2017年02月10日

毛細血管の新生と運動

2月になり寒い日が続いています。

現在、インフルエンザ流行が警報レベルになりました。

また、スギ花粉の飛散が、九州、関東で観測されています。

何とか乗り越えて、新年度を迎えたいものです。

4月は、新入職員でオフィスは賑やかになります。

さて、今回のブログでは、毛細血管の血管新生をテーマします。

血管の99%は毛細血管であり、各種組織、皮膚に酸素、栄養を与えています。

また、不純物の回収をおこなっていて、毛細血管は重要な働きをしています。

毛細血管を増加させることで、細胞寿命の伸長が期待できます。

細胞寿命の伸長は、個体老化と密接な関係です。

健康と美容のため、毛細血管の新生をめざしたいものです。

冷え性
ひえしょう

女性の場合、筋肉が少なく、筋肉から分泌されるマイオカインの分泌が少ないと考えられています。

女性は手足が冷えやすいです。

筋肉から分泌されるマイオカインのうち、IGF‐1FGF‐2FSTL‐1は血管新生と関係する生理活性物質です。

また、筋肉から分泌されるマイオカインには、複数の成長因子・サイトカインなど生理活性物質を含み、特に心血管疾患の予防に有効と考えられるようになりました。

脂肪組織から分泌されるアディポネクチン同様に、筋肉から分泌されるマイオカインは注目されています。

加齢とともに、毛細血管は減少します。

筋力トレーニングを行うことで、毛細血管の新生が期待できます。

筋力トレーニングとしてお薦めの運動が、ウォーキングなどの有酸素運動、レジスタンス運動です。

週5日、1日40分以上の運動を目標に続けたいものです。

ウォーキング.jpg

心血管疾患、血管新生、骨粗鬆症、高血圧、うつ病、パニック障害などに有効とされます。

骨粗鬆症は骨芽細胞の刺激、うつ病・パニック障害はマイオカインのBDNF(brain derived neurotrophic factor,脳由来神経栄養因子)が有効と考えられています。

うつ病・パニック障害のBDNF仮説では、抗ストレスホルモンのコルチゾールによる海馬領域の脳神経細胞の損傷が原因と考えられています。

また、心的外傷後ストレス障害(PTSD)も、精神的衝撃によって分泌されるコルチゾールによる損傷が原因と考えられています。

女性6.jpg

肌冷えと肌老化

最近、美容業界で注目されているのが肌冷えです。

肌冷えと毛細血管の量は密接な関係です。

肌老化の要因には、紫外線による光老化、炎症性サイトカインによる微弱炎症、活性酸素による酸化、AGEsによる糖化、毛細血管減少による血行不良と考えられています。

最も影響力のある要因は、紫外線による光老化です。

1年を通して、紫外線から肌を防御することが大切です。

太陽.jpg

健康的な肌をつくるには、酸素と栄養素が必要です。

皮膚は、上部から、表皮、基底膜、真皮層、皮下組織から構成されています。

毛細血管が酸素・栄養素を供給しているのは基底膜、真皮層、皮下組織です。

酸素・栄養素の供給が低下すると、表皮ターンオーバーが低下します。

肌のキメが粗くなり、角質ぐすみが現れやすいです。

また、真皮層の線維芽細胞の育みが低下します。

細胞.jpg

さらに、毛細血管は、酸素・栄養素の供給だけでなく、二酸化炭素・不純物を回収する重要な働きをしています。

不純物の蓄積は肌老化と関係します。

肌冷え=毛細血管の減少=肌老化の関係です。

筋力トレーリングで、毛細血管の新生をめざしたいものです。


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

異常タンパク質を抑制プロジェリン配合「トリニティーライン インナーバイタル クリーム」

細胞老化は、個体の老化と関係していると考えられるようになりました。

細胞寿命を伸長させることで、個体寿命の伸長が期待できます。

細胞老化の要因には、活性酸素による酸化があります。

活性酸素は、細胞、遺伝子、ミトコンドリアを損傷させます。

また、細胞内のタンパク質を老化させ、異常タンパク質へ変化させます。

細胞内に異常タンパク質が蓄積すると、細胞寿命が短くなります。

ヒトには、異常タンパク質など老化したタンパク質を排出させる機能があります。

ユビキチン−プロテアソーム系と大隅栄誉教授のノーベル生理学・医学賞を受賞で一般にも知られるようになったオートファジーです。

DNA.jpg

今回のブログでは、異常タンパク質Progerinプロジェリン)を抑制する美容成分Progelineプロジェリン)を配合したコスメを紹介します。

製品名は、トリニティーライン インナーバイタル クリームです。

なお、異常タンパク質がProgerin、抑制する美容成分がProgelineで、日本語の発音ではプロジェリンになります。

トリニティーラインでは、抑制する美容成分ProgelineをPGブロックと呼んでいます。

肌老化
はだろうか

そばかす.jpg

加齢とともに、老化します。

原因は遺伝子に組み込まれた老化プログラムと考えられます。

肌老化の要因の約80%は、紫外線による光老化と考えられています。

地上に到達する紫外線には、UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)があります。

太陽.jpg

UVA
紫外線A波

皮膚は、表皮、基底膜、真皮層、皮下組織から構成されています。

真皮層まで到達する紫外線です。

UVAは、肌のハリ・弾力をつくっている真皮層のコラーゲン線維、エラスチン線維を光エネルギーで損傷させます。

また、UVAは、MMP1(コラゲナーゼ)、MMP2(ゼラチナーゼ)、MMP12(エラスターゼ)を発現させます。コラーゲン線維、エラスチン線維が損傷します。

それだけではありません。肌内で大量の活性酸素が発生します。

活性酸素は、真皮層の線維芽細胞を損傷させます。

また、線維芽細胞内のタンパク質を老化させます。

線維芽細胞は、コラーゲン線維・エラスチン線維など細胞外マトリックスを製造する細胞です。

線維芽細胞内に老化タンパク質(異常タンパク質)が蓄積すると、細胞機能が低下します。

UVB
紫外線B波

肌内に到達するのは、表皮の基底層です。

透過性は高くないのですが、エネルギーが高いです。表皮細胞を損傷させます。

炎症を起して、発赤します。

また、メラノサイトを活性化させ、シミの原因になります。

表皮細胞内のタンパク質を老化させます。

老化タンパク質(異常タンパク質)が蓄積して、表皮細胞が老化します。

Progeline
プロジェリン

肌細胞の異常タンパク質の蓄積は、肌老化の要因になります。

基底細胞、線維芽細胞、表皮幹細胞、真皮幹細胞の異常タンパク質の蓄積は、肌老化の影響力のある要因です。

細胞.jpg

異常タンパク質の生成を抑制する機能性ペプチドがProgeline(プロジェリン)です。

トリニティーラインでは、PGブロックと呼んでいます。

化粧品への表示名称は、トリフルオロアセチルトリペプチド-2です。

成分番号は558913で、INCIはTrifluoroacetyl Tripeptide-2です。

異常タンパク質の生成を抑制することで、肌老化を予防します。

なお、肌老化要因の約80%は紫外線による光老化です。

デイリーで、紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル)で、SPF40以上、PA++++(フォープラス)のサンスクリーン剤を利用したいものです。

