2017年04月24日

RNA干渉薬インクリシラン(inclisiran)の脂質異常症治療

来週は、ゴールデンウィークですね。

リフレッシュしたいものです。

背伸び.jpg

さて、今回のブログでは、脂質異常症をテーマにします。

脂質異常症、脂肪肝は、中高年の男女に多い所見です。

通常、食事療法、運動療法が行われますが、コントロールできない場合はスタチン系の医薬品が処方されます。

また、家族性高コレステロール血症、高度な脂質異常症(高LDLコレステロール血症)では、PCSK9阻害薬による治療が行なわれます。

PCSK9阻害薬のエボロクマブ(レパーサ)、アリロクマブ(プラルエントを定期的に皮下注射します。

現在、RNA干渉薬インクリシラン(inclisiran)が臨床試験中(第2相)です。

PCSK9と呼ぶ遺伝子をターゲットとしたRNA干渉薬です。

今後、家族性高コレステロール血症、高度な脂質異常症(高LDLコレステロール血症)の治療の幅が広がります。

RNA干渉の技術を用いることで、癌(ガン)、遺伝子が関係する疾患の治療に有効と考えられます。

脂質異常症
ししついじょうしょう

血液中のLDLコレステロール、中性脂肪(トリグリセリド)の値が高い状態です。

動脈硬化の要因になり、心筋梗塞など心血管疾患の発症と密接な関係です。

職場の検診、住民検診、人間ドックで指摘されることが多いです。

原因

遺伝的素因を背景に、運動不足、過食、飲酒など生活習慣が関係しています。

最近では、「ぽっこりお腹」と呼ぶ内臓脂肪の増加、筋肉痩せが注目されています。

内臓脂肪

内臓脂肪は臓器(内分泌器官)と考えられるようになりました。

内臓の脂肪細胞からアディポネクチンが分泌され、LDLコレステロール、中性脂肪を低下させる作用があります。

なお、「ぽっこりお腹」では、脂肪細胞中に中性脂肪が充満していて、アディポネクチン分泌が低下します。

つまり、内臓脂肪量と血液中のアディポネクチン濃度は逆相関の関係です。

筋肉痩せ

筋肉も臓器(内分泌器官)と考えられるようになりました。

筋肉からはマイオカイン(ミオカイン)が分泌されています。

マイオカインのうち、マイオネクチン(myonectin,CTPR15)、インターロイキン15(IL-15)は、内臓脂肪の減少に関係しています。

症状

血液中の脂質が高値の状態であり、特に症状はありません。

治療

基本は食事療法と運動療法です。

食事療法

管理栄養士の食事指導を受けます。

バランスのよい食事を心がけます。

運動療法

ウォーキング.jpg

1日40分以上の有酸素運動が有効です。

通勤時間を多いに利用します。ウォーキングがお薦めです。

医薬品

必要に応じて、スタチン系のコレステロール低下薬が処方されます。

処方例)
製剤名 アトルバスタチン
商品名 リピトール(アステラス)
ジェネリック医薬品として各社からアトルバスタチン錠が販売されています。

製剤名 ピタバスタチン
商品名 リバロ(興和)
ジェネリック医薬品として各社からピタバスタチンCa錠が販売されています。

製剤名 ロスバスタチン
商品名 クレストール(アストラゼネカ)
クレストール錠、クレストールOD錠のみで、ジェネリック医薬品はありません。

スタチン系医薬品の副作用

横紋筋融解症、肝機能異常に注意する必要があります。

横紋筋融解症ではCPK、肝機能異常ではAST(GOT)、ALT(GPT)が上昇します。

家族性高コレステロール血症の治療薬
PCSK9阻害薬

高度な脂質異常症の場合、定期的にPCSK9阻害薬を皮下注射します。

PCSK9阻害薬
製剤名 エボロクマブ
商品名 レパーサ皮下注140mgシリンジ(アステラス)
レパーサ皮下注140mgペン(アステラス)
2〜4週間に1回420mgを皮下注射します。

製剤名 アリロクマブ
商品名 プラルエント皮下注75mg(150mg)シリンジ(サノフィ)
プラルエント皮下注75mg(150mg)ペン(サノフィ)
2週間に1回75mg〜150mgを皮下注射します。

臨床試験中の医薬品

DNA.jpg

RNA干渉薬インクリシラン(inclisiran)

PCSK9をターゲットとしたRNA干渉薬です。

現在(2017年)、第2相の臨床試験中です。

今後、RNA干渉薬が登場します。

RNAi療法の時代が来ます。



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

名古屋で女性医師が行う大腸内視鏡検査 実際の痛み

本日、大腸の内視鏡検査(大腸カメラ)を受けました。

先日、名古屋市港区に所在する中部労災病院の人間ドックで、便潜血反応2日法で、2回陽性(+)だったからです。

大腸癌の腫瘍マーカーであるCA19-9、CEAは正常値だったので、さほど心配しませんでしたが、大腸カメラを受けることにしました。

かつては、静脈麻酔して、うとうとした状態で検査する方法がありましたが、現在、ファイバースコープは細くなり、快適に施術を受けることができるようになりました。

点滴.jpg

管理人のKotohaは54歳になりました。

50代になったら、大腸の内視鏡検査を受けたいものです。

大腸癌は増加の傾向で、私の同僚も、大腸癌で、名古屋第一日赤病院で2回の手術を受けています。

なお、同僚の発症年齢は働き盛りの50代でした。

腺腫性大腸ポリープ

細胞.jpg

腺腫性の大腸ポリープは、大腸癌へ進展します。

大腸内視鏡検査には抵抗感がありますが、重要な検査です。

大腸ポリープの段階で発見して、ポリープ除去したいものです。

女性医師による大腸内視鏡検査

白衣.jpg

女性の場合、女性医師の検査を受けたいものです。

名古屋の場合、中部労災病院第二消化器内科部長の児玉佳子 ( こだま よしこ )先生がお薦めです。

総合病院の部長としてめずらしく女性で、経験豊富な医師です。

安心して検査を受けることができました。

口コミ情報

口コミ情報では、大腸カメラは、痛みの伴う検査とされます。

旧式の機器をつかった口コミ情報があり、現在の大腸カメラによる実際の痛みを知りたいものです。

なお、胃内視鏡検査のように、吐き気は伴わない検査です。

機器の進歩によって、ファイバースコープは細くなりました。

熟練した医師が検査すると、痛みが伴わなく快適な検査を受けることができます。

実際の痛み

中部労災病院の児玉佳子部長によると、実際の痛みは個人差があると言われていました。

私の場合、大腸カメラを受けて、快適に検査を受けることができました。

熟練した医師の技術(児玉先生の技術)も重要と感じました。

検査結果

以前から、唐辛子などの辛いものを食べると下痢をしました。

また、左腹部が痛むことがあり、S字結腸の大腸ポリープがあるのではないかと感じていました。

なお、検査結果は正常でした。

恥ずかしいながら、便潜血反応陽性の原因は、内痔核(ないじかく)による出血とのことです。

つまり、イボ痔のことです。

内痔核の治療薬として外用剤を処方されました。

仮想大腸内視鏡 名古屋

3次元CT画像による検査を、仮想大腸内視鏡と呼んでいます

精度が高くなりましたが、細胞採取ができないところが欠点です。

食事制限、下剤の内服は必要です。大腸内視鏡検査に抵抗感のある人向けの検査です。

大腸癌
だいちょうがん

治療の基本は外科的な切除とリンパ節郭清です。

初期の大腸癌では、根治可能です。

大腸カメラで、腺腫性の大腸ポリープが発見された場合は、切除(大腸ポリペクトミー)を行います。

セレコキシブ(商品名 セレコックス錠 アステラス)、スリンダク(製品名 クリノリル錠 日医工)が、大腸癌予防(または再発)に有効とされます。

また、安全性から低用量のアスピリン腸溶錠(商品名 バイアスピリン錠 バイエル) が良いともされています。

ジェネリック医薬品には、ゼンアスピリン錠(全星)、アスピリン腸溶錠(日医工)がありますが、薬価が同じであり、バイアスピリン錠(バイエル)が処方されるのが一般的です。

薬.jpg

大腸に到達するビフィズス菌

大腸で増殖するビフィズス菌です。

腸内フローラを正常化します。

また、大腸でポリアミンを産生して、寿命の伸長も期待できます。

現在、腸内環境の正常化、抗老化作用を期待して私が内服しているサプリメントです。




posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

空腹時に飲むスギ花粉症の新薬ビラノア錠20mg

スギ花粉症の季節になりました。

私の場合、2月4日(土)から、スギ花粉症の治療薬として、ビラノア錠20mg(ビラスチン)の内服を始めました。

薬.jpg

今年は、西日本でスギ花粉の飛散量が多く、私の住む名古屋でも花粉量は多いとされています。

ウェザーニュースによると、スギ花粉量は昨年の約4.4倍と予想されています。

もう、すでにスギ花粉の飛散が観測されています。

ビラノア錠20mgは、第2世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬で抗アレルギー薬に分類される薬です。

スギ花粉の飛散する2週間前から内服することが最も効果的です。

なお、ビラノア錠は、2016年9月28日に厚生労働省の製造販売を取得した薬です。

日本のスギ花粉症に対して、2017年に初めて処方される薬になります。

すでに、皮膚科領域では評価が高く、皮膚そう痒症、蕁麻疹(じんましん)に処方されています。

ビラノア錠は、蕁麻疹第一選択肢です。

スギ花粉症
すぎかふんしょう

将来の日本の人口増加対策で建設資材が必要と考えられ、大量のスギ植林が行われました。

日本の経済発展で、子供が増加して、人口はピラミッド型で増加すると考えられていました。

ただし、実際は少子化でした。成熟した経済状態では、若者が結婚しないことがわかってきました。

ヨーロッパ、韓国、日本は、少子高齢化です。

赤ちゃん.jpg

スギ植林政策の影響で、スギ花粉が大量に飛散します。

長年に渡って、スギ花粉に暴露されると、スギ花粉に対する局所アレルギー反応を起すようになります。

粘膜からスギ花粉が侵入することで、目、鼻、のど(喉)の症状が現れます。

第2世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬

第2世代抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬と呼ぶ場合もあります。

第一世代よりも副作用が少なく、現在、スギ花粉症の治療薬は、第2世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬2類が主流です。

粘膜の肥満細胞がスギ花粉を捉えると、肥満細胞からヒスタミン、ロイコトリエンなどのケミカルメディエーターが放出(遊離)されます。

アレルギー症状の腫れ、かゆみなどの症状は、ケミカルメディエーターによって発症する症状です。

ビラノア錠は、ヒスタミンH1受容体を強力にブロックして、ケミカルメディエーター遊離阻害することで、アレルギー症状を抑制します。

成分 ビラスチン 
製品名 ビラノア錠20mg

2016年に製造販売許可を得た医薬品です。現在のところジェネリック医薬品はありません。

特色

錠剤径7mm

錠剤の直径は7mmであり、飲みやすい薬です。

1日1回1錠

1日2回の内服が多い中、ビラノア錠20mgは1日1回です。24時間効果が持続するのが特色です。

眠気が少ない

臨床試験のデータから、眠気を極力抑えている薬です。

空腹時に内服

ビラノア錠20mgで大切なのは、空腹時に内服することです。食後の場合、効果が半減します。

朝の起床時、または、夜就寝する前に、1回1錠を内服します。

副作用

国内臨床試験のデータでは、2.4%(675例中16例)の頻度で、に副作用が報告されました。

おもな副作用は、眠気、口渇および頭痛です。

スギ花粉症対策

第2世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬を内服していても、外出する場合は、マスク着用が必要です。できれば、ゴーグルの着用をお薦めします。

医療用マスク

病院で実際利用されている、メディコムジャパンの医療用マスクです。

私も利用しています。

BFE≧98%で、花粉の侵入を防ぎます。

中国製ですが、品質の良い製品です。

ディフェンダーマスク ブルー (50枚入り)2115

新品価格
¥383から
(2017/2/5 18:17時点)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

オートファジーを促進(誘導)する食品と成分「納豆のポリアミン」

ヒトには、老化という生理現象があります。

健康的で有意義な人生を送りたいものです。

現在、医学ではガン治療に関する研究が主流です。

ガンが完治する時代になれば、次の時代は不老不死研究です。

老化の仮説には、炎症仮説、プログラム仮説があります。

炎症仮説では、大腸内の細菌が産生した毒素、炎症物質によって炎症性サイトカインが誘導され老化するという仮説です。

プログラム仮説は、遺伝子DNAに仕組まれた情報に従って老化するという仮説です。

現在、RNA干渉を利用したRNAi治療薬が開発されており、臨床試験が行われています。

フェーズ2に入ったRNAi治療薬もあり、今後、難病、ガンなどの治療に利用されるようになります。

RNAiで、DNA情報のコントロールが可能になる可能性があります。

DNA.jpg

さて、今回のブログでは、オートファジーを促進(誘導)する食品を紹介します。

オートファジーは、細胞に蓄積した老化タンパク質、ミトコンドリアを再利用する機能です。

オートファジーを促進することで、細胞寿命の伸長が期待できます。

細胞寿命は、個体の老化と密接な関係と考えられており、ヒトの寿命伸長が期待できます。

オートファジーを促進する食品は糸引き納豆に豊富に含まれるポリアミンです。

オートファジー
Autophagy

細胞.jpg

オートファジーは、東京工業大学の大隅良典栄誉教授のノーベル生理学・医学賞を受賞により広く一般にも知られるようになりました。

オートファジーのメカニズムを解明しました。

細胞の老化したタンパク質、ミトコンドリアなどの小器官を分解して再利用する機能をオートファジー、オートファジーサイクルと呼んでいます。

老化したタンパク質が蓄積すると細胞寿命が短くなります。

つまり、オートファジーは、細胞を若返りさせる機能があります。

美女.jpg

栄養飢餓
えいようきが

栄養飢餓の状態になると、オートファジーが誘導されることがわかりました。

また、エネルギー産生に関係するミトコンドリアの機能が向上します。

ミトコンドリアは細胞内の小器官で、エネルギー産生など重要な役割をしています。

なお、エネルギー産生時には、酸素を利用するため活性酸素が発生します。

エネルギー効率のよいミトコンドリアであることも大切です。

栄養飢餓の状態になると、オートファジー誘導、エネルギー効率のよいミトコンドリアがつくられると考えられます。

最近では、カロリーリストリクションが注目されています。

カロリーリストリクションは、タンパク質、脂質、炭水化物の栄養バランス(PFCバランス)のよい食事で、カロリー制限する方法です。

なお、炭水化物だけを制限すると、筋肉中のタンパク質が分解してエネルギー源にします。

筋肉から分泌される若返りホルモン「マイオカイン」が低下します。

それだけではありません。心臓は筋肉からなる臓器であり、炭水化物の極端な制限は、心臓に悪影響を及ぼします。

かつて、炭水化物を制限するアトキンス式ダイエット、炭水化物と脂質を制限するスチールマンダイエットが日本でも話題になりましたが、健康に影響を与えるので注意が必要です。

理想的なPFCバランスは、タンパク質 : 脂質 : 炭水化物 = 15 : 25 : 60です。

オートファジーと美容成分

オートファジーを誘導する美容成分にはアマチャエキスが利用されています。

今後、美容業界では、オートファジー誘導剤の研究が行われます。

オートファジーを促進(誘導)する食品

オートファジーを誘導する成分としてポリアミンが注目されています。

マウスにポリアミンを投与することで、寿命伸長が確認されています。

食品

・糸引き納豆

・チーズ

・ヨーグルト

・きのこ

特に、糸引き納豆、熟成期間の長いチーズには、豊富にポリアミンを含みます。

また、アルギニン(サプリメント)、ビフィズス菌LKM512株の摂取で、ポリアミン濃度を高めます。

ビフィズス菌LKM512株は、大腸まで到達して増殖するビフィズス菌です。大腸内でポリアミンを産生するのが特色です。

炎症を抑制して、寿命の伸長が期待できます。

ビフィズス菌「LKM512」摂取による寿命伸長効果・・・ニュースリリース
http://www.meito.co.jp/news_release/cat3/000298.html

