2017年04月14日

敏感肌用ノンケミカルCCクリーム SPF50+PA++++「サエル」

春になり紫外線量が増加しています。

レジャー、スポーツでは、大量の紫外線を浴びます。

紫外線は肌老化の最も影響力のある要因です。

女性5.jpg

シミ、シワ、たるみ、毛穴の開きの原因になります。

今回のブログでは、敏感肌用のCCクリームを紹介します。ノンケミカルでありながら、SPF50+、PA++++です。

製品名はディセンシア サエル ホワイト CCクリーム クリアリストです。

1品7役のCCクリームです。

老化
ろうか

そばかす.jpg

老化の原因は、遺伝子DNAのゲノムに書き込まれた老化プログラムと考えられています(仮説)。

現在の医学では老化を止めることができません。

近い将来、不老不死は無理でも、老化を遅らせることは可能と考えられています。

メトホルミン

薬.jpg

現在、米国では、寿命を伸長させる医薬品としてメトホルミンの臨床試験が行われています。

メトホルミンは2型糖尿病の薬です。

製品にはグリコラン錠(日本新薬)、メトグルコ錠(大日本住友)、メトホルミン塩酸塩錠(第一三共etc)などがあります。

薬価は同じであり、先発のメトグルコ錠がよく処方されます。

臨床試験中であり、実際の効果はわかりませんが、寿命を伸長させるとされます。

寿命を伸長させるサプリメント

寿命を伸長させると話題になったサプリメントには、アストラガルス(黄耆,オウギ)から抽出した成分を含むTA-65(T.A.SCIENCES社)があります。

また、レスベラトロール、ニコチン酸アミドリボシド(NR)、ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)などが話題になりました。

あくまでもサプリメントであり、少数の動物実験のデータてあり、ヒトへの効果はわかりません。

なお、レスベラトロールについては、懐疑的な文献が多いです。

ちなみに、私の場合、メイトーのビフィズス菌LKM512を飲んでいます。





肌老化
はだろうか

肌老化の原因は、同様に遺伝子DNAのゲノムに書き込まれた老化プログラムによるものです。

要因には、紫外線による光老化、炎症性サイトカインによる炎症、活性酸素による酸化、AGEsによる糖化、毛細血管減少による血行不良などがあります。

肌老化の約80%は紫外線による光老化と考えられています。

太陽.jpg

1年を通してUVケアが大切です。

最近では、紫外線だけでなく、近赤外線も肌老化の要因になると考えられるようになりました。

外出時は、紫外線カット・赤外線カットの遮光傘を利用したいものです。

美意識の高い女性の必須アイテムです。

ディセンシア
サエル ホワイト CCクリーム クリアリスト

ポーラ・オルビスホールディンクスグループのブランドです。

ポーラの皮膚科学研究が応用されています。

ディセンシア サエル ホワイト CCクリーム クリアリスト 25g

新品価格
¥4,580から
(2017/4/8 19:23時点)




1品7役

サエル CCクリームは、1品7役です。

保湿効果、化粧下地、薄化粧、紫外線カット、くすみの3原色ケア、環境ストレスカット、外部刺激ブロックの7役です。

紫外線カット効果は、紫外線吸収剤フリー(紫外線吸収剤不使用、ノンケミカル)でありながら、SPF50+、PA++++です。

全成分表示

シクロペンタシロキサン、水、酸化チタン、BG、イソノナン酸イソノニル、グリセリン、PEG−10ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、酸化亜鉛、ジメチコン、カプリリルメチコン、セスキオレイン酸ソルビタン、ポリグリセリル−3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、水酸化Al、ローズ水、ワセリン、セイヨウノコギリソウエキスグリチルリチン酸2Kコウキエキスムラサキシキブ果実エキス、マロニエエキス、セラミド2サッカロミセス/ハトムギ種子発酵液オウゴン根エキス、ローズマリーエキス、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ハイドロゲンジメチコン、PEG−32、PEG−6、含水シリカ、トリメトキシシリルジメチコン、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル−10、PPG−23ステアレス−34、ステアロイルグルタミン酸2Na、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル−2、セタノール、メタクリル酸メチルクロスポリマー、酸化鉄、硫酸Mg、ホウケイ酸(Ca/Al)、シリカ、マイカ、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