マルホ2e(ドゥーエ)日焼け止め(ノンケミカル)

旧称は資生堂2eです。

紫外線吸収剤フリーでありながら、SPF45、PA++++です。

敏感肌、アトピー肌など疾患肌用に設計された肌にやさしい日焼け止めです。

▼300円OFFクーポン配布中!早い者勝ち▼【ゆうメール便!送料80円】2eドゥーエ 日焼け止め(ノンケミカル)40g (日やけ止め サンスクリーン 2e ドゥーエ 敏感肌 子供用 紫外線対策 グッズ UVカット)

価格:2,046円
(2017/1/22 10:27時点)
感想(289件)




トリニティーライン インナーバイタル クリーム

全成分表示
水、シクロペンタシロキサン、BG、PEG-30、スクワラン、グリセリン、ベヘニルアルコール、ホホバ種子油、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、(モリンガ油/水添モリンガ油)エステルズ、水添レシチン、ステアリン酸グリセリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、バチルアルコール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トリフルオロアセチルトリペプチド-2(プロジェリンPGブロック)、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマーポリクオタニウム-51、PVP、ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン、ウルソル酸、セージ葉エキス、オタネニンジン根エキス、ガマ穂エキス、シャクヤク根エキス、ボタンエキス、カンゾウ根エキス、アンズ核油、ノイバラ果実エキス、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アテロコラーゲン、加水分解エラスチン、グリチルリチン酸2K、アラントイン、イランイラン花油、ローマカミツレ花油、ベルガモット果実油、レモン果皮油、ダマスクバラ花油、エンピツビャクシン油、チョウジ葉油、イタリアイトスギ油、アラリアエスクレンタエキス、ガノデルマアンボイネンセエキス、アーチチョーク葉エキス、ヒマワリ種子油不けん化物、ジメチコン、パルミチン酸セチル、デキストラン、水酸化K、1,2-ヘキサンジオール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸Na、クエン酸、HEDTA-3Na、キサンタンガム.

保湿成分は、BGを中心に、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ポリクオタニウム-51、ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アテロコラーゲン、加水分解エラスチンを配合しています。

(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマーは、日油(株)が開発したセラミド摸倣成分です。

セラキュートF、セラキュートLが商品名です。

トリニティーライン、ポーラ B.Aで採用された保湿成分です。

肌上でネット状のストレッチ膜を形成します。肌を持ち上げ、リフトアップ効果も期待できる美容成分です。

また、保湿効果の高い美容成分として2種類のリピジュアを配合しています。

ポリクオタニウム-51(リピジュアPMB)、ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン(リピジュアHM)です。

トリニティーライン インナーバイタル クリームは、強力保湿成分、トリフルオロアセチルトリペプチド-2、植物エキスで設計されたクリームになります。

トリニティーライン インナーバイタル クリーム N 35g【楽天24】[トリニティーライン 保湿クリーム]

価格:8,640円
(2017/1/22 10:17時点)



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

影クマ向けビタミンC誘導体MGA配合「アイキララ EYE KIRARA」

寒波の影響で、全国的に冬の気候になりました。

バランスのよい食事を摂って、風邪、インフルエンザに罹らないように注意したいものです。

マスクの着用も一定の効果が期待できます。通勤時の電車内では、着用したいものです。

なお、風邪、インフルエンザに罹ると、炎症性サイトカインによって、体全体に過剰な炎症反応を起す場合があります。

皮膚も炎症性サイトカインの影響を受けやすく、肌荒れを起す場合があります。

また、ウイルス感染後に、細菌の2次感染を起こしやすいものです。

細菌が産生する毒素が原因で肌荒れを起す場合があります。

白衣.jpg

さて、今回のブログでは、国産のアイクリームを紹介します。

ハロキシル、ビタミンC誘導体のミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸(MGA)を配合したアイクリームで、製品名はアイキララ(EYE KIRARA) を紹介します。

目.jpg

ビタミンC

別名はアスコルビン酸です。

水溶性のビタミンで、抗酸化作用があります。

食品、化粧品の酸化を予防する目的でよく利用されるビタミンです。

国産コスメでは、美容成分として配合する場合、通常、ビタミンC誘導体として配合します。安定性が高いからです。

フランス・米国では、誘導体ではなく、純粋ビタミンC(ピュアビタミンC)として配合することが多いです。国産コスメでも、ロート製薬オバジCセラムシリーズでは、純粋ビタミンCにこだわりがあります。

オバジCは高濃度(5〜20%)で配合、すばやくビタミンCとして効果を発揮します。

ビタミンC誘導体

肌への浸透性を高める目的、より安定化する目的などで、ビタミンC誘導体が開発されています。

性質で分類すると、水溶性ビタミンC誘導体、両親媒性ビタミンC誘導体、油溶性ビタミンC誘導体に分類することができます。

代表的なビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性であり、角層の2〜3層に浸透します。

リン酸アスコルビルNa(APS)

水溶性の中でも浸透性の高く、比較的早くビタミンC活性を発揮するビタミンC誘導体です。

美容皮膚科でよく処方されます。

イオン導入、エレクトロポレーションに利用されます。

両親媒性ビタミンC誘導体

水溶性と油溶性(脂溶性)の両方の性質があります。油溶性の性質があるので、細胞間、毛穴から肌奥へ浸透します。

ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸(MGA)

株式会社成和化成が開発したAmitose VCシリーズの製品です。

ミリスチン酸、グリセリン、アスコルビン酸が結合したビタミンC誘導体になります。

両親媒性の性質があり、化粧水、油性の乳液・クリームに配合することができます。

MGAの特色として、乳化作用(O/W型)と抗菌作用があることです。界面活性剤フリー、防腐剤フリーの化粧品を製造することができます。

油溶性ビタミンC誘導体

油溶性(脂溶性)の性質があるビタミンC誘導体です。オイル、クリームとして利用されます。

細胞間、毛穴から肌奥へ浸透します。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC‐IP)

肌への浸透性が高く、高濃度で利用できます。20〜100%濃度で利用できます。

また、安定性が高いのも特色です。

美容皮膚科でよく処方されます。

ビタミンC誘導体100%オイル 美容オイルでスキンケア透明感アップ集中ケアオイル乾燥肌の方にもお勧めですトゥヴェール楽天★VCH-100

価格:4,510円
(2017/1/16 23:04時点)
感想(558件)




アイキララ
EYE KIRARA

全成分表示

、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸パルミトイルテトラペプチド-7パルミトイルトリペプチド-1クリシンN-ヒドロキシコハク酸イミドステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル.

ハロキシルとミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸(MGA)を配合しているアイクリームです。

ハロキシル
HALOXYL

クローダジャパン株式会社が取扱う美容成分です。血行促進作用とむくみを解消する作用が期待でき、青クマ、黒クマ(影クマ)に有効とされる機能性ペプチドを含む複合成分です。

欧米、国産コスメによく利用されます。

ハロキシルは、水、グリセリン、ステアレス‐20、N‐ヒドロキシコハク酸イミド、クリシン、パルミトイルトリペプチド‐1、パルミトイルテトラペプチド‐7から構成される複合成分になります。

3-グリセリルアスコルビン酸(MGA)

両親媒性ビタミンC誘導体です。

コラーゲン生成を促します。肌のハリ・弾力アップが期待できます。

アイキララ
EYE KIRARA



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

有酸素運動とマイオカイン「血管老化と肌老化」

本日から出社される人が多いと思います。

私も、今日から出勤です。

休み明けは病院が混み合います。覚悟しています

白衣.jpg

さて、今回のブログでは、血管老化肌老化の関係を紹介します。

血管(動脈)は、体の隅々まで栄養素・酸素・生理活性物質などを運ぶ管です。

血管が老化すると、病気の原因になります。

代表的な病気には、心疾患、脳血管疾患、腎疾患などです。

また、血管老化は寿命とも関係し、肌老化とも密接な関係です。

血管老化

DNA.jpg

血管老化の要因

AGEs、脂質異常症、活性酸素が血管老化の要因の影響力ある要因です。

糖尿病で生成されるAGEs

糖尿病を発症すると、血液中のブドウ糖(グルコース)が異常に高くなります。高血糖と呼んでいます。

ブドウ糖は血液中のタンパク質と結合して、AGEs(Advanced Glycation End Products,終末糖化産物)が生成されます。

この反応を糖化、または、グリケーションと呼んでいます。

AGEsには傷害性があり、血管壁、神経を傷つける作用があります。

また、肌のハリ・弾力をつくっているコラーゲン線維を傷つけます。シワ、たるみの要因になります。

脂質異常症

脂質を含む食品を大量摂取すると、血液中のLDLコレステロールが増加します。

また、代謝異常でもLDLコレステロールが増加します。

LDLコレステロールが血管壁に付着すると、動脈硬化の原因になります。

腹部肥満ではアディポネクチン分泌が低下、筋肉痩せではマイオネクチン分泌が低下します。運動不足も影響力のある要因です。

運動習慣を身に付けたいものです。

活性酸素による酸化

喫煙、ストレス、オーバーワーク(過労)、睡眠不足などで活性酸素が発生します。

喫煙習慣のある人は、寿命が7年短くなります。喫煙時に発生する大量の活性酸素による血管老化が関係しています。

活性酸素は血管壁を傷つけます。

血管老化と肌老化

肌細胞に栄養を与えているのは毛細血管です。

毛細血管は基底膜に繋がっていて栄養素、酸素、生理活性物質(ホルモン、サイトカイン、成長因子など)を与えています。

毛細血管の細動脈硬化(さいどうみゃくこうか)があると、血行不良を起して肌老化の要因になります。

また、加齢、運動不足で、毛細血管が減少します。肌老化の要因になります。

有酸素運動とマイオカイン

ウォーキング.jpg

2型糖尿病の予防・改善

栄養バランスの良い食事が、まず大切です。

筋肉から分泌されるサイトカイン、成長因子などの生理活性物質をマイオカインと呼んでいます。

マイオカインのうち、IL‐6(インターロイキン‐6)、IL‐13(インターロイキン‐13)、FGF‐21(線維芽細胞増殖因子‐21)、フラクタルカイン(Fractalkine ,CX3CL1)は、2型糖尿病を予防・改善する効果が期待できます。

現在、境界型糖尿病(糖尿病予備軍)、糖尿病の人は、1日40分以上の有酸素運動がお薦めです。

筋肉からのマイオカイン分泌の向上が期待できます。

脂質異常症の予防・改善

栄養バランスの良い食事が、まず大切です。

マイオカインのうち、マイオネクチンはアディポネクチンと同様の効果がある生理活性物質です。

脂肪酸を燃焼して、脂質異常症の予防・改善が期待できます。

1日40分以上の有酸素運動がお薦めです。

有酸素運動と活性酸素の消去

ヒトには活性酸素を消去する機構があります。SOD (スーパーオキサイドジスムターゼ)などの酵素反応です。

有酸素運動することで、活性酸素を消去する機能が向上します。

なお、激しい運動をすると、逆効果ですので注意したいものです。

血管新生

肌の毛細血管を増やす最も効果的な方法は、有酸素運動です。

血液循環がアップするだけでなく、筋肉からのマイオカイン分泌が促されます。

マイオカインのうち、IGF‐1(インスリン様成長因子‐1)、FGF‐2(線維芽細胞増殖因子‐2)が血管新生と関係します。

最近では、ヒト骨髄幹細胞エキス「サイトプロ」、臍帯血幹細胞培養上清液(臍帯血再生因子 HSCM100)を肌の真皮層へ導入することで、血管新生を促して、肌の若返りを期待する施術が美容皮膚科・美容外科クリニックで行われています。

注射.jpg

毎日、有酸素運動を続けることで、血管新生を促して、肌の若返りが期待できます。

1日40分以上のウォーキング、インターバルトレーニングの習慣を身に付けたいものです。

美女.jpg


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

NouriCel-MD 成長因子配合ドクターズコスメ(クリーム)

私たちは3次元の世界で生活していると思いがちです。

時間座標があり、4次元空間で生活しています。

ヒトは時間とともに、老化現象があります。

20代の美しさを維持したいものです

美女.jpg

さて、今回のブログでは、成長因子(グロスファクター)配合の米国ドクターズコスメを紹介します。

成長因子の中でも、FGF、IGF、VEGFは、肌の若返りが期待できます。

基底膜下の毛細血管を強化することで、肌を健やかに保ちます。

成長因子配合の米国ドクターズコスメブランドには、スキンメディカ、ライフライン、サイトプロがあります。

米国皮膚科での使用経験から、スキンメディカの安全性は確立しています。

今回のブログでは、NouriCel-MD(ヒト成長因子)を豊富に含むヒト線維芽細胞順化培養液(Human Fibroblast Conditioned Media)配合スキンメディカ TNSリカバリーコンプレックスを紹介します

成長因子
せいちょういんし

注射.jpg

ヒト由来の成長因子を、ヒト成長因子(人間成長因子)と呼んでいます。

遺伝子組換えヒト成長因子も製造されています。

皮膚の火傷、潰瘍の治療薬トラフェルミン(商品名:フィブラストスプレー)は、遺伝子組換えヒト線維芽細胞成長因子(FGF)を含む医薬品です。

細胞の分化、増殖を促す生理活性物質を成長因子(Growth factor,グロスファクター)と呼んでいます。

肌の場合、若返りが期待できるので、一般向けに「若返りホルモン」と呼ぶ場合があります。

肌の若返りと関係する成長因子には、上皮成長因子(EGF:Epidermal growth factor)、線維芽細胞増殖因子(FGF: Fibroblast growth factor)、インスリン様成長因子(IGF: Insulin-like growth factor)、血管内皮細胞増殖因子(VEGF :Vesicular endothelial growth factor)などがあります。