最近では、ポリアミンにオートファジーを誘導することがわかりました。

ちなみに、kotohaの場合、ニコチンアミドリボシド(NR)、アルギニン、ビフィズス菌LKM512株の3つのサプリメントを飲んでいます。




posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

インフルエンザに効くネギの成分イヌリン型フルクタンとは

12月になり気温が低下しています。

気温が低下すると、湿度も低下して空気が乾燥します。

インフルエンザウイルスは、乾燥した環境を好みます。

インフルエンザ、風邪を引かないように予防したいものです。

画像7.jpg

さて、今回のブログは久しぶりに医学をテーマにします。

12月6日、私の住む名古屋の東山動植物園で飼育しているコクチョウから 鳥インフルエンザの簡易テストで陽性反応が出ました。全国ニュースになっています。

鳥インフルエンザの場合、濃厚な接触しなければヒトへの感染はまずないとされます。

必要以上に心配することではありませんが、今後、ヒトへ感染するようにウイルス変異する可能性があり、世界的な対策は必要です。

さて、インフルエンザですが、12月になり患者数が増加しています。

この時期はインフルエンザA型が流行しやすいので注意が必要です。

人混みを避けて、手洗い、うがいが予防になります。マスクの着用も一定の効果があります。

最近、インフルエンザに効く成分としてネギ属(アリウム属)の野菜に含まれる成分イヌリン型フルクタンが注目されています。

フルクタンとは、ネギ属のネギ、リーク(ポロネギ)に含まれる多糖体です。

いわゆるネギのネバネバ成分として知られています。

インフルエンザ

白衣.jpg

流行するインフルエンザウイルスには、インフルエンザA型、B型があります。

ウイルス変異が大きいと大流行する場合があります。

小児〜高校生までの若い年齢では、インフルエンザウイルスに対する各タイプの抗体を持っていないことから、感染しやすいです。

また、小学校、中学校、高校が感染の場になります。

原因

インフルエンザウイルスの飛沫感染で感染します。

咳をしている人から2mは離れたいものです。

おもに、鼻腔、喉の粘膜からウイルスが侵入して感染します。

ヒトには、免疫などの感染防御機構がありますが、疲労している人、睡眠不足、妊娠中の女性は免疫が弱く、感染しやすいので注意が必要です。

症状

女性6.jpg

発熱

筋肉痛(関節痛)

倦怠感

急激な発熱で始まり、38℃以上発熱するのが一般的です。

関節痛が特徴的な症状ですが、筋肉痛として感じることが多いです。

ウイルス感染後、細菌の二次感染で、激しい喉の痛み、咳、鼻水などの症状が現れます。

治療

薬.jpg

検査で陽性の場合は、抗インフルエンザ薬による治療を行ないます。

発症から48時間以内の投与が効果的です。

抗インフルエンザ薬

一般名 オセルタミブル
製品名 タミフル(中外・ロシュ)
小児用にタミフルドライシロップ3%があります。

一般名 ザナミビル
製品名 リレンザ(GSK)

一般名 ラニナミブル
製品名 イナビル(第一三共)

一般名 ペラミブル
製品名 ラピアクタ(塩野義)

リレンザとイナビルは吸入、ラピアクタは注射剤です。

予防

ネギは、昔から風邪予防に有効な食品として知られています。

研究により、インフルエンザに対しても効果があることがわかってきました。

ネギの成分イヌリン型フルクタンが有効と考えられています。

フルクタン

ネギ属の野菜に含まれる多糖体です。

研究によって、インフルエンザA型に対する効果が期待されています。

また、腸内フローラを整える作用も期待できます。

免疫力アップがめざせます。

また、ネギにはジプロピルトリスルフィドなどのスルフィドを含みます。

インフルエンザだけでなく、風邪、ガンの予防に期待される食品になります。


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

ピロリ菌と2型糖尿病の原因

12月になりました。

今年は、天皇誕生日が金曜日になります。3連休になります。

クリスマスも楽しみですね。

さて、今回、ブログのカテゴリーは医学です。

白衣.jpg

ヘリコバクターピロリ菌2型糖尿病の関係を紹介します。

ピロリ菌は、慢性胃炎、機能性胃腸症(FD)、胃潰瘍、萎縮性胃炎、胃癌などの原因菌として知られています。

また、インスリン抵抗性、糖尿病、慢性蕁麻疹、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、片頭痛(へんずつう)、動脈硬化など、さまざまな病気の原因・要因であることがわかってきました。

管理人のKotohaの場合、つい最近、ピロリ菌の除菌療法を行いました。

私の場合、アモキシシリンに対する薬剤アレルギーがあるので、保険適応外の治療になりました。

プロトンポンプ阻害薬のタケキャブ(ボノプラザンフマル酸塩)、クラリス(クラリスロマシン)、フラジール(メトロニダゾール)の 3剤併用療法によるピロリ菌除去療法を受けました。

尿素呼気試験で確認して、ピロリ菌の除去に成功しました。

2型糖尿病
にがたとうにょうびょう

原因

DNA.jpg

遺伝的素因があり、食事、運動などの生活習慣が発症と関係しています。

水痘・帯状疱疹ウイルス(VZウイルス)、ヘルペスウイルスなどのウイルス感染、ヘリコバクターピロリ菌などの細菌感染が、2型糖尿病の発症と関係すると考えられています。

また、腹部肥満、腸内フローラの乱れによる慢性炎症も2型糖尿病の発症と関係すると考えられています。

ピロリ菌感染による慢性的な炎症によって産生される炎症性サイトカインが、2型糖尿病の発症と関係すると考えられています。

糖尿病のひとつであるB型インスリン抵抗症(B型インスリン受容体異常症)は、明らかにヘリコバクターピロリ菌が原因菌です。

ピロリ菌の感染でつくられた自己抗体がインスリン受容体に結合します。そのため、インスリンが分泌されていてもインスリンの働きが悪くなります。

2型糖尿病
発症メカニズム

食事として摂取した炭水化物(糖質)は、ブドウ糖 (グルコース)など単糖として吸収されます。

ブドウ糖は、エネルギー源として重要な栄養素です。

ブドウ糖が組織・臓器に吸収される時に必要なホルモンが膵臓から分泌されているインスリンです。

インスリン分泌量の低下、インスリン抵抗性によって、組織・臓器へグルコースが吸収されにくくなります。その結果、血管中の血液のブドウ糖が高くなります。つまり高血糖です。

高血糖の状態が糖尿病です。ブドウ糖負荷試験検査(OGTT)で調べます。

高血糖の状態が続くと、血管、神経に悪影響を及ぼします。

また、高血糖の状態が続くと、血液中でブドウ糖とタンパク質が結合して、AGEs(終末糖化産物)をつくります。この反応を生体内糖化反応(グリケーション)と呼んでいます。

AGEsは細胞傷害性が強く、2型糖尿病の合併症の原因になります。

糖尿病のうち、約95%は2型糖尿病になります。

ヘリコバクターピロリ菌

胃に住みつく細菌です。

形態は、らせん状の桿菌(かんきん)です。らせん菌と呼ぶ場合もあります。

プロペラのような鞭毛を持っていて、胃の粘膜を移動します。ピロリ菌自体が粘膜を傷つけます。

それだけではありません。ヘリコバクターピロリ菌が産生する毒素であるVacACagAが炎症を増幅させます。

CagA

女性6.jpg

ヘリコバクターピロリ菌が産生するタンパク質から毒素です。

Cytoxin-associatedgene Aantigenの略称が、CagAです。CagAは、ピロリ菌由来病原タンパク質と呼ばれています。

感染部位である胃に症状が現れます。胃炎、機能性胃腸症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃癌の原因になります。

また、エクソソームを介して全身へCagAが運ばれます。炎症性サイトカインであるインターロイキン‐8(IL‐8)を発現させ、全身の炎症性疾患と関係していると考えられています。

CagAは、血管老化と関係して動脈硬化の危険因子と考えられています。

また、血管に作用、また、ストレスが引き金になり、慢性蕁麻疹、片頭痛(へんずつう)、群発頭痛(ぐんぱつずつう)が発症すると考えられています。

さらに、免疫にも悪影響を及ぼし、慢性関節リウマチなど炎症性疾患と関係すると考えられています。

生体内でCagAに対する抗体がつくられると、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、B型インスリン抵抗症(B型インスリン受容体異常症)の原因になることがわかっています。

ピロリ菌と2型糖尿病

腹部肥満(内臓脂肪型肥満)では、脂肪細胞が炎症を起こし、アディポサイトカインなど生理活性物質のバランスが崩れます。

インスリン抵抗性になり、2型糖尿病の発症と関係すると考えられています。

ピロリ菌が産生する毒素CagAは全身の慢性炎症を引起します。

2型糖尿病発症に影響力のある要因と考えられます。

ヘリコバクターピロリ菌の検査

オペ室2.jpg

胃に症状がある場合は、胃内視鏡検査がお薦めです。

迅速ウレアーゼ試験を行い、胃内視鏡検査中にピロリ菌の有無がわかります。

ファイバースコープは細くなり、以前よりも快適に胃内視鏡検査を受けることができるようになりました。

心配な人は、静脈麻酔下で胃内視鏡検査を受けることができます。ほぼ眠った状態で検査を受けることができます。

胃内視鏡検査人間ドックの検査項目ですが、胃炎など症状がある場合は、胃内視鏡検査、迅速ウレアーゼ試験は保険適応になります。

また、ピロリ菌の除菌治療も、保険適応内の治療を受けることができます。

なお、胃内視鏡検査に抵抗感のある人は、尿素呼気試験で調べることもできます。袋の中へ息を吹き込むだけの簡単な検査です。

ピロリ菌の除菌治療
3剤併用療法

保険診療で行うことができるピロリ菌の除菌治療は、3剤併用療法です。

第一選択肢は、プロトンポンプ阻害剤、クラリス(クラリスロマイシン)、サワシリン(アモキシシリン) の3剤併用療法です。投与期間は7日です。

プロトンポンプ阻害剤として、ボノプラザンフマル酸塩タケキャブ錠(武田)を使用すると除菌率が高くなるとされます。

除菌できなかった場合は、プロトンポンプ阻害剤、クラリス(クラリスロマイシン)、フラジール(メトロニダゾール)で再治療です。

なお、残念ながら、日本での保険診療内の治療は上記になります。

海外では、ビスマス併用療法(クエン酸ビスマス)、4剤併用療法などの除菌療法が行われています。

肌老化と2型糖尿病

肌老化の三大要因は、紫外線による光老化、AGEsによる糖化、炎症性サイトカインによる炎症です。

2型糖尿病にかかると、AGEsにより真皮層のコラーゲン線維、エラスチン線維が傷つけられます。シワの原因になります。

なお、肌の黄ぐすみの原因がAGEsと考えられていましたが、最近の研究で、紫外線の影響であることがわかりました。

紫外線を起因とする、肌タンパク質のカルボニル化が「黄ぐすみ」の原因です。

関西電力病院のおいしい糖尿病レシピ (主婦の友実用?1シリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2016/11/26 18:46時点)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

心臓カテーテル検査 名古屋の病院と名医「鈴木麻友」

運動不足、食の欧米化で、心疾患は増加の傾向です。

第2次ベビーブーマーが40代になりました。

日本の人口構成では中高年が増加しています。

今後、心筋梗塞、狭心症など心疾患を発症する方が増加すると考えられています。

今回のブログでは、心臓カテーテル検査名医として名古屋の中部労災病院(中部ろうさい病院)循環器内科の鈴木麻友先生を紹介します。

会社で行われる心電図検査の結果を過信せず、症状がある場合は、病院受診が大切です。

健康診断、人間ドックで、心電図検査の結果が要精密検査の場合は、会社を休んで病院受診します。

病院への紹介状は、受診した施設で書いて貰います。

心筋梗塞、狭心症の疑いがある場合は、64列マルチスライスCT(MDCT)、心臓カテーテル検査を受けられる施設を紹介して貰います。

大学病院、総合病院の場合は循環器内科の施設・設備が整った循環器病学会認定施設で検査を受けます。

総合病院でお薦めは、名古屋市港区の中部労災病院(中部ろうさい病院)循環器内科です。

意外と知られていませんが、中部労災病院の施設・設備は整っていて、また、循環器内科スタッフは優秀です。医師、看護師ともに優れています。

Kotohaは、中部労災病院で心臓カテーテル検査を受けています。主治医は女医の鈴木麻友(すずきまゆ)先生です。

熱心な先生で、私たち患者の話をしっかり聞いて貰えます。

心臓カテーテル検査では、女性らしい繊細な技術が生かされます。

私が受けた心臓カテーテル検査では、快適に検査を受けることができました。感謝、感謝です。

心筋梗塞
しんきんこうそく

成因

遺伝的素因が関係しています。

糖尿病、高LDLコレステロール血症は、動脈硬化の要因になります。

心臓に栄養・酸素を与えている冠動脈(かんどうみゃく)が動脈硬化で狭窄すると、血栓など詰まりやすくなります。

冠状動脈が梗塞(こうそく)して、心臓へ血液が流れない状態が心筋梗塞です。

心筋細胞が酸素不足、栄養不足に陥り、細胞が壊死してしまいます。

危険因子
きけんいんし

女性6.jpg

糖尿病、高LDLコレステロール血症の他に、喫煙、ストレス、肥満(特に腹部肥満)、歯周病(口内フローラ)、高血圧、運動不足、筋肉痩せなどが危険因子です。

喫煙すると、体内で大量の活性酸素が発生します。活性酸素は動脈を傷付けます。傷付いた動脈にコレステロールがプラークのように沈着します。

現在、喫煙している人は、なるべく早く禁煙します。なお、喫煙は寿命を約7年短くします。

最近の医学では、筋肉痩せも、心筋梗塞の危険因子と考えられるようになりました。

筋肉は内分泌器官、または臓器としての役割があることがわかりました。

筋肉から分泌される生理活性物質をマイオカインと呼んでいます。

抗炎症作用のあるサイトカイン(IL−1ra、IL−10)、脂肪減少と関係するサイトカイン(IL−15)、血管新生と関係する成長因子(IGF−1、FGF−2)など有用なマイオカインを分泌しています。

検査
けんさ

冠動脈の状態を観察するのに最も重要な検査は、64列マルチスライスCT(MDCT,64列冠動脈CT)、心臓カテーテル検査です。

ちなみに、GE社製の64列マルチスライスCTを名古屋で最初に導入したのは、中部労災病院です。

心臓カテーテル検査の安全性と危険性

オペ室2.jpg

おもに手首の動脈から、カテーテル(管)を挿入して、血行動態検査と冠状動脈を造影する検査です。

現在、使用されているカテーテルは、直径約2mmで非常に柔らかく、手首の動脈から挿入できるようになりました。

心配なのは、心臓カテーテル検査の安全性と危険性です。

なお、医療機器の進歩で安心して施術を受けられるようになりました。

1%以下で、合併症が発症する危険性はありますが、重大な合併症を発症することはまずありません。

心理的ストレスで血管迷走神経反射(いわゆる脳貧血)を起すことがありますが、薬剤で対応できます。

中部労災病院の場合、3階に、循環器内科の病棟、ICU・CCU(10床)、手術室、血管撮影室(心臓カテーテル検査)が集中しています。

まずありませんが、もしもの時も、すぐに対応できるので安心です。

女性5.jpg

心臓カテーテル検査 名古屋

世間ではあまり知られていませんが、中部労災病院の循環器内科は施設・設備が整い、また、優秀なスタッフで構成されています。

Kotohaは、中部労災病院に入院して、心臓カテーテル検査を受けましたが、快適でした。

検査は30分程度の検査ですが、安心して検査を受けたいものです。

検査を担当していただきました鈴木麻友先生には感謝です。医師との信頼関係が最も大切と考えています。

信頼できる先生だから、安心して検査を受けることができます。

名古屋で心臓カテーテル検査を受けるのであれば、中部労災病院循環器内科がお薦めです。

ちなみに、鈴木先生の外来は月曜日です。

残念ながら、鈴木先生は、出身大学の大学病院循環器内科へ移動(平成29年4月)しました。

改訂版 確実に身につく心臓カテーテル検査の基本とコツ〜冠動脈造影所見 シェーマで,血管の走行と病変が読める!

新品価格
¥8,208から
(2016/11/19 18:14時点)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

激やせ西川史子の病気と鬱(うつ)による食欲不振

第2次ベビーブーマーの年齢が40代になりました。

40代以降、心疾患、脳血管疾患、悪性新生物(がん)、2型糖尿病など生活習慣と密接な病気が発症するようになります。

また、加齢によって免疫機能の異常が起きやすくなります。バセドウ氏病(甲状腺機能亢進症)、慢性萎縮性胃炎、潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患を発症することがあります。

会社の健康診断だけでなく、保健センターなど地域で行われているガン検診、住民検診を受けたいものです。市からの補助があり、低料金で受診できます。

経済的に余裕のある人は、人間ドックを受けたいものです。

ちなみにKotohaは名古屋に住んでいるので、名古屋市港区の中部ろうさい病院で人間ドックを受ける予定です。

1月に受けるように予約しました。

女性の場合、45歳以降は更年期障害の症状が現れます。ちなみに、現在、激ヤセの西川史子(にしかわあやこ)先生の年齢は45歳です。

急速に女性ホルモンが低下するため、自律神経バランスが崩れやすいです。鬱(うつ)などの症状が現れる場合があるので要注意です。

背伸び.jpg

さて、今回のブログでは、更年期障害をテーマにします。

つい、最近、西川史子(にしかわあやこ)さんの「激やせ」が話題になりました。

病気でないとのことですので、食欲不振によって、体重減少したものと思われます。

背景に更年期障害、ストレスが関係している可能性はあります。

更年期障害
こうねんきしょうがい

女性は50歳頃に閉経を向かえます。

30歳頃から女性ホルモンが低下します。

40歳になると急速に女性ホルモンのホルモンレベルが低下します。

女性ホルモンの低下で現れる病気として更年期障害があります。

45歳前後から、更年期障害の症状が現れやすいです。

ホルモン補充療法(HRT)

白衣.jpg

hormone replacement therapyの略称で、HRTで呼ばれることがあります。

米国を中心に、1990年代に、更年期障害の治療としてホルモン補充療法が盛んに行われました。若返りも期待できたため、人気化しました。

ただし、その後、乳癌、血栓症のリスクを高めるというデータが発表され下火になりました。

なお、最近の精度の高い研究で、ホルモン補充療法は動脈硬化を予防する効果があることがわかりました。

また、乳癌の発症リスクを高くしないことがわかってきました。

日本では、日本産科婦人科学会・日本更年期医学会によってつくられた「ホルモン補充療法ガイドライン」に沿って治療が行なわれています。

更年期障害の症状が強い場合は、ホルモン補充療法は選択肢のひとつになります。

なお、保険適応の治療になります。お近くの産婦人科、レディースクリニックで相談します。

更年期障害の症状を軽減するだけでなく、骨粗鬆症の予防、肌老化の予防も期待できます。

肌細胞が活性化して、肌のハリ・弾力がアップします。

ホルモン補充療法 薬

ホルモン補充療法の薬には、飲み薬と貼り薬があります。

胃腸が弱い人は、貼り薬が向いています。

エストロゲン単剤 貼るタイプ(塗るタイプ)

一般名 エストラジオール
商品名 エストラーナテープ(久光)
ジェネリック医薬品には、ジェルタイプのディビゲル(持田)、ル・エストロジェル(富士製薬)などがあります。

エストロゲン・プロゲステロン混合剤 貼るタイプ

一般名 エストラジオール・酢酸ノルエチステロン
商品名 メノエイドコンビパッチ(あすか)

その他、更年期障害は症状・体質に合わせて漢方薬が処方される場合があります。希望により、プラセンタ(メルスモン)による治療を受けることができます。いずれも保険適応です。

更年期障害と鬱(うつ)

更年期障害の特徴的な症状は、自律神経失調症のように、さまざまな症状が現れます。

女性ホルモンの低下で、自律神経バランスが崩れるからです。

特に現れやすい症状は、のぼせ、ほてりなどのホットフラッシュです。

また、ときに、うつ、よく眠れない睡眠障害などの症状が現れます。


うつ

ゆううつ気分になり、落ち込みやすくなります。

物事の考え方が悲観的になります。

また、やる気がなくなったりします。

食欲不振で、やせることがあります。

病的な場合は「うつ病」です。

辛い場合は、病院受診が大切です。

更年期障害による鬱に対して、抗うつ薬(SSRI)のパロキセチンのパキシル(GSK)、フルボキサミンマレイン酸塩のデプロメール(明治)、ルボックス(アッヴィ)などの薬が処方されます。

先発の薬価が高いので、後発のジェネリック医薬品がよく処方されています。

薬.jpg

西川史子
にしかわあやこ

年齢は45歳です(2016年11月)。

女医として人気があり、テレビ番組で活躍しています。

つい最近、西川先生の激痩せが話題になりました。

ガンなどの病気が疑われましたが、本人がTV番組で否定しました。健康とのことです。

実際、初期のガンで急激に体重が減少することはありません。

ただし、スキルス胃癌(印環細胞癌からの進展)、膵臓ガンで急激な体重減少することはあります。

本人が発表した通り、胃カメラ検査で正常と診断され、健康とのことです。

心配される印環細胞癌(いんかんさいぼうがん)・未分化癌から進展するスキルス胃癌は否定できます。

今後も、TV番組で活躍して欲しいものです。


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

うつ病の改善「太陽光線とβエンドルフィン」

秋から冬になると日照時間が短くなります。

日照時間と関係する「うつ病」を冬季うつ病(SAD)と呼んでいます。

太陽光線低下によるβエンドルフィン分泌の低下が関係していると考えられています。

うつ病は、「心の風邪」と呼ばれていますが、風邪のように短期間に治る病気ではありません。

あせらずに、時間をかけて治したいものです。

白衣.jpg

うつ病

原因

現在のところ、うつ病の原因はわかっていません。

現在のところモノアミン仮説が有力ですが、精神的ストレスによる海馬領域の神経損傷が原因と考えられるようになりました。

精神的ストレスで、副腎皮質から分泌されるコルチゾールによって、脳の海馬領域の神経が損傷するという仮説です。

脳の海馬領域における神経損傷仮説

脳は、脳神経細胞から構成されています。

脳神経細胞は接合していないため、神経伝達物質によって情報伝達しています。

分泌された神経伝達物質は受容体によって取り込まれて情報が伝えられます。

たとえば、セロトニンは感情と関係する神経伝達物質です。

セロトニンを分泌するシナプス、また取り込みをするセロトニン受容体が損傷していると、情報伝達がおかしくなります。

損傷の原因として、オーバーワーク、悩み事、長時間の思考、睡眠不足(質の悪い睡眠)、飲酒のアルコール、喫煙による活性酸素、精神的ストレス時に分泌されるコルチゾールなどがあります。

治療

うつ病の治療は、メンタルクリニックが得意としています。

医師の処方する薬を内服して治療します。

予防

女性10.jpg

オーバーワーク、悩み事、長時間の思考は、脳疲労を起こします。海馬領域への血液循環が滞ります。神経損傷の要因です。脳疲労を起さないような生活習慣を身に付けます。

喫煙は、大量の活性酸素を発生させます。脳だけでなく体全体にも悪影響を与えます。禁煙することが大切です。

アルコールは脳血液関門を通り抜け、脳に作用する薬物です。アルコール依存症が知られているように、脳に悪影響を与えます。

また、飲酒をすると、質の悪い睡眠になります。飲酒はストレス解消になると考えられていますが、ストレスの原因です。禁酒したいものです。

神経細胞の再生・修復

損傷した神経細胞を再生・修復することも大切です。

BDNF(脳由来神経栄養因子、brain-derived neurotrophic factor)が損傷した神経細胞を再生・修復します。

BDNFは、筋肉から分泌されるマイオカインのひとつです。

筋力トレーニングを行うことで、BDNF増加が期待できます。

太陽光線とβエンドルフィン

太陽.jpg

太陽光線を浴びると、皮膚からβエンドルフィンが産生することが医学的研究によってわかってきました。

βエンドルフィンは、うつ病の改善に有効です。

冬季うつ病(季節性感情障害)では、高照度光療法による治療が行なわれています。

屋外でウォーキング

朝、太陽光を浴びてウォーキングなどの有酸素運動をすることをお薦めします。

筋肉からのBDNF増加が期待できます。

また、皮膚からのβエンドルフィン産生も期待できます。

ロードバイク(自転車)も、筋力トレーニングになります。大腿筋を発達させます。通学・通勤に利用したいアイテムです。

BDNF、βエンドルフィンは、うつ病、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害(社交不安障害)の予防に有効と考えられています。

posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

ヨガ(瞑想)による心臓病予防とBNP検査

日本人死因の第1位は悪性新生物、第2位は心疾患、第3位は肺炎です。

心臓病の中でも、心筋梗塞などの虚血性心疾患による死亡が多いです。

心臓病は、生活習慣の改善で、予防可能な疾患です。

発症の原因である動脈硬化を予防したいものです。

予防に最も効果的な方法は、ウォーキングなどの有酸素運動です。

40代以降、デスクワークが多くなり運動不足になりがちです。

通勤時間を多いに利用して、ウォーキングしたいものです。

ヨガ(瞑想)は、心臓病の予防に有効です。実は、動脈硬化の影響力のある要因として精神的ストレスがあります。

行動パターンが、Aタイプ行動派の方が発症しやすいことが医学的研究でわかっています。つまり、頑張り屋さんが要注意です。

心臓病のマーカーになる血液検査にはBNP検査があります。

心臓病を早期発見するマーカーとして有用な血液検査です。

会社の健康診断、地域の住民健診に導入して欲しい検査項目です。

心筋梗塞
しんきんこうそく

白衣.jpg

原因

2型糖尿病、高LDLコレステロール血症で動脈硬化を起こしやすいです。

遺伝的素因も関係しています。

心臓の心筋に栄養(酸素、グルコースなど)を与える動脈には、冠状動脈(かんじょうどうみゃく)があります。

冠状動脈が動脈硬化を起すと、血液の通り道が細くなります。つまり、動脈の狭窄です。

冠状動脈の狭窄部位に血栓(けっせん)が詰まると、血液が滞り、心筋に酸素を与えることができなくなります。

酸素不足で心筋細胞が壊死した状態が心筋梗塞です。

心臓カテーテル治療で、早急に狭窄部位をステントで広げてやる必要があります。

要因

心筋梗塞の要因として、喫煙、ストレス、肥満、筋肉痩せ、インスリン抵抗性、糖尿病、抗尿酸血症、運動不足などがあります。

ストレスと心臓病

オフィス.jpg

精神的ストレスは心臓に負担をかけます。

精神的ストレスを受けると、副腎からコルチゾールなど抗ストレスホルモンが分泌されます。

コルチゾールは、血糖値を上昇させる作用があり、インスリン抵抗性、糖尿病を悪化させる要因になります。

精神的ストレスを受けやすい人は、性格特性・行動パターンがAタイプ行動派(タイプA型性格)の方です。

心臓病の予防

1年に1回、会社の健康診断、人間ドックを受診します。

仕事をしていない人は、地域の保健センター(または市立保健所)で行っている住民検診を受けます。

血液検査、心電図検査が重要です。

血液検査で重要な項目は、総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、LDL/HDL比、中性脂肪(TG)です。

人間ドックの場合、BNP検査も行っています。

心臓の病気のマーカーになります。

BNP検査とは

BNPとは、brain natriuretic peptideの略称で、日本語では脳性ナトリウム利尿ペプチドと呼んでいます。

BNPの正常値(基準値)は、上限値18.4pg /ml以下です。

心電図で発見できない心臓病を発見することができ、有用性が高い検査です。BNP検査を行うことで、心臓病の発見に役立ちます。

なお、残念ながら、現在のところ、BNPは会社の健康診断の血液検査項目には含まれていません。

40pg/mlは心臓病の疑いがあります。病院受診して精密検査を受けます。

ヨガ(瞑想)と心臓病予防

ウォーキングなどの有酸素運動は、心臓病予防に有効です。

腹部脂肪のアディポネクチン、骨格筋からのマイオカイン分泌が促されます。

血糖値、血圧、コレステロール・中性脂肪(TG)の正常化が期待できます。

また、太極拳、ヨガ、瞑想などの神経・筋強調運動も心臓病予防に有効です。

精神的ストレスを緩和し、有酸素運動同様に心臓病予防に有効とされます。

私の場合、久賀谷亮先生の「世界のエリートがやっている 最高の休息法」で紹介されているマインドフルネス瞑想を行っています。

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

新品価格
¥1,620から
(2016/10/16 10:02時点)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする