2017年05月05日

バセドウ病の眼球突出の治療薬「テプロツムマブ」

楽しかったゴールデンウィークはあと少しで終わりですね。

今年は天気がよく、レジャーに最適でした。

北海道では、夏の気温でした。

海だけ.jpg

さて、今回のブログでは、女性に多いバセドウ病をテーマにします。

医療の進歩で、治療、管理することで普通の生活を送ることができます。

なお、症状として、眼球突出が女性にとって気になります。

バセドウ病の眼球突出の治療薬テプロツムマブの臨床試験(第2相)の試験が終了しました。

テプロツムマブは、早く登場して欲しい新薬です。

白衣.jpg

バセドウ病

甲状腺機能亢進症のひとつです。

バセドウ病の研究を行ったドイツ医師バセドウにちなんで、バセドウ氏病と呼ばれた病気です。

現在、一般的にバセドウ病と呼んでいます。

疫学

男:女=1:4で女性の多い病気です。

好発年齢20〜30代です。

原因

発症メカニズムについては、はっきりとしていますが、原因はわかっていません。

遺伝的素因はあることがわかっています。

何らかの原因で免疫細胞が自己抗体をつくります。

要因

危険因子として、喫煙、副流煙の吸入が関係しています。

発症メカニズム

甲状腺は「のどぼとけ」の下にある臓器で、甲状腺ホルモンを分泌しています。

甲状腺ホルモンは、新陳代謝と関係するホルモンです。

バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌する自己免疫疾患です。

放置すると、新陳代謝の異常な促進で、さまざまな症状が現れます。

新陳代謝が促進することで、体重減少、心拍数の増加、汗をかきやすいなどです。

<自己免疫疾患>

ヒトには免疫があり、体内部に異物(病原体など)が侵入すると、マクロファージ、リンパ球などの免疫細胞(白血球)が処理します。

細胞.jpg

マクロファージは直接、異物を貪食(どんしょく)、リンパ球は抗体で異物を攻撃します。

正常な免疫機能では、自己と非自己(病原体など)を認識することができます。

バセドウ病は自己免疫疾患であり、免疫細胞は甲状腺を異物とみなします。

リンパ球がつくる抗体が、甲状腺刺激ホルモンとしての役割を持つため、過剰に甲状腺ホルモンが分泌されるようになります。

なお、バセドウ病は、血液中の甲状腺ホルモン量が過剰に増加した状態です。

甲状腺ホルモン量をコントロールすることで寛解します。

症状

のどの腫れ

ときに眼球突出

新陳代謝の促進によって、さまざまな症状が現れます。

食欲の増加

体重の減少

微熱(体温の上昇)

頻脈(脈拍の上昇)

動悸

疲労感

不整脈

イライラする

あせる

職場の健康診断で、心電図、血圧測定時に発見されるケースがあります。優秀な看護師、臨床検査技師であれば異常に気がつきます。

また、健康診断の医師診察時、理学的所見で「のどの腫れ」に気がつきます。

治療

薬物療法

薬.jpg

処方例)
第一選択薬
抗甲状腺ホルモン剤
製剤名 チアマゾール
商品名 メルカゾール(あすか)
ジェネリック医薬品はありません。

アイソトープ治療

外科的手術

手術.jpg

薬物療法からはじめることが多いです。どの治療方法がよいか医師とよく相談します。

眼球突出の治療薬

テプロツムマブ
Teprotumumab
コードネーム:RG−1507

テプロツムマブは、生物学的製剤でIGF−1R(インスリン様増殖因子-1受容体)に反応するヒトモノクローナル抗体です。

もともとは、ロシュ社が開発したガン治療の生物学的製剤でした。

現在、Vision Development Corporationが、バセドウ病の眼球突出治療薬(眼軟膏)としてテプロツムマブの研究が行われています。

臨床試験(第2相)では、69%に有効性が認められました。

なお、現在、眼球突出の治療はステロイド療法が行われています。

ステロイドの副作用に抵抗感を感じますが、副作用で特に問題になるのは骨粗鬆症です。フォサマック(MSD)、ボナロン(帝人)などのアレンドロン酸が有効です。






posted by Kotoha at 20:39| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬PEG化FGF21(BMS-986036)

過剰な飲酒、運動不足、肥満(腹部肥満)などを背景に脂肪肝は増加の傾向です。

会社で実施される検診でも、肝機能の指標値であるAST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPが異常値であることはめずらしくありません。

なお、飲酒が原因ではない非アルコール性脂肪肝(NAFLD)の方がみえます。

内臓脂肪が沈着した肥満者に見られる脂肪肝です。

白衣.jpg

なお、非アルコール性脂肪肝の約20%に、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)がみられます。

NASHの場合、肝硬変、肝臓癌へ進展するため、積極的な生活習慣の改善、治療が必要です。

今回のブログでは、米国ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(BMS社)の非アルコール性脂肪肝炎治療薬PEG化FGF21をテーマにします。

PEG化FGF21(コードネーム:BMS-986036)の第2相臨床試験(治験)が終わり、非アルコール性脂肪肝炎の有効性が確認されました。

肝細胞への脂肪沈着、肝細胞傷害、線維化の改善が確認されました。

肝臓
かんぞう

肝臓は重要な臓器のひとつで、化学工場としての役割があります。

合成、分解など重要な働きをしています。

肝癌

細胞.jpg

原因

原発性肝癌の約90%は肝細胞癌です。

ウイルス感染から、肝細胞癌を発症することが多いです。B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスなどです。

特にC型肝炎ウイルスの場合、慢性化しやすく、活動性があります。

C型肝炎から、肝硬変、肝癌へ進展する場合があります。

かつてはインターフェロンによるC型肝炎の治療が行なわれていました。

現在は、新薬による治療が行なわれています。

最近(2017年)に登場した新薬は、ジメンシー配合錠です。

セログループ 1(ジェノタイプ 1)の C 型慢性肝炎又は C 型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善に処方されます。

一般名 ダクラタスビル塩酸塩/アスナプレビル/ベクラブビル塩酸塩
商品名 ジメンシー配合錠(BMS)

なお、最近では、ウイルス感染だけでなく、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)から肝細胞癌を発症するケースが増えています。

肝細胞癌
症状

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれています。

早期の肝細胞癌では、自覚症状はありません。

人間ドックの超音波検査で発見できます。

毎年、人間ドックは受診したいものです。

非アルコール性脂肪肝炎
NASH:ナッシュ

日本では、約100万人の患者がいると推定されています。

原因

肝臓は、エネルギー源として糖質を中性脂肪、グリコゲンとして保存しています。

日本人の場合、歴史的に飢餓との戦いであり、糖質を中性脂肪として保存しやすいと考えられています。

肝細胞に脂肪が過剰に沈着した状態が脂肪肝です。

肥満、運動不足、インスリン抵抗性、肝細胞への鉄(Fe)の沈着、活性酸素による酸化などが要因になり、非アルコール性脂肪肝炎が発症すると考えられています。

肝細胞に沈着した鉄は活性酸素を発生します。NASHを悪化させる影響力のある要因になります。必要に応じて、瀉血による治療を行ないます。

非アルコール性脂肪肝炎
症状

自覚症状はありません。

会社で行われている検診でAST(GOT)、ALT(GPT)が高値であることが指摘されます。

また、超音波検査で脂肪肝が指摘されます。

総合病院で行われる精密検査で、非アルコール性脂肪肝炎と診断されます。

PEG化FGF21
コードネーム:BMS-986036

米国ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(BMS社)が臨床試験中の薬剤です。

現在(2017年)、第2相臨床試験が終了しました。

ヒト線維芽細胞増殖因子21の略称がFGF21です。

ヒト線維芽細胞増殖因子(fibroblast growth factor:FGF)のひとつで、肝臓、脂肪組織、膵臓に作用します。

肝臓に作用することで脂肪肝の改善が期待できます。

脂肪組織に作用することで、アディポネクチン分泌が増加して、腹部肥満の改善が期待できます。

さらに、膵臓に作用することで、インスリン抵抗性の改善が期待できます。

FGF21は、筋肉から分泌されるマイオカインのひとつと考えられています。ウォーキングなどの有酸素運動、筋力トレーニングも有効です。

ウォーキング.jpg

BMS社では、FGF21をPEG化することで吸収率を高めました。

PEG化FGF21は、いずれ、非アルコール性脂肪肝炎の治療薬として上市されると考えられます。

なお、中高年の「ぽっこりお腹」「メタボ」に効果があると思われます。

日本医科大学健診医療センター


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

NF-κBの抑制食品(DIM)とNF-κBデコイオリゴ

今週はゴールデンウィークです。

私の場合、病院勤務のため、5/1(月)、5/2(火)は出勤です。

5/3(水)から5連休をとる予定です。

女性5.jpg

さて、今回のブログでは、NF-κB(エヌ・エフ・カッパ・ビー)を抑制する食品(野菜)を紹介します。

代表的な食品は、アブラナ科野菜です。

ガン予防の「デザイナーフーズ・プログラム」(アメリカ国立がんセンター)でも、キャベツ、人参などのアブラナ科野菜は上位にランクされる食品です。

NF-κB
エヌ・エフ・カッパ・ビー

DNA.jpg

NF-κBは、免疫に関係する転写因子です。

病原体から守る重要な働きをしています。

免疫細胞のマクロファージを活性化します。

ただし、過剰にNF-κBが活性化されると、炎症性疾患、自己免疫疾患を悪化させます。

また、アトピー性皮膚炎、喘息などアレルギー疾患とも関係しています。

NF-κBを強力に抑制する薬剤には、ステロイド剤があり治療に利用されています。

アトピー性皮膚炎では外用薬、喘息発作時にはステロイド吸入が行われています。

全身性エリテマトーデス(SLE)などの膠原病では、内服ステロイド剤のプレドニン(プレドニゾロン)が処方されます。

難病には炎症性疾患、自己免疫疾患が多く、長期間に渡って、維持量5〜10mgプレドニンを飲む必要があります。

プレドニンは有効な薬剤ですが、副作用の問題があります。

NF-κB阻害剤

白衣.jpg

現在、NF-κB阻害剤の開発が行われています。

核酸医薬であるNF-κBデコイオリゴは、NF-κBの転写因子としての働きを抑制します。

アンジェス MG株式会社のアトピー性皮膚炎に対するNF-κB デコイオリゴ DNA 軟膏製剤の国内第3相臨床試験が終わりました。

今後、上市することでアトピー性皮膚炎治療の幅が広がります。

また、2017年には、炎症性疾患である椎間板性腰痛症に対する NF-κB デコイオリゴ DNAの米国臨床試験が承認されました。

今後、炎症性疾患、自己免疫疾患などの難病に対しても、核酸医薬のNF-κB阻害剤が使用される時代が来るものと思われます。

プレドニンなどのステロイド剤、メトトレキサートなどの免疫抑制剤による治療を受けている人は、今後、10年以内に新しい治療法で治療する時代が来るものと思われます。

アブラナ科野菜とジインドリルメタン(DIM)

ケール、キャベツ、芽キュベツ、ニンジン、ダイコン、カブ、ナバナ、ワサビ、ハクサイ、ブロッコリー、カリフラワー、カラシナ、コマツナ、チンゲンサイ、ノザワナなどがあります。

アブラナ科野菜の代表的な成分が、グルコブラシシンです。

グルコブラシシンは、体の中で、インドール-3-カルビノール、ジインドリルメタンへ変化します。

ジインドリルメタンは、過剰なNF-κBを抑制する作用があります。

普段の食事の中で、アブラナ科野菜を摂取したいものです。

ファンケル
青汁

キャベツはデザイナーフーズでも上位にランクされるアブラナ科野菜です。

キャベツの原種がケールです。

国内産ケール100%の製品です。

10日分
通常価格2,046円 → 780円(税込)
送料無料

現在、お試し価格780円で購入できます。

ファンケル 本搾り青汁ベーシック 10日分セット
posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

プレドニンの皮膚菲薄化の改善「1型コラーゲンを増やす方法」

今日からゴールデンウィークですね。

9連休の方もみえます。

レジャー時には、しっかり日焼け止めでUVケアして下さい。

日焼け止めクリーム、ファンデーション、日焼け止めパウダーの3つのアイテムを利用すると効果的です。日焼け止めパウダーは、塗り直しが簡単です。

背伸び.jpg

さて、今回のブログでは、プレドニン(プレドニゾロン)による皮膚の菲薄化(ひはくか)を予防、改善する方法を紹介します。

皮膚は、表皮、基底膜、真皮層、皮下組織で構成されています。

成人の場合、真皮層の約70%を占める成分は1型コラーゲンです。

有酸素運動をすることで、成長ホルモンの分泌が増加し、また、成長因子(グロースファクター)のIGF-1(インスリン様成長因子1)の働きが活発化します。

1型コラーゲンの増加が期待できます。皮膚菲薄化の予防・改善が期待できます。

プレドニン

薬.jpg

内服のステロイド薬です。

製剤名はプレドニゾロンですが、商品名で、プレドニン(塩野義)と呼ぶことが多い薬です。

強い抗炎症作用、過剰な免疫を抑制する作用があり、IgG4関連疾患、悪性関節リウマチ 、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、シェーグレン症候群、成人スチル病 、全身性エリテマトーデス (SLE)、バージャー病、ベーチェット病、心臓サルコイドーシスなどの疾患に使用されます。

疾患により内服量は異なりますが30〜60mgから始めて、4週間ごとに減量し、維持量は5〜10mgです。

疾患によっては、ステロイド・パルス療法(大量療法)、メトトレキサートなどの免疫抑制剤を併用します。

プレドニン内服では副作用の問題がありますが、特に問題になるのは骨粗鬆症とニューモシスチス肺炎の感染です。

骨粗鬆症の予防

維持量の5〜10mgでも、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は進むため。予防薬の内服が必要になります。

ボナロンなどアレンドロン酸ナトリウムで骨粗鬆症を予防します。

処方例)
一般名 アレンドロン酸ナトリウム
商品名 ボナロン(帝人),フォサマック(MSD)

ジェネリック医薬品のアレンドロン酸錠は、ケミファ、富士製薬、シオノ、東和)、日医工、共和。辰巳、陽進堂、沢井、日本ジェネリック、武田テバ、マイラン、リョートーなどから発売されています。

成人の場合、1週間に1回、朝、アレンドロン酸錠35mgを水180mlで飲みます。

骨粗鬆症の予防には骨芽細胞を刺激することも大切です。ウォーキングなどの有酸素運動が有効です。

ウォーキング時の足にかかる負荷が、骨芽細胞を刺激します。

ニューモシスチス肺炎の予防

プレドニン、免疫抑制剤を内服時に注意したいのは、ニューモシスチス肺炎の感染です。

ニューモシスチス・イロベチーという真菌に感染し、肺炎を起こします。

一旦、ニューモシスチス肺炎を発症すると治りにくいです。

ST合剤で予防します。

一般名 ST合剤
商品名 バクタ(塩野義)

ジェネリック医薬品には、ダイフェン(鶴原)、バクトラミン(中外)などがあります。

薬価の低いダイフェン配合錠(鶴原)が処方される場合が多いです。

成人の場合、ダイフェン配合錠を、1日1回1錠内服して、ニューモシスチス肺炎を予防します。

なお、骨髄抑制など血液障害がある場合は、内服を中止します。

ニューモシスチス肺炎の第一選択薬はST合剤ですが、副作用が現れた場合は第2選択薬のアトバコンが処方されます。

一般名 アトバコン
商品名 サムチレール内用懸濁液(GSK)

成人の場合、1日1回、サムチレール内用懸濁液を内服します。

皮膚の菲薄化の予防・改善

皮膚が菲薄化すると、肌が傷つきやすくなり、肌荒れを起こしやすくなります。

また、小ジワ、シワが気になるようになります。

皮膚の菲薄化は、美容面に影響します。

皮膚真皮層の1型コラーゲンの低下が、皮膚の菲薄化の原因です。

1型コラーゲンを保護することが、皮膚の菲薄化の予防になります。

1型コラーゲンは、紫外線A波(UVA)のうちロングUVAによって傷つきます。

長時間、屋外で活動する場合は、遮光傘、日焼け止めが必要です。

PA++++(フォープラス)で、ロングUVAカットの日焼け止めが有効です。

エトヴォス ミネラルUVパウダー

エトヴォス取扱の美容皮膚科で購入できます。

紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル,紫外線吸収剤不使用)でありながら、PA50、PA++++(フォープラス)です。

シリコン、タルク、鉱物油、ナノ粒子、石油系合成界面活性剤、合成着色料、合成香料を不使用で、敏感肌でも利用しやすい日焼け止めパウダーです。

楽天市場

エトヴォス ミネラルUVパウダー 【RCP】楽天 通販 化粧品 @コスメ アットコスメ クチコミ ロコミ ランキング

価格:3,024円
(2017/4/29 11:52時点)




1日40分以上の有酸素運動

運動が可能な人は、ウォーキングなど有酸素運動が有効です。

筋肉からのマイオカイン分泌が促されます。

マイオカインのうち、IL-1RA、IL-10は、炎症を抑制します。

また、有酸素運動することによって、成長ホルモン分泌が促されます。IGF-1の働きが活発化します。

1型コラーゲンの増加が期待できます。

成長ホルモンは睡眠時に分泌が盛んになります。1日7時間睡眠も大切です。

女性の場合、皮膚の菲薄化だけでなく、ムーンフェイス(満月様顔貌)も気になるところですが、維持量の5〜10mgになり、バランスの良い食事と運動によって改善します。

ウォーキング.jpg
posted by Kotoha at 11:59| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

関節リウマチとTNF-αを抑制する食品アガフィトース 通販

春は肌荒れを起こしやすい季節です。

冬の乾燥によって傷んだ肌に、紫外線が刺激します。

炎症の「負のスパイラル」に陥りやすいです。

太陽.jpg

今回のブログでは、TNF-αを抑制する食品としてアガフィトース(アガロオリゴ糖)を紹介します。

寒天(紅藻類)由来のオリゴ糖で、宝ヘルスケア株式会社のアガフィットが製品化しています。

関節リウマチのサプリメントとして期待され、炎症性サイトカインのTNF-αを抑制します。

関節リウマチ

白衣.jpg

膠原病のひとつで、自己炎症性疾患です。

1:4で女性に多い病気です。

20代から発症し、好発年齢は30〜50歳です。

血管炎などの症状がある場合は、悪性関節リウマチと呼び、難病指定されています。

早期治療が大切で、プレドニン(ステロイド)、抗リウマチ薬としてメトトレキサート(リウマトレックス)が処方されます。

必要に応じ生物学的製剤の抗ヒトTNFαモノクロナール製剤による治療が行なわれます。

原因

はっきりした原因はわかっていません。

遺伝的素因が関係し、HLAタイプのDR4型が深く関係していると関係しています。

原因ははっきりしていませんが、何らかの原因で免疫異常を起こし、自己組織である関節を攻撃すると考えられています。

ある種の細菌・ウイルス感染が関係しているとも考えられています。

症状

疲労感、朝の手のこわばりが初期症状です。

手・足の指の関節が痛みます。左右対称の関節の痛みが特徴です。

次第に全身の関節が痛むようになり、関節が変形します。

関節を攻撃するサイトカインは、TNF-αです。

治療

薬.jpg

関節リウマチの第一選択薬は、抗リウマチ薬です。

製剤名 メトトレキサート
一般名 リウマトレックス(ファイザー)

ジェネリック医薬品には、メトトレキサートカプセル「サワイ」(沢井)、メトトレキサートカプセル「トーワ」(東和)、メトトレキサートカプセル「SN」(武田)などがあります。

効果が出るまで1〜2ヶ月かかります。即効性のあるプレドニゾロン(プレドニン)を投与します。

メトトレキサート(MTX)の効果が現れにくい場合は、分子標的薬による治療が行なわれます。

TNF-αを阻害する薬です。

TNF-α
ティーエヌエフアルファ

免疫細胞のマクロファージから分泌されるサイトカインです。

Tumor Necrosis Factorは、略称でTNFと呼んでいます。

日本語では、腫瘍壊死因子と訳されています。

当初、夢の抗ガン剤として期待され研究されました。ただし、副作用の問題で、ガン治療薬としての研究は行われなくなりました。

TNFには、TNF-α、TNF-β、TNF-γの3種類があります。

TNF-αが過剰に分泌されると、細胞、組織が傷害されます。

アトピー性皮膚炎、慢性化した肌荒れと関係しています。

また、関節リウマチなどの膠原病、自己免疫疾患など炎症性疾患とも密接な関係です。

抗ヒトTNFαモノクロナール製剤

TNF-αを阻害する分子標的薬は開発されています。

代表的な薬は、田辺三菱製薬のレミケードです。

製剤名 インフリキシマブ
商品名 レミケード(田辺三菱)

関節リウマチの他、潰瘍性大腸炎、ベーチェット病、川崎病(急性期)、乾癬、ベーチェット病、強直性脊椎炎で処方されます。

その他、エタネルセプト(エンブレル)、アダリムマブ(ヒュミラ)、ゴリムマブ(シンポニー)、セルトリズマブ(シムジア)などの薬があります。

TNF-αを抑制する食品

アガロオリゴ糖

タカラバイオ株式会社が開発したアガフィトース(アガロオリゴ糖)がTNF-αを抑制する食品です。

アガフィトース(タカラバイオ)
https://agribio.takara-bio.co.jp/technology/kanten/kanten07.html

宝ヘルスケア株式会社からサプリメント「アガフィット」が販売されています。

私の場合、私の持病である自己炎症性疾患の補助食品として、アガフィットを摂取しています。

楽天市場

【宝ヘルスケア】【送料無料】アガフィット<60粒入り(1日目安:2粒)>×3袋セット[ アガフィット アガフィトース アガロオリゴ糖 ]

価格:6,996円
(2017/4/23 14:38時点)




アマゾン

宝ヘルスケア アガフィット<60粒入り(1日目安:2粒)>

新品価格
¥2,592から
(2017/4/23 14:40時点)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

RNA干渉薬インクリシラン(inclisiran)の脂質異常症治療

来週は、ゴールデンウィークですね。

リフレッシュしたいものです。

背伸び.jpg

さて、今回のブログでは、脂質異常症をテーマにします。

脂質異常症、脂肪肝は、中高年の男女に多い所見です。

通常、食事療法、運動療法が行われますが、コントロールできない場合はスタチン系の医薬品が処方されます。

また、家族性高コレステロール血症、高度な脂質異常症(高LDLコレステロール血症)では、PCSK9阻害薬による治療が行なわれます。

PCSK9阻害薬のエボロクマブ(レパーサ)、アリロクマブ(プラルエントを定期的に皮下注射します。

現在、RNA干渉薬インクリシラン(inclisiran)が臨床試験中(第2相)です。

PCSK9と呼ぶ遺伝子をターゲットとしたRNA干渉薬です。

今後、家族性高コレステロール血症、高度な脂質異常症(高LDLコレステロール血症)の治療の幅が広がります。

RNA干渉の技術を用いることで、癌(ガン)、遺伝子が関係する疾患の治療に有効と考えられます。

脂質異常症
ししついじょうしょう

血液中のLDLコレステロール、中性脂肪(トリグリセリド)の値が高い状態です。

動脈硬化の要因になり、心筋梗塞など心血管疾患の発症と密接な関係です。

職場の検診、住民検診、人間ドックで指摘されることが多いです。

原因

遺伝的素因を背景に、運動不足、過食、飲酒など生活習慣が関係しています。

最近では、「ぽっこりお腹」と呼ぶ内臓脂肪の増加、筋肉痩せが注目されています。

内臓脂肪

内臓脂肪は臓器(内分泌器官)と考えられるようになりました。

内臓の脂肪細胞からアディポネクチンが分泌され、LDLコレステロール、中性脂肪を低下させる作用があります。

なお、「ぽっこりお腹」では、脂肪細胞中に中性脂肪が充満していて、アディポネクチン分泌が低下します。

つまり、内臓脂肪量と血液中のアディポネクチン濃度は逆相関の関係です。

筋肉痩せ

筋肉も臓器(内分泌器官)と考えられるようになりました。

筋肉からはマイオカイン(ミオカイン)が分泌されています。

マイオカインのうち、マイオネクチン(myonectin,CTPR15)、インターロイキン15(IL-15)は、内臓脂肪の減少に関係しています。

症状

血液中の脂質が高値の状態であり、特に症状はありません。

治療

基本は食事療法と運動療法です。

食事療法

管理栄養士の食事指導を受けます。

バランスのよい食事を心がけます。

運動療法

ウォーキング.jpg

1日40分以上の有酸素運動が有効です。

通勤時間を多いに利用します。ウォーキングがお薦めです。

医薬品

必要に応じて、スタチン系のコレステロール低下薬が処方されます。

処方例)
製剤名 アトルバスタチン
商品名 リピトール(アステラス)
ジェネリック医薬品として各社からアトルバスタチン錠が販売されています。

製剤名 ピタバスタチン
商品名 リバロ(興和)
ジェネリック医薬品として各社からピタバスタチンCa錠が販売されています。

製剤名 ロスバスタチン
商品名 クレストール(アストラゼネカ)
クレストール錠、クレストールOD錠のみで、ジェネリック医薬品はありません。

スタチン系医薬品の副作用

横紋筋融解症、肝機能異常に注意する必要があります。

横紋筋融解症ではCPK、肝機能異常ではAST(GOT)、ALT(GPT)が上昇します。

家族性高コレステロール血症の治療薬
PCSK9阻害薬

高度な脂質異常症の場合、定期的にPCSK9阻害薬を皮下注射します。

PCSK9阻害薬
製剤名 エボロクマブ
商品名 レパーサ皮下注140mgシリンジ(アステラス)
レパーサ皮下注140mgペン(アステラス)
2〜4週間に1回420mgを皮下注射します。

製剤名 アリロクマブ
商品名 プラルエント皮下注75mg(150mg)シリンジ(サノフィ)
プラルエント皮下注75mg(150mg)ペン(サノフィ)
2週間に1回75mg〜150mgを皮下注射します。

臨床試験中の医薬品

DNA.jpg

RNA干渉薬インクリシラン(inclisiran)

PCSK9をターゲットとしたRNA干渉薬です。

現在(2017年)、第2相の臨床試験中です。

今後、RNA干渉薬が登場します。

RNAi療法の時代が来ます。



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

名古屋で女性医師が行う大腸内視鏡検査 実際の痛み

本日、大腸の内視鏡検査(大腸カメラ)を受けました。

先日、名古屋市港区に所在する中部労災病院の人間ドックで、便潜血反応2日法で、2回陽性(+)だったからです。

大腸癌の腫瘍マーカーであるCA19-9、CEAは正常値だったので、さほど心配しませんでしたが、大腸カメラを受けることにしました。

かつては、静脈麻酔して、うとうとした状態で検査する方法がありましたが、現在、ファイバースコープは細くなり、快適に施術を受けることができるようになりました。

点滴.jpg

管理人のKotohaは54歳になりました。

50代になったら、大腸の内視鏡検査を受けたいものです。

大腸癌は増加の傾向で、私の同僚も、大腸癌で、名古屋第一日赤病院で2回の手術を受けています。

なお、同僚の発症年齢は働き盛りの50代でした。

腺腫性大腸ポリープ

細胞.jpg

腺腫性の大腸ポリープは、大腸癌へ進展します。

大腸内視鏡検査には抵抗感がありますが、重要な検査です。

大腸ポリープの段階で発見して、ポリープ除去したいものです。

女性医師による大腸内視鏡検査

白衣.jpg

女性の場合、女性医師の検査を受けたいものです。

名古屋の場合、中部労災病院第二消化器内科部長の児玉佳子 ( こだま よしこ )先生がお薦めです。

総合病院の部長としてめずらしく女性で、経験豊富な医師です。

安心して検査を受けることができました。

口コミ情報

口コミ情報では、大腸カメラは、痛みの伴う検査とされます。

旧式の機器をつかった口コミ情報があり、現在の大腸カメラによる実際の痛みを知りたいものです。

なお、胃内視鏡検査のように、吐き気は伴わない検査です。

機器の進歩によって、ファイバースコープは細くなりました。

熟練した医師が検査すると、痛みが伴わなく快適な検査を受けることができます。

実際の痛み

中部労災病院の児玉佳子部長によると、実際の痛みは個人差があると言われていました。

私の場合、大腸カメラを受けて、快適に検査を受けることができました。

熟練した医師の技術(児玉先生の技術)も重要と感じました。

検査結果

以前から、唐辛子などの辛いものを食べると下痢をしました。

また、左腹部が痛むことがあり、S字結腸の大腸ポリープがあるのではないかと感じていました。

なお、検査結果は正常でした。

恥ずかしいながら、便潜血反応陽性の原因は、内痔核(ないじかく)による出血とのことです。

つまり、イボ痔のことです。

内痔核の治療薬として外用剤を処方されました。

仮想大腸内視鏡 名古屋

3次元CT画像による検査を、仮想大腸内視鏡と呼んでいます

精度が高くなりましたが、細胞採取ができないところが欠点です。

食事制限、下剤の内服は必要です。大腸内視鏡検査に抵抗感のある人向けの検査です。

大腸癌
だいちょうがん

治療の基本は外科的な切除とリンパ節郭清です。

初期の大腸癌では、根治可能です。

大腸カメラで、腺腫性の大腸ポリープが発見された場合は、切除(大腸ポリペクトミー)を行います。

セレコキシブ(商品名 セレコックス錠 アステラス)、スリンダク(製品名 クリノリル錠 日医工)が、大腸癌予防(または再発)に有効とされます。

また、安全性から低用量のアスピリン腸溶錠(商品名 バイアスピリン錠 バイエル) が良いともされています。

ジェネリック医薬品には、ゼンアスピリン錠(全星)、アスピリン腸溶錠(日医工)がありますが、薬価が同じであり、バイアスピリン錠(バイエル)が処方されるのが一般的です。

薬.jpg

大腸に到達するビフィズス菌

大腸で増殖するビフィズス菌です。

腸内フローラを正常化します。

また、大腸でポリアミンを産生して、寿命の伸長も期待できます。

現在、腸内環境の正常化、抗老化作用を期待して私が内服しているサプリメントです。




posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

空腹時に飲むスギ花粉症の新薬ビラノア錠20mg

スギ花粉症の季節になりました。

私の場合、2月4日(土)から、スギ花粉症の治療薬として、ビラノア錠20mg(ビラスチン)の内服を始めました。

薬.jpg

今年は、西日本でスギ花粉の飛散量が多く、私の住む名古屋でも花粉量は多いとされています。

ウェザーニュースによると、スギ花粉量は昨年の約4.4倍と予想されています。

もう、すでにスギ花粉の飛散が観測されています。

ビラノア錠20mgは、第2世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬で抗アレルギー薬に分類される薬です。

スギ花粉の飛散する2週間前から内服することが最も効果的です。

なお、ビラノア錠は、2016年9月28日に厚生労働省の製造販売を取得した薬です。

日本のスギ花粉症に対して、2017年に初めて処方される薬になります。

すでに、皮膚科領域では評価が高く、皮膚そう痒症、蕁麻疹(じんましん)に処方されています。

ビラノア錠は、蕁麻疹第一選択肢です。

スギ花粉症
すぎかふんしょう

将来の日本の人口増加対策で建設資材が必要と考えられ、大量のスギ植林が行われました。

日本の経済発展で、子供が増加して、人口はピラミッド型で増加すると考えられていました。

ただし、実際は少子化でした。成熟した経済状態では、若者が結婚しないことがわかってきました。

ヨーロッパ、韓国、日本は、少子高齢化です。

赤ちゃん.jpg

スギ植林政策の影響で、スギ花粉が大量に飛散します。

長年に渡って、スギ花粉に暴露されると、スギ花粉に対する局所アレルギー反応を起すようになります。

粘膜からスギ花粉が侵入することで、目、鼻、のど(喉)の症状が現れます。

第2世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬

第2世代抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬と呼ぶ場合もあります。

第一世代よりも副作用が少なく、現在、スギ花粉症の治療薬は、第2世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬2類が主流です。

粘膜の肥満細胞がスギ花粉を捉えると、肥満細胞からヒスタミン、ロイコトリエンなどのケミカルメディエーターが放出(遊離)されます。

アレルギー症状の腫れ、かゆみなどの症状は、ケミカルメディエーターによって発症する症状です。

ビラノア錠は、ヒスタミンH1受容体を強力にブロックして、ケミカルメディエーター遊離阻害することで、アレルギー症状を抑制します。

成分 ビラスチン 
製品名 ビラノア錠20mg

2016年に製造販売許可を得た医薬品です。現在のところジェネリック医薬品はありません。

特色

錠剤径7mm

錠剤の直径は7mmであり、飲みやすい薬です。

1日1回1錠

1日2回の内服が多い中、ビラノア錠20mgは1日1回です。24時間効果が持続するのが特色です。

眠気が少ない

臨床試験のデータから、眠気を極力抑えている薬です。

空腹時に内服

ビラノア錠20mgで大切なのは、空腹時に内服することです。食後の場合、効果が半減します。

朝の起床時、または、夜就寝する前に、1回1錠を内服します。

副作用

国内臨床試験のデータでは、2.4%(675例中16例)の頻度で、に副作用が報告されました。

おもな副作用は、眠気、口渇および頭痛です。

スギ花粉症対策

第2世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬を内服していても、外出する場合は、マスク着用が必要です。できれば、ゴーグルの着用をお薦めします。

医療用マスク

病院で実際利用されている、メディコムジャパンの医療用マスクです。

私も利用しています。

BFE≧98%で、花粉の侵入を防ぎます。

中国製ですが、品質の良い製品です。

ディフェンダーマスク ブルー (50枚入り)2115

新品価格
¥383から
(2017/2/5 18:17時点)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

オートファジーを促進(誘導)する食品と成分「納豆のポリアミン」

ヒトには、老化という生理現象があります。

健康的で有意義な人生を送りたいものです。

現在、医学ではガン治療に関する研究が主流です。

ガンが完治する時代になれば、次の時代は不老不死研究です。

老化の仮説には、炎症仮説、プログラム仮説があります。

炎症仮説では、大腸内の細菌が産生した毒素、炎症物質によって炎症性サイトカインが誘導され老化するという仮説です。

プログラム仮説は、遺伝子DNAに仕組まれた情報に従って老化するという仮説です。

現在、RNA干渉を利用したRNAi治療薬が開発されており、臨床試験が行われています。

フェーズ2に入ったRNAi治療薬もあり、今後、難病、ガンなどの治療に利用されるようになります。

RNAiで、DNA情報のコントロールが可能になる可能性があります。

DNA.jpg

さて、今回のブログでは、オートファジーを促進(誘導)する食品を紹介します。

オートファジーは、細胞に蓄積した老化タンパク質、ミトコンドリアを再利用する機能です。

オートファジーを促進することで、細胞寿命の伸長が期待できます。

細胞寿命は、個体の老化と密接な関係と考えられており、ヒトの寿命伸長が期待できます。

オートファジーを促進する食品は糸引き納豆に豊富に含まれるポリアミンです。

オートファジー
Autophagy

細胞.jpg

オートファジーは、東京工業大学の大隅良典栄誉教授のノーベル生理学・医学賞を受賞により広く一般にも知られるようになりました。

オートファジーのメカニズムを解明しました。

細胞の老化したタンパク質、ミトコンドリアなどの小器官を分解して再利用する機能をオートファジー、オートファジーサイクルと呼んでいます。

老化したタンパク質が蓄積すると細胞寿命が短くなります。

つまり、オートファジーは、細胞を若返りさせる機能があります。

美女.jpg

栄養飢餓
えいようきが

栄養飢餓の状態になると、オートファジーが誘導されることがわかりました。

また、エネルギー産生に関係するミトコンドリアの機能が向上します。

ミトコンドリアは細胞内の小器官で、エネルギー産生など重要な役割をしています。

なお、エネルギー産生時には、酸素を利用するため活性酸素が発生します。

エネルギー効率のよいミトコンドリアであることも大切です。

栄養飢餓の状態になると、オートファジー誘導、エネルギー効率のよいミトコンドリアがつくられると考えられます。

最近では、カロリーリストリクションが注目されています。

カロリーリストリクションは、タンパク質、脂質、炭水化物の栄養バランス(PFCバランス)のよい食事で、カロリー制限する方法です。

なお、炭水化物だけを制限すると、筋肉中のタンパク質が分解してエネルギー源にします。

筋肉から分泌される若返りホルモン「マイオカイン」が低下します。

それだけではありません。心臓は筋肉からなる臓器であり、炭水化物の極端な制限は、心臓に悪影響を及ぼします。

かつて、炭水化物を制限するアトキンス式ダイエット、炭水化物と脂質を制限するスチールマンダイエットが日本でも話題になりましたが、健康に影響を与えるので注意が必要です。

理想的なPFCバランスは、タンパク質 : 脂質 : 炭水化物 = 15 : 25 : 60です。

オートファジーと美容成分

オートファジーを誘導する美容成分にはアマチャエキスが利用されています。

今後、美容業界では、オートファジー誘導剤の研究が行われます。

オートファジーを促進(誘導)する食品

オートファジーを誘導する成分としてポリアミンが注目されています。

マウスにポリアミンを投与することで、寿命伸長が確認されています。

食品

・糸引き納豆

・チーズ

・ヨーグルト

・きのこ

特に、糸引き納豆、熟成期間の長いチーズには、豊富にポリアミンを含みます。

また、アルギニン(サプリメント)、ビフィズス菌LKM512株の摂取で、ポリアミン濃度を高めます。

ビフィズス菌LKM512株は、大腸まで到達して増殖するビフィズス菌です。大腸内でポリアミンを産生するのが特色です。

炎症を抑制して、寿命の伸長が期待できます。

ビフィズス菌「LKM512」摂取による寿命伸長効果・・・ニュースリリース
http://www.meito.co.jp/news_release/cat3/000298.html

最近では、ポリアミンにオートファジーを誘導することがわかりました。

ちなみに、kotohaの場合、ニコチンアミドリボシド(NR)、アルギニン、ビフィズス菌LKM512株の3つのサプリメントを飲んでいます。




posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

インフルエンザに効くネギの成分イヌリン型フルクタンとは

12月になり気温が低下しています。

気温が低下すると、湿度も低下して空気が乾燥します。

インフルエンザウイルスは、乾燥した環境を好みます。

インフルエンザ、風邪を引かないように予防したいものです。

画像7.jpg

さて、今回のブログは久しぶりに医学をテーマにします。

12月6日、私の住む名古屋の東山動植物園で飼育しているコクチョウから 鳥インフルエンザの簡易テストで陽性反応が出ました。全国ニュースになっています。

鳥インフルエンザの場合、濃厚な接触しなければヒトへの感染はまずないとされます。

必要以上に心配することではありませんが、今後、ヒトへ感染するようにウイルス変異する可能性があり、世界的な対策は必要です。

さて、インフルエンザですが、12月になり患者数が増加しています。

この時期はインフルエンザA型が流行しやすいので注意が必要です。

人混みを避けて、手洗い、うがいが予防になります。マスクの着用も一定の効果があります。

最近、インフルエンザに効く成分としてネギ属(アリウム属)の野菜に含まれる成分イヌリン型フルクタンが注目されています。

フルクタンとは、ネギ属のネギ、リーク(ポロネギ)に含まれる多糖体です。

いわゆるネギのネバネバ成分として知られています。

インフルエンザ

白衣.jpg

流行するインフルエンザウイルスには、インフルエンザA型、B型があります。

ウイルス変異が大きいと大流行する場合があります。

小児〜高校生までの若い年齢では、インフルエンザウイルスに対する各タイプの抗体を持っていないことから、感染しやすいです。

また、小学校、中学校、高校が感染の場になります。

原因

インフルエンザウイルスの飛沫感染で感染します。

咳をしている人から2mは離れたいものです。

おもに、鼻腔、喉の粘膜からウイルスが侵入して感染します。

ヒトには、免疫などの感染防御機構がありますが、疲労している人、睡眠不足、妊娠中の女性は免疫が弱く、感染しやすいので注意が必要です。

症状

女性6.jpg

発熱

筋肉痛(関節痛)

倦怠感

急激な発熱で始まり、38℃以上発熱するのが一般的です。

関節痛が特徴的な症状ですが、筋肉痛として感じることが多いです。

ウイルス感染後、細菌の二次感染で、激しい喉の痛み、咳、鼻水などの症状が現れます。

治療

薬.jpg

検査で陽性の場合は、抗インフルエンザ薬による治療を行ないます。

発症から48時間以内の投与が効果的です。

抗インフルエンザ薬

一般名 オセルタミブル
製品名 タミフル(中外・ロシュ)
小児用にタミフルドライシロップ3%があります。

一般名 ザナミビル
製品名 リレンザ(GSK)

一般名 ラニナミブル
製品名 イナビル(第一三共)

一般名 ペラミブル
製品名 ラピアクタ(塩野義)

リレンザとイナビルは吸入、ラピアクタは注射剤です。

予防

ネギは、昔から風邪予防に有効な食品として知られています。

研究により、インフルエンザに対しても効果があることがわかってきました。

ネギの成分イヌリン型フルクタンが有効と考えられています。

フルクタン

ネギ属の野菜に含まれる多糖体です。

研究によって、インフルエンザA型に対する効果が期待されています。

また、腸内フローラを整える作用も期待できます。

免疫力アップがめざせます。

また、ネギにはジプロピルトリスルフィドなどのスルフィドを含みます。

インフルエンザだけでなく、風邪、ガンの予防に期待される食品になります。


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。