FGF、IGF、VEGFにより、毛細血管の増殖、血管新生が期待できます。皮膚への栄養・酸素の供給を増やして、肌の若返りが期待できます。

皮膚の構造

皮膚は、表皮、基底膜、真皮層、皮下組織から構成されています。

表皮
ひょうひ

水.jpg

表皮は、肌のバリア機構、肌の透明感と関係します。

健康的な肌は、肌のキメが細かく、皮溝が深く皮丘が規則正しく配列しています。

また表皮細胞の水分量が多い肌です。

可視光線を皮膚内に取り込んで、輝く肌になります。発光肌と呼んでいて20代前半の美しい肌です。

ファンデーションではつくれない美しい肌です。

基底膜
きていまく

基底膜には毛細血管がつながっていて、基底細胞経由で表皮に栄養、酸素を与えています。

加齢とともに、毛細血管の量が減少します。

毛細血管の量が減少すると、健康的な表皮をつくることができません。

毛細血管の増加、強化が大切です。

ヒト成長ホルモン(hGF)、成長因子、エストロゲンホルモンを増加させることで、毛細血管の増加・強化が期待できます。

1日40分以上の有酸素運動が有効です。

また、筋力トレーニングも有効です。運動することで、筋肉からのマイオカイン分泌を促がします。サイトカイン、成長因子などの生理活性物質の増加が期待できます。

また、女性の場合、DHEA経路でエストロゲンの増加も期待できます。

ウォーキング.jpg

真皮層
しんぴそう

真皮層は、コラーゲン線維、エラスチン線維、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどの細胞外マトリックスで構成されています。

細胞外マトリックスを製造している細胞は、線維芽細胞です。

細胞.jpg

肌のハリ・弾力をつくっている重要な働きをしているのが、コラーゲン線維とエラスチン線維です。

真皮層の約70%を占める成分はコラーゲン線維ですが、約5%のエラスチン線維も重要な働きをしています。

コラーゲン線維、エラスチン線維は、紫外線A波(UVA)などの太陽光、活性酸素種、肌荒れ(炎症)時に生成される好中球エラスターゼにより分解されやすいです。

1年を通して日焼け止めを利用して、肌荒れを予防したいものです。

肌が乾燥すると、バリア機能が低下して、肌荒れの原因になります。ヒト型セラミドを高濃度配合する美容液で強力保湿を心がけたいものです。

成長因子配合のドクターズコスメ

白衣.jpg

米国皮膚科では、シワ予防に有効なドクターズコスメとしてスキンメディカ TNSリカバリーコンプレックスを推奨しています。

ヒト線維芽細胞順化培養液を高濃度で配合した美容液です。

ヒト線維芽細胞順化培養液とは、ヒト線維芽細胞を培養して培地を除去したエキス成分です。成長因子を高濃度で含みます。

米国皮膚科では、目尻のシワ治療に処方するドクターズコスメです。

スキンメディカ TNSリカバリーコンプレックス
SKIN MEDICA TNS Recovery Complex

全成分表示

Human Fibroblast Conditioned Media, Ethoxydiglycol, Isoceteth-20, Triethanolamine, Carbomer, Phenoxyethanol, Methylparaben, Propylparaben, Butylparaben, Ethylparaben, Isobutylparaben, Fragrance.

Human Fibroblast Conditioned Media
ヒト線維芽細胞順化培養液

別名は、NouriCel-MDです。人間成長因子(ヒト成長因子)と呼ぶ場合もあります。

主成分が、Human Fibroblast Conditioned Media(ヒト線維芽細胞順化培養液)であることが特色です。

高価なドクターズコスメであり、目元の若返りにピンポイントで利用されます。

上瞼のたるみ、目尻のシワ、目袋、目の下のシワにアプローチします。

スキンメディカ TNSリカバリーコンプレックス
使用方法(使い方)


1.洗顔

2.化粧水

3.目元にスキンメディカ TNSリカバリーコンプレックスを塗る

4.保湿美容液

5.日焼け止め

6.メイク



1.クレンジング

2.洗顔

3.化粧水

4.目元にスキンメディカ TNSリカバリーコンプレックスを塗る

5.保湿美容液

−ポイント−

・肌老化要因の約80%は光老化と考えられています。日焼け止めは1年を通して利用したいものです。

・保湿美容液は、ヒト型セラミド配合の製品がお薦めです。

スキンメディカ TNSリカバリーコンプレックス
SKIN MEDICA TNS Recovery Complex

価格 16,810円(税込)
送料無料



マルホ2e日焼け止め(ノンケミカル)

紫外線吸収剤フリーで、SPF45、PA++++(フォープラス)です。

敏感肌、疾患肌用に設計した国産ドクターズコスメです。皮膚科、隣接した調剤薬局で購入できます。インターネット通販でも購入できます。

楽天・健康エクスプレスで格安購入できます。

【ゆうメール便!送料80円】2eドゥーエ 日焼け止め(ノンケミカル)40g (日やけ止め サンスクリーン 2e ドゥーエ 敏感肌 子供用 紫外線対策 グッズ UVカット)

価格:2,046円
(2016/12/30 23:25時点)
感想(288件)




ディセンシア アヤナス

ポーラ・オルビスホールディンクスの敏感肌用エイジングコスメです。

ヒト型セラミドをナノ化して配合しています。高保湿ケアが期待できます。



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

抗老化ポリアミンを多量に含むある種のチーズ

今日はクリスマスです。

多くの会社は、今週12月29日(木)から冬の休暇に入ります。

お正月が楽しみです。

女性10.jpg

さて、今回のブログでは、ポリアミンをテーマにします。

美女.jpg

ポリアミンは糸引き納豆、味噌、ヨーグルト、チーズなど発酵食品に含まれる成分です。

腸内の炎症を抑制することで、アンチエイジング(抗老化)が期待できます。

マウスを実験動物とした研究において、ポリアミンを経口投与することで、寿命の伸長が確認されています。

糸引き納豆がポリアミンの供給源として有効ですが、苦手な人は、味噌、ヨーグルト、チーズなど発酵食品からバランスよく摂取します。

ある種のチーズに大量にポリアミンを含んでいるとされますが、発酵期間の長いチーズに多く含まれています。

発酵期間の長いチーズには、ウォッシュタイプ、白カビタイプ、青カビタイプ、ハードタイプのチーズがあります。

ウォッシュタイプは枯草菌のリネンス菌を植え付けたチーズです。

製造工程でリネンス菌由来の粘り成分を水(またはアルコール)で洗い流すため、ウォッシュタイプと呼ばれています。リネンス菌由来の発酵臭がするチーズです。

白カビタイプ、ハードタイプが食べやすいチーズです。

ポリアミン

アミノ酸のアルギニンオルニチンから合成される成分です。

タンパク質はアミノ酸から構成されています。

食肉、卵、乳製品、大豆、ナッツなどタンパク質を含む食品からアルギニンを摂取することができます。

オルニチンは「しじみ」に含まれるアミノ酸になります。食品からの摂取が難しいアミノ酸です。

ただし、最近では、オルニチンを配合した味噌汁が販売されています。

アルギニン・オルニチンは成長ホルモン(hGH)を増やすリリーザーとして知られていますが、抗炎症作用としての働きが期待されるポリアミンの材料になるアミノ酸です。

京都大学と協同乳業株式会社の共同研究で、マウスへのポリアミン(スペルミン)投与により、寿命伸長効果が確認されています。

大腸内でポリアミンを産生するビフィズス菌LKM512の投与でも、寿命伸長効果が確認されています。

ビフィズス菌LKM512とアルギニンを摂取すると、より効果的に寿命伸長効果が見られました。

ちなみに、管理人のKotohaの場合、メイトーのLKM512と米国NOW社のアルギニン&シトルリンを摂取しています。

NOW社アルギニン&シトルリンは、信頼できる個人輸入代行会社のサプリンクスを利用しています。

【人気商品SALE特価】Lアルギニン 500mg & Lシトルリン 250mg 120粒[サプリメント/健康サプリ/サプリ/アミノ酸/シトルリン/now/ナウ/栄養補助/栄養補助食品/アメリカ/国外/カプセル/サプリンクス/通販/楽天]

価格:1,760円
(2016/12/25 08:46時点)
感想(15件)




腸内フローラ

女性5.jpg

小腸、大腸には、腸内細菌が生息しています。

腸内には、お花畑のように腸内細菌が住んでいるので、腸内フローラ、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と呼んでいます。

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)に分類されています。

代表的な善玉菌は、乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌です。悪玉菌の増殖を抑制します。

代表的な悪玉菌は、ウェルシュ菌、セレウス菌です。生体内毒素型の細菌であり、腸管内で毒素を産生します。

毒素は腸管粘膜を刺激して炎症の原因になるだけでなく、血行性で運ばれて体全体の慢性炎症と関係します。

また、免疫細胞に作用するため、免疫異常の要因になります。免疫低下、免疫の異常な亢進の要因になります。

免疫の異常な亢進は、リウマチ、膠原病などの自己免疫疾患と関係しています。

制御性T細胞TregTレグ)の分化には、腸内フローラから分泌される酪酸が有効とされます。

酪酸を分泌する善玉菌は酪酸菌です。

これら善玉菌の摂取によって免疫の正常化が期待できます。

なお、日和見菌は、善玉と悪玉にも分類されない細菌です。

現在、糞便移植療法が医療で応用されています。今後、日和見菌研究が重要と考えられています。

日本では、難治性の潰瘍性大腸炎の治療に腸内細菌叢移植(FMT:Fecal Microbiota Transplantation)が行われています。別名は糞便移植療法です。

海外では「うつ病」など海馬の炎症性疾患治療に応用されています。

ポリアミン 寿命伸長メカニズム
慢性炎症の抑制

ポリアミンは、腸粘膜細胞の分化を誘導します。健康的な腸粘膜をつくります。

腸粘膜のバリア機能を高めることで、炎症を抑制し、また、炎症物質・炎症性サイトカインの体内への流出を防ぎます。

腸管だけでなく、脳、体全身の炎症を抑制します。

炎症を起こすと、炎症性サイトカインによる負のスパイラルに陥りやすいです。慢性に経過します。

寿命と慢性炎症

慢性炎症は、ガン、動脈硬化などの要因になります。ガン、心疾患、脳血管疾患など生活習慣病の要因になります。

また、美容面においても、慢性炎症は関係しています。肌老化の要因です。

寿命と慢性炎症は密接な関係です。慢性炎症を抑制することで、寿命の伸長、抗老化が期待できます。

ポリアミンを多量に含むある種のチーズ

ある種のチーズに大量にポリアミンを含んでいるとされますが、発酵期間の長いチーズに多く含まれています。

ウォッシュタイプは枯草菌のリネンス菌が産生する臭気で食べにくいチーズです。

6〜10ヵ月熟成したハードタイプチーズがお薦めです。数年熟成したチーズもあります。

米国漫画「トムとジェリー」で有名なエメンタールチーズ、アルプスの少女ハイジで有名なラクレット、その他、スブリンツ、パルメジャーノ・レッジャーノ、チェダーなどのチーズがあります。

フレンチパラドックスは、赤ワインよりも、デザートとして食べるチーズによる効果とも考えられています。

なお、フランスなどのヨーロッパではチーズをデザートとして食べる習慣があります。



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

若返りホルモンFGF21を増加させる方法

本日、12月24日はクリスマスイブです。

今年のイブは土曜日であり、夜のディナーが楽しみです。

さて、今回のブログでは、抗老化(アンチエイジング)、若返りをテーマにします。

ヒトには寿命がありますが、近い将来、不老長寿、不老不死が可能になる可能性があります。

DNA.jpg

米国Unity Biotechnology社を代表に、抗老化(アンチエイジング)が研究されています。

現在、寿命伸長効果が確認された医薬品がありますが、齧歯類(げっしるい)のマウス(実験用ハッカネズミ)で確認されているデータです。

ヒトに近い霊長類のアカゲザルで確認されている抗老化効果はカロリーリストリクション(カロリー制限)のみです。

なお、糖尿病治療薬のメトホルミンが寿命を伸長させる薬の候補に挙がっており、米国で臨床試験が行われています。結果が楽しみです。

今回、若返りホルモンと呼ばれるFGF21(線維芽細胞増殖因子21)を紹介します。

マウスにFGF21の注射剤を投与することで、約30%の寿命伸長が確認されています。

FGF21は、運動することで、肝臓からのFGF21分泌が増加することがわかっています。

運動習慣を身につけたいものです。

外観のアンチエイジング

女性の場合、体内だけでなく外観のアンチエイジングも大切と考えています。

顔の場合、シミ、シワ、たるみ、たるみ毛穴、肌のハリなどが老化現象として現れます。

美容皮膚科、美容外科、形成外科などの医学の進歩で、実年齢よりも若く魅せることができるようになりました。

予防として重要なのは、バランスの良い食事、運動、スキンケアです。

バランスの良い食事

五大栄養素には、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、無機質があります。バランス良く摂取します。

最近では、腸内環境の悪化が老化の原因であることがわかってきました。

胃、小腸、大腸など腸管で慢性炎症を起こすと、血行性で炎症性サイトカインが運ばれ全身の慢性炎症の要因になることがわかってきました。

肌荒れ、大人ニキビ、シワの要因になります。

五大栄養素だけでなく、食物繊維、発酵食品の摂取も大切です。腸内環境を整えます。

運動

筋肉から若返りホルモンと呼ばれるマイオカインが分泌されています。

一般向けにはホルモンと呼んでいますが、正しくはサイトカイン、成長因子(グロースファクター)などの生理活性物質です。

特に大腿筋(だいたいきん)からマイオカインが分泌されています。

スキンケア

太陽.jpg

肌老化原因の約80%は、「紫外線による光老化」であることが、一般にも浸透しました。

化粧品ショップ、ドラッグストアでは、数多くの日焼け止め(サンスクリーン剤)が販売されています。

管理人のkotohaの場合、マルホ2e日焼け止め(ノンケミカル)を愛用しています。

皮膚科、または、隣接した調剤薬局で取り扱う、疾患肌・敏感肌用の日焼け止めです。

紫外線吸収剤フリー(不使用)で、紫外線散乱剤で設計されています。SPF45、PA++++です。

保湿ケアについても、正しい知識を持つ女性が増加してきました。

オイルによる保湿が流行しましたが、最近では一般にもセラミド保湿の重要性が知られるようになりました。

なお、オイルの保湿効果は弱いものです。

ヒト型セラミド2、ヒト型セラミド3など保湿効果の高いセラミドを高配合した美容液で保湿したいものです。

POLAの敏感肌ブランドがディセンシアです。

ベーシックな「ディセンシア つつむ」、アンチエイジングの「ディセンシア アヤナス」、美白の「ディセンシア サエル」のラインがあります。

いずれもヒト型セラミドをナノ化して配合しています。高保湿ケアが期待できます。

ディセンシア アヤナスでは、パルマリン、CVアルギネートを配合しています。肌のハリ・弾力アップがめざせます。





若返りホルモンホルモン
FGF21

そばかす.jpg

Fibroblast growth factor 21の略称がFGF21です。

日本語では、線維芽細胞増殖因子21と訳されています。

厳密にはホルモンではなく、成長因子(グロースファクター)です。

FGF1&FGF2

現在、FGFは22種類が発見されています。

皮膚科・美容皮膚科学領域では、FGF1、FGF2が注目されています。

ヒト幹細胞エキスに含まれる成長因子であり、肌のアンチエイジング効果が期待されています。

医療にも応用され、遺伝子組換えにより製造されたトラフェルミン(商品名フィブラストスプレー,科研)が火傷(やけど)、潰瘍の再生治療に利用されています。

米国ドクターズコスメのスキンメディカでは、線維芽細胞順化培養液を配合した美容液を製造販売しています。

製品名は、スキンメディカTNSリカバリーコンプレックスです。

日本ではあまり知られていませんが、米国では人気ドクターズコスメです。

シワの軽減が期待できます。

FGF21

飢餓状態になると肝臓から分泌される成長因子です。

マウスを実験動物とした研究でわかっている知見には、アディポネクチン分泌促進が知られています。

また、FGF21を注射剤として投与することで、マウスの寿命が約30%伸長することがわかっています。

抗老化ホルモン、若返りホルモンと一般では呼ばれる由縁です。

アディポネクチン分泌促進

FGF21は腹部脂肪に作用して、アディポネクチン分泌を促します。

アディポネクチンには、インスリン抵抗性の改善、抗炎症作用、動脈硬化の抑制効果が期待できます。

2型糖尿病、自己免疫疾患、心疾患の予防が期待できます。

有酸素運動

ウォーキング.jpg

運動をすることで、FGF21分泌が促されます。

1日、40分以上の有酸素運動、レジスタンストレーニングが有効と考えられています。

これから、1月下旬まで気温が低下しますが、抗老化を目的として運動を続けたいものです。
posted by Kotoha at 12:02| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

保険適用?血液クレンジング療法の副作用VVRと安全性

もう少しで1月になります。

年賀状を早く書き上げたいものです。

今週の金曜日は天皇誕生日で祝日になります。

12月24日のクリスマスイブは土曜日です。手作りのパーティ料理に挑戦予定です。

女性10.jpg

さて、今回のブログでは、血液クレンジングをテーマにします。

モデル、タレントなどテレビ番組で血液クレンジングを取り上げたので、一般でも知られるようになりました。

血液クレンジングは民間療法に近い療法であり、過大評価しないことが大切です。

血液を100〜200ml採血するので、VVRつまり血管迷走神経反射副作用が現れる場合があります。

VVRは、献血時に現れる副作用であり、気分が悪くなり、血圧が低下します。ごくまれですが、痙攣・失神する場合もあります。

ドイツでは血液クレンジングは保険適用です。

もちろん、日本では保険適用ではありません。自由診療になります。

今回のブログでは、血液クレンジングの方法、作用機序、副作用(安全性と危険性)などを紹介します。

血液クレンジング
けつえきくれんじんぐ

点滴.jpg

別名はオゾン療法です。

日本酸化療法医学会に所属する医師によって行われる施術です。

おもに美容皮膚科のメニューになっています。

ドイツと血液クレンジング療法(オゾン療法)

女性8.jpg

日本はプラセンタ療法、ドイツは血液クレンジングが古くからある治療法です。

そのため、現在でも、保険適用(保険適応)の治療法として許可されています。

いずれも万能な治療効果があるとされますが、抗老化(アンチエイジング)を目的として治療を受ける方が多いです。

なお、フランスではフィロルガBRMがセレブに人気の抗老化治療になります。

血液
けつえき

血液は、白血球・血小板・赤血球の有形成分と血漿と呼ぶ液体成分から構成されています。

白血球は免疫、血小板は止血、赤血球は酸素を運ぶ役割があります。

血液クレンジング
方法

閉鎖式のキットを用いて採血します。ウイルス、細菌などの病原体の侵入はなく、安全に血液を採取することができます。

血液にオゾンを混ぜ合わせることで、血液が酸化します。

オゾン(O3)には、酸化作用があるからです。

静脈血は赤黒い色をしていますが、オゾンを混ぜることで明るくなります。オゾンによる酸化作用で赤血球が明るくなります。

体に酸化した血液を戻すことで治療は終わります。

安全性と危険性
副作用
ふくさよう

採血、献血時に現れるVVR(血管迷走神経反射)が、副作用として現れる場合があります。

採血時に自律神経のアンバランスが要因です

気分が悪くなり、めまいなどの症状が現れます。

また、血圧が低下して、けいれん・失神する場合もあります。

オゾンによる酸化した血液が原因ではありませんが、血液クレンジング療法の副作用として挙げられます。

また、甲状腺機能亢進症、G6PD欠損症では、禁忌の治療になります。

血液クレンジング療法を受ける前には、G6PD欠損症の検査が必要です。

メカニズム・作用機序

ヒトには、体内で発生した活性酸素種、過酸化脂質代謝物などのフリーラジカルを消去する機能があります。

消去機能の中心的な役割をしているのがスーパーオキシドディスムターゼ (Superoxide dismutase, SOD)です。

血液クレンジング療法では、酸化した血液を体内に戻すことで、フリーラジカルを消去する機能を高める作用が期待されています。

療法後、SOD増加のデータがあります。

Kotohaのアンチエイジング

そばかす.jpg

私の場合、ニコチンアミドリボシドをサプリメントとして飲んでいます。

若返り薬としてニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)が話題になりましたが、ニコチンアミドリボシドも若返り効果が期待できます。

米国ではサプリメントに構造機能表示ができます。

NAD セルリジェネレーター(ニコチンアミドリボシド)の構造機能表示は、細胞老化に対する先進的生体防御(Advanced Defense Against Cellular Aging)です。

NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)のサプリは高価でセレブ向きですが、NR(ニコチンアミド・リボシド)の場合、庶民でも続けて摂取できます。

NAD セルリジェネレーター(ニコチンアミドリボシド) 100mg 30粒

価格:2,860円
(2016/12/11 15:19時点)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

オートファジー誘導・活性化のアピゲニン(apigenin)

私たちは、4次元空間で暮らしています。

立体の3次元と時間軸の1次元です。

時間の経過とともに、ヒトは老化します。

女性にとって、若々しく美しい状態を維持したいものです。

そばかす.jpg

さて、今回のブログでは、細胞老化を抑制する機構オートファジーをテーマにします。

オートファジーは、細胞内の不要なタンパク質、脂質、細胞小器官を分解する機構です。

異常タンパク質の蓄積は、細胞老化と関係しています。

オートファジーを誘導、活性化することで、細胞の若返りが期待できます。

栄養飢餓の状態になるとオートファジーを誘導・活性化することが知られています。プチ断食はある一定の効果があるかも知れません。

オートファジーを誘導するフラボノイド(ポリフェノール類)にはケルセチン(quercetin)、フェルラ酸(ferulic acid)、アピゲニン(apigenin)などがあります。

野菜、果物、精製していない穀物を摂取して、栄養バランスのよい食事をとりたいものです。

細胞老化
さいぼうろうか

DNA.jpg

私たちヒトは、細胞から構成されています。

細胞には寿命があり、限られた回数しか分裂することができません。これをヘイフリックの限界と呼んでいます。

細胞老化を長くすることで、個体の老化(寿命)の伸長が期待できます。

なお、細胞分裂時に、遺伝子の異常(DNA損傷)を起こす場合があります。

異常がある場合には細胞周期進行を停止または減速して遺伝子を再生する機構があります。

この機構を細胞周期チェックポイント(さいぼうしゅうきチェックポイント)と呼んでいます。

再生できない場合は、アポトーシス(細胞死)します。

遺伝子を再生しますが、細胞としての機能を持たない場合もあり、中途半端な細胞として生残する場合もあります。この細胞を隠居細胞(いんきょさいぼう)と呼ぶ場合があります。

免疫系細胞の隠居細胞化は、免疫低下、自己免疫疾患などの炎症性疾患と関係すると考えられています。

DNA損傷

DNA損傷の最も影響力のある要因は喫煙です。

タバコを吸うと、大量のフリーラジカルが産生され、遺伝子異常の原因になります。

喫煙習慣のある人はなるべく早く禁煙したいものです。

実際、喫煙者は平均寿命が約7年短くなります。

喫煙習慣がなくても、副流煙による受動喫煙には注意したいものです。

肌の場合、最も影響力のある要因は紫外線です。肌老化の要因になります。

太陽.jpg

オートファジー

今年(2016年)のノーベル生理学・医学賞を受賞したのは、東京工業大学の大隅良典栄誉教授です。

オートファジーの仕組みを解明しました。

現在、医薬品としてのオートファジー誘導剤の研究が行われています。

オートファジー研究として、ラパマイシン、Tat-Beclin-1ペプチドなどが利用されています。

オートファジーとは、細胞内の不要なタンパク質、脂質、細胞小器官を分解する機構です。

不要=老化であり、老化したタンパク質・脂質・細胞小器官を分解します。

細胞成分の約2/3は水分ですが、細胞の約15%を占める成分がタンパク質になります。

老化タンパク質の蓄積は、細胞老化と深く関係しています。

オートファジーの誘導・活性化により細胞の若返りが期待できます。

オートファジーの誘導・活性化 ポリフェノール

栄養バランスのよい食事を心がけたいものです。

最近、話題になっているのが、ギリシャの伝統的な食事、つまり、地中海ダイエットです。

地中海食は、野菜、果物、豆類、ナッツ、精製していない穀類を摂取する栄養バランスのよい食事です。

また、ギリシャコーヒーと呼ぶ浅煎り(ライトトースト) のコーヒー豆をイブリックで沸かして飲むのが特徴です。

浅煎りコーヒー豆には、豊富にクロロゲン酸を含みます。

クロロゲン酸は体内でカフェ酸とフェルラ酸に変化します。

フェルラ酸は、オートファジー誘導が期待されているポリフェノールです。

地中海食は、心筋梗塞、脳卒中の予防効果があることが医学的にわかっています。健康寿命の伸長が期待できます。

フラボノイド
アピゲニン
Apigenin

一般には、あまり知られていないフラボノイドです。

黄色の色素であり、アピゲニンを多く含む食品には、パセリ、セロリ、カモミール、香菜(シャンツァイ、パクチー)などのハーブ、グレープフルーツなどの果物があります

抗酸化作用が高く、活性酸素を捕捉します。

最近、話題になっているのが、アピゲニン(Apigenin)のオートファジーの誘導・活性化です。

また、ダイエット効果、精神を安定化する作用、脳神経細胞の保護作用などが研究されています。

今年(2016年)は、女性の間で、パクチーがブームになりました。アピゲニンによる精神安定が関係するかも知れません。

アピゲニンは、カモミールティーとして気軽に摂取することができます。

カモミールティーは、鎮静作用、リラックス効果がよく知られています。

アマゾン

日東紅茶 アロマハウス リラックス カモミール 10袋入り × 6個

新品価格
¥1,558から
(2016/12/3 13:15時点)




楽天市場

ガーデンオブアンデス ハーブティー カモミール 20袋【楽天24】【あす楽対応】[ガーデン・オブ・アンデス カモミールティー お茶]

価格:610円
(2016/12/3 13:17時点)
感想(30件)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

レチノール配合ボディクリーム「ゼオスキンVSマリコール」通販

明日から12月ですね。

本格的に、冬の気候に入ります。

湿度が低下して、顔、体が乾燥しやすくなります。

顔だけでなく、体もしっかり保湿ケアを行いたいものです。

画像7.jpg

肌荒れを起すと、炎症性サイトカインが血行性で運ばれます。全身の炎症の原因になります。

さて、今回のブログでは、レチノール配合ボディクリームを紹介します。

シャンプー.jpg

レチノールは抗老化(エイジング)ケアの切り札的な成分です。

高濃度(0.3〜1%)のレチノールは、シワ、たるみ、たるみ毛穴にアプローチします。

コスメに低濃度でレチノール配合すると、肌の修復・再生が期待できます。

レチノール配合のボティクリームには、オバジ ゼオスキンヘルス ボディエマルジョン(Obagi ZO Skin Health Body emulsion)、マリコール ヌーヴェルジュネスコールリーシュ(MARY COHR Nouvelle jeunesse Corps Riche)などがあります。

ゼオのホディクリームはオバジゼオスキン取り扱いの美容皮膚科で購入できます。マリコールのボディクリームは大手百貨店、またインターネット通販で購入できます。

エイジングケア用のボディクリーム

肌のハリ・弾力のアップを期待できる美容成分として、レチノール、ナイアシン(ナイアシンアミド)、コッパーペプチドを配合したボディクリームが販売されています。

ナイアシンを配合したボディクリームはクレインベッカー(ストリベクチン)が、日本でも有名です。

コッパーペプチドを配合したボディクリームはオズモティックスがあります。

ナイアシン
クレインベッカー(ストリベクチン)では、浸透性の高いナイアシン誘導体のニコチン酸ミリスチルとして配合しています。

レチノールとビタミンA

ビタミンAは、脂溶性のビタミンです。

肌を修復・再生するビタミンとして知られています。

ビタミンAは、ビタミンA酸(トレチノイン)、ビタミンAアルデヒド(レチナール)、ビタミンAアルコール(レチノール)に分類できます。

日本では、トレチノインについては、医師処方のドクターズコスメとして利用されています。

また、米国でもトレチノインはドクターズコスメの成分として取扱われ、トレチノイン配合コスメを購入する場合は医師の処方箋が必要になります。

日本では、一般化粧品に配合できる美容成分として、レチナールとレチノールが許可されています。

レチノールは化学的に不安定であるため、純粋レチノールとしてコスメへ配合することが難しい美容成分です。

通常、安定した誘導体としてコスメへ配合します。

パルミチン酸レチノール、酢酸レチノール、リノール酸レチノール、水添レチノールなど安定型ビタミンA誘導体としてコスメへ配合します。

ちなみに、資生堂は純粋レチノールを安定配合する技術があります。レチノールをカプセル化して安定配合しています。

レチノールと線維芽細胞

細胞.jpg

レチノールは、脂溶性成分であり、肌奥へ浸透する美容成分です。

線維芽細胞を活性化する作用があります。

線維芽細胞は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を製造する細胞です。

レチノール配合のコスメを利用することで、肌のハリ・弾力のアップが期待できます。

ちりめんじわ、小じわ、しわの補正にレチノール配合クリームが利用されています。

米国皮膚科では、ビタミンA活性の高いトレチノインが、しわ治療に処方されています。

日本の美容皮膚科ではCDトレチノイン(常盤薬品工業NOV)を原料としたクリーム、エッセンスを院内調合しています。

オバジ ゼオスキンヘルス ボディエマルジョン

白衣.jpg

米国オバジメディカルの製品です。

日本では、オバジ ゼオスキンヘルス(Obagi ZO Skin Health)というブランドで**美容皮膚科で販売しています。

パルミチン酸レチノールとして配合しています。

**美容皮膚科
取り扱いの美容皮膚科で購入できます。医師の指導・観察のもと使用できるメリットがあります。

なお、オバジ美肌美白プログラムでは、美容皮膚科医の指導・観察が必要になります。

マリコール ヌーヴェルジュネスコールリーシュ
MARY COHR Nouvelle jeunesse Corps Riche

女性8.jpg

フランスのブランド「マリコール」の製品です。

日本で根強い人気があるブランドです。

都市部の大手百貨店で取扱っています。インターネット通販で購入できます。

全成分表示

水、グリセリン、ポリデセン、ベヘネス−25、ジメチコン、マカデミアナッツ油、モスカータバラ種子油、シア脂、水添マイクロクリスタリンワックス、セタノール、 PPG−15ステアリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、カプリリルグリコール、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG−75、 (アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30))クロスポリマー、TEA、セテス−20、ヘキシルデカノール、ステアレス−20、ベタイン、アラリアエスクレンタエキス、 BHT、EDTA−3NA、塩化NA、ペクチン、グルコース、リンゴ果実エキス、(アクリル酸グリセリル/アクリル酸)コポリマー、エチルヘキシルグリセリン、 カプリロイルグリシン、ヒアルロン酸Na、塩化K、塩化CA、トコフェロール、リン酸NA、グルタミン酸、硫酸MG、グルタミン、リシンHCL、アルギニン、 ロイシン、アラニン、グリシン、硝酸K、酢酸NA、硫酸NA、バリン、プロリン、チロシン、アスパラギン酸、メチオニン、トレオニン、アデニン、フェニルアラニン、 セリン、ヒスチジン、イソロイシン、ヒドロキシプロリン、トリプトファン、システイン、アデノシン三リン酸、DNA、RNA、アデノシンリン酸、コレステロール、 酢酸レチノール、アデノシン、アスコルビン酸、ビオチン、パントテン酸CA、シトシン、リノール酸エチル、リノレン酸エチル、葉酸、グルタチオン、グアニン、イノシトール、 メナジオン、ナイアシン、ナイアシンアミド、ピリドキシンHCL、リボフラビン、リボース、チアミンHCL、チミジン、チミン、ウラシル、キサンチン.

保湿成分は、グリセリンを主成分に、アラリアエスクレンタエキス、ヒアルロン酸Na、20種のアミノ酸(グルタミン酸、グルタミン、アルギニン、 ロイシン、アラニン、グリシン、バリン、プロリン、チロシン、アスパラギン酸、メチオニン、トレオニン、アデニン、フェニルアラニン、 セリン、ヒスチジン、イソロイシン、ヒドロキシプロリン、トリプトファン、システイン、グアニン)を配合しています。

アラリアエスクレンタエキスは褐藻エキスのひとつで豊富に多糖類を含みます。肌表面にバリア膜をつくり、肌の水分蒸発から守ります。

アミノ酸は、天然保湿因子(NMF)としての役割があります。

ビタミンが豊富に配合されているのも特色です。トコフェロール(ビタミンE)、酢酸レチノール、アスコルビン酸(ビタミンC)、ビオチン、パントテン酸CA、葉酸、メナジオン(ビタミンK)、ナイアシン、ナイアシンアミド、ピリドキシンHCL、リボフラビンなどが配合されています。

酢酸レチノール、ナイアシン、ナイアシンアミドは、肌のハリ・弾力アップが期待できる美容成分です。また、肌の修復・再生も期待できます。

その他、肌に潤い(角質層の水分量の増加)を与えるリンゴ果実エキス、細胞へエネルギーを与えるアデノシン三リン酸など魅力的な美容成分で設計されています。

マリコール ヌーヴェルジュネスコールリーシュは、セレブ向けのボディクリームです。

マリコール ヌーヴェルジュネスコールリーシュ

容量200グラム

アイビューティーストアー本店
価格 11,829円(税込)
送料無料

詳しくはコチラ


アマゾン

マリコール ヌーヴェルジュネスコールリーシュ 200ml

新品価格
¥11,829から
(2016/11/29 22:47時点)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする