‐1です。

クララの根から抽出した植物エキスです。

中医では、苦参(クジン)と呼ばれ、クララエキス‐1をクジンエキスとも呼ばれています。

クララエキス‐1は、メラニン生成に関係するαMSH(α-メラニン細胞刺激ホルモン)を抑制します。

美白コスメによく利用されます。

また、抗炎症作用があり、肌荒れ予防も期待できます。

ポーラ ホワイトショットSX ジュニアサイズ

シミ、ソバカスにピンポイントで塗ります。10gですが長持ちします。

10g

価格 7,020円(税込)
送料無料

ポーラ公式ホームページ
ポーラで管理された品質のよい製品を購入することができます。


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

LHAカプリロイルサリチル酸「ラロッシュポゼ センシホワイトローション」

4月になりました。

過ごしやすい季節です。

レジャー、スポーツが楽しめます。

背伸び.jpg

さて、今回のブログでは、カプリロイルサリチル酸を配合したローションとして、ラロッシュポゼ センシホワイトローションを紹介します。

カプリロイルサリチル酸は、リポヒドロキシ酸(LHA)であり、表皮ターンオーバーを促す作用があります。

表皮内に蓄積した黒色メラニン色素を排出します。

シミ、ソバカス、角質ぐすみ、色ムラにアプローチします。

センシホワイトローションは、美白成分「フェニルエチルレゾルシノール」を配合したセンシホワイトエッセンスと共に利用したいアイテムです。

ケミカルピーリング

古くなった角質細胞をやさしく剥がすことで、表皮ターンオーバーを促進します。

美容皮膚科では、美白、小ジワ予防、毛穴・ニキビ痕ケアなどを目的として、ケミカルピーリングが行われています。

ピーリング基剤

注射.jpg

ピーリング基剤には、水溶性基剤のアルファヒドロキシ酸(AHA)、ポリヒドロキシ酸(PHA)。油溶性基剤のベータドロキシ酸(BHA)、リポヒドロキシ酸(LHA)があります。

美容皮膚科の場合、ピーリング効果の高いAHAの乳酸・グリコール酸、BHAのサリチル酸によるピーリングを行っています。

サリチル酸マクロゴールピーリング

略称でマクロピールと呼んでいます。

サリチル酸は油溶性の性質があり、肌奥へ浸透します。ディープなピーリングが期待できます。

皮脂が充満した毛穴に浸透します。毛穴、ニキビ痕に有効です。

また、サリチル酸には殺菌作用があります。難治性ニキビの治療に応用されています。

ホームピーリング用のコスメブランド

女性8.jpg

ホームピーリングに配合される代表的な美容成分が、PHAグルコノラクトンLHAカプリロイルサリチル酸です。

グルコノラクトン配合のコスメブランドには、エクスビアンス、ネオストラータなどがあります。

エクスビアンスは米国で人気のコスメブランドです。

また、女優の小雪さんが著書の中でエクスビアンスを紹介したことで日本でも人気です。

美意識の高い女性によく知られています。

カプリロイルサリチル酸配合のコスメブランドには、ビオテルム、ランコム、ラロッシュポゼなどがあります。

カプリロイルサリチル酸

カプリル酸とサリチル酸をエステル化した美容成分です。

LHA (リポヒドロキシ酸)に分類されるピーリング成分です。

古くなった角質をやさしく剥がします。

表皮ターンオーバーをマイルドに促します。

角質肥厚(肌のごわつき、ざらつき、くすみ)の改善、表皮に蓄積した黒色メラニン色素の排出することでブライトニング、毛穴・ニキビ痕ケア、小ジワ予防が期待できます。

マイルドな作用であり、洗顔料、クレンザーだけでなく、ローション、セラム(美容液)にも配合できます。

オバジ ゼオスキンの美肌美白プログラム

美容皮膚科では、ホームケア用のドクターズコスメとしてオバジ ゼオスキンを取扱っています。

オバジ ゼオスキンの作用機序は、トレチノインで表皮ターンオーバーの促進させることで表皮に蓄積した黒色メラニン色素の排出。

美白成分は4%ハイドロキノンです。

ハイドロキノンのチロシナーゼ抑制効果はさほど高くありませんが、黒色メラニン色素を還元(漂白)する作用があります。

ラロッシュポゼのブライトニングケア
センシホワイト
SENSI WHITE

ラロッシュポゼ センシホワイトローションの配合成分カプリロイルサリチル酸で表皮ターンオーバーの促進(黒色メラニン色素の排出)。

美白成分は、センシホワイトエッセンスの配合成分フェニルエチルレゾルシノールです。

なお、洗顔料のセンシ ホワイトフォーミングクレンザーもカプリロイルサリチル酸を採用しています。

ラロッシュポゼ センシホワイトローション

全成分表示

水、変性アルコール、BG、グリセリン、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、PPG-5セテス-20、PEG-60水添ヒマシ油、イチョウ葉エキス、EDTA-2Na、カプリロイルサリチル酸、ビオサッカリドガム-1、キサンタンガム、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料.

価格 3,780 円(税込)

詳しくはコチラ↓↓↓


敏感肌の人は、お試しキットをお薦めします。

>【コンビニ受取可】ラロッシュポゼ センシホワイト トライアルキット 【デリケート肌】

価格:1,620円
(2017/3/30 19:41時点)
感想(33件)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

敏感肌の美白SymWhite377配合「ラロッシュポゼ センシホワイトエッセンス」

私たち日本人は、シミ、色ムラなどの悩みを持つ人が多いです。

美白化粧品は人気のアイテムです。

日焼け止めと美白化粧品は1年を通して利用したいものです。

女性5.jpg

今回のブログでは、敏感肌ブランド「ラロッシュポゼ」のブライトニングケア用エッセンスを紹介します。

製品名はラロッシュポゼ センシホワイトエッセンスです。

美白成分としてナイアシンアミドフェニルエチルレゾルシノール(SymWhite377)、紫外線から肌を防御するフェルラ酸、紫外線によるダメージから肌を守るイチョウ葉エキスを配合しています。

敏感肌用コスメ

女性6.jpg

ある特定の美容成分にアレルギー反応を起す肌を敏感肌と呼んでいます。

一般的に、敏感肌用のコスメは、化粧品グレードの高い化粧品原料を使用したシンプル設計のコスメです。

アレルギー反応を起しやすい化粧品原料を排除し、アレルギーテスト済みです。

なお、敏感肌用のコスメでもアレルギーを起す場合があり、敏感肌の人は化粧品選びが難しいです。

美白成分

メラニン生成を抑制する成分を美白成分と呼んでいます。

シミ、ソバカスを予防します。

メラニンは、チロシンと呼ぶアミノ酸からつくられます。

形成プロセスは、

チロシン → ドーパ → ドーパキノン → メラニン

です。

チロシナーゼ、TRP1、TRP2などの酵素、転写因子MITFがメラニン生成に関係します。

多くの美白成分の作用機序は、チロシナーゼ活性を抑えてメラニン生成を抑制します。

チロシナーゼ活性を抑制する美容成分

チロシナーゼ活性を抑制する美容成分には、

・アルブチン

・コウジ酸

・トラネキサム酸

・ビタミンC誘導体

・ハイドロキノン

・油溶性甘草エキス

・4‐n‐ブチルレゾルシノール(ルシノール)、

・フェニルエチルレゾルシノール(SymWhite377)

などがあります。

この中で、チロシナーゼ活性を抑制効果の高い美容成分は、4‐n‐ブチルレゾルシノール(ルシノール)とフェニルエチルレゾルシノール(SymWhite377)です。

4‐n‐ブチルレゾルシノールはPOLAが開発した美白成分で、ルシノールと呼ばれています。

フェニルエチルレゾルシノールはシムライズ株式会社(取扱い:岩瀬コスファ)が開発した美白成分です。化粧品原料名はSymWhite377です。

ドクターシーラボではWhite377、トゥヴェールではW377、ラロッシュポゼではレゾルシノールと呼んでいます。

W377配合
トゥヴェール ブライトニングセラム

>ハイドロキノンの2100倍 攻めのケアにトゥヴェール楽天★ブライトニングセラム

価格:3,374円
(2017/3/29 20:51時点)
感想(246件)




フェニルエチルレゾルシノール

美女.jpg

INCIはPhenylethyl Resorcinolです。

ルシノールとともに、チロシナーゼ活性の抑制効果の高い美白成分です。

少ない配合量で、美白効果が期待できます。

美白作用

フェニルエチルレゾルシノールの作用機序は、メラニン生成に関係するチロシナーゼを抑制します。

抗酸化作用

肌老化の要因には、活性酸素による酸化があります。

紫外線を浴びると、肌内で大量の活性酸素が発生します。

フェニルエチルレゾルシノールには、活性酸素を消去する作用があります。

ラロッシュポゼ センシホワイトエッセンス

全成分表示

水、グリセリン、ジメチコン、変性アルコール、ナイアシンアミド、ラウロイルサルコシンイソプロピル、オクチルドデカノール、セスキステアリン酸PEG−20メチルグルコース、ジメチコノール、エチルヘキサン酸セテアリル、イソヘキサデカン、ヒアルロン酸Na、イチョウ葉エキスフェニルエチルレゾルシノール、ポロキサマー338、ポリアクリロイルジメチルタウリンアンモニウム、EDTA−2Na、ミリスチン酸イソプロピル、カプリロイルサリチル酸、キサンタンガム、フェルラ酸、ポリソルベート80、(アクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、フェノキシエタノール、酸化チタン、マイカ、香料.

作用機序の異なる美白作用としてナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)とフェニルエチルレゾルシノールを配合したブライトニングケア用エッセンスです。

ナイアシンアミド
ビタミンB3

肌刺激がほとんどないので、敏感肌用のコスメによく配合される美容成分です。

肌細胞を活性化する作用があります。

また、メラノサイトから表皮細胞へのメラニン受け渡しをブロックする作用があります。

SKII(エスケーツー)の薬用美白コスメの有効成分として採用されています。

SKIIの美白有効成分ニコチン酸アミドは、ナイアシンアミド(化粧品表示名称)のことです。

イチョウ葉エキス

紫外線による肌ダメージを守る作用が期待されています。

紫外線を浴びると、肌内で大量の活性酸素が発生します。酸化ダメージを受けます。

イチョウ葉エキスは豊富にポリフェノールを含み、酸化ダメージから肌を守る機能を高めます

チオレドキシンシステム

ラロッシュポゼ センシホワイトエッセンス

30ml

価格 5,400円(税込,2017年4月現在)

posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。