成分表示の通り、紫外線吸収剤は使用していません。

ポーラが開発した紫外線散乱剤スラリーを採用しています。

紫外線散乱剤のみで、SPF50+、PA++++を達成しています。敏感肌で利用したいCCクリームです。

保湿成分
セラミド2

保湿効果の高い美容成分としてヒト型セラミド2を採用しています。

さらに、ナノ化したヒト型セラミド2です。

抗保湿ケアが期待できます。

美容成分

セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウ(西洋鋸草)から抽出した植物エキスです。

別名は、ヤロウエキス、アキレアエキスです。

SOD様の抗酸化作用、抗炎症作用、美白作用が期待できます。

肌荒れを予防します。

グリチルリチン酸2K

抗炎症作用があり、肌荒れを予防します。

肌荒れを予防する医薬部外品の薬用コスメにも利用されます。

コウキエキス

黄杞葉(こうきよう)から抽出した植物エキスです。

抗炎症作用があり、肌荒れを予防します。

ムラサキシキブ果実エキス

ムラサキシキブの果実から抽出した植物エキスです。

活性酸素を消去する抗酸化作用、美白作用が期待できます。

サッカロミセス/ハトムギ種子発酵液

ハトムギ を酵母で醗酵、濾過した成分です。

酵母由来の天然ビタミンを含みます。

また、ハトムギは肌細胞を活性化します。

健やかな肌をつくります。

オウゴン根エキス

オウゴン根から抽出した植物エキスです。

抗炎症作用があり、肌荒れを予防します。

また、オウゴン根エキスは、マトリックスメタロプロテアーゼ1(MMP1,コラゲナーゼ)を抑制します。

排気ガスなどの環境ストレスから肌を守ります。

敏感肌では、自分の肌に合うかどうか試す必要があります。

トライアルセットがお薦めです。



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

腹部脂肪を減少!?サプリ「甘草グラボノイド」

女性は、思春期以降、脂肪沈着して女性らしい体型をつくっています。

ただし、モデル体型に憧れ、無理なダイエットをする方もいます。

ダイエットに効果的な方法は、正しい栄養療法と運動療法です。

食生活の中で、炭水化物をカットすると、一時的に減量が可能です。

ただし、筋肉痩せを起こして太りやすい体質になるので注意が必要です。

美女.jpg

今回のブログでは、アサヒフードアンドヘルスケアの機能性表示食品ディアナチュラ 甘草グラボノイドを紹介します。

サプリメントタイプの機能性表示食品です。

甘草由来グラブリジンを含む食品であり、「体脂肪の増加を抑える」が機能です。

腹部の内臓脂肪

男性

男性は20歳以降、ジワジワと体重が増加します。

飲酒の習慣があると、脂肪肝になりやすく、内臓脂肪がつきやすいです。

腹部脂肪は内分泌臓器と考えられていて、アディポネクチンを分泌しています。

脂肪を燃焼させ、また、インスリン抵抗性を改善する効果が期待できます。

肥満、動脈硬化、2型糖尿病の予防効果が期待できます。

なお、脂肪細胞中に多量の脂肪が蓄積すると、アディポネクチン分泌は低下します。

内臓脂肪量と血中アディポネクチン濃度は逆相関の関係です。

ぽっこりお腹では、逆効果です。負のスパイラルに陥りやすいので注意したいものです。

女性

思春期から18歳頃まで皮下脂肪が沈着しやすい時期です。

遺伝子のゲノム情報に従って、美しい女性らしい体型がつくられます。

20〜24歳は脂肪が沈着しにくい時期です。

出産時期に適した年齢で、脂肪が沈着しにくい時期と考えられています。

この時期に正しい食事療法と運動療法をすることで、効果的なダイエットが可能です。

女性の肥満は、更年期以降に見られます。

女性ホルモンの低下が原因です。

運動療法

ウォーキング.jpg

1日40分以上、週5日以上の有酸素運動が有効です。

基礎代謝が上昇して、痩せやすい体質になります。

また、筋肉が強化されると、筋肉からマイオネクチンが分泌されます。

アディポネクチン様の作用が期待できます。

甘草グラボノイド

ディアナチュラの機能性食品の名称は甘草グラボノイドです。

有効成分は甘草由来グラブリジン(かんぞうゆらいぐらぶりじん)です。

生薬の甘草は、甘草の根茎(こんけい)から水性抽出した成分が利用されています。

有効成分はグリチルリチンであり、炎症を抑える作用があります。

ほとんどの漢方薬に配合されています。

グリチルリチン2K(甘草から抽出したグリチルリチンにカリウム塩を結合した成分)は、医薬品、医薬部外品の化粧品に利用されています。

甘草グラブリジンは、甘草の根茎から油性抽出した成分です。

有効成分はグラブリジンです。肝臓の脂肪を燃焼させる作用、脂肪合成を抑制する作用が確認されています。

ヒトの対照試験でも、甘草グラブリジン3mg、12週間の投与で、プラセボに比べて体重減少(BMI低下)が確認されています。

体脂肪を減らす機能性食品

体脂肪を減らす機能性食品には、葛の花由来イソフラボン、ビフィズス菌B-3(ビースリー)、乳酸菌CP1563株、甘草由来グラブリジン、ローズヒップ由来ティリロサイド、りんご由来プロシアニジン、エピガロカテキンガレートなどがあります。

毎日、摂取することで、ダイエットの意識付け効果はあるものと思います。

1日40分以上の有酸素運動の意識付けです。

楽天市場

>【機能性表示食品】ディアナチュラゴールド 甘草グラボノイド 30日分(60粒)【Dear-Natura(ディアナチュラ)】

価格:1,425円
(2017/4/8 17:50時点)




アマゾン

ディアナチュラゴールド 甘草グラボノイド30日分 60粒 [機能性表示食品]

新品価格
¥1,200から
(2017/4/8 17:47時点)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

敏感肌のエイジングBBクリーム「ディセンシア アヤナス」

働く女性が増えてきました。

朝のスキンケア、メークに時間がかかります。

時間がない日は、BBクリームを利用します。

女性10.jpg

今回のブログでは、敏感肌用のBBクリームを紹介します。

エイジングケアの美容液成分を配合した製品で、1品7役の製品です。

ポーラ・オルビスホールディンクスのブランド「ディセンシア」の製品、製品名はディセンシア アヤナス AS BBクリームです。

年齢に合ったファンデーション、BBクリームを利用したいものです。

年齢肌

加齢とともに、肌の艶を失い、肌のハリが低下します。

また、長年の肌負担で小ジワ、毛穴、色ムラが目立つようになります。

30〜35歳頃からエイジングケアをはじめたいものです。

エイジングケアで大切なのは、紫外線の防御と肌荒れ予防です。

肌老化の影響力のある原因です。

肌老化の約80%は、紫外線による光老化と考えられています。1年を通して日焼け止めを利用したいものです。

太陽.jpg

BBクリーム

日焼け止め、化粧下地、美容液、薄化粧などの役割があるクリームをBBクリームと呼んでいます。

もともとはドイツで開発され、韓国でブレイク、日本でもBBクリームが普及しました。

現在では韓国コスメ、国産コスメだけでなく、米国製、フランス製のBBクリームが登場しました。

ジェーン・アイルデール、ベアミネラル、ディオール、エスティローダー、エリザベスアーデン、クラランスなどのBBクリームがあります。

敏感肌用には、フランス製のラロッシュポゼ イドレアーヌBBクリームがあります。

忙しい女子大学生・若い女性会社員に支持されています。

朝、洗顔後、BBクリームを塗り、微粒子のフェイスパウダー(プレストパウダー、ルースパウダー)で整えます。

敏感肌エイジング
ディセンシア アヤナス AS BBクリーム

ディセンシアは、敏感肌用に設計された化粧品ブランドです。

ベーシックケアの「つつむ」、ホワイトニングケアの「サエル」、エイジングケアの「アヤナス」があります。

1品7役

外部刺激ブロック、保湿、化粧下地、UVカット、エイジングケア、薄化粧、毛穴補正の7役の機能があるBBクリームです。

エイジングブランド「ボーラ」の技術が利用されています。

スムースクリアビーズで毛穴を補正します。また、光拡散作用で毛穴が目立たなくなります。

また、加齢による黄ぐすみをカバーして、肌に艶を出し、肌のキメを整えます。

全成分表示

シクロペンタシロキサン、グリセリン、水、酸化チタン、トリエチルヘキサノイン、BG、PEG−10ジメチコン、ジメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、タルク、酸化鉄、アルギン酸硫酸Naコウキエキス、セラミド2、ヒアルロン酸Na、ポリHEMAグルコシド、グリチルリチン酸2K、フィトステロールズ、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、オルメニスミクスタ花水、トコフェロール、セタノール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トリメトキシシリルジメチコン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸、ステアリン酸スクロース、パルミチン酸スクロース、パルミチン酸デキストリン、ポリグリセリル−3ジシロキサンジメチコン、オレイン酸ポリグリセリル−2、メタクリル酸メチルクロスポリマー、水酸化Al、硫酸Mg、(アクリル酸アルキル/ジメチコン)コポリマー、シリカ、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

保湿成分

保湿成分としてグリセリンを中心としてセラミド2、ヒアルロン酸Na、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNaを配合しています。

魅力的な保湿成分として、保湿効果の高いナノ化したヒト型セラミド2を採用しています。

肌への浸透性が高く、高保湿ケアが期待できます。

美容液成分

アルギン酸硫酸Na

ポーラ、ディセンシアでは、CVアルギネートと呼んでいます。

化粧品表示名称はアルギン酸硫酸Naです。

コラーゲン生成を促します。肌のハリ・弾力アップが期待できます。

コウキエキス

別名はコウキ葉エキスです。

黄杞葉(こうきよう)から抽出した植物エキスです。

ジヒドロフラボノール配糖体のアスチルビンアスチルビンを豊富に含み、肌の炎症を抑えます。

微弱炎症による肌老化を予防します。

また、肌荒れ予防の成分として、グリチルリチン酸2Kも配合しています。

詳しくはコチラ


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

甘草フラボノイド(グラブリジン)配合「ホワイティシモ 薬用ローション」

1年を通して、日焼け止め、美白コスメを利用したいものです。

美白コスメは意外と価格が高く経済的に負担になります。

適正価格で販売される美白コスメを利用したいものです。

今回のブログでは、ビタミンC誘導体、甘草フラボノイド(グラブリジン)、クララエキス(クジンエキス)を配合した薬用コスメを紹介します。

ポーラの美白ブランド「ホワイティシモ」の製品です。

製品名はホワイティシモ 薬用ローション ホワイトです。

150mLで本体価格4,860円(税込)、リフィル 4,428円(税込)で適正価格の薬用美白コスメです。

美女.jpg

シミ

20代の頃は美しい肌ですが、加齢とともに、シミ、ソバカスが濃くなり、メラニンぐすみ、色ムラが気になります。

また、肌の透明感を失います。

20代の頃は、自分の肌に過信して、海で日光浴したり、長時間、屋外でスポーツをしたりします。

紫外線による負担により、後々、シミ、メラニンぐすみ、色ムラに悩むようになります。

太陽.jpg

情報社会になり、肌老化の約80%は紫外線による光老化であることが浸透してきています。若い年齢からUVケアを行うようになりました。

また、若い年齢から美白コスメを利用するようになりました。

私が利用している日焼け止めは、敏感肌用のマルホ2eドゥーエ(ノンケミカル)です。
(旧称:資生堂2e)

紫外線散乱剤で設計された日焼け止めで、疾患肌、敏感肌用の日焼け止めです。

ノンケミカル(紫外線吸収剤フリー、紫外線吸収剤不使用)でありながら、SPF45、PA++++です。

>【ゆうメール便!送料80円】2eドゥーエ 日焼け止め(ノンケミカル)40g (日やけ止め サンスクリーン 2e ドゥーエ 敏感肌 子供用 紫外線対策 グッズ UVカット)

価格:2,046円
(2017/4/8 14:24時点)
感想(290件)




美白成分

美白成分には、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、ルシノール、トラネキサム酸、ニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)、リノール酸などがあります。

これら美白成分に、作用機序の異なる美白作用のある植物エキスを配合したコスメが増えてきました。

今回、紹介するホワイティシモ 薬用ミルクでは、ビタミンC誘導体、甘草フラボノイド(グラブリジン)、クララエキス(クジンエキス)を配合した薬用コスメです。

紫外線量の多い春夏に利用したい製品です。

POLA
ホワイティシモ 薬用ローション ホワイト

容量 150mL
本体価格 4,860円(税込)
リフィル 4,428円(税込)

水、グリセリン、BG、アスコルビン酸2−グルコシド、ペンチレングリコール、PEG(30)、PEG−8、カンゾウフラボノイド(2)クララエキス−1、マヨラナエキス、アスパラサスリネアリスエキス、濃グリセリン、水酸化大豆リン脂質、ゴボウエキス、桑エキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、POE・ジメチコン共重合体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、グリチルリチン酸2K、ローズ水、オレンジフラワー水、ジグリセリン、水酸化K、POE水添ヒマシ油、キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン

アスコルビン酸2−グルコシド

部外品表示名称はアスコルビン酸2−グルコシド、化粧品表示名称はアスコルビルグルコシドです。

安定性が高いビタミンC誘導体であり、薬用美白コスメによく配合されます。

メラニン生成に関係するチロシナーゼを抑制する作用が期待できます。

また、黒色メラニン色素を肌色メラニン色素に還元する作用があります。

その他、コラーゲン生成を促す作用、過剰な皮脂を抑制する作用が期待できます。

カンゾウフラボノイド(2)

部外品表示名称はカンゾウフラボノイド(2)、化粧品表示名称は甘草フラボノイドです。

甘草の根から油性抽出した植物エキスです。

フラボノイドのグラブリジンを豊富に含みます。

油性植物エキスであり、肌奥へ浸透するのが特色です。

肌での滞在時間が長く、作用時間が長いです。

抗炎症作用がある美白成分です。

ちなみに、米国では、サプリメントとしてグラブリジン含有甘草抽出物が人気です。腹部脂肪の減少効果が期待できます。

国産サプリでは、ディアナチュラゴールド 甘草グラボノイドなどがあります。

クララエキス−1

部外品表示名称はクララエキス−1、化粧品表示名称はクララ根エキスです。

別名はクジンエキスです。

クララ根から抽出した植物エキスです。

抗炎症作用がある美白成分です。

ポーラ公式サイト

ポーラで管理された品質のよい製品が購入できます。

「ブランドで選ぶ」「ホワイティシモ」の順でクリックして下さい。

ポーラ公式ホームページ



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

肌荒れの修復!アサガオカラクサエキス配合「アリュー ミルク」

春は肌荒れを起こしやすい季節です。

新年度による環境変化で、心理的ストレスを受けやすいからです。

心理的ストレスによって分泌される神経伝達物質サブスタンスPは、炎症性サイトカインを誘導します。

肌荒れの要因になります。

オフィス.jpg

さて、今回のブログでは、肌荒れを修復するコスメとして、アリュー ミルクを紹介します。

ALLUアリューは、ポーラの新ブランドです。

アリューは、肌細胞の成長ホルモン受容体、女性ホルモン受容体を増やす成分としてアサガオカラクサエキスを配合しています。

自然治癒力で肌の修復を期待できます。

肌荒れ

肌細胞が炎症を起した状態が肌荒れです。

乾燥による肌荒れ

画像7.jpg

冬の湿度低下で、肌角層の水分が奪われます。

肌バリア機能が低下して、容易にアレルギー物質・病原体(細菌・マラセチア)が侵入します。

炎症性サイトカインが誘導され、負のスパイラルに陥りやすいです。

冬の肌荒れが春まで持続することがあります。

紫外線による肌荒れ

太陽.jpg

紫外線は、直接、肌細胞を傷害する光です。

肌が赤くなり、炎症を起します。

紫外線から肌を防御するため、メラノサイトはメラニン色素を産生します。

メラノサイトがDNA損傷を起すと、局所的に過剰にメラニン色素を産生します。日光性黒子の原因です。

1年を通して、ノンケミカルの日焼け止めを利用したいものです。

肌の修復

モイスト療法

肌細胞を修復する方法には、モイスト療法があります。

湿潤療法とも呼ばれています。

ワセリンで密閉することで、自らが産生するグロースファクター(成長因子)で肌の修復をめざします。

洗顔後、ワセリンを肌に塗るだけの簡単な方法です。

私の場合、1〜2週間に1回の割合で、モイスト療法を行っています。

なお、ニキビのある人は逆効果ですので注意して下さい。

私が使用している純度の高い白色ワセリン「サンホワイトP-1(日興リカ)」

>サンホワイトP-1 チューブ 50g[サンホワイト ワセリン]【6_k】

価格:1,296円
(2017/4/8 12:45時点)




睡眠

肌細胞は睡眠時に修復されます。

睡眠時間は大切です。

肌修復に必要な睡眠時間は6時間と考えられています。

肌細胞の修復には、成長ホルモン、女性ホルモン、栄養素が必要です。

成長ホルモンは、肌細胞の成長ホルモン受容体に結合することで肌細胞が活性化します。

なお、加齢とともに成長ホルモン受容体が減少します。

また、紫外線は成長ホルモン受容体を損傷させます。UVケアも大切です。

植物エキスのアサガオカラクサエキスは、成長ホルモン受容体を増やす作用が期待できます。

ALLU
アリュー ミルク

価格 7,560円(税込)
送料無料(2017年4月現在)

全成分表示

水、グリセリン、プロパンジオール、水添ポリオレフィン(C6−14)、メドウフォーム油、ジグリセリン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、マルチトール、エチルヘキサン酸セチル、PEG−32、PEG−6、水添ナタネ種子油、ジステアリン酸ポリグリセリル−3メチルグルコース、エタノール、ジメチコン、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ポリメタクリロイルリシンアサガオカラクサエキス、オタネニンジンエキス、トウニンエキス、アルニカエキス、シナノキエキス、イザヨイバラエキス、ゴボウエキス、ルイボスエキス、オトギリソウエキス、BG、キサンタンガム、ベヘニルアルコール、セタノール、カルボマー、ステアリン酸スクロース、トコフェロール、パルミチン酸スクロース、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

アサガオカラクサエキス

ハーブ.jpg

アサガオカラクサから抽出した植物エキスです。

表皮細胞、真皮層の線維芽細胞の成長ホルモン受容体、女性ホルモン受容体(エストラジオール受容体)を増やす作用が期待できます。

ポーラの研究により明らかになりました。

表皮細胞を健やかに保ちます。

また、線維芽細胞が活性化することで、コラーゲン生成が促されます。

なお、睡眠時間が最も大切です。

睡眠時に成長ホルモンの分泌が盛んになります。

また、成長ホルモン、女性ホルモン、栄養素を運ぶ毛細血管の強化も大切です。

ポリメタクリロイルリシン

ポリメタクリロイルリシンは、損傷した表皮角層のアニオンサイトに吸着する性質があります。

損傷した皮膚を保護します。

肌の修復が期待できます。

トウニンエキス

血管内皮細胞の接着能を強化する美容成分です。

毛細血管の強化が期待できます。

ポーラ公式サイト

ポーラで管理された品質のよい製品が購入できます。

「ブランドで選ぶ」「ALLU アリュー」の順でクリックして下さい。

ポーラ公式ホームページ



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

大人の毛穴ケア成分グリチルレチン酸ステアリル配合「ノブ L&W」

桜が満開の時期ですが、全国的に曇です。

残念ですね。

私の住む名古屋では、本日は晴天です。

名古屋では、山崎川、名古屋城、東山動植物園が桜の名所です。夜桜が楽しめるのは、鶴舞公園。バーベキューが可能なのは荒子川公園です。

今日は、荒子川公園を散歩する予定です。

桜2.jpg

さて、今回のブログでは、大人の毛穴ケアをテーマにします。

毛穴で炎症を起すと毛穴周囲の角質異常を起こします。「毛穴の開き」が気になるようになります。

毛穴の炎症を抑制する医薬部外品の成分はグリチルレチン酸ステアリルです。

脂溶性の性質があり毛穴から浸透します。

医薬部外品の有効成分としてグリチルレチン酸ステアリルを配合した薬用化粧品として、常盤薬品工業ノブ L&W エンリッチクリームを紹介します。

ノブ L&Wは、ノブ(NOV)のエイジングケア用ブランドです。

敏感肌のエイジングケアにお薦めのブランドです。

美女.jpg

脂性肌と毛穴

思春期では、過剰な皮脂の不飽和脂肪酸の影響で、毛穴周囲の角質細胞が不全角化を起こす場合があります。

毛穴の開きの原因で、マイクロスコープで観察すると、すり鉢状(漏斗状)に観察できます。

脂性肌(オイリースキン)の悩みで、鼻、頬の「毛穴の開き」が気になります。

すり鉢状毛穴の予防には、美容成分のグリシルグリシンが有効です。

資生堂、ナビジョン(旧称:資生堂ナビジョン)で採用された美容成分です。

美容皮膚科では、医療用グリシルグリシンによるエレクトロポーレーションによるお手入れがあります。

>【メール便】【お得なセット】 資生堂 ナビジョン GGエッセンス ハイドロキノン石けんミニ 【ニキビ対策/美容液/】[ 無香料無着色・保湿成分 ][ NAVISION ]

価格:3,240円
(2017/4/8 10:57時点)
感想(163件)




大人の毛穴

白衣.jpg

女性の場合、20代以降は皮脂分泌が低下しますが、毛穴が目立つようになることがあります。

原因は炎症ですが、機械的刺激、脱水毛穴、化粧品アレルギーによるものです。

また、加齢による肌のハリ・弾力が低下すると「たるみ毛穴」が気になります。

毛穴の炎症を抑制する代表的な美容成分は、グリチルレチン酸ステアリル、甘草フラボノイドです。

いずれも脂溶性の成分で、毛穴から浸透します。

機械的刺激

クレンジング・洗顔が肌負担になります。

洗顔で擦りやすい鼻、頬の毛穴が目立つようになります。

クレンジングはクリームタイプでやさしくメイクオフしたいものです。

洗顔もよく泡立ててやさしく洗顔します。

脱水毛穴

乾燥肌(ドライスキン)の場合、保湿が不十分であると、肌が乾燥します。

角層水分量が低下して、肌バリア機能を起こします。

表皮だけでなく、毛穴の炎症を起す場合があります。

脱水毛穴と呼び、毛穴の開き、大人ニキビの原因になります。

化粧品アレルギー

肌に合わない化粧品を使用すると化粧品アレルギーを起します。

ある特定の美容成分、化粧品グレードの低い原料にアレルギー反応を起します。

発赤、かゆみなど急性反応が起きるとわかりやすいですが、慢性反応の場合、わかりにくいです。

慢性反応の場合は、

肌が黒くなる。

小ジワが増加する。

毛穴が開く。

などの症状が現れます。

敏感肌用コスメでお手入れします。

グリチルレチン酸ステアリル

中医(漢方)の生薬である甘草は、抗炎症作用があります。炎症を抑制する生薬です。

ほとんどの漢方薬に配合される生薬です。

甘草の根から水性抽出した美容成分(部外品)はグリチンリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)です。

敏感肌用のコスメによく配合されます。肌荒れを予防します。

角層細胞に浸透しますが、毛穴には浸透しにくいです。毛穴には皮脂が充満しているからです。

グリチルレチン酸ステアリルは脂溶性(油溶性)の性質があります。

細胞間脂質、毛穴から浸透します。

また、肌での滞在時間が長く、効果が持続します。

なお、甘草の根から油性抽出した甘草フラボノイド(グラブリジン)も、毛穴の炎症を抑制します。

甘草フラボノイドの場合、抗炎症作用だけでなく美白作用もあります。

ノブ L&W 
ノブ エルアンドダブル

皮膚科医が推奨する敏感肌向けのブランドがノブ(NOV)です。

化粧品グレードの高い原料を用い、低刺激性に設計されています。

ノブ L&Wは、敏感肌×エイジングケアのブランドです。

コラーゲン生成を促す美容成分としてN−アセチル−L−ヒドロキシプロリンを配合しているのが特色です。

肌のハリ・弾力アップ、小ジワ予防が期待できます。

グリチルレチン酸ステアリル配合
ノブ L&W エンリッチクリーム

48g
価格 5,616円(税込)

医薬部外品の薬用クリームです。

全成分表示

医薬部外品の製品であり、成分表示は部外品表示名称になっています。

有効成分
L−アスコルビン酸 2−グルコシド
グリチルレチン酸ステアリル

その他の成分
水、BG、濃グリセリン、スクワラン、硬化油、ベタイン、バチルアルコール、ジグリセリン、ベヘニルアルコール、パルミチン酸セチル、親油型モノステアリン酸グリセリル、ヒアルロン酸Na−2、α−グルコシルグリセロール液、DL−PCA・Na液、乳酸Na液、ヒドロキシステアリン酸コレステリル、ユビデカレノンdl−α−トコフェロール 2−L−アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、セリン、N−アセチル−L−ヒドロキシプロリン、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、クエン酸Na、ヒドロキシエチルセルロース、ネオペンタン酸イソステアリル、ジメチコン、水酸化Na、フェノキシエタノール.

医薬部外品の美白成分としてL−アスコルビン酸 2−グルコシド、抗炎症成分としてグリチルレチン酸ステアリルを配合しています。

保湿成分

BG、濃グリセリンを中心に、ヒアルロン酸Na−2、α−グルコシルグリセロール液(α-GC)、DL−PCA・Na液、ヒドロキシステアリン酸コレステリル、セリンを配合しています。

ノブの特色である敏感肌の高保湿ケアが期待できます。

ユビデカレノン

部外品表示名称はユビデカレノンで、化粧品表示名称はユビキノンです。

コエンザイムQ10のことで、肌細胞を活性化します。

肌にうるおいを与えます。

dl−α−トコフェロール 2−L−アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩

部外品表示名称はdl−α−トコフェロール 2−L−アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩で、化粧品表示名称は(アスコルビル/トコフェリル)リン酸Kです。

アスコルビル(ビタミンC)とトコフェリル(ビタミンE)が結合した成分で、Wの効果が期待できます。

リン酸化することで水溶性の性質があります。

脂溶性(油溶性)の抗炎症成分としてグリチルレチン酸ステアリルを配合しています。

毛穴から浸透して、毛穴の炎症を抑制します。

大人の毛穴ケアに利用したい製品です。

常盤薬品工業
ノブ L&W公式サイト

まずは、トライアルで自分の肌に合うかどうか試して下さい。

ノブ(NOV)で品質管理された、品質のよい製品を購入することができます。




posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 毛穴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

ルシノール配合 薬用美白「ポーラ ホワイトショットSX」

春になり日焼けが心配な季節に入ります。

紫外線によりメラニン色素がつくられます。

シミ、ソバカスが増え、また、色が濃くなります。

また、色ムラ、メラニンぐすみの原因になります。

女性5.jpg

さて、今回のブログでは、医薬部外品の美白コスメを紹介します。

医薬部外品の有効成分としてルシノール(4‐n‐ブチルレゾルシン)、安定型ビタミンC誘導体(アスコルビン酸2‐グルコシド)を配合しています。

製品名は、薬用美白「ポーラ ホワイトショットSX」です。

また、最近の美白コスメでは、医薬部外品の有効成分に加えて、作用機序の異なる美白植物エキスを配合しています。

ハーブ.jpg

ホワイトショットSXも美白作用が期待できる植物エキスを配合しています。

表皮ターンオーバーを促進する複合植物エキスとしてm-シューター(クロレラエキス、カッコンエキス、アロエエキス−2)を配合。

NF‐κB(エヌエフカッパビー)を抑制、またメラノサイトの増殖を抑制する複合植物エキスとしてクリアノール(アーティチョークエキス、ユズセラミド) を配合。

メラノサイト刺激ホルモンを抑制する複合植物エキスとしてC‐RNAエキス(モモ葉エキス、スターフルーツ葉エキス) を配合。

また、最も魅力的な美白成分は、ルシノール、アスコルビン酸2‐グルコシド、ショウキョウチンキ、マヨラナエキス(マジョラムエキス)、クジンエキス(クララエキス−1)からなる複合成分ルシノールEXです。

ルシノールEXはエマルション化して浸透性を高めています。肌での持続時間が長く、効果を発揮します。ポーラでは、ショットデリバリー処方と呼んでいます。

紫外線とシミ

太陽.jpg

紫外線のうち、紫外線B波(UVB)は、肌の炎症、シミ、メラニンぐすみ、色ムラの最も影響力のある原因です。

また、夏の皮脂分泌量は冬の約2倍です。

皮脂は、肌を弱酸性に保つ役割がありますが、化学的に不安定であり、紫外線によって酸化分解します。過酸化脂質、遊離脂肪酸へ変化します。

過酸化脂質・遊離脂肪酸は刺激物質であり、過脂化メラニン、肌荒れ(病的な場合は脂漏性湿疹)、毛穴の開きの原因になります。

皮脂分泌量が増加する春から夏は、特に紫外線に気をつける必要があります。

加齢と表皮ターンオーバー

そばかす.jpg

加齢とともに、表皮ターンオーバーが停滞します。

20歳の表皮ターンオーバーは約28日ですが、30歳で約40日、50歳で約60日、60歳で約100日です。

加齢とともに、表皮に蓄積した黒色メラニン色素が排出しにくくなります。

加齢とともに、シミが濃くなります。

シミ、ソバカスなど美白ケアでは、表皮ターンオーバーを促進することも大切です。

表皮ターンオーバーを促進する美容成分には、4‐MSK(4‐メトキシサリチル酸カリウム塩)、エナジーシグナルAMP(アデノシン一リン酸二ナトリウムOT)、乳酸、グリコール酸、グルコノラクトン、カプリロイルサリチル酸などがあります。

4‐MSKは資生堂、エナジーシグナルAMPは大塚製薬が開発した、厚生労働省が許可の美白成分です。

乳酸とグリコール酸はAHA(アルファヒドロキシ酸)、グルコノラクトンはPHA(ポリヒドロキシ酸)、カプリロイルサリチル酸はLHA(リポヒドロキシ酸)に分類されるピーリング成分です。

ポーラ ホワイトショットSXでは、複合成分m-シューターを配合しています。

クロレラエキスカッコンエキスアロエエキス−2から構成される複合成分で、ポーラではm-シューターと呼んでいます。

表皮細胞を活性賦活化する成分としてクロレラエキス・カッコンエキス、抗炎症作用のあるアロエエキス−2を配合しています。

おだやかに表皮ターンオーバーを促します。

同成分の化粧品原料には、バイオアンテージB(一丸ファルコス)があり、美白コスメに利用されています。

なお、美容皮膚科のホームケアであるトレチノイン・ハイドロキノン療法、オバジ ゼオスキンでは、表皮ターンオーバー促進する成分としてトレチノインが使用されます。

効果が強いため医師による観察が必要です。

皮脂とメラニンキャップ

皮脂は保湿成分と思われがちですが、保湿効果は非常に弱いです。

肌保湿の重要な成分はセラミドなどの細胞間脂質、アミノ酸などの天然保湿因子(NMF)です。

皮脂の役割は、肌を弱酸性に保つことです。病原性のある細菌・真菌(マラセチアなど)の感染から守っています。

皮脂は不安定であり、酸化しやすい油脂です。

酸化して過酸化脂質、分解して遊離脂肪酸へ変化します。

過酸化脂質は、過脂化メラニンキャップを形成する原因です。

メラニンキャップを分解する美容成分にはビワ葉エキスがあります。

ビワ葉エキスは抗炎症作用のある美容成分ですが、美白作用があります。

ポーラでは、ビワ葉エキスをSCリキッドと呼んでいます。

ポーラ ホワイトショットSX

全成分表示

有効成分
4−n−ブチルレゾルシン(ルシノール)、アスコルビン酸2−グルコシド

その他の成分
水、シクロペンタシロキサン、BG、グリセリン、POE・ジメチコン共重合体、無水ケイ酸、高重合ジメチコン−1、クロレラエキス、カッコンエキス、アロエエキス−2、グリチルリチン酸2K、ビワ葉エキス、アーティチョークエキス(アーチチョークエキス)、ユズセラミド、ショウキョウチンキマヨラナエキス、桃葉エキス(モモ葉エキス)、スターフルーツ葉エキス(ゴレンシ葉エキス)、クララエキス−1、ショ糖脂肪酸エステル、水酸化K、無水エタノール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、ワセリン、イソステアリン酸ソルビタン、クエン酸Na、エタノール、オレイン酸PEG、クエン酸、ジステアリルジメチルアンモニウムヘクトライト、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール、メチルパラベン.

魅力的な美容成分

複合成分
ルシノールEX

ルシノール、アスコルビン酸2‐グルコシド、ショウキョウチンキ、マヨラナエキス(マジョラムエキス)、クララエキス−1(クジンエキス)から構成されます。

ルシノール

ポーラが開発した美白成分です。

ルシノールは通称で、正しくは4‐n‐ブチルレゾルシンです。

厚生労働省が許可した医薬部外品の美白作用のある有効成分です。

メラニン生成に関係するチロシナーゼを抑制します。

チロシナーゼ抑制効果が高く、チロシナーゼをロックするとも言われています。

美容皮膚科のシミ治療では、外用剤として5%ハイドロキノンクリームが処方されますが、アレルギー反応を起した場合、ルシノールクリームが処方されます。

ちなみに、5%ハイドロキノンにアレルギー反応を起す方は0.5%(200人に1人)です。


ポーラファルマ
ルビパール ホワイトニングクリーム
ポーラの医薬品会社ポーラファルマの製品です。医家向けコスメであり、皮膚科または皮膚科隣接の調剤薬局で販売しています。インターネット通販でも購入できます。

>ルビパール ホワイトニングクリーム 8g

価格:3,978円
(2017/4/1 23:03時点)




アスコルビン酸2‐グルコシド

安定型ビタミンC誘導体とも呼ばれています。

メラニン生成に関係するチロシナーゼを抑制します。

また、還元力は弱いのですが、黒色メラニン色素を還元(漂白)します。

ショウキョウチンキ

ショウガの根茎から抽出した植物エキスです。

ショウキョウ(生姜)は、中医(漢方)の生薬としても利用されています。

抗炎症作用があります。

マヨラナエキス

化粧品表示名称はマヨラナエキスです。

マジョラムリーフから抽出した植物エキスです。マジョラムエキスとも呼ばれます。

メラノサイト活性化因子の アドレノメジュリン(ADM)を抑制します。

美白コスメによく利用される植物エキスです。

クララエキス‐1

化粧品表示名称はクララエキス‐1です。

クララの根から抽出した植物エキスです。

中医では、苦参(クジン)と呼ばれ、クララエキス‐1をクジンエキスとも呼ばれています。

クララエキス‐1は、メラニン生成に関係するαMSH(α-メラニン細胞刺激ホルモン)を抑制します。

美白コスメによく利用されます。

また、抗炎症作用があり、肌荒れ予防も期待できます。

ポーラ ホワイトショットSX ジュニアサイズ

シミ、ソバカスにピンポイントで塗ります。10gですが長持ちします。

10g

価格 7,020円(税込)
送料無料

ポーラ公式ホームページ
ポーラで管理された品質のよい製品を購入することができます。


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

DAMPs活性阻害イザヨイバラエキス配合「アリュー ローション」

春になりました

桜が満開です。

私は、名古屋に住んでいるので、今日は東山動植物園の桜を見に行く予定です。

桜2.jpg

春は肌荒れを起こしやすい季節です。

冬の乾燥でダメージを受けた肌に、春の紫外線量増加により肌荒れを起こします。

肌荒れは、肌細胞が炎症を起した状態で、炎症性サイトカインにより負のスパイラルに陥りやすいので注意が必要です。

肌荒れが慢性化する可能性があります。

傷ついた細胞からはDAMPs(damage-associated molecular patterns,傷害関連分子パターン)が放出され、免疫細胞のDAMPs受容体に結合すると、炎症性サイトカインが惹起され、負のスパイラルに陥ります。

今回のブログでは、DAMPs活性を阻害する植物エキスとして、イザヨイバラエキスを配合した化粧品を紹介します。製品名は、POLAのアリュー ローションです。

アリュー(ALLU)は、2016年に、POLAから誕生した新ブランドです。

シグニチャー成分としてアサガオカラクサエキスを配合、女性ホルモン(エストロゲン)と成長ホルモン(hGH)の作用を引き出して、肌細胞の修復が期待できます。

肌荒れによる肌老化の予防が期待できます。

肌老化

そばかす.jpg

肌老化要因の約80%は、紫外線による光老化です。

肌荒れも影響力のある要因です。

敏感肌では、肌老化が早いことが知られています。

微弱炎症により産生される好中球エラスターゼは、肌のハリ・弾力をつくるコラーゲン、エラスチン、プロテオグリカン等を分解します。

シワをつくりやすいです。

肌荒れの原因

乾燥肌

画像7.jpg

冬に多い肌荒れの原因です。

自らが産生する細胞間脂質、天然保湿因子(NMF)が少ない肌で起こしやすい乾燥による肌荒れです。

冬の湿度低下によって角層水分量が低下します。

肌のうるおいを失い、肌が乾燥します。

肌が乾燥すると、肌バリア機能が低下して、アレルギー物質、細菌・真菌(マラセチア)など病原体が侵入しやすくなります。

アレルギー反応、感染によって、肌荒れを起こします。

保湿ケアをしっかり行いたいものです。

化粧品アレルギー

化粧品のある特定の物質で、アレルギー反応を起します。

化粧品グレードの低い製品、ある特定の植物エキスなどがアレルゲンになります。

発赤、かゆみ、落屑などの急性反応が現れると化粧品アレルギーであることがわかりやすいですが、慢性反応の場合はわかりにくいです。

慢性炎症では、肌の黒化、毛穴の開き、小ジワの増加などの肌変化が現れます。

自分の肌に合った化粧品を利用したいものです。

遊離脂肪酸

皮脂は、肌を弱酸性(pH4〜6)に保ち、肌の常在菌分布を正常化する働きがあります。

ただし、過剰な皮脂は肌荒れの要因になります。

皮脂は化学的に不安定であり、紫外線、マラセチアなどの常在菌によって遊離脂肪酸に分解されます。

遊離脂肪酸は刺激物質であり、肌荒れの原因になります。

病的な場合が、脂漏性湿疹(皮膚炎)です。

1日2回、洗顔石鹸で皮脂をしっかり落としたいものです。

機械的刺激

肌を強く擦ってクレンジング、洗顔すると肌荒れを起こします。

シートタイプのクレンジングで、肌荒れを起こしやすいです。

メイクオフは簡単ですが、肌負担が大きいです。

クレンジング・洗顔のポイントは「やさしく」です。

紫外線

太陽.jpg

地上に降り注ぐ紫外線には、紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)があります。

肌の炎症と密接な紫外線がUVBです。

長時間、UVBを浴びると、表皮が発赤します。これを紅斑反応と呼んでいます。非感染性の炎症です。

肌は熱を持ち、炎症を起します。

ひどい場合は水ぶくれを起こします。

炎症後のシミ、色ムラの原因にもなります。

UVケアは大切です。

肌荒れの要因

心理的ストレス

女性6.jpg

心理的ストレスを受けると自律神経バランスが崩れやすいです。

ホルモンバランスも崩れやすいです。

肌を修復するホルモンであるヒト成長ホルモン(hGH)、エストロゲンが低下すると肌荒れを起こしやすいです。

また、心理的ストレスで分泌される神経伝達物質サブスタンスPも肌荒れの要因になります。

睡眠時間

入眠後3時間で、ヒト成長ホルモン(hGH)分泌が最大になります。

思春期の骨端が閉じていない年齢までは身長を伸ばす作用もあります。

ヒト成長ホルモンの主な役割は、体の修復です。

もちろん、皮膚の修復も関係していて、睡眠時間が短いと肌荒れの要因になります。

1日7時間の睡眠をとりたいものです。

筋肉痩せ

筋肉からは、マイオカインと呼ぶ生理活性物質が産生されています。

最近では、筋肉は内分泌する臓器と考えられるようになりました。

マイオカインのうち成長因子(グロースファクター)は、肌の修復と密接な関係です。

成長因子のIL‐1ra、IL‐10は、肌の炎症を抑制します。

女性の場合、筋力トレーニングをするとDHEA(デヒドロエピアンドロステロン,Dehydroepiandrosterone)のホルモンレベルが高まります。

DHEAはアンドロゲン作用がありますが、エストロゲン産生を促す作用があります。

週5日、1日40分以上の筋力トレーニングを続けたいものです。

ウォーキング.jpg

肌荒れを修復するホルモン

ヒト成長ホルモン

別名、修復ホルモンと呼ばれています。

体を修復します。

肌荒れを修復する作用があります。

睡眠時にホルモンレベルが高くなります。

睡眠は大切です。

エストロゲン

女性ホルモンのひとつです。

肌細胞を活性化します。

肌荒れを修復する作用があります。

また、線維芽細胞を活性化する作用があります。

線維芽細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を製造する細胞です。

肌のハリ・弾力をアップして、小ジワ、シワを予防します。

30歳頃から次第にエストロゲン分泌が低下して、40代になると急激に低下します。

イザヨイバラエキス

INCIはRosa Roxburghii Fruit Extractです。

イザヨイバラ(別名:トゲナシ,十六夜薔薇)の果実から抽出した植物エキスです。

エストロゲン作用、抗炎症作用、抗酸化作用が期待されています。

肌荒れを起した細胞から放出されるDAMPs活性を阻害する作用があります。

DAMPsとはdamage−associated molecular patternsの略称で、日本語では傷害関連分子パターンと訳されています。

肌荒れが慢性化する要因です。

イザヨイバラエキスはDAMPs活性を阻害する作用が期待できます。

また、イザヨイバラエキスはコラゲナーゼ(コラーゲン分解酵素)を抑制する作用があります。肌のハリ・弾力アップも期待できます。

POLA ALLU
アリュー ローション

水、グリセリン、プロパンジオール、エタノール、ポリメタクリロイルリシンアサガオカラクサエキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、アルニカエキス、シナノキエキス、イザヨイバラエキス、オタネニンジンエキス、ゴボウエキス、ルイボスエキス、トウニンエキス、オトギリソウエキス、PEG−150、PEG−32、PEG−6、BG、ジグリセリン、PEG−50水添ヒマシ油、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料.

ポーラの新ブランド「アリュー(ALLU)」のローションです。

ポーラ製品は化粧品グレードの高い美容成分で設計されています。

また、オリジナル美容成分(植物エキス)に強みがあります。

アリューの特色的な美容成分は、ポリメタクリロイルリシン(PML)とアサガオカラクサエキス、イザヨイバラエキスなどの植物エキスです。

肌荒れ、肌老化を予防します。

ポリメタクリロイルリシン

INCIはPolymethacryloyl Lysineです。

肌細胞を修復する美容成分です。

メタクリル酸とアミノ酸のリシン(リジン)を結合した成分です。

ダメージを受けた肌に吸着して、肌を修復します。

アサガオカラクサエキス

INCIはEvolvulus Alsinoides Flower/Leaf/Stem Extractです。

ヒルガオ科の植物でアサガオカラクサから抽出した植物エキスです。

ヒト成長ホルモン受容体、女性ホルモン受容体を増やす作用が期待されています。肌細胞の修復が期待できます。

ポーラの複合成分フィトセロンは、アサガオカラクサエキス、トウニンエキス、オタネニンジンエキスから構成されます。

紫外線のうち、紫外線A波(UVA)は、これら受容体を減少させます。

UVケアも大切です。

アリュー ローション

パッチテスト、アレルギーテスト済みです。

容量 120mL
価格 7,560円(税込)
送料無料(2017年4月現在)

購入は、ポーラ公式オンラインストアがお薦めです。ポーラで管理された品質のよい化粧品が購入できます。
ポーラ公式ホームページ



posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

リノール酸レチノール配合「ラロッシュポゼ レダミック Rエッセンス」

4月になり、春らしい季節になりました。

春は出会いの季節です。

スキンケア、メイクに力を入れたいものです。

美女.jpg

エイジングケアの切札的なビタミンが、ビタミンA(レチノイド)、ビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンE(トコフェリル)です。

ビタミンAは魅力的な美容成分ですが、使いはじめに、肌のかさつきを感じる場合があります。

ビタミンAはエイジングケア上級者向けの美容成分です。

さて、今回のブログでは、ピュアレチノール、リノール酸レチノール、アデノシンを配合したコスメを紹介します。

敏感肌用ブランド「ラロッシュポゼ」の製品で、製品名はラロッシュポゼ レダミック Rエッセンスです。

シワ、たるみ、くすみにアプローチするエイジングケア美容液ですが、大人ニキビ予防、毛穴ケア、美白ケアも期待できます。

ラロッシュポゼではリノール酸レチノールプログレッシブ リリース レチノールと呼んでいます。

肌奥へ安定浸透が期待できます。

また、表皮、毛穴での滞在時間が長く、作用の持続性が期待できます。

ビタミンA
レチノイド

白衣.jpg

ビタミンAは油溶性(脂溶性)の性質があるビタミンです。

期待できる作用

表皮ターンオーバーの促進

表皮ターンオーバーを促進します。表皮中のメラニン色素を排出させることで、肌のトーンアップが期待できます。

また、ニキビ、脱水毛穴による毛穴の角質肥厚(大人ニキビの原因のひとつ)の予防も期待できます。

コラーゲン生成の促進

線維芽細胞に作用して、コラーゲン生成を促します。

シワ予防が期待できます。

米国皮膚科では、目尻のシワ治療にレチノイドのトレチノインが処方されています。

過剰な皮脂分泌の抑制

皮脂は、肌を弱酸性に保ち、皮膚常在菌の細菌・酵母(マラセチアなど)の分布を正常化する役割があります。

ただし、過剰な皮脂は、脂漏性湿疹、すり鉢状毛穴(漏斗状毛穴)、シミ・色ムラ(過脂化メラニンキャップ)の要因になります。

ビタミンA(レチノイド)の種類

ビタミンAには、トレチノイン、レチナールデヒド、レチノールに分類できます。

ビタミンA活性は、トレチノイン > レチナールデヒド > レチノールです。

トレチノイン

別名はレチノイン酸です。

ビタミンA活性が高いレチノイドです。

トレチノインのビタミンA活性は、レチノールの約50〜100倍です。

米国FDA許可の医薬品であり、米国では、ニキビ、シワ治療に処方されています。

代表的なドクターズコスメは、Johnson&Johnson Ortho社のRetin-A Micro Gel(レチンAマイクロジェル)です。

米国では、購入する場合に医師の処方箋が必要です。

日本の美容皮膚科では、シミ治療にトレチノインが処方されます。

トレチノイン・ハイドロキノン療法に利用されます。

日本では、美容皮膚科で自家調整したトレチノインを処方しています。

シグマ社のトレチノイン、常盤薬品工業のCDトレチノインを原料としてジェル(クリーム)がつくられています。

トレチノインの誘導体であるレチノイン酸トコフェリル(トレチノイントコフェリル)は美容成分として許可されています。

エイジング用リンクルセラム(美容液)によく配合されています。

常盤薬品工業セルニュー、佐藤製薬エクセルーラ、ポーラファルマ(POLAの医薬品会社)エフシー、ロート製薬D‐na(ディーナ)に採用されています。

常盤薬品工業
セルニュー リンクルクリーム

レチノイン酸トコフェリル、レチノール、水添レチノール、ユビキノール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS,アプレシエ)、トコフェリルリン酸Na(TPNa)を配合!

最強のリンクルクリームです。

>セルニュー リンクルクリーム 【乾燥肌/たるみ】 [ ビタミン誘導体・クリームタイプ ]

価格:5,400円
(2017/3/31 21:50時点)
感想(78件)




レチナールデヒド

別名はレチナール、ビタミンAアルデヒドです。

アベンヌで採用されています。

AVENE Retrinal + 0.1 Cream(アベンヌ レトリナール + 0.1 クリーム )では、0.1%濃度でレチナールデヒド。

レチノール

エイジング化粧品に、よく配合される美容成分です。

ピュアレチノール(純粋レチノール)は不安定なため、化粧品に配合する場合はカプセル化して配合しています。

カプセル化レチノールを配合しているコスメとして、オバジ360、資生堂レチノバイタルが人気のブランドです。

安定配合する目的で、レチノール誘導体として配合することが多いです。

レチノール誘導体には、パルミチン酸レチノール、水添レチノール、リノール酸レチノール、酢酸レチノール、プロピオン酸レチノールがあります。

リノール酸レチノール

美白成分のリノール酸とレチノールを結合した成分です。

美白、抗シワのWの効果が期待できます。

リノール酸は肌浸透性の高い美容成分で、メラニン生成に関係するチロシナーゼを分解促進する作用があります。

ラロッシュポゼ レダミック Rエッセンス

全成分表示

水、ネオペンタン酸イソステアリル、グリセリン、オクチルドデカノール、PG、ペンチレングリコール、(アクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、セテアリルアルコール、ダイズ油、TEA、イソヘキサデカン、ヒアルロン酸Na、レチノールリノール酸レチノールアデノシンカプリロイルサリチル酸、カプリリルグリコール、ポリソルベート80、フェノキシエタノール、香料.

レチノール、リノール酸レチノール、アデノシン、カプリロイルサリチル酸が特色ある美容成分です。

アデノシン

肌のエネルギーを与え、肌を活性化する美容成分です。

健やかな肌をつくります。

カプリロイルサリチル酸

リポヒドロキシ酸(LHA)に分類される脂溶性のヒドロキシ酸です。

ピーリング作用があります。美容成分の浸透性を高めます。

敏感肌用エイジングケア美容液
ラロッシュポゼ レダミック Rエッセンス

価格 4,644円(税込)

詳しくはコチラ


口コミ情報はコチラ

>【コンビニ受取可】ラロッシュポゼ レダミックRエッセンス(美容液) 【ビタミンA/レチノール】[ 年齢肌 ]

価格:4,644円
(2017/3/31 21:47時点)
感想(51件)


posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

皮脂抑制サルコシン (セブライズ) 配合「ラロッシュポゼ エファクラマット」

春になり、紫外線だけでなく赤外線量も増えています。

赤外線は肌を温める作用があり、皮脂分泌を促進します。

過剰な皮脂は、顔・鼻のテカリ、肌のべとつき、化粧崩れの原因になります。

太陽.jpg

今回のブログでは、脂性肌向けのコスメとして、ラロッシュポゼ エファクラマットを紹介します。

オイルフリー(オイルカット)で設計された敏感肌用保湿ジェルです。

皮脂吸着パウダーとしてシリカ、パーライトを配合、皮脂分泌を抑制するアミノ酸としてサルコシン (セブライズ)を配合しています。

肌質

美女.jpg

顔の肌質は、皮脂分泌によって分類されています。

脂性肌(オイリースキン)、普通肌(ノーマルスキン)、混合肌(コンビネーションスキン)、乾燥肌(ドライスキン)です。

皮脂の保湿力は弱く、角層水分量と相関しないことが多いです。

脂性肌でも角層水分量が低下している場合があります。オイリースキンのインナードライ(脂性肌の内部乾燥)、オイリードライ肌(脂性乾燥肌)などと呼ばれています。

脂性肌
オイリースキン

女性6.jpg

毛穴には皮脂腺があります。

皮脂腺は皮脂を分泌しています。

皮脂の役割は、肌を弱酸性に保つことで、肌の常在菌分布を正常化する働きがあります。

思春期以降、毛穴の皮脂腺が発達します。

男女に関係なく、皮脂分泌が増加します。

また、夏の皮脂分泌量は、冬の約2倍です。

毛穴の開き、角栓、ニキビ、顔のテカリ、肌のべとつき、化粧崩れなど、悩みの原因になることがあります。

皮脂分泌量と年齢

男性

男性ホルモンの影響で、脂性肌の人は50歳頃まで皮脂分泌が旺盛です。

男性用のローションでは、皮脂吸着パウダーを配合した製品が多いです。

顔のテカリ、肌のべとつきは、男性の悩みです。

また、皮脂の遊離脂肪酸は肌荒れ(脂漏性湿疹)の要因になります。肌が赤くなります。

赤ら顔も男性の悩みです。

女性

個人差はありますが、女性の場合、思春期〜20歳頃まで、皮脂分泌量が多いです。

プロゲステロンの作用で、生理前に顔のテカリ、肌のべとつき、化粧崩れが気になります。

女性の脂性肌はめずらしくありません。

オイルフリーの保湿ジェルで、保湿します。

皮脂分泌を抑制する美容成分

ビタミンC誘導体

肌浸透性が比較的高いビタミンC誘導体は、リン酸アスコビルMgです。

イオン導入、エレクトロポレーションで導入するとより効果的です。

ビタミンC誘導体は過剰な皮脂分泌を抑制するだけでなく、線維芽細胞の活性化、美白作用、活性酸素の消去など期待できます。

>油性肌向け水溶性リン酸型(マグネシウムタイプ)ビタミンC誘導体 20gトゥヴェール 楽天★AP100M

価格:3,703円
(2017/3/30 22:13時点)
感想(45件)




サルコシン

INCIはSarcosineです。

ラロッシュポゼではセブライズと呼んでいます。

サルコシンは皮脂分泌を抑制するアミノ酸です。

ラロッシュポゼ エファクラマットでは、皮脂抑制成分としてサルコシンを採用しています。

保湿ジェル
ラロッシュポゼ エファクラマット

全成分表示

水、グリセリン、ジメチコン、ステアリン酸イソセチル、変性アルコール、シリカ、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、(アクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、メタクリル酸メチルクロスポリマー、BG、ステアリン酸PEG−100、コカミドMEA、サルコシン、ステアリン酸グリセリル、TEA、イソヘキサデカン、パーライト、カプリロイルサリチル酸、EDTA−4Na、ペンチレングリコール、ポリソルベート80、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30))クロスポリマー、サリチル酸、香料.

敏感肌向けにシンプル設計です。

顔のテカリ、顔のべとつき、毛穴が気になる女性用のオイルフリーの保湿ジェルです。

ラロッシュポゼは敏感肌向けブランドで、パラベンフリー、皮膚科学的テスト済み、ノンコメドジェニックテストの製品です。

サルコシン

毛穴からの皮脂分泌を抑制するアミノ酸です。

男女に関係なく分泌されるアンドロジェンにアプローチします。

皮脂吸着パウダー

多孔質のミネラルとして、シリカパーライトを配合しています。

多孔質で皮脂を吸着します。

また、シリカの光拡散作用で、毛穴、シワを目立たなくする効果も期待できます。

毛穴が目立たないマットな肌をつくる保湿ジェル
ラロッシュポゼ エファクラマット

価格 3,240円(税込)

詳しくはコチラ↓↓↓
posted by Kotoha at 12:00| Comment(0) | 毛穴